昔ガリ版、今ネット--。労働に関する情報をインターネットで発信している市民グループ「レイバーネット日本」が17日夜、動画をオンライン放映する「レイバーネットTV」をスタートする。参院選を前に政党のオンラインTVなども始まっているが、労働問題の専門番組はネット上では初の企画ではという。質問に答えるコーナーの生中継も実施。ネットメディアをビラ代わりに「埋もれている情報に光を当てたい」と意気込んでいる。

 レイバーネット日本は、労働者の現状や労組の情報を共有しようと01年に設立された。メンバーには労組員の他にビデオジャーナリストなど映像に携わる人も多く、集会の様子など録画した情報も発信してきた。

 初回となる17日の放映は、午後8時から1時間。大手メディアでは取り上げられることの少ない現場の情報を市民の視点で紹介するのがコンセプトだ。動画配信サイト「USTREAM(ユーストリーム)」を使って配信する。

 若手労働者から寄せられた質問に、古参の労組員が答える「教えて、おじさん」を生中継。残業代が支払われない、セクハラがひどいなど「不満自慢」のコーナーでは、寄せられた情報を即興で川柳や替え歌にして激励するなどユニークな試みも行う。

 今後も月1回放映予定で、番組内で視聴者との双方向のやり取りを図る。レイバーネット日本の共同代表の松原明さんは「市民メディアならではの視点で情報発信したい。雇用情勢が厳しい中で、働き方を考える刺激になれば」と話している。問い合わせはレイバーネット日本(03・3530・8588)へ。番組の視聴はhttp://www.labornetjp.org/tv。【東海林智】

【関連ニュース】
対談:どうする「光の道」 孫社長と佐々木氏が論戦
グーグル:ユーチューブでリアルタイム動画配信を検討
ライアーゲーム:“幻の第10話”オンデマンド配信 映画につながる新ストーリー フジテレビ
DAIGO:「うぃっしゅ!」に続く決め言葉募集 ニコ動でプロデュース番組
ウッチャンナンチャン:6日放送の「笑う犬」新春特番 放送直後に動画配信 「笑う犬の冒険」も

お仙を泣かせてみる? 新一筆啓上賞、今年のテーマは「涙」(産経新聞)
<東京医大>第三者委員会を設置 不祥事相次ぎ(毎日新聞)
ダイヤ鑑定 元社員「一律に甘く」 多い日は100個以上(毎日新聞)
橋下府知事「維新の会の候補は選挙費用を負担してもらう」(産経新聞)
自転車かご300万円ひったくり 大阪・吹田(産経新聞)