妻に頼まれ個人情報を漏らしたとして、静岡県警は26日、地方公務員法(守秘義務)違反容疑で、清水署の男性警部補(37)を書類送検した。警部補は情報漏えいを認め、「大変申し訳ないことをした」と話しているという。県警は同日付で警部補を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分とした。
 県警によると、警部補の妻に知人の女性が「夫のドメスティック・バイオレンス(DV)から逃れている。不審な車に後をつけられて怖いので、車の所有者を知りたい」と相談。警部補は2008年10月、妻に依頼されて県警本部照会センターへ車のナンバーを照会。所有者女性の住所、氏名を妻に教えた疑いが持たれている。 

【関連ニュース】
情報漏えい調査に「うそ発見器」=職員から協力の誓約書
検察のリークの可能性に言及=一方的報道「よろしくない」
卒業後24年でも公務災害=元教え子による刺殺事件
NTT西に業務改善命令=顧客情報漏えい問題で
「警官で試みた探偵小説」=直木賞の佐々木譲さん

住宅火災で7歳男児死亡 大阪・松原(産経新聞)
<雑記帳>“究極”のすし折り登場 18店の定番詰め合わせ(毎日新聞)
APECジュニア会議が開幕=世界平和や環境・貧困を議論-広島(時事通信)
振り込め詐欺、だまされたふり作戦で1日2人逮捕(読売新聞)
「地下水の浸食で陥没」=ゴルフ場転落事故で鑑定書-北海道(時事通信)