不動産投資信託

2008年10月11日

★不動産投資信託=REATの崩壊★

不動産ミニバブルの産物

『不動産投資信託=REAT』が崩壊してきた。

ニューシティプロパティサービスという会社が立ち行かなくなった。

六本木に古いビルを事務所としていた、まさに『ミニバブルの象徴』である。

市場より高い家賃で設定して逆算して利益を算出するというビックリするスタンスだ。

元来、不動産投資信託は日本人の資質に合わない。

今後2年以内にほとんどの『REAT』は崩壊する。

なぜなら、賃貸借契約は2年単位だからである。

リート物件の2年後の家賃は恐ろしく下がる。







h317240 at 00:50|PermalinkComments(5)TrackBack(0)
こんにちは!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pingoo!更新ブログ
currentBlogList