自治体の首長として全国で初めて育児休業を取得し、16日に公務に復帰した東京都文京区の成沢広修区長(44)は20日、報道機関との懇談会を開き「妻が買い物に行っている間くらいは時間があるだろうと本を持ち帰ったが、1ページも開く余裕がなかった。これだけのことを毎日1人でやっている母親の偉大さを実感した」と感想を語った。

【関連記事】
宇宙飛行士の妻のため…“主夫業”歩んだ山崎大地さんのイバラ道
男性の育休、進めばメリット 取得率低迷のワケ
つるの剛、「育休中、やることはやってた」
“育休官僚”ら3人を副市長に起用へ 横浜市
仕事との両立「辞めたら子育てどころか…」

<カンヌ映画祭>北野武監督の新作出品(毎日新聞)
家庭の省エネ診断 訪問やネットでお気軽に(産経新聞)
警察庁長官 北九州の暴力排除「住民運動を全面支援」(毎日新聞)
<東大寺>5年がかりで描いたふすま絵を奉納 鎌倉の画家(毎日新聞)
<普天間移設>「徳之島」白紙撤回を要請…首相に民主県連(毎日新聞)