徳島県は10日、ネット検索大手「ヤフー」(東京都)の「Yahoo!メール」を活用し、災害発生時に家族や友人らの安否確認ができる県民向け防災サービス「安否確認メール」(通称・すだちくんメール)の運用を始めた。ヤフーメールを活用した自治体の防災サービスは全国初という。

 近年に発生が予想される南海地震への危機意識の高まりを受けて導入。電話が不通となった場合でも家族や近所のグループ単位での安否確認が可能になる。県としても有事の際の安否確認を円滑にし、被災の大きい地域の早期支援につなげることができる。

 県のホームページ上で申し込みを受け付ける。安否確認の際に活用する「@ourtokushima.jp」のメールアドレスが発行され、利用者が家族やグループで登録すれば、災害時に県から安否確認を求めるメールが届き、携帯電話やパソコンから被災状況などを打ち込むと、各グループの専用掲示板で互いの安否確認できる。

 利用無料。問い合わせは県南海地震防災課((電)088・621・2281)。

【関連記事】
地震速報機付き自販機登場 新潟
避難の防災メールを誤送信 北海道釧路市
子供の火遊び火災、5年で約200件も ライター火災の報告1件 茨城
防災ヘリ救急搬送約4割減 群馬県がドクターヘリ就航で負担軽減
地震が起きるぞ!うわさ流した5人を拘束 中国
少子化を止めろ!

石原知事、漫画規制案で「非実在青少年って何?」(産経新聞)
「政府に謝罪ない」=上海万博PR曲の盗作-政府答弁書(時事通信)
公務員法案、午後に衆院通過=自共み、内閣委員長解任案を提出(時事通信)
<JR関西線>「撮り鉄」侵入、列車7本に影響 奈良・斑鳩(毎日新聞)
小沢氏「百万、千万の味方を得たような気持ち」 谷氏出馬表明(産経新聞)