1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 20:08:47.51 ID:16jxNCeq0
スネ夫「スネ吉兄さんが作者と友達でね。特別に発売前のBD全巻をスネ吉兄さんが貰ったんだ」

ジャイアン「おお!マジかよ!俺ガイルのをか!」

しずか「丁度放送が終了したばかりよね」

スネ夫「じゃあ今から僕の家でみんなで一緒に見ないかい?」

ジャイアン「おお!心の友よ!!」

のび太「やはり・・・俺のなんとかがどうのこうの・・・?」

スネ夫「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。も知らないなんてのび太は遅れてるな~」

「スネ夫」という生きかた
横山泰行
アスコム
売り上げランキング: 164,486
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 20:13:17.78 ID:16jxNCeq0
しずか「今話題のひねくれた男子高校生のラブコメなのよ」

のび太「へえー。ラブな米かあ」

しずか「お米じゃないわよのび太さん」

スネ夫「はは。ラブコメの意味もわかっていないようじゃまだまだだな。のび太は」

ジャイアン「言えてる言えてる!」

のび太「で、今からそのBDを見るの?」

スネ夫「悪いけどやはり俺の青春ラブコメはまちがっている。は3人用なんだ」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 20:17:27.92 ID:16jxNCeq0
のび太「ええ~!わけがわからないよ~」

スネ夫「ラブコメの意味すら知らないのび太なんかが見たって面白くないさ」

ジャイアン「そうそう!所詮お前じゃ八幡にはなれねえ。せいぜい小鷹止まりだぜ」

スネ夫「小鷹よりももっと下のレベルさのび太は。って事で行こうか」

ジャイアン「おお!」

しずか「ごめんなさいねのび太さん・・・。このやりとりなんだかんだで10回超えたみたいよ・・・」

のび太「そ、そんな~~~」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 20:24:22.29 ID:16jxNCeq0
ーーーのび太の家ーーー

のび太「ドラえもん~~~~~!!!」

ドラえもん「なんだいのび太くん。またアホみたいに泣きついて」

のび太「スネ夫のやつがあああああああああああ」

ドラえもん「また仲間はずれか・・・。で、何があったんだい?」

のび太「やはり青春は間違って。を見せてくれないんだよ~~~!!」

ドラえもん(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。・・・だと!?)

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 20:29:47.62 ID:16jxNCeq0
ドラえもん(由比ヶ浜ちゃんがビッチ可愛いアニメか・・・。のび太にもビッチ可愛いを見せてやる時が来たかな)

のび太「僕も見たいんだよ~~~!」

ドラえもん「わかったわかった。僕が今から全話見せてやるから」

のび太「ホントに!ドラえもんはいい奴だ~」

ドラえもん「うぷぷ」

のび太「で、どうやって見るの?」

ドラえもん「かべかけテレビ~!」

のび太「おお!」

ドラえもん「これに内蔵された全話が録画されたBDで見よう」

のび太(全話録画してたのかドラえもん)

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 20:34:14.49 ID:16jxNCeq0
ーーー1話視聴中ーーー

のび太「うわっ。なんか物凄い目つき悪い人が出てきたよ。なんだこの人」

ドラえもん(これが主人公のヒッキーなのだけれども)

のび太「敵キャラかなんかかな」

ドラえもん(さすがのび太。こいつが主人公だって気づいてない)

のび太「おっ。オープニング始まった!」

ドラえもん(良OPキター)

のび太「まるであの目つき悪い人が主役みたいな扱いなオープニングだね」

ドラえもん「あのなのび太くん」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 20:41:53.82 ID:16jxNCeq0
ドラえもん「この目つき悪いのが主役なんだよ」

