1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 22:32:52.74 ID:Jh1kglVHo

 閲 覧 注 意    




 
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 22:43:11.86 ID:Jh1kglVHo

「おっはよーございますなのっ!」

「あら、美希ちゃんおはよう」

「ねぇ小鳥。今日のミキのスケジュールは?」

「え? あぁ、えっと……」

小鳥は少し戸惑いながらだけど

ミキにスケジュールを教えてくれた

あはっ

いつも以上にやる気に満ち溢れてるミキを見て

やっぱりたじろいでるの

まぁ、いつもやる気あるけど

今日だけは特別なの!

なんて言ったって

今日の夕方は久しぶりのオフ!

しかもハニーと会う約束があるの

だから今日は一日しっかり頑張って良い子に過ごすの

悪い子だときっと良い事がないよってお姉ちゃんに言われたから……ではないの

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 22:49:32.24 ID:Jh1kglVHo

「美希ちゃん、朝からいいことあった?」

「あはっ、小鳥には内緒なの!」

「え~っ良いじゃない。ね? 内緒にしててあげるから」

もしも教えたりしたら

悪質なパパラッチの如く

パシャパシャしまくるに違いないの!

しかもいい雰囲気のところで絶対に邪魔してくるよね?

だから、絶対に教えちゃいけないの

「トップシークレットなの」

「そ、そこをなんとか」

「ミキに二言はないの」

「気になっちゃたのにぃ~……」

いつもお世話になってる小鳥には悪いけど

そんな落胆した表情でもダメ

今日はハニーとミキの秘密のデートなんだから!

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 23:01:21.50 ID:Jh1kglVHo

「おはようございまーす」

「あっ春香」

「美希だ~っ久しぶり~」

朝から元気いっぱいの春香

ミキは今日特別なことがあるからだけど

春香はいつもこの調子

でもそれこそが春香の魅力だってミキは思うし

ハニーもそこを推してるみたいで

みんなも、春香のこのポジティブさには救われてきたから

認めたくはないけど

春香は765プロの中で結構重要なんだなって思う

でもね、ミキだって新人賞とったりなんだりで

この事務所の中心だって言われてもおかしくない

だから、ハニーの隣だってミキが貰っちゃうんだからね

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 23:09:07.36 ID:Jh1kglVHo

「ん? どうかした?」

「春香には負けないの」

「え? 何の話?」

「春香は恋愛漫画における耳の要らない男主人公なの」

真横で話したりしてるのに

えっ何って聞き返してきたり

意中の相手との会話だったくせに睡魔に負けて寝てたり

意味不明な勘違いでストーリーを間延びさせる害悪なの

「それってかなり馬鹿にしてたりする……?」

「あはっ、ただの冗談なの」

春香はサブヒロインだから主人公でも、メインヒロインでもないし

そもそも基本的にはそんなことないし

「春香、せっかくだけどミキはもう行くの」

「そっか……もっとゆっくり出来たらいいのにね」

そうやって甘い考えだから

ミキよりも上になれないんだよ? なんて

アドバイスをしないのは……ずるい?

ううん、負けたくないもん

敵にわざわざ塩を送ったりはしないの!

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 23:21:02.64 ID:Jh1kglVHo

「おっ良いね。いい表情だよ」

「今日は絶好調だから、今日の写真を使う雑誌は運が良いの!」

午前。

まずは取材と写真撮影

写真撮影は問題なく終わって取材なんだけど

ミキ、取材はちょっと嫌いかも

時々話が弾んじゃって

ついついプロデューサーをハニーって言っちゃうの

そうするとハニー……じゃなかった

プロデューサーの負担が増えちゃうし、余計な時間を使わせちゃうかもしれない

今日は絶対に、ぜっったいに!

ハニーなんて言わないの!

「ところで星井さんは結婚願望とかある?」

「あはっ当たり前なの! ハニ……ハニムーンとか、とっても憧れてるの!」

「ふふっハニムーンじゃなくてハネムーンですよ」

「あはは……そうだったの」

恋のお話とは実に不運だよね。

最初からフルスロットルになりかけちゃったの……

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 23:37:30.87 ID:Jh1kglVHo

ハニーって言わないように気を遣いすぎて

想像以上に疲れちゃったの……

しかもそのあとすぐに移動して雪歩とのCM

でも弱音を吐いてはいられないよね

だって頑張れば頑張るほど

夕方のミキの運勢はウナギのぼりに上がっていくんだから!

最高まで行ったら

もしかしたらハニーから愛の告白されちゃったりするかもしれないの!

「きゃーっミキはまだ結婚できないの~っ」

「美希ちゃん、大丈夫?」

「…………………」

「………美希ちゃん?」

いつの間にか雪歩と合流してる……

というより、見渡してみればいつの間にかスタジオ入りしてたの

とりあえず誤魔化さなきゃ

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 23:39:07.72 ID:Jh1kglVHo

「あふぅ……眠っちゃって王子様に結婚を申し込まれちゃったの」

「そっ、そっか」

反応が薄い、疑われてるの!

