多くの男性を悩ませる薄毛・脱毛(男性型脱毛症)について、日本皮膚科学会は14日までに、診療ガイドラインを初めて作成した。国内外の論文に基づき、育毛剤や植毛などの推奨レベルを5段階で評価。二つの治療薬成分を最も高いAランクとした。
 男性型脱毛症は思春期以降に額の生え際が後退したり頭頂部が薄くなったりする症状で、約800万人が悩んでいるとされる。育毛剤などさまざまな商品や処置の中には科学的根拠に乏しいものもあり、問題になるケースもあるため、論文から根拠の程度を検証した。 

医薬品ネット販売訴訟で原告側が控訴(医療介護CBニュース)
<郵便不正公判>「自立支援法」供述 副検事が誘導認める(毎日新聞)
「村本さん失い、深い悲しみ」 ロイター編集主幹がコメント(産経新聞)
<雑記帳>「チーム青森」の近江谷選手が市営バスの車内放送(毎日新聞)
子ども手当、来年度から満額を 民主党分科会が素案(産経新聞)