のび太「え、ええ!?嘘でしょ!」

ドラえもん「まあ最近のラノベアニメはこういう悪っぽい見た目のが主役ってケースがあるしね」

のび太「ああ。はがないみたいな感じの」

ドラえもん「そうそう。とにかくこのアニメはこの比企谷八幡の話なんだ」

のび太「はち・・・覚えにくい名前だなあ」

ドラえもん「まあとにかく本編を見よう」

のび太「うん」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 20:48:44.15 ID:16jxNCeq0
のび太「おっ。誰この美人さん」

ドラえもん(平塚先生きたー)

のび太「さっきの目つき悪い人と話してる。やっぱこれが主人公なんだね」

ドラえもん「だからそういってるだろ。受け入れろ」

のび太「・・・へえ。この目つき悪い人も僕と同じく仲間はずれにされてるんだー」

ドラえもん「君とはまた違ったタイプだと思うけどね。あといい加減名前で呼んでやろうぜ」

のび太「はち・・・覚えにくいから八山でいいや」

ドラえもん「そんな鳩山みたいに」

のび太「・・・ほお。八山は部活に入るみたいだね」

ドラえもん「ここからだよ本編は」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 20:56:02.53 ID:16jxNCeq0
のび太「おっ!何この美人!!」

ドラえもん「雪ノ下さんだよ」

のび太「雪ノ下さん・・・」

ドラえもん「このアニメのヒロインの一人だね」

のび太「八山の奴と溶け込んでる・・・羨ましいな」

ドラえもん「これが溶け込んでるように見えるかい」

のび太「とにかく雪ノ下雪乃さん美人可愛い!」

ドラえもん「そっちはすぐ名前覚えるのな」

のび太「・・・ん!」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 20:58:43.75 ID:16jxNCeq0
のび太「何この可愛い子!!!」ガタッ

ドラえもん(僕由比ヶ浜ちゃんきたあああああああああああああ)

のび太「この子いい!名前は!!」

ドラえもん「由比ヶ浜結衣ちゃんだよ」

のび太「唯ちゃんか!唯ちゃん可愛い!!」

ドラえもん「唯じゃないよ結衣だよ。楽器はしないよ」

のび太「京子ちゃんはいないの!?」

ドラえもん「その結衣でもない。ああ漢字同じでややこしい」

のび太「とにかく由比ヶ浜結衣ちゃんは可愛い!!」

ドラえもん「わかってくれたかのび太くん。由比ヶ浜さんこそ正義だよね」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 21:04:54.33 ID:16jxNCeq0
のび太「おっぱいが大きいところがまたいいよね」

ドラえもん「直球だな君は」

のび太「でもこの見た目だとチャラチャラしてるんだろうね・・・」

ドラえもん「ところがどっこい。見てみ」

のび太「・・・ええ!!恋愛経験無いの!?食パンなの!?」

ドラえもん「‘しょ‘という単語を聞いて食パンが出てくる君の頭はどうなっているんだ」

のび太「え?じゃあなんて言おうとしたの?」

ドラえもん「・・・ゴホン。小学生にはまだ覚えるのは早い単語だ」

のび太「ちぇー」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 21:10:40.06 ID:16jxNCeq0
ーーー1話視聴終了ーーー

ドラえもん「1話が終わったが、どうだった?」

のび太「由比ヶ浜ちゃんが可愛かったね。この子一択だよもう」

ドラえもん「ちっちっち。由比ケ浜ちゃんは僕の嫁になると決まっているんだよ」

のび太「ええー」

ドラえもん「とにかく面白そうだろ」

のび太「まあね。でもさ・・・思ったんだけど」

ドラえもん「なんだい?」

のび太「はがないのパクリだよねこれ」

ドラえもん「それを言っちゃうのかここで」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 21:16:28.70 ID:16jxNCeq0
のび太「だってさあ。ワルっぽいのが主人公で清楚な美人とおっぱい大きい女の子が1話で揃って喋るってのが」