「ちょっと居眠りしてただけなの、決して妄想なんかじゃないの!」

「え、あ、う、うん?」

「気にしたら負けなの。雪歩、ミキのことは忘れて欲しいの……じゃなくて今のことは忘れて欲しいの」

「わ、わかった」

雪歩は物分りがよくて助かるの

これが亜美や真美だったら律子から受けた教育をそのまま実行せざるおえない

でも、それはそれで面白そう……いや、やっぱり面倒だから嫌なの

「雪歩、今日はミキNG出すつもりないの」

「わ、私も頑張るよ!」

「その意気なの」

その意気でさっさと仕事を終わらせて次の現場に行くの!

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 10:19:17.15 ID:MqzYMIpCo

「ご、ごめんね……美希ちゃん」

「全然気にすることないの。時間までに終わればそれで良かったし」

雪歩は2回くらいミスしちゃったけど

寛大な心のミキは許してあげちゃうの

こんなことで怒ったりなんかして

悪い子だって判断されたら困るもんね

「でも、どうして今日はそんなに元気なの? 良い事でもあった?」

「ふふっ秘密なの」

「そっか」

雪歩はそれだけで頷いて

お茶を出してくれた

余計な追求をしてこないのはありがたいけど

しない方が良いって悟っているようで

なんだか雪歩にも秘密があるように思えてちょっと気になる

でも、雪歩がミキに対して余計な詮索しないなら

ミキもそんな余計なことはしない方がいいよね

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 10:26:13.81 ID:MqzYMIpCo

「ところで、今日も春香ちゃんは事務所に来た?」

「うん、来たよ。ミキとちょうど入れ替わりだったけど」

「うぅっ昨日来てくれたら会えたのに……」

「それは不幸な事件なの……基本的に来るから事務所に行けば会えるのに」

基本的に来るだけで

必ずしも毎日来れるわけじゃない

雪歩達も事務所に行く余裕があまりないから

たまたま行けたのに会えないっていうのは

もはや厄日を疑うレベル

「春香ちゃん、クッキー作ってきてた?」

「んーミキにはくれなかったし、たぶん作ってないと思う」

「そうだよね、春香ちゃんも忙しいもんね」

「頼めば――」

「それはだめだよ!」

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 10:40:40.32 ID:MqzYMIpCo

「えっ」

まさかの地雷だったの?

雪歩が大声出すなんて

そうとしか考えられないけど

でも気づけるわけないよね?

ミキ、悪くないよね?

欲しいなら頼めばって言ったの別に悪くないよね?

「頼んだら春香ちゃんは作ってくれると思う。ううん、春香ちゃんはきっと無理してでも作っちゃうよ!」

「そ、そう――」

「春香ちゃんだって大変なんだよ!? 美希ちゃんと同じくらい頑張ってるんだもん!」

「し、知ってるけど」

「なのに頼めるわけないよ……市販のクッキーじゃ満足できないけど、我慢するしかないかなぁ……」

燃焼しきったのか、雪歩はまた小さな声に戻っていく

訂正、ミキが悪かった

春香のクッキーは忙しくなる前はほぼ毎日食べてたから

もはや後戻りできないレベルに達してるのはミキ自身も良く解ってるし

それが続くとちょっと怒りっぽくなっちゃうよね

おにぎりがしばらく食べれなかった撮影の時なんか

こっそり抜け出してコンビニに行ったこともあった覚えがあるもん

あの時は怒る律子に嫌気がさしたけど

そのあと、スタッフに今度から用意するように頼んでくれてる律子を見たときは

思わず抱きついちゃったっけ

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 10:49:38.94 ID:MqzYMIpCo

「雪歩のお茶も、久しぶりに飲めてよかったの」

「え、う、うんっ、ありがとう」

ちょっと褒めただけで赤くなる雪歩はかぁいいの

そう思うのもいつぶりかな?

みんな忙しくて

2人で会うことすら難しかったりするし

雪歩がお茶を淹れてくれることも

もう当たり前じゃないんだよね

「それじゃ、ミキはもう行くね」

「うん。頑張ってね」

「雪歩も撮影頑張るの!」

また今度雪歩のお茶を飲んだり

春香のクッキーを食べたり

貴音とのラーメ……いや、ラーメンは遠慮するの

そんなことに思いを馳せながら

ミキはまた次の仕事に向かった

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 10:56:12.62 ID:MqzYMIpCo

PM 05:57

仕事は難なく終わって

お待ちかねのハニーとのデートの時間

でも、約束した時間に、

ハニーは来てくれなかった

「ミキを待たせるなんて、良い度胸なの」

既に約束した時間を1時間も過ぎようとしているのに

連絡さえよこさない

ハニーじゃなかったら絶交しててもおかしくないけど

ハニーだから許してあげるの

でも、遅れるにしても

電話……せめてメールくらいは欲しいの

「……事故、とかじゃないよね?」

そんな最悪な出来事が脳裏をよぎって

勢いよく頭を振った

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 11:14:46.74 ID:MqzYMIpCo

仮に事故だったとしても

それならミキに連絡が来ないはずがないの

でも……仕事に差し支えるからって律子が

ううん、そんなはずないの!

