政府の緊急雇用対策本部の新卒者支援チーム(主査・高井美穂文部科学政務官)は12日に開いた会合で、就職が決まらないまま今春卒業する学生、生徒向けに用意した無料職業訓練、体験雇用などの支援策について、学校やハローワークを通じて周知徹底することを確認した。
 無料の職業訓練は6カ月程度で、専門学校などで社会人の心構えや基礎知識・技術を学ぶ。世帯年収が低ければ、期間中に月10万円の生活費を受給できる。
 1カ月の体験雇用では、国が1人当たり8万円の奨励金を雇用主に支給。期間後の正規雇用につながるよう促す。いずれの対策もハローワークが窓口となる。 

【関連ニュース】
ハローワークは移管対象外=国の出先機関改革で
自殺対策緊急プラン、5日に決定=内閣府
12月の失業率5.1%、2カ月ぶり改善=09年平均は悪化幅最大
3.9%減の過去最悪に=09年雇用者報酬
「公設派遣村」終わる=入所者264人が退所

俳優池田努さんに感謝状=線路転落の男性救助-東京消防庁(時事通信)
普天間県内移設に反対=沖縄県議会、防衛相に(時事通信)
「敬愛する金総書記」107回、日米に敵対…朝鮮学校「現代朝鮮史」(産経新聞)
新型含む3価インフルワクチン製造へ―厚労省方針(医療介護CBニュース)
普天間「ゼロベース」で検討=米、沖縄に理解求める-鳩山首相(時事通信)