ドラえもん「まあ確かに僕も初見の時そう思ったよ。でもね」

のび太「でも?」

ドラえもん「ずっと見ていくとはがないと違うってわかるのさ」

のび太「そんなもんかなあ。前のクールにはがないやってただけにねえ」

ドラえもん「そう言っていられるのも今のうちだぜ」

のび太「ほんとに?」

ドラえもん「まあとにかく2話見てみよう」

のび太「うん」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 21:22:08.38 ID:16jxNCeq0
ーーー2話視聴中ーーー

のび太「おっ。クラスメートの面々が出てきた」

ドラえもん「このイケメンがいわゆる出来杉くんポジションだよ」

のび太「これが出来杉!?金髪イケメンになってる!」

ドラえもん「いや例えると出来杉くんってだけだよ」

のび太「この金髪のギャルっぽいのはいかにもな奴だね。でもどこかで馴染みのある声だ」

ドラえもん「まあはがない見てたならそうだよね」

のび太「そんなことより由比ケ浜ちゃんは・・・出たあああああああ!」

ドラえもん「うむ。可愛い」

のび太「もう由比ケ浜ちゃんだけでいいよ!」

ドラえもん「一応雪ノ下さんも忘れないでね」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 21:28:02.44 ID:16jxNCeq0
のび太「ところで八山達はこれなんて部活なの?」

ドラえもん「今更そこか。奉仕部って言う万事屋とかスケット団みたいな事だよ」

のび太「ふーん。その二つもわからない」

ドラえもん「なんでも助けますって部活だよ」

のび太「友達作る部活じゃないんだ」

ドラえもん「それだとまんまはがないになるしさすがにね」

のび太「おっ。その奉仕部に誰かきた!うっわ。なんかオタクっぽい人だ」

ドラえもん「材木座はなんだかんだで主要キャラなんだぜ」

のび太「なんかドルドルの実食べたかのような声だな。今にも‘だガネ‘とか言いそうだよ」

ドラえもん「熱血な勇者のような声じゃないか」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 21:31:45.20 ID:16jxNCeq0
のび太「このオタクっぽい人は作家になりたいのか」

ドラえもん「それもラノベのね」

のび太「ジャイ子みたいなキャラでいいのかな」

ドラえもん「まあ・・・似たようなもんかな。見た目的にも」

のび太「ってうわ。雪ノ下さんにボロクソ言われてるよ」

ドラえもん「容赦ないなゆきのん」

のび太「で、このオタクは中二病なのか・・・。ダークフレイムマスターとか言い出しそうだね」

ドラえもん「それは一個人の設定だからね」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 21:38:28.20 ID:16jxNCeq0
ーーー2話視聴終了ーーー

ドラえもん「2話も終わったけど、どうだったかい?」

のび太「まあまあよかったね。由比ケ浜ちゃんがやっぱり可愛い」

ドラえもん「うんうん。君は正常な道を進んでるよ」

のび太「にしても八山はこんな可愛い子に囲まれて羨ましいとかそういうレベルじゃないよ」

ドラえもん「まあラノベの主人公はだいたいハーレムだよ。君もラノベの主人公になってみるとわかる」

のび太「チャンスは来るかな・・・」

ドラえもん(藤子作品とラノベは無縁だから答えは言うまでもない)

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 21:42:33.02 ID:16jxNCeq0
ーーー3話視聴中ーーー

ドラえもん「さて3話だ」

のび太「今回はテニスの話かあ」

ドラえもん「まあね。さっきのイケメンチームと奉仕部が戦うみたいだよ」

のび太「へえ・・・。・・・!!!」

ドラえもん「ん?どうかしたかいのび太くん」

のび太「こ、この子・・・可愛い!!!」

ドラえもん「これは・・・と、戸塚!!」

のび太「なんだこの可愛い子!!!」

ドラえもん(のび太くん・・・そっちに目覚めたか・・・)

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 21:46:36.65 ID:16jxNCeq0
のび太「この子は可愛い!由比ケ浜さんを越えた!!」

ドラえもん(うーん。のび太がゲイになってしまっては未来が危ういなあ)

