静岡県御殿場市の陸上自衛隊東富士演習場で20日午前、野焼きの火が燃え広がり、作業中の男性3人が死亡した火事で、御殿場署は同日夜、3人はいずれも同市川島田の会社員勝間田和之さん(37)、勝間田嘉弘さん(33)、池谷慶市さん(32)と確認したと発表した。

 3人は地元の消防ボランティア組織「火防隊」のメンバー。県警は安全管理上の過失がなかったかどうか調べている。

 発表などによると、野焼きは害虫駆除などを目的に、住民組織「東富士入会組合」が毎年春先、自衛隊の協力を得て実施。この日は住民約500人が5人1組となるなどし、約3000ヘクタールを五つのエリアに分けて作業、勝間田さんら3人は同じグループだった。午前9時25分に枯れ草状態になったカヤにカセットバーナーを使って火を付けたが、強風のため同組合が同10時5分、中止を呼びかけたという。

 3人は当初、風上で作業していたが、突然、炎が3人の方向に噴き上がり、逃げる間もなく巻き込まれ、数分間にわたり炎に包まれたという。目撃者の男性は「突然火が燃え上がった」と話しているという。自衛隊員約700人も延焼防止や連絡調整などのため参加していた。中止指示を受け、消火活動が行われたが、予定する面積をほぼ焼き、午後8時頃に鎮火した。

 静岡地方気象台によると、午前中の市内の天候は晴れで、風速7~8メートル。午前9時45分頃に最大瞬間風速16・4メートルを記録したが、強風注意報などは出ていなかった。東富士入会組合の勝間田祐一・事務局長は20日夕、御殿場署で報道陣に「関係者として申し訳なく思っている」と謝罪した。

 死亡した池谷さんの父、喜市さん(62)は「息子は今朝、『行ってくるよ』と言って家を出た。地域の活動に一生懸命取り組んでいたのに」と、声を詰まらせた。

 野焼きを巡っては、昨年3月、大分県由布市の牧草地で住民4人が死亡。2005年4月には陸自北富士演習場(山梨県富士吉田市など)で枯れ草を焼く行事に参加していた住民1人が死亡している。野焼きが集中する春先を前に総務省消防庁は今月2日、各都道府県に、文書で注意を促していた。

厚労省医政局「邪魔なら解体」=先端医療に無責任と批判-仙谷担当相(時事通信)
発砲 暴追運動の町で自治会役員宅に弾痕6発 北九州(毎日新聞)
<北教組事件>政権に追い打ち 小林氏進退「世論の動向で」(毎日新聞)
「密約文書」破棄の可能性=後任に引き継ぎ、元外務省局長が証言-衆院委参考人質疑(時事通信)
提供したくない臓器に×=脳死移植、新様式で意見募集-厚労省(時事通信)