小沢鋭仁環境相は12日、来日中の中国国家発展改革委員会の解振華副主任(閣僚級)と会談し、地球温暖化対策の次期枠組み(ポスト京都議定書)をめぐり意見交換を行った。解氏は中国の温室効果ガス削減に向け、日本の技術支援の必要性があると指摘。小沢環境相も賛同し、技術協力へ政府間で連携を強化することで一致した。
 一方、今後の交渉の方針については、昨年の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)でまとめられた政治合意に基づき新たな枠組みを構築すべきとする日本側と、先進国に削減義務を課した京都議定書の原則を軸に議論すべきとする中国側で意見が分かれた。 

4都県警と鉄道会社連携=15日から痴漢対策強化期間-警察庁(時事通信)
同居女の長男虐待死に懲役8年=「常習的虐待の一環」-旭川地裁(時事通信)
<仮処分申し立て>「雇い止めは無効」元スケート五輪コーチ(毎日新聞)
<小澤征爾さん>8月の長野・松本公演も降板(毎日新聞)
都公安委に苦情申し出=長官銃撃の警視庁発表で-アレフ(時事通信)