中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、有機リン系殺虫剤メタミドホスを混入したとして、中国警察当局に身柄を拘束された製造元の天洋食品(河北省石家荘市)元臨時従業員、呂月庭容疑者(36)=同省出身=が、メタミドホスを「工場近くの池に捨てた」と供述していることが27日、分かった。日中関係筋が明らかにした。
 天洋食品の工場裏手には実際に池があり、中国警察当局が捜したが、見つかっていないという。
 同当局はメタミドホスの混入に使われたとみられる注射器2本を既に、呂容疑者の供述に基づいて下水道から発見、押収。注射器にはメタミドホスの成分が付着していたことが判明している。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕中国製冷凍ギョーザ中毒事件
〔用語解説〕「メタミドホス」
「日本狙った犯行」否定=上海万博前に懸案解決
「危険物質投与」容疑で拘束=毒ギョーザ事件の元臨時従業員
真相究明を期待と鳩山首相=岡田外相も中国評価

教科書掲載、200年来の謎「原形質流動」メカニズムを初解明 京大(産経新聞)
<窃盗未遂>衣類盗もうとした疑い…警視庁警部補を逮捕(毎日新聞)
政権への打撃回避に努力=小林議員問題で-農水相(時事通信)
<中部電力>保有の古陶磁器263点 中国の博物館に寄贈(毎日新聞)
<日米密約>破棄可能性の文書は6点 岡田外相が明らかに(毎日新聞)