農林水産省は21日、宮崎県で口蹄(こうてい)疫感染の影響から家畜市場の開催中止が相次いでいる事態を踏まえ、経営支援の追加策を発表した。経営継続が困難となった農家に資金を低利融資する社団法人中央畜産会の事業対象に、沖縄県を含む九州全域の子牛や子豚を出荷する農家を加えるなどが内容。 

【関連ニュース】
口蹄疫被害の中小企業支援=経産省
口蹄疫、25・26日に質疑=山岡・平野氏が確認
全日空、宮崎発着線の運賃払い戻し=口蹄疫対応
口蹄疫「給食に影響ない」=川端文科相
殺処分に全額補償=口蹄疫で特措法案

<トキ>最後のペアも抱卵中断…今春のひな誕生絶望的(毎日新聞)
<事業仕分け>判定結果が法人存続に直結 第2弾 (毎日新聞)
68歳男を逮捕=奥州市の男性殺害容疑―岩手県警(時事通信)
<覚せい剤>300キロ密輸、会社役員に無期判決 福岡地裁(毎日新聞)
普天間「月末へ最終努力」=首相(時事通信)