自民党の谷垣禎一総裁は11日、奈良市で開かれた党奈良県連の会合であいさつし、「民主党の乱暴な政治に歯止めを掛けるには、自民党が真っ正面から取り組まなければだめだと思っている方が多い。私も政治生命を懸けて7月の参院選に突進していく覚悟を新たに固めた」と語った。
 平沼赳夫元経済産業相らの新党「たちあがれ日本」については、「あの政党をご覧になって、未来を託するに足ると思う人は多くないと思う」と批判した。 

児童虐待 病院・児相が連携チェックシート…大阪の6施設(毎日新聞)
<京都府知事選>現職の山田啓二氏、3選確実に(毎日新聞)
慎太郎知事「シルバー新党」に怒り爆発!「このままじゃ死ねない。若いやつは腰抜け」(スポーツ報知)
村本さん死亡「軍が実弾発砲」…タイ政府は否定(読売新聞)
平城遷都1300年祭 和の匠と学者、熱い挑戦実る 困難極めた資料なき復原(産経新聞)