奈良市の仲川げん市長は、今年度の事業仕分けを7月3、4の両日に実施すると発表した。昨年11月に初めて実施した事業仕分けから方式を変更し、議論と判定を分離。新たに導入する60人程度の「市民判定員」が仕分け人の議論を聞き、「不要」「要改善」などの判定を下す。市は対象事業選定の参考とするため、市民が日ごろ感じている行政の「ムダ」についての情報提供を市のホームページなどで呼びかけている。

 前回の事業仕分けでは、公募市民6人が非営利の民間シンクタンク「構想日本」(東京都)のメンバーら仕分け人とともに議論と判定を行ったが、今回は仕分け人は議論だけを行い、判定は市民判定員が担当。約60人が2班に分かれ、多数決で判定を決めるという。

 市が無作為に抽出して案内状を送付した18歳以上の市民2千人の中から希望者が市民判定員として参加する。希望多数の場合は抽選となる。

 対象事業数は、1事業あたりの仕分け時間を前回より10分長い40分としたことから、前回の約半分となる32事業とした。

 行政のムダについての意見は、市のホームページのほか、市行政経営課がファクス(0742・34・5614)で受け付けている。

【関連記事】
埋蔵金1兆円超を発掘、国庫返納求める 事業仕分け
万博公園運営権「大阪府へ移譲」の判定 事業仕分け
UR賃貸事業は「縮減」 JAXAiは廃止 事業仕分け2日目
ニコニコ生放送、“事業仕分け”中継を会員以外にも開放
「まんとくん」フレーム写真が人気 平城宮跡4万人近い来場
「裸の王様」次に座るのは…

<普天間問題>鳩山首相「5月末までに五月晴れ」(毎日新聞)
谷垣氏「首相は発言が軽い」 党首討論(産経新聞)
鳩山首相、五輪出場者の健闘ねぎらう=浅田選手、次回ソチへ「日々精進」(時事通信)
<掘り出しニュース>高さ26メートルのスカイツリー登場 東武ワールドスクウェア(毎日新聞)
犬遺棄「もうからないので捨てた」埼玉県警が元町議を詐欺容疑で再逮捕へ(産経新聞)