「ハニー……」

取り出した携帯

表示されている時間は

PM 06:05

約束の時間を1時間過ぎてる

「仕事中だろうとなんだろうと……知ったことじゃないの!」

仕事中に携帯が鳴ったりしても

それは1時間も連絡なしのハニーが悪いのであって

連絡したミキは何も悪くない。と、この行いを悪いことにしないでと祈りつつ

電話をかけてみることにした

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 11:23:39.00 ID:MqzYMIpCo

プルルルル........

プルルルルルル...........

プルルルル........ガチャッ

「ハニ」

『只今、電話に出ることが出来ません。ピーッという発信音のあとに、ご用件を――』

あはっ

電話に出てくれたのは女の人だったの

ただの機械音声だけど。

ピーッと音が聞こえ、大きく息を吸い込んだ

「ハニーのばーか! 最低、嘘つき、絶対に許してあげないんだから! 猛省すると良いの!」

とりあえず適当に怒鳴って

電話を切ると

周りの視線が地味に痛かったけど

若干同情の目も混じっていたのが悲しかった

ミキ、別にフラれたわけじゃないもん……

ただ、ドタキャンされただけ……だもん

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 11:43:34.59 ID:MqzYMIpCo

PM 07:20


外ももう暗くなってきた時間

ようやく1本の電話がかかってきた

相手はもちろん、プロデューサー

正直、寒さにやられてハニーと呼ぶ熱もないの

「もしもし」

『す、すまん美希! 局の人と話してたらつい』

「ミキ、すごく失望したの。プロデューサーがこんな人だとは思ってもみなかった」

『本当に悪かった。今から――』

「もう良いの! ミキは明日も仕事で一杯なの!」

会う予定だった広場に響き渡りそうな声

でも、運良く、ううん。運悪く? 周りの喧騒にかき消されてしまった

「ミキ、もう家にいるから。迷惑だから来ないで」

『美希――』

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 11:47:25.54 ID:MqzYMIpCo

もう話すことなんてない

勝手に通話を終了させて、家へと歩いていく

プロデューサーがミキ達のために頑張ってくれてるって解ってる

だから、怒るべきじゃないのかもしれなかった

でも、我慢できなかった

だって連絡が2時間以上もなかったんだもん

事故かもしれないって怖くなるに決まってるの!

「……事故じゃなくて、本当に良かったの」

本当に言いたかった言葉、怒った理由

それはプロデューサーに届く訳もなく

空気の中に消えていき

明日からも仕事頑張るの。そして今度こそ、運を味方につけて成功するの!

という意気込みは

ちゃんと心の中に残った

明日の朝に残ってる保証はないけど

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 13:50:28.97 ID:+G9+/jtuo

「今日も元気一杯なの!」

「あら、おはよう。美希ちゃん」

勢いよく扉を開け放っての登場

やっておいてあれだけど

ミキ、亜美達に毒されちゃった気がするの

眠い時なんかは静かでいてほしいのに

あの騒がしさがないと何か物足りないというか……

「お、おはよう美希」

「……小鳥、今日は他のアイドルはいないの?」

「そ、そうね。【アイドルは】いないわね。アイドルは」

わざわざ強調しなくても判ってるの

でも、さんざん心配かけたプロデューサーにはお仕置きなの

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 13:56:46.81 ID:+G9+/jtuo

「あ、あのさ、美希」

「仕事まで少し休むの」

「み、美希ぃ……」

「もう、何したんですか……」

プロデューサーを無視して

わざとらしく背中を向けると聞こえてきた悲痛な声と心配そうな声

ちょっとやりすぎてる気がなくもないけど

ミキだってずっと不安にさせられていたんだから

おあいこだよね

「実は昨日――」

「あぁなるほど――」

ソファで横になっていると

2人の話し声がまるで子守唄のように聞こえて――バァンッ!

「おっはようございまーす!」

ミキの眠気を一気に吹き飛ばすドアの音と

昨日も聞いた元気な明るい声が聞こえてきた

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 14:21:27.74 ID:+G9+/jtuo

「春香、ミキは今物凄くお怒りなの。クッキーがないなら血を吸わせて貰うの」

「えっちょ、ちょっと!」

ソファに引きずり込んで押し倒し

前にやったヴァンパイアガールの真似をする

だって、春香が美味しそうな匂いしてるんだもん

「ち、血は吸われたくないからクッキーでお願いして良いかな?」

「え? 今日はあるの!?」

「うん、今日はちょっと余裕あったからね」

春香の匂いがいつもより美味しそうなのは

クッキーの匂いが漏れてたからなんだね

もしかしたらミキがおかしくなったのかと思っちゃった

春香を解放してあげると

カバンの中からクッキーを小分けにした袋を1つ渡してきた

27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 14:25:14.46 ID:M8kLlUCio

お店で売っているような包装

もしかして……売り物?