のび太「こんなに可愛い女の子はなかなかいないよ!」

ドラえもん(ああ、女だと思ってるのか)

のび太「で、この子が言うはちまんって誰だろ。新キャラかな」

ドラえもん「おい」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 21:48:50.21 ID:16jxNCeq0
ドラえもん「はちまんってのが君の言う八山の事だよ」

のび太「ええ!!?そんな名前だったの!?」

ドラえもん「きみはじつにばかだな」

のび太「そうか・・・はちまんって言うのか。珍しい苗字だな」

ドラえもん「いや名前なんだけども」

のび太「で、テニス対決か。ぶっちゃけ勝敗より戸塚ちゃんが見れればそれでいい!」

ドラえもん(さていつまで戸塚を女の子だと思い込むだろうか・・・)

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 21:54:58.34 ID:16jxNCeq0
ーーー3話視聴終了ーーー

のび太「3話はもう戸塚ちゃんが最高に可愛かった!!」

ドラえもん「由比ケ浜ちゃんはどこに行ってしまったんだい」

のび太「僕はこれから戸塚ちゃんオンリーでいく!」

ドラえもん「君ってやつは・・・」

のび太「誰を好きになったって僕の勝手だろう!」

ドラえもん「いやでもいつか後悔する時が来るよきっと」

のび太「まあとにかく4話を見よう!戸塚ちゃん戸塚ちゃん!」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 22:00:34.47 ID:16jxNCeq0
ーーー4話視聴中ーーー

のび太「お!また可愛い子だ!!」

ドラえもん「八幡の妹の小町ちゃんだね」

のび太「この子はじつにあほっぽいな」

ドラえもん「君が言えたことじゃないが」

のび太「こんなに可愛い妹が僕も欲しいわけがない!!」

ドラえもん「それだと欲しくないって意味になるけど」

のび太「あ・・・違う欲しい!!」

ドラえもん「まあ確かに小町ちゃんは可愛い。小町的にはポイント高いけど由比ケ浜ちゃんには劣る」

のび太「この魔法少女の素質ありそうな声がいい!でも戸塚ちゃんには劣る」

ドラえもん「おいおい」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 22:05:43.60 ID:16jxNCeq0
のび太「今回の話はチェーンメールは」

ドラえもん「意味わかってるのかい?」

のび太「あれでしょ。中国の大スターからのメールかな」

ドラえもん「ジャッキー・チェンではないのだけれども」

のび太「え?じゃあ誰からのメール?」

ドラえもん「まあ悪口をクラス中に送るメールだね」

のび太「なにそれ酷い!」

ドラえもん「君みたいな奴をターゲットにしたりするのさ」

のび太「もっと酷い!」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 22:09:01.07 ID:16jxNCeq0
のび太「お!!戸塚ちゃんきたあああ!」

ドラえもん「由比ケ浜ちゃんもきたあああ」

のび太「やっぱ戸塚ちゃんが出ると面白くなるね!」

ドラえもん「いやまあね・・・」

のび太「金髪出来杉野郎もきた!」

ドラえもん「そのあだ名でいくのか葉山くんは」

のび太「もう主人公が誰だかわからなくなってきたなあ」

ドラえもん「まあ確かにね」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 22:15:37.13 ID:16jxNCeq0
ーーー4話視聴終了ーーー

のび太「この回はメイドの話か」

ドラえもん「クラスメートがこっそりバイトしちゃってるって話だね」

のび太「うおおおおおおおおお!メイド姿の戸塚ちゃんマジ天使いいいいいい!」

ドラえもん「やはりそこに注目したか。由比ケ浜ちゃん可愛い!」

のび太「って、なんかいつの間にかまじめなムードになってきたよ」

ドラえもん「誰得シリアスってやつだねまさに」

のび太「はちまんが結構酷いやつになってるよ。主人公なのに」

ドラえもん「僕の由比ケ浜ちゃんを泣かすなんて許さん!八幡貴様あ!」

のび太「ドラえもんおちつけ」

ドラえもん「あんまり君に言われたくはないのだけれども」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 22:22:11.03 ID:16jxNCeq0
ーーー5話視聴終了ーーー

