ブルーベリーがサプリメントとして知られるようになったのは?

ブルーベリーが、現在サプリメントとして愛用されるようになったのは、
どうしてか?


時は、第二次世界大戦中、イギリスの空軍に、ブルーベリージャムが大好物で、食事のたびにパンにたっぷりブルーベリージャムをぬっていたパイロットがいました。

当然、ブルーベリーのサプリメントなどはありません。

このパイロットは、夜明けや暗闇の中でも敵の飛行機がよく見え、戦果を上げることができたというのです。

このことを軍に報告したことから、イタリア、フランスで研究が進められ、
ブルーベリーの目に対する効果を研究し始めました。

研究の結果、野生種のブルーベリーに含まれる色素「アントシアニン」が
人間の目の働きを助ける効果があることが確認され、1976年にはイタリアで、
ブルーベリーの仲間「ビルベリー」に含まれる「アントシアニン」を素材として、
はじめて医薬品として製造が承認されました。

現在も、フランスやスペイン、アメリカなどで医薬品としてビルベリーが認証されています。日本ではそれほどではないようですが、サプリメントとしては認知されています。


ブルーベリーの青紫色のアントシアニン色素の秘密は、
パイロットから発見されたのですね。


コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

SEO対策済みテンプレート