「ミキ、手作りじゃないのはノーサンキューなの」

「ち、違うよ? ちゃんと手作りだよ?」

「ならなんでこんな売り物みたいな――」

「だって、今までみたいにひと箱にっていうのじゃもうダメだと思ったから」

「ぁ……ごめん」

そうだった

事務所に来れない人も多いもんね

そういう人のことまでちゃんと考えてる春香は

やっぱり優しいの

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 14:29:24.23 ID:M8kLlUCio

「プロデューサー……さん!」

「えっ」

「えっ」

「かふっ」

とりあえず今は

知り合い程度のランクにしてあげるの

ハニーとか、プロデューサーじゃ許してるようなものだし

「な、なん……だ? 美希」

「ミキのことを呼び捨てにして良いのはもっと信頼できる人なの。だから、星井さん」

「ぐっ……ほ、星井さん。なにかな」

あはっ

ハニーちょっと悲しそうなの

お仕置きだもんね、頑張って

「春香のクッキーを、ミキたちが会えないみんなにちゃんと配って欲しいの」

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 14:45:59.87 ID:NxA4hSkfo

「そ、そこまでしなくても」

「ううんダメなの」

特に雪歩に届かなかったりして

みんなが食べていたりなんかしたら

きっと……ううん絶対に大変なことになるの

「春香のクッキー美味しいから。きっと、疲れてるみんなを癒してくれるはずなの」

「そうね。一理あるけど、プロデューサーさんも忙しいんじゃないかしら?」

小鳥は言いながらプロデューサーの様子を伺う

やっぱり忙しいのか

プロデューサーはちょっと困り顔

でも、ここでミキの秘策!

「もしも届けてくれたら……昨日のこと忘れられるかもしれないの」

「!」

「昨日のこと?」

「色々あって、ミキ、すごく辛い思いさせられたんだよね……」

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 14:52:19.27 ID:NxA4hSkfo

「プロデューサーさん、何したんですか?」

「うっ……いや、その……」

春香に問い詰められて

プロデューサーは冷や汗をかいてるようにも見える

あはっ

まるで不倫を問い詰められてるみたいなの

ミキと春香でプロデューサーのこと……?

前は普通にいちゃいちゃしてたし

それは春香含め周知の事実なんだから

別にデートすっぽかしたって隠す必要は……

あ、でも

春香ならたとえ恋敵のミキのためでも怒るよね

「わかった! ちゃんとみんなに配るから。これで話は終わりな」

「気になるなぁ」

「ふふっ、春香ちゃ――」

「小鳥さん、厳禁ですよ」

「はーい。ごめんね。春香ちゃん」

33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 16:11:01.68 ID:MqzYMIpCo

プロデューサーも徹底してる

でも、ミキは春香になら話しても良いかなって

互いに恋敵だから

事前に教えるのは妨害される可能性も

万が一にもあるから無理だけど

終わったあとの話は共有して……自慢したい

ミキは春香よりも近いんだよって

ミキ、性格悪いかな?

「ねぇ春香。ちょっと」

「ん~?」

春香のクッキーはポケットにしまい

春香を連れてプロデューサー達から離れた応接室に入った

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 16:17:32.55 ID:MqzYMIpCo

「春香には教えておこうかなって」

「なにを?」

「ミキね? 昨日、ハニーとデートする約束してたの」

「お買い物に付き合ってもらう。じゃなくて?」

む……勘の良い春香はダメなの

実はそうだったりするけど

2人きりであれこれするんだから

デートと言っても差し支えないの

「でも、すっぽかされちゃった」

「それは多分……私に付き合ったからだよ。ごめん」

「え?」

「色々あって合流したんだけど、その時に局の偉い人がいてさ……だから」

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 16:21:50.65 ID:MqzYMIpCo

春香のせい?

春香がミキとハニーの時間を奪ったの?

ううん、違う。だって話したりしなかったもん

春香は知らなかった。だから春香は悪くない

悪いのはプロデューサーだよ

必死にそう言い聞かせて

募る苛立ちを有耶無耶にかき消した

「ううん良いよ。悪いのはプロデューサーだもん」

「ごめんね、ほんと」

春香はそう言いながら私の手をギュッて握った

「春香?」

「頑張ってね? 応援してるよ」

春香はそう言って微笑んだ

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 16:35:17.66 ID:MqzYMIpCo

春香の応援は嬉しくもあり

でもそれ以上に複雑なものだった

春香はプロデューサーが好きだった

それはミキよりも積極的ではないにしても

女の子らしい反応ですぐに解っちゃうし

だから、ミキ同様に周知の事実で

どっちがプロデューサーと結ばれるのか。なんて

亜美たちが勝手に賭けようとしていた記憶もある

好きな相手が取られるんじゃないかという不安もあったけど

でもだからこそ、取られまいと頑張れるようになって、

そのおかげでここまで来れた……のに

相手が消えた

唐突に、突然に、急に、いきなり、不意に、勝手に……

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 16:39:44.36 ID:MqzYMIpCo

「おーい、美希~?」

考え込んでいたミキの体を揺すってくる邪魔な人がいた

仕方がなく周りを見ることにも意識を向けると

そこにいたのは響で

事務所からもいつのまにか移動していた

「……あれ? ミキ、事務所に」

「何寝ぼけてんのさ。さっきタクシーで来たんだろ?」

「そうだっけ……記憶にないの」

「上の空だったしね……何かあったのかー?」

響に理由を話そうとも思ったけど

話しても無駄だよねという脳内会議の議論の結果により

適当に話を流すことにした

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 16:49:36.47 ID:MqzYMIpCo

頑張る理由の一つが消えちゃったけど

でも、まだプロデューサーに良い所を見せるという

大事な理由が残っているんだから何も問題ない

春香だって、別に死ぬわけでもアイドル止めるわけでもないし

……多分。

ちょっと不安になってはるかにメールしてみたけど

『あははっ、病気でも、引退するわけでもないよ。ただ、応援しただけだってば』

と、返ってきた

「……でもやっぱり不安なの」

春香はみんなが売れ出した頃に

一人で抱え込んで崩れちゃった事件があるもんね

「響、春香のスケジュール。解る?」

「んー、ちょっと待って」

響はA3用紙が文字によって真っ黒になったプリントをくれた

どうやら、確認用に印刷したはいいけど、間違って全員分を出しちゃったらしい

「ありがとう。代わりに春香のクッキーあげるの」

「ほんとか!? やったー!」

「……そっか、今度は春香が19時頃から……でも、ここならミキも少しだけ時間ある」

ミキじゃなく日頃の行いを恨んでね?

春香になにか問題がないか確かめるために

ミキは撮影まで空いたその時間を使って、春香のところに行くことにした

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 16:59:42.61 ID:MqzYMIpCo

でも、日頃の行いが悪かったのはミキだったみたい

買い物に行くと聞いて向かったショッピングモール

その中にある綺麗な装飾店で

楽しそうにデートする2人が私の視界には映っていた

スタジオにいなかった時点で諦めればよかった

どこに行くとか言ってませんでしたか。なんて

バカみたいに気にしたりしなければよかった

「えへへっ、これなんか似合いませんか?」

「そうだな……う~ん。俺には判らん」

「えーっプロデューサーさんが選んでくださいよぉ~」

怒りなんてもはや優しい言葉なくらい

ミキは自分の感情が良く解らなくなっていた

怒っているのか、悲しんでいるのか

頭の中がぐちゃぐちゃになって、ミキはただ――逃げた

その場所から、現実から

全てから。

ただひたすらに、走って逃げた

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 17:10:02.08 ID:MqzYMIpCo

ねぇお姉ちゃん、ミキ、そんなに悪いことしてたのかな?

ミキ、こんな傷つけられなくちゃいけない子だったのかな?

ねぇ、春香。教えて欲しいの

ミキは、ミキはこんな酷い事されなくちゃいけないほど春香に酷い事したの?

応援してるよとか

頑張ってねとか

言われたその日のうちに

デートしてる姿を見なくちゃいけないような悪い子だったのかな?

ねぇ、春香

どうして応援してるなんて言ったの?

どうして頑張ってねなんて言ったの?

全然諦めてなんかいないくせに

ミキがデートできなかったって言ったとき

本当は心の中で嘲笑ったりしてたのかな……?

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 17:19:08.30 ID:MqzYMIpCo

そうとしか考えられない

頑張ってね? 応援してるよ

なんて言葉も、ほんの一部だったんだ

【私は先にデートしちゃうから。頑張ってね? 応援してるよ(笑)】って

声では伝わりにくいモノを隠してたんだよね?

ミキ、勘違いしてた

プロデューサーが冷や汗かいてたのは

春香が怒るっていうのは間違いないかもしれないけど

ミキのためにじゃなくて、

ミキとデートしようとしたことを隠してたことを怒られるからだったんだね

42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 17:35:10.07 ID:MqzYMIpCo

震える携帯が耳障りで

思わず床に叩きつけてしまった

なんだろう

みき、いますごくへんなかんじ

裏切られたことが

すごく悲しくて、すごくイラついて

壊れちゃいそうなくらいに

壊してしまいそうなくらいに

ミキは今――

「あれ? 美希? 公園で何してるの?」

声が聞こえた

聞こえちゃいけない声が聞こえた

「この時間って撮影じゃないの?」

「…………………………」

プロデューサーがいない

ひとも、いない

いるのはみきとうらぎりもの

わるいこにはそれなりのおしおきがひつようだって

だれかがおしえてくれたよね、このからだじしんに

43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 17:41:08.13 ID:MqzYMIpCo

翌朝目を覚ますと体中が凄く痛かった

腑抜け生活から一点

ちょっと頑張ってダンスレッスンやった時と同じような感じ

つまり筋肉痛

「今日は休みたいの……」

と、愚痴ってはみても

誰かが聞いてるわけじゃないし

それが許されるわけでもない

「昨日撮影に遅刻したから事務所が怖い」

電話を受けたのが

プロデューサーか、小鳥か、律子か

その中の誰であるかによって

ミキが受けるお説教のレベルは変わる

44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 17:49:51.92 ID:MqzYMIpCo

一番優しいのは言うまでもなく小鳥

次はプロデューサー

そしてダントツで怖いのが律子

ちゃんとさんをつける練習を心の中でしておかないと

絶対に律子って呼び捨てにして

お説教1時間強制追加コースなの

「とりあえず行くしかないの……」

何もなしなら逃げられるけど

携帯には『事務所に来てくれ』と

プロデューサーからのメールが着ていたから

でもこれ、なんで一斉送信?

45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 18:02:30.30 ID:MqzYMIpCo

「おっはよー!」

「美希、お静かに」

「え?」

貴音に言われて押し黙ると

事務所は静かで、暗い雰囲気だった

「どうかしたの?」

「美希、春香を家に泊めたりしましたか?」

貴音の静かな声は

いつもより落ち着きのない

切羽詰ったものに思えた

「ううん、ミキは知らないよ?」

「美希さんも知らないと、事務所のみんなは誰も知らないってことに……」

「い、いおりん! GPSは!?」

「反応してたらこんな場所で待ちぼうけくらってないわよ!」

ミキが知らないって言ったらなんか変な空気になっちゃった

46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 18:08:38.53 ID:MqzYMIpCo

「ねぇ、どういうこと?」

「春香が昨日家に帰ってないらしいんだ」

「え?」

「ねぇ美希ちゃん。本当に知らないの?」

「し、知らないっ」

雪歩が少し怖い顔で迫ってきて

思わず体が震えちゃったの……

「声、震えてるよ?」

「雪歩が……怖いから」

徐々に近づいてくる雪歩は

その背後にいたあずさによって抱きしめられた

「雪歩ちゃん、落ち着いて」

「で、でも」

「いいから、美希ちゃんを、仲間を。誰を疑っても……何も良い事なんてないわ」

50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 19:34:59.19 ID:MqzYMIpCo

あずさのおかげで雪歩は落ち着き

ちょうど、社長、プロデューサー、小鳥の3人が

事務所へと入ってきた

「どうだったの!?」

まっさきに飛びついたのは

意外にもデコちゃんだった

「一応俺が最後に見た服装を話したけど駄目だ、全然目撃情報がない……」

「夜だったから仕方ないですよ……駅に入ったかどうかはまだ確認中らしいから。それが判れば」

律子…さんはそれで向こうに残ってるってことなのかな

春香が行方不明……

最後の目撃者は、プロデューサー?

……大事なこと、忘れてるような気がするけど

まるで猛獣を押さえ込んでいる鎖のように

思い出そうとすると体が軋む

51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 19:45:48.87 ID:MqzYMIpCo

「俺がいけないんだ……俺が、ちゃんと駅まで送ってれば!」

力強く壁を殴りつけ

プロデューサーは悔しそうに唸った

「あれは仕方がないぞ……美希がスタジオに戻らなかったから」

「え?」

ミキがスタジオに戻らなかったことと

春香の行方不明に何か関係があるの?