ドラえもん「4話、5話と見てったけどどうだったかい?」

のび太「まあ相変わらず戸塚ちゃんが可愛いよね」

ドラえもん「君は全然ブレないな」

のび太「ドラえもんこそー」

ドラえもん「まあ僕は由比ケ浜ちゃん一択と心に決めてるからね」

のび太「僕も戸塚ちゃん一筋だと心に決めた!」

ドラえもん「それはいいのだろうか・・・」

のび太「とにかく次行こう!」

ドラえもん「うん」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 22:25:28.72 ID:16jxNCeq0
ーーー6話視聴中ーーー

のび太「誰この可愛い子!!?」

ドラえもん「雪ノ下さんだよ」

のび太「こんな髪型にしたのか・・・。可愛い」

ドラえもん「あれ」

のび太「僕はゆきのん一筋にするぞ!!」

ドラえもん「戸塚きゅんはどこいったんだ」

のび太「とっくに忘れたさ。ゆきのん可愛い!」

ドラえもん「君ってやつは・・・」

のび太「また誰か出てきた」

ドラえもん「雪ノ下さんの姉だね。雪乃さんだ」

のび太「この人もなかなか・・・姉妹揃っていいなあ」

ドラえもん「この変わりよう・・・」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 22:32:43.91 ID:16jxNCeq0
ーーー7話視聴中ーーー

ドラえもん「この回と次の回は合宿の話みたいだね」

のび太「合宿かあ。って、ゆきのんは前の髪型に戻したのか・・・」

ドラえもん「あれは先週だけだよ」

のび太「なーーーんだ。じゃあ・・・やっぱ戸塚ちゃんだね!!」

ドラえもん「おいおい」

のび太「って、なんか可愛い幼女がきた!」

ドラえもん「まあ君とあんまり年変わらないんだけどね」

のび太「小学生から仲間はずれだなんて暗い人生送ってるなー」

ドラえもん「まさにお前が言うな」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 22:39:30.89 ID:16jxNCeq0
ーーー8話視聴中ーーー

のび太「うおおおおおおおおおおお!!戸塚ちゃん可愛い!!」

ドラえもん「この朝チュンシーンは思わず僕も目覚めそうになったよ」

のび太「いいねえ。っておあああああああああ!水着だ!!」

ドラえもん「由比ケ浜ちゃんの水着可愛いいいいいいいいいいい!」

のび太「水着ってことでこっちに乗り換えしたくなる・・・」

ドラえもん「来ちゃえ来ちゃえ!由比ケ浜派へ!」

のび太「それでもやっぱり・・・戸塚くんかな・・・ってこのコスプレの由比ケ浜ちゃんやばい!」

ドラえもん「だろだろ」

のび太「これはどっち行くか迷うな・・・」

ドラえもん「・・・てか話は見てるかい?」

のび太「なんか高校生が小学生いじめてるのかな」

ドラえもん「まあ間違ってはいない」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 22:46:41.74 ID:16jxNCeq0
ーーー8話まで視聴終了ーーー

ドラえもん「合宿編が終わったけどどうだったかい?」

のび太「やっぱ一番可愛いのは戸塚ちゃんかなあ」

ドラえもん「そろそろ話について話そうよ」

のび太「ぶっちゃけよくわからないんだよね。主にセリフ長かったりして」

ドラえもん「まあよく考えたら俺ガイルは小学生が見るアニメじゃないな」

のび太「それって今まで見たアニメにも言えるような・・・」

ドラえもん「君にしては正確なツッコミだな。まあつまり、八幡の性格がどん底に落ちてるってことだね」

のび太「主人公なのに珍しいね。笑ゥせぇるすまんみたいだ」

ドラえもん「いやちょっとそれとは意味が違う」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 22:51:41.20 ID:16jxNCeq0
ーーー9話視聴中ーーー

