閲 覧 注 意

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 20:41:33.22 ID:kbjTrNel0
    佐天「はーい」

    初春「ごゆっくりー」

    佐天「・・・行ったわよ」

    初春「行きましたねー」ガサゴソ

    佐天「ってはや!!」

    初春「そりゃ早くしないと戻ってきちゃいますし、、、と、ありました」ガサゴソ

    佐天「おぉっ!でかした初春!!ねえいくら?!いくら入ってる?!」

    引用元: 御坂「ちょっとトイレ行ってくるわね」 



    とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲(12) (電撃コミックス)
    冬川 基 はいむら きよたか
    KADOKAWA (2016-11-26)
    売り上げランキング: 3,255
    【御坂「ちょっとトイレ行ってくるわね」】の続きを読む

    スポンサードリンク

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 16:05:09.79 ID:UqWzBU1Y0
    春香「……って、何で追いかけてきてくれないんですか!?」

    P「ごめん、春香。俺、暑いの苦手なんだ……」

    P「俺はパラソルの下でくたばってるから、他のみんなと遊んで来てくれ」

    春香「でも……」

    あずさ「大丈夫よ、プロデューサーさんは私がついているから」

    P「いいんですか?」

    あずさ「いいですよ。私もあまり泳ぐのは得意でないですし」

    P「お気遣い、ありがとうございます」

    あずさ「ふふっ、いいんですよ。プロデューサーさんですから」

    春香「うぅ~」

    P「どうした、春香。みんなが待ってるぞ」

    春香「プロデューサーさんのバカぁあああっ!」

    P「?」

    fin

    引用元: 春香「追いかけて、逃げるふりをして……」 



    【春香「追いかけて、逃げるふりをして……」】の続きを読む


    前回 岡崎泰葉「泰葉と桃子の」周防桃子「先輩の言うことを聞きなさい!」

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/26(金) 00:00:19.51 ID:68k3Gy9U0
    泰葉「ウチの事務所に、白菊ほたるって子がいるんですけど」

    桃子「ああ、泰葉さんと同じユニットの?」

    泰葉「はい、不運で有名な」

    桃子「んっ……不運って、それ、言ってもいいの?」

    泰葉「昔ならどうだったかわかりませんが、今のほたるちゃんはそれも売りにできる強さを持っていると思うので、たぶん、大丈夫です」

    桃子「たぶんなんだ……」

    泰葉「前に『これも私の売りだから!』と言っていたので」

    桃子「フフッ……たくましいね」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495724419

    引用元: 岡崎泰葉「泰葉と桃子の」周防桃子「先輩の言うことを聞きなさい!」 2 



    アイドルマスター ミリオンライブ! 周防桃子 ビッグ缶バッジ
    ファット・カンパニー (2016-07-31)
    売り上げランキング: 435,310
    【岡崎泰葉「泰葉と桃子の」周防桃子「先輩の言うことを聞きなさい!」 2】の続きを読む

    2: ◆mLDidKKbwk 2017/04/29(土) 23:03:02.58 ID:PMbQ12BQ0
    翼「はーい、呼びました~?」

    P「おう。事務仕事もひと段落ついたし、翼と駄弁ろうかと思ってな」

    翼「わ~、なに話しましょ…」

    翼「!」ティン

    P「翼?」

    翼「ご指名ありがとうごさいま~す、ツバサで~す」

    P「おい誰だ翼にこんなこと教えたヤツ、小遣いをやろう」

    翼「ねぇシャチョーさ~ん?ツバサ、シャンパン開けてほしいな~?」

    翼「ダメ?」

    P「へい、そこのマダム。この店のシャンパンを全部開けてくれ」

    小鳥「誰がマダムじゃ」

    引用元: 【ミリマス】P「おーい、翼ー」 


    【【ミリマス】P「おーい、翼ー」】の続きを読む

    1: ◆C2VTzcV58A 2017/05/26(金) 00:00:54.59 ID:gNQvCu+3O
    心「なんですかって、そりゃあ尊敬ですよ尊敬☆」

    心「はぁとはネネちゃんさんを尊敬してるの」

    ネネ「そ、尊敬だなんて……私、心さんにそう言ってもらえるようなことをしたでしょうか?」

    心「してるしてる♪ だってさ」

    ネネ「だって?」

    心「あの我が強いおマセさんふたりに懐かれてるんだもん」チラ

    ネネ「あのふたり……」チラ



    飛鳥「どうしたの。ふたりしてこっちを見つめて」ジトッ

    梨沙「なーんか悪口言ってたんじゃないでしょうね」ジトーー

    心「このふたり」

    ネネ「ふたりともいい子ですよ?」

    心「そうやって一切の邪気なく言えるのがずるいんだよねえ……ホント、天使かよ」

    心「天使かよ~~~!!」ウリウリ

    ネネ「きゃっ! ちょ、ちょっと心さんくすぐったいっ、あはっ」



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495724454

    引用元: 佐藤心「ネネちゃんさん☆」 栗原ネネ「な、なんですかその呼び方」 



    【佐藤心「ネネちゃんさん☆」 栗原ネネ「な、なんですかその呼び方」】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/25(木) 21:38:52.95 ID:0BtJotKk0
    息子「そう言うなよ父さん。抵抗あるのはわかるけど、これすげえ便利なんだぜ?」

    嫁「そうよ。私達はお父さんのためを思って…」

    男「嫌じゃ!!絶対にやらん!!お前たちが何をするのも好きにすればいいと思うが、それをわしに押し付けてくれるな!」

    息子「今のままだったら、こうやって連絡取り合うの一つすらも面倒なんだよ、わかってくれ」

    男「なら、もううちには来んでええわいっ!」

    息子「な…」

    嫁「お父さん…」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495715932

    引用元: 男「嫌じゃ!!わしは絶対にやらんぞ!」 


    このライトノベルがすごい! 2017

    宝島社
    売り上げランキング: 44,572
    【男「嫌じゃ!!わしは絶対にやらんぞ!」】の続きを読む

    2: renpou 2017/05/25(木) 22:28:02.12 ID:nTPwv+va0
    奈緒「んーーー!! っと、終わったなPさん」


    座りっぱなしだった体をググッと伸ばす。

    ラジオの収録を終わらせたあたしは、Pさんと事務所への帰路についていた。


    P「お疲れ様。午後のレッスンまでだいぶ時間あるし、どこかでゆっくりご飯でも食べるか?」

    奈緒「いいな~! あ、ちゃんと割り勘にしてくれよ。いつもみたいにこっそり会計するなよな!」

    P「気にしなくていいのに」

    奈緒「あたしが納得しないんだよ。……パ、パートナーなんだし、こういうのは分け合うもんだろ?」

    P「変わった理屈だな……。じゃあ今日だけは割り勘にするか」

    奈緒「今日から、だ!」

    P「了解了解っと。それにしても、すっかり春らしくなったなぁ」

    奈緒「話題をすり替えるなよ……。ま、確かに暖かくなってきたよな」

    P「今くらいの季節が一番好きだな。ほど良い気温でのんびりしててさ」

    奈緒「わかるよ。あたし、暑いの苦手だしさー」

    P「あぁ……その髪だもんな。夏場にもふもふしたらカイロ触ってるみたいに熱かった」

    奈緒「今度やったらぶっ飛ばすからな!」

    P「でも年中もふもふしたいし……」

    引用元: 神谷奈緒「迷子か……」 



    【神谷奈緒「迷子か……」】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング