2008年08月09日

★生命保険と不動産★

いつも訪問ありがとうございます。

更新する元気がでます。

下のボタンをお願いします。



banner2

bnrランキングはこちらをクリック!

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

「一棟物中古マンションを購入して堅実にお金を貯める方法」

『生命保険と不動産投資』

生命保険という難しいテーマに

更に不動産投資を合わせると

どういった見解が出るか。
生命保険は万が一の時の保障。

不動産投資は資産の形成。

この二つにより『節税対策』という面が見えてくる。
しかしこれは本来の生命保険の意味をなさない。

私は生命保険は人間の英知が生んだ最高の産物だと思っている。

人間誰も自分が死ぬことなど想像もしたくない。

しかし例えば戦後どれだけの女性と子供がつらい思いをしたことか。

戦争で旦那さんや父を失った人たちがどれだけつらい思いをしたことか。

お金が全てではない。

しかし安定した生活は安定した収入が無ければ

絶対に成り立たたない。

不動産投資を行っていることで

資産が多くなった感があるが

借金という負債も増えている。

金利が急上昇し

不動産に関わる法律が変わり

税制が大きく変化したとき

私に万が一があった場合

家族のその後にいくら必要なのか

今、必要な額と

子供たちが成人した後に

妻が必要な額とは違うはず。

生命保険の価値を私は認める。

私が死ぬという条件付きの財産であるが

資産とはいえないが

家族を守るために

とても重要な

『投資』の一つではないだろうか。

こちらから



banner2

bnrランキングはこちらをクリック!

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ




h317240 at 19:10│Comments(3)TrackBack(0)不動産投資 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ナカム   2008年08月09日 23:59
インカムでそれぞれの投資案件の残債分を定期死亡保障に入れば費用が一番安く、しかも全額損金になりますよね。団信に入れるアパートローンであれば問題はないですが。私は今、定期か終身か養老かどの死亡保険が良いのか悩んでいます。ナオさんはどうおもわれますか?
不動産の資産が法的に価値がなくなる、まで考えると保険でなんとかなるのか疑問です。
2. Posted by ナオ   2008年08月10日 00:27
ナカムさん、こんばんは。まず私が申し上げたのは、税制が変わり、相続税をはじめ、引継ぎ時に今より負荷がかかった場合、受けるほうも受けられなくなるのではないかということです。そしてその時、所有者は亡くなるわけですから、生命保険に加入していれば、それも合わせて評価され、課税されます。私はお金を頂戴してこういったコンサルティングを行っていますので、あまり詳しいことは申し上げられませんが、不動産を所有する上でその物件からの収入が家族を養っていけるだけ(いつまでかは個人の考え方によります)あれば良いと思います。法人化した場合は超長定期、逓増定期を除いては損金処理した場合、お金が残らないか、課税されるだけです。つまりうまくもっていかれるようになっているわけで、余計に残そうとすると無理が生じることになるようです。これ以上はコンサルティングの立場から申し上げられませんが、資産を持っている形で加入する生命保険も変わると思います。


3. Posted by ナカム   2008年08月10日 08:53
ご丁寧な回答ありがとうございました。
今あるものを次世代に残そうとするとやはり大変そうですね。私は0からスタートなので次世代に残そうとは思わないのでかなり気楽に考えられます。ただ、おっしゃられるように家族が経済的に問題なく暮らしていけるかは非常に気になります。そうなると相続税のかからない知恵を相続させたほうが良いのかと、、、
また,沢山のヒントありがとうございます。とても、為になりました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
こんにちは!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pingoo!更新ブログ
currentBlogList