ドラえもん「この回は八幡にじつに嫉妬する回だ」

のび太「うわ羨ましい!由比ケ浜ちゃんとデートじゃん!はちまんのくせに生意気だ!」

ドラえもん「ラノベ主人公ありがちなヒロインと二人っきりのデート。くそったれが」

のび太「くー。はちまんの奴~」

ドラえもん「てか君は戸塚きゅん派じゃなかったのかい?」

のび太「いやでもこんなの見せられたら嫉妬するよね」

ドラえもん「まあいい気分してる男を見るのは好かないな」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 23:01:45.09 ID:16jxNCeq0
ーーー9話視聴終了ーーー

ドラえもん「さてなんだかんだで9話まで見た」

のび太「ええ!?もうそんなところまで見たの!?」

ドラえもん「どうだい?ここまで見たらはがないと違うってわかるだろ」

のび太「まあね。主人公がここまで落ちぶれてるのも珍しい」

ドラえもん「よく考えたらのび太くんも映画に至っては主人公だよね。つまり八幡とそんな変わらない・・・」

のび太「そんな!だったらなんで僕はハーレムにならないの!なんでハーレム映画にならないの!?」

ドラえもん「そこかよ」

のび太「このアニメで一番まともなのはあの出来杉ポジションの人かなあ。認めたくはない物だけど」

ドラえもん「まあ葉山くんが一番いい扱いだよね」

のび太「可愛いのは戸塚ちゃんだけども」

ドラえもん「・・・」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 23:13:33.14 ID:16jxNCeq0
ーーー10話視聴中ーーー

ドラえもん「さてこの回から文化祭編だ」

のび太「文化祭かあ。戸塚ちゃんが沢山出たらまあいいか」

ドラえもん「戸塚きゅんの見所はそこまでなかったような・・・」

のび太「って!戸塚ちゃんが劇のヒロインやるのか!いやっほおおおおおおお!」

ドラえもん「そこに目がいったかやはり」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 23:22:29.98 ID:16jxNCeq0
ーーー11話視聴中ーーー

ドラえもん「さて、めっちゃ悪い委員長のせいで雪ノ下さんが体調を崩したようだ」

のび太「おお!私服のゆきのんもなかなかだね!」

ドラえもん「君は本当にターゲットがガラリと変わるな」

のび太「でもやっぱ戸塚ちゃんが可愛い!おお!!なんだこの劇!!」

ドラえもん「君の反応はもはや海老名さんと変わらないな」

のび太「出来杉が羨ましい!僕と変われええええええええ!」

ドラえもん「確かにここ見ると葉山くんがちょっと羨ましいと思ってしまう」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 23:29:33.39 ID:16jxNCeq0
ーーー12話視聴中ーーー

ドラえもん「この回で初めて八幡が主人公っぽくなるね」

のび太「おお!はちまんが自分の意見ぶつけたら出来杉に止められた!」

ドラえもん「まあやはりカッコ悪い」

のび太「でもなんかカッコいいところもあった。謎の感動ってやつか。・・・って学園祭にありがちなけいおんだ!」

ドラえもん「けいおんはまあどの学校でもやるよね」

のび太「そして奉仕部の3人のシーンで終わりかあ。まるで最終回みたいだ」

ドラえもん「まあこれが実質最終回だけどね」

のび太「え!?そうなの!?」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 23:34:16.83 ID:16jxNCeq0
ーーー12話まで視聴終了ーーー

ドラえもん「要するに次の番外編で最終回だね」

のび太「なんだかんだでそこまでやってきたか・・・」

ドラえもん「で、君は誰派なんだい?」

のび太「当然!戸塚ちゃん!」

ドラえもん「やはりか・・・。まあ僕は由比ケ浜ちゃんだけどね!」

のび太「別に聞いてないのだけれども」

ドラえもん「まあ最終回見ようや」

のび太「うん」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 23:39:38.24 ID:16jxNCeq0
ーーー最終回視聴中ーーー