「響、どういうことか詳しく話しなさい」

「う、うん……実は」

響は昨日のことを詳細にみんなに話し

それが終わった瞬間、みんなの嫌な目がミキに向けられた

52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 19:50:03.57 ID:MqzYMIpCo

「アンタ、どういうことよ」

「ち、違うの。ミキは――」

「言い訳なんか良いよっ!」

デコちゃんなんかよりも

外の喧騒なんかよりも

ずっとずっと、大きな声は雪歩のものだった

「春香ちゃんのスケジュールを確認して、それで。それで何をしたの!?」

「ミ、ミキは……ミキは……」

雪歩の強い瞳によって

頭の中の引き出しが次々に荒らされていく

記憶がかき乱されて

わずかに思い浮かんだ一つの光景

「ぁっ……」

「美希ちゃん?」

それのせいで涙が溢れ出してしまった

53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 19:54:40.34 ID:MqzYMIpCo

「美希ちゃ――」

「ゆきぴょん、ここは抑えよう? ミキミキが泣いてるってことはそういう理由があるってことだから」

「っ……ごめんなさい」

真美によって宥められ

雪歩がミキに掴みかかるようなこともなく

でも、言葉だけは投げかけてきた

「話して。美希ちゃん」

「……春香とミキが互いにその、好きな人がいるのは知ってるよね?」

「ええ、存じておりますよ」

「だけど昨日、春香が言ったの。頑張ってね? 応援してるからって」

ミキがそう言った瞬間

数人は何かを悟ったようにはっと息を飲んだ

54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 20:03:30.03 ID:MqzYMIpCo

「ミキ、それがどうも不安で、気になって仕方がなかったから。春香に会いに行ったの」

「そのために春香のスケジュールを確認したのね?」

「うん、千早さんの言う通り」

「それで、春香は?」

伊織はミキに休む暇も与えずに

続きを話すように促してきた

そのあとのことは

出来るなら思い出したくないし

出来るなら忘れていたかった

きっと、体の拒絶反応も

嫌すぎるものだったから。だよね

「プロデューサーと装飾品店で楽しそうにしてたんだ」

「美希……あれを見てたのか……」

プロデューサーの驚いた顔

それもそうだよね

ミキのデートすっぽかしておきながら

春香とは楽しそうにしてたんだから

55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 20:08:22.24 ID:MqzYMIpCo

「だからね、ミキ……悲しくなって、それで……無我夢中で適当な場所に走っちゃって」

「それは辛いわよね……」

小鳥の言葉だけだったけど

みんな解ってくれたらしく

悲しそうな表情をしていた

ただひとり、プロデューサーだけは

ミキを見て申し訳ないといった感じで

なんとなく怒りを覚えてしまった

「美希が遅刻したのもそれのせいか……ごめんな? 自分が余計なこと」

「ううん、良いの……ミキ、春香になら――」

「違う」

「え?」

「違うんだ、美希」

そういったのは他でもないプロデューサーだった

56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 20:13:23.23 ID:MqzYMIpCo

「なにが違うんですか?」

あずさのちょっと怖い感じの声に

プロデューサーは動じることなく

申し訳なさそうに口を開いた

「俺は美希とのデートを……ドタキャンしちゃったんだ」

「え?」

「はぁ?」

「さいてーだよ!」

「酷い」

みんなのそれぞれの言葉を受けながらも

プロデューサーは続けた

「ああ、最低だ。最悪だ。だから次にサプライズをしたくてさ……春香に、そのプレゼント選びを手伝ってもらったんだ」

57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 20:22:46.03 ID:MqzYMIpCo

何かが崩れていく音がした

ミキの思っていた話の流れと

実際の話の流れが全然違うの

それじゃぁ、春香は

春香は別に裏切り者とかじゃ……裏切り者?

それは隠されていた記憶の欠片だった

「ミキとのこと、春香に話してたの?」

「ああ……すまん。結局やらなかったが、デートの流れとかも春香と一緒に考えてたりしたよ」

「ねぇ、春香は。春香はプロデューサーに」

「……言われなかった。忘れる代わりに、美希を大事にしてと言われたよ。なのにドタキャンして」

「だから昨日、デートの件は春香ちゃんには厳禁だって」

「ええ……まぁ局の人と話すのは見られてまして、絶対に忘れないでと釘を刺された挙句のことだったので」

どんどん、ミキの頭の中の構想と話が食い違っていき

それに連れて、ミキの崩れた話の流れが記憶通りに再構築されていった

58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 20:36:01.29 ID:MqzYMIpCo

「ねぇ兄ちゃん……何を買ったの?」

「……ここまで話したら隠せないよな」

プロデューサーが取り出したのは

ドラマとかでよく見る

結婚指輪とかが入れられるケースだった

「プロポーズするつもりだったわけ?」

「いや、春香がどこで測ったのか指のサイズとか調べてきてさ」

プロデューサーは思い出し笑いをしながら

ポロポロと涙をこぼし

指輪の入っている箱に水滴が積もっては重なって流れ落ちていく

「どうせなら結婚前提にお付き合いとかどうですかって……春香らしい提案してきてさ……」

「春香が選んでって言ってたのは自分のじゃなくて、ミキのためにプロデューサーが選べってことだったの?」

「ああ……春香のための物はなにも買わせてくれなかったから……そうだな」

記憶が、戻ってしまった

逃げ出してから、家に帰って寝るまでの

ミキの頭が忘れさせようとしていた記憶が……

59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 20:41:28.24 ID:MqzYMIpCo

「あぁぁああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁッ!!」

「美希!?」

「美希ちゃん!?」

自分のものとは思えない叫び声

止まらない、止められない

叫びも、涙も、時間も、何も

戻れるのは記憶だけ

遡れるのは記憶の中だけ

何も変えられない記憶

「ああぁぁぁぁぁぁああああぁぁぁぁぁぁっ!!」

「みきみき!」

「落ち着いて、美希ちゃん!」

あずさの手を振り払い、頭を強く振る

記憶は混ざらない

それどころか、余計な記憶がその記憶から引き剥がされ

より鮮明に浮かび上がってきた

60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 20:51:38.18 ID:MqzYMIpCo

――――――

――――

――

「この時間って撮影じゃないの?」

「…………………………」

「どうかしたの? 美希」

「はるか、みきみちゃった……かいものにはにーといるの」

「え、あ……あははっあれはその、忘れて欲しいなーって」

「どうして?」

「それはえっと、詳しくは言えないけど。プロデューサーさんがっ!?」

ガンッと、右腕に衝撃が伝わってきた

同時に、春香は頭を抑えて蹲った

「み、美希、なに? な゛っ」

もう一度強い衝撃が伝わってきた

春香のいたそうな悲鳴が聞こえた

ピッと、頬に赤い水が飛んできた

「や゛、やめ、やだ……わた」

ガンッともう一度強い衝撃が伝わってきた

春香の声が消えた

62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 21:03:52.37 ID:MqzYMIpCo

ガンッともう一度強い衝撃が伝わってきた

メキッともう一度強い衝撃が伝わってきた

ミシッともう一度強い衝撃が伝わってきた

ミシッともう一度強い衝撃が伝わってきた

グチャッと変に弱い衝撃が伝わってきた

グチャッと変に弱い衝撃が伝わってきた

グチャッと変に弱い衝撃が伝わってきた

手が動かなくなった

握っていた石が地面に落ちた

ビチャッって音がなった

赤い水溜りが出来ていた

子供用スコップが落ちていた

砂場の砂は意外に深かった

赤くなったコートも一緒に埋めた

……………

………

「……あれ? なんでここにいるんだっけ」

急いで撮影に戻らなきゃ


――

――――

――――――

63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 21:10:24.25 ID:MqzYMIpCo

「あぁぁぁぁあああぁぁぁあミキ、ミキが!!」

「美希、星井美希!」

頬への衝撃が叫びを止め

ミキの暴走を止めた

「た、か、ね……」

「美希、何があったのです? なにゆえそのような」

「みきが、みきが、ね……?」

ポロポロと、枯れることのない涙が落ちていく

悲しむ権利などないはずなのに

自分の愚かさに対してか

ミキの涙は溢れ出たままだった

「ミキが……春香、殺しちゃった……」

その言葉が余韻を持ててしまうほど

事務所は静まり返っていた

64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 21:22:27.53 ID:MqzYMIpCo

みんなはただ呆然としていて

その中で携帯だけが鳴り響き

プロデューサーが着信を受けた

『プロデューサー、やっぱり駅には来てないみたいで――プロデューサー? あの、プロデューサー!?』

「……り、つこ?」

『どうしたんですか? 何があったんです? 見つかったんですか?』

「律子……春香は、春香が、春香は、春、は……」

『プロデューサー……?』

受話器から漏れてくる声に対して答えたのは

社長だった

「律子君……今からそちらに向かうよ」

『え――』

社長は一方的に電話を切るとミキを見つめた

「美希君、行こうか」

「…………………」

ミキは黙ってついていき、警察に全てを話すと

現場の立ち会いをすることになり、惨劇の場所へと行くことになった

65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 21:33:00.98 ID:MqzYMIpCo

春香は

春香だと判らなくなってしまいそうなほどに壊れていて

でも、一緒に埋めてあった持ち物から

天海春香本人であることは証明された

「……………」

赤くなってしまっていたコートから落ちた

春香から貰ったクッキーの小袋を手に取り、

可愛いリボンの結びを解く

中身は粉々になってしまっていて

もはやクッキーの影も形もなくて

そのせいで、風が吹いただけで攫われていく

「星井美希さん、署に」

「あっ」

2度目の風がリボンまで攫っていった

66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 21:44:38.23 ID:MqzYMIpCo

「待って、待って春香」

そこにはいない、かつての友を追う

明るい声も、元気な声ももう聞けない

明るい笑顔も、元気な笑顔ももう見れない

美味しいクッキーも、あの優しさももう手に入らない

「春香、待って。ミキからいなくならないで」

逃げていくリボンは風が途切れてアスファルトの白と黒の狭間に落ちていく

「美希ーっ!」

後ろから追ってきたプロデューサーが手を伸ばす

どうしてそんなに慌ててるんだろう?

大丈夫だよ、春香はちゃんと捕まえたよ

教えるために、赤いリボンを手に大きく振った

「プロデューサー! ミキ、ちゃんと春香を捕まえ――」

大きなクラクションが右から聞こえ

気づけば、ミキは空を見上げていた

掴んでいたはずの赤いリボンは再び宙を舞っていた

手を伸ばそうとしても体が動かない

でも、リボンはミキの方へ降りてくる

光に当てられたそれはなんだか神秘的で

それを最後に目を閉じたミキはもう二度と起きる事はなかった

67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 21:53:50.92 ID:MqzYMIpCo

終わり


リボン=春香をネタに出来なかった末路


次回 春香「報われない恋に手向けの愛を」