民主党の山岡賢次国対委員長は28日のNHK討論番組の収録で、公明党が各党に提案している政治資金規正法改正に向けた与野党協議機関の設置について「予算(審議が)終わったらやりましょう」と述べた。同番組では、公明党の漆原良夫国対委員長の協議機関設置の呼びかけに、各党がそろって前向きな姿勢を見せた。

 また、山岡氏は「いつも起こる『政治とカネ』の問題は企業団体献金だ。すっきりとやめることを話し合うべきだ」とし、企業団体献金廃止への議論も進める考えを示した。

 一方、自民党の川崎二郎国対委員長は、「参院で(政治とカネの論議は)第2ラウンドに入る。予算成立までに鳩山由紀夫首相、小沢一郎民主党幹事長に責任を果たしてもらう」と述べて、引き続き両氏に国会で説明を求める姿勢を示したが、山岡氏は「司法の場でやるべきだ」と証人喚問や参考人招致には応じない姿勢を強調した。

【関連記事】
無節操?公明のラブコールに民主ニタニタ 社民は“キーッ”
公明党が鳩山政権ににじり寄り 首相も秋波 露骨な自民離れ
鳩山首相「納税の義務は当然果たす」
党首討論 やはり証人喚問が必要だ
政治資金規制法改正で協議機関を 公明、各党に呼び掛けへ

<シジミ偽装>ロシア産を「宍道湖産」福岡の業者(毎日新聞)
予防接種法改正に向け1次提言まとめる―予防接種部会(医療介護CBニュース)
また同じ系列…ビデオ販売店に強盗、レジごと6万円奪う(産経新聞)
<愛知2児遺体>死後2日以内に冷凍?…別々に生まれた男女(毎日新聞)
郷土の偉人 商標に火種 龍馬・高知県 特許庁に反発 (産経新聞)