のび太「おお。最後は体育祭の話か」

ドラえもん「最後の最後で奉仕部らしい活動だね」

のび太「体育祭を盛り上げるのかあ。僕は運動会とか好きじゃないけどね」

ドラえもん「八幡もそうらしいね」

のび太「ってまたオタクっぽい人が出てきた!」

ドラえもん「言っとくが最後の最後で材木座は大活躍だぞ」

のび太「まじでか!!」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 23:43:50.73 ID:16jxNCeq0
のび太「って戸塚ちゃんきたああああああ・・・って、あれ」

ドラえもん「どうした」

のび太「なんで男子チームに・・・戸塚ちゃんが・・・」

ドラえもん「それは・・・男だからさ・・・」

のび太「え・・・えええええええええええええええええええええええ!!!」

ドラえもん「そのリアクションは9話ほど遅い」

のび太「ま、まさか・・・戸塚ちゃん・・・・いや戸塚くんが男だったなんて・・・どうなってるんだ・・・」

ドラえもん「まあいいじゃないか。これで君も由比ケ浜ちゃんに・・・」

のび太「じゃあこのアニメで一番可愛いのは小町ちゃんか!!」

ドラえもん「何・・・」

53: さるったから携帯から 2013/06/29(土) 00:05:01.73 ID:ZydVSR7XO
ーーー最終回試聴終了ーーー

のび太「って最終回に小町ちゃん出なかったよ!!」

ドラえもん「小町ちゃん派になるのが遅すぎたようだね」

のび太「それにしてもまさか戸塚くんが男だったなんて・・・」

ドラえもん「3話で気付くべきだ」

のび太「ドラえもんはそこで気付いていたなんて凄いね」

ドラえもん「いや君が鈍いだけだが」

のび太「とにかくやはり俺は間違っているはなかなか良いアニメだった」

ドラえもん「まだタイトル覚えてないみたいだけどね」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 00:11:22.56 ID:ZydVSR7XO
のび太「とにかく僕もはちまんみたいなハーレム生活を送りたい!」

ドラえもん「そういう考えになるのか君は」

のび太「って事でドラえもん。八幡になり切れる道具出して~」

ドラえもん「そんな都合のいい道具・・・あるんだよなそれが。変身ドリンク!」

のび太「おお!」

ドラえもん「これを飲んで思い浮かべたらその人に変身する事が出来るんだ」

のび太「じゃあこれで八幡に変身して・・・ハーレムに!」

ドラえもん(まあそう上手くはいかないだろうけどやらせとけばいいか)

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 00:19:36.81 ID:ZydVSR7XO
のび太「んっ・・・」ゴクゴク

ドラえもん「さあ八幡を思い浮かべるんだ」

のび太「うん」

のび太(八幡・・・八幡・・・)

のび太(・・・それにしても戸塚くんが男だったなんてなあ・・・)

ボンッ

ドラえもん「・・・あれ」

のび太=戸塚「う、うわ!戸塚くんになっちゃった!!」

ドラえもん「ははあ。さては戸塚きゅんを思い浮かべたな」

のび太=戸塚「確かに少し思ったけど・・・こんなになるの!?」

ドラえもん「デリケートな道具だからね」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 00:43:13.11 ID:ZydVSR7XO
ドラえもん「仕方ないから効果が切れるのを待つしかない」

のび太=戸塚「しばらくこのままなの!?」

ドラえもん「まあ永遠ってわけじゃないから今日は一日それで過ごしてくれ」

のび太=戸塚「じゃあちょっと外へ散歩でも」

ドラえもん「それでいくのかい?」

のび太=戸塚「とりあえずちょっとだけみんなに見せびらかしてやろうと思っね。じゃあ行ってくる!」スタタタ

ドラえもん「気のせいか嫌な予感がする」