民主党の小林千代美衆院議員(41)(北海道5区)陣営に、北海道教職員組合(北教組)側から計1600万円の違法な選挙資金が流れていたとされる問題で、小林氏陣営側が提供された資金の違法性を認識していたことが17日、関係者への取材でわかった。

 資金は小林氏の選対事務所の経費に充てていたが、札幌地検は、こうした資金の使途が、北教組から小林氏個人への献金にあたる可能性があると見て、政治資金規正法違反容疑で調べている。

 1600万円は、小林氏が代表を務める民主党北海道第5区総支部の事務担当者で、小林氏の選対事務所の実質的な会計責任者だった男性(46)からの依頼で、選対委員長だった北教組の委員長らが提供した。

 男性は読売新聞の取材に対し、資金を受領した当時の認識について、「表に出してはいけないお金と思った。収支報告書には意図的に載せるのをやめた」と、違法な資金だったとみていたことを明らかにした。

遮断棒折れ2万1000人影響 大阪の東海道線(産経新聞)
壱岐島沖で漁船転覆=乗組員2人死亡-長崎(時事通信)
<県民所得>全国平均305万9千円 格差は249万1千円(毎日新聞)
大阪府立大の部室棟で火災=けが人はなし-府警(時事通信)
乱気流 体が宙に 悲鳴飛ぶUA機内(毎日新聞)