2008年10月07日

☆不動産投資。ある老父の夢☆

池袋から徒歩数分のところにある老父がいる。

資産は10億といったところか。

今年77歳になるこの老父にはある夢がある。

それは『寂しい人たちが集まれるマンションを造ること』

この老父には子供はいない。

親も本当の親ではなく育ての親だ。

『金なんていくらあっても意味がない』

そんなことをいつも言っている。

親も違う。子供もいない。

そんな老父は自分の不遇をあえて夢に切り替え

自分と同じ境遇の人たちに自分の財産を提供しようとしている。

この老父は不動産投資をしている。

そう、本当の不動産投資をしている。

不動産の投資はお金のためだけにあるのではない。

人を幸せにためにある不動産投資こそ

本当の不動産投資だ。


h317240 at 23:52│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
こんにちは!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pingoo!更新ブログ
currentBlogList