平野博文官房長官は11日午前の記者会見で、2009年10~12月期の実質GDP(国内総生産)が年率換算で3.8%増となったことについて「(景気は)依然厳しい状況だとの認識の下に、これからも注視しなければならない」と述べた。 

【関連ニュース】
実質年3.8%増に下方修正=10~12月期GDP改定値
GDP、実質年1.17%増=1~3月期
実質年4.0%増に下方修正=10~12月期GDP改定値
積極財政を数年継続=財政再建は「その後」に
需給ギャップ、マイナス6.1%=潜在成長率は80年以降最低-10~12月期

<放送法>改正案を閣議決定 通信と放送の融合を推進(毎日新聞)
ふんわり春やね 大阪城公園で梅見ごろ (産経新聞)
【未来予想図 選択的夫婦別姓を問う】(下)戸籍、墓も個人単位(産経新聞)
愛子さまが「乱暴」で学校お休みに(産経新聞)
ツイッター 災害情報伝達への検討指示 総務相が消防庁に(毎日新聞)