政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)が11日夜、首相官邸で開かれ、自民党政権が編成、執行した平成21年度予算の無駄遣いを各省庁それぞれが見つけ出す「行政事業レビュー(再調査)」を行う方針を決めた。「レビュー」は、刷新会議が選んだ有識者が公開の場で議論する「各省版の事業仕分け」。5月に公開仕分けを実施し、6月に中間報告を公表する。

 刷新会議ではほかにも、政府系公益法人や独立行政法人を対象にした「事業仕分け第2弾」も4月下旬以降に行う予定。レビューと合わせて国民に公開することで、官僚の天下りの実態や自民党政権が積み上げた予算の無駄を明らかにし、夏の参院選に向けて、支持率が低迷し始めた政権の浮揚につなげたい考えだ。

危険な?ぬいぐるみ…爆発物処理班が出動(読売新聞)
社会福祉士合格率27.5%、PSWは63.3%(医療介護CBニュース)
<長谷川等伯展>入場者10万人を突破…東京国立博物館(毎日新聞)
「三原則順守、米に無理強いしない」岡田外相(産経新聞)
「社会保障への注力で平和に」―日医・唐澤会長(医療介護CBニュース)