1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 22:43:04.40 ID:eE2KIr/f0
・部屋が箒と一緒の頃のお話です



PM 10:00



一夏「ふぁぁあ……」ゴシゴシ


箒「人前で無様に口を開けるものではないぞ一夏、手でふさげ」


一夏「あぁ、すまん…
さっきの訓練でヘトヘトになっちまって」

一夏「今日は先に寝るわ」モグリ


箒「一夏、お前風呂に入ったのか?」


一夏「あっ、入ってないな、
でも今日はもう…『駄目だ!』




IS <インフィニット・ストラトス> コンプリート Blu-ray BOX
メディアファクトリー (2013-10-02)
売り上げランキング: 21,811
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 22:44:25.36 ID:eE2KIr/f0

箒「疲れたのなら、なおさらだ、
しっかり風呂に入り身体の疲れとってこい」


一夏「分かったよ」

一夏「じゃあ、そうするか」ファァア



ガチャ



箒「……」

箒「…」ゴソゴソ



………




シャ アアァァァ……



一夏「あ゛あ゛あ゛あ゛」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 22:45:33.31 ID:eE2KIr/f0


シャ アアァァァ……ゴシゴシゴシ





カポン……




一夏「ふぅぅ……箒の言うとおりだな身体が軽くなった気がする」

一夏「むしろ目が冴えたな……」



一夏「そろそろ、出るとしますか」ザパァァ…




………


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 22:46:42.66 ID:eE2KIr/f0

フキフキ


一夏「~♪~♪~」



ガラ



一夏「ふぅぅぁ……スッキリしたぁ」ホカホカ


箒「……」スースー


一夏「箒はもう寝たのか…
なら、俺も寝るk……」

一夏「……あれ?」



一夏「……俺の布団がない」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 22:49:34.91 ID:eE2KIr/f0

一夏(おかしいな、さっきまでここに……)ポンポン


一夏(箒が使ってんのか?)


箒「……」スースー


一夏(いや、一枚しかないな)

一夏「どーゆう事だ…」


一夏「取り敢えずないと寝られないし、部屋の中探すか」


…………
……



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 22:51:52.95 ID:eE2KIr/f0

一夏「なぜないんだ…」


箒「んっ……どうした……一夏?」ゴシゴシ


一夏「あっ!すまん、起こしちゃったか!」


箒「別に構わん……ところでどうかしたのか?」


一夏「実はな俺の布団が無くなったんだ」


箒「……」


一夏「箒はなにか知らないk…『知らん』

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 22:54:08.61 ID:eE2KIr/f0


箒「…」

一夏「…」



一夏「でm…『知らん』


箒「…」


一夏「…」


箒「知らんものは知らん」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 22:56:02.31 ID:eE2KIr/f0


一夏「そ、そうか…」

一夏「仕方が無い、このまま寝るか」


箒「そんな事したら風邪をひくだろ」


一夏「一日ぐらい大丈夫だろ、
なんか変な感じはするがな」ゴロリ


箒「はぁ……」ハァ…

箒「最近風邪が流行ってるのを知らんのか?
そんな事をすれば風邪をひかせて下さいと言ってるようなものだぞ」


一夏「うっ、
確かに保健だよりにもそんな事書いてあったな…」

一夏「しかし、布団のかわりになるものなんて部屋にないしな……
あっ、バスタオルがあったな!」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 22:57:29.04 ID:eE2KIr/f0

箒「お前も私もバスタオルを使っただろ、
もうスペアはないぞ」


一夏「んぐっ、
じゃあどうすれば……」


箒「はぁ…」

箒「仕方が無い、私の布団を貸してやろう」


一夏「え?
いや、そしたら箒のがなくなるだろ」


一夏「それはダメだろ」


箒「だから!
……フタリデ……バ……」モジモジ


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 22:59:44.71 ID:eE2KIr/f0

一夏「え?
なんか言ったか?」


箒「だ、だから!
……ふたりで……ツカエバ……イィ…ダロ……」モゴモゴ


一夏「すまん、箒
もうちょっと大きな声で頼む」


箒「っっっっっ!!」

箒「だ、だから!

二人で使えばいいだろ!!」バン!!



シィィィン……



一夏「……え?」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 23:00:48.48 ID:eE2KIr/f0


箒「……はっ!」

箒「っっっ!(///」カアァァァ


ガバッ


一夏「お、おい箒
それ本気で言ってんのか?」


『あたりまえだ!!』


一夏「いや、流石にそれは箒に悪いよ、
俺なんかと一緒に寝るのなんて嫌だろ?」


『なっ!!そ、そんな事は…


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 23:02:00.69 ID:eE2KIr/f0


一夏「俺、ちょっと千冬姉のところに行って一枚借りてくるよ!!」


箒「ま、まて一夏!まだ話は…


ガチャ ……パタン


タッタッタ



13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 23:04:04.70 ID:eE2KIr/f0

箒「……」


箒「くっ、
あの唐変木め!」ギゥュュュ



布団「い゛だだだ、ちぎれる!ちぎれるぅぅぅ!」



ブチッ!!



布団「」




14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 23:05:05.30 ID:eE2KIr/f0


箒「わざわざ、ベランダに隠した意味がないだろうが」プンプン


箒「くそ、どうすれば……」イライラ


箒「んっ?」

箒「そうか、この手があったか……」クックック


箒「紅椿部分展開…」ボソッ


………
……




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 23:06:44.24 ID:eE2KIr/f0

一夏「と、という訳なんだ」


千冬「…」


一夏「……」ゴクッ…


千冬「お前は私をからかっているのか?」


一夏「か、からかってなんか、
滅相もない!」


一夏「何を言ってるのか分からないと思うが、俺も何があったか分からない…」


一夏「信じてくれ、千冬姉!…ゴン!!…
っっうぅぅ、織斑先生」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 23:07:52.29 ID:eE2KIr/f0

千冬「…」

千冬「はぁ…仕方が無い、
お前に風邪を惹かれたら、私も他の生徒にも厄介だしな」

千冬「ついて来い」


一夏「っ!!」

一夏「千冬姉ぇ……ドゴン!!


一夏「っっっっっ!!?」


千冬「学校では織斑先生だ、
その小さい頭の中にしっかり叩きこんでおけ」


一夏「は、はぃ」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 23:09:16.82 ID:eE2KIr/f0

…………
……




一夏「いっててて、ひどい目にあった」ナデナデ

一夏「でもまぁ、布団が手に入ったし別にいいか」


ガチャ


一夏「やっと、寝れr……」




ベット「」




一夏「こ、これは……」パサッ

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 23:11:00.71 ID:eE2KIr/f0

箒「一夏、戻ってきたか」スクッ


一夏「箒、いったい何で俺のベットが八つ裂きになってるんだ……」




ベット「」ボロボロ





箒「うむ、それがだな……」



箒「カマイタチのせいだ」



一夏「……」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 23:12:15.78 ID:eE2KIr/f0

一夏「……」


一夏「え?」


箒「かまいたちだ!」


一夏「あぁ、かまいたちか!」ポン

一夏「って、納得出来ねぇよ!!」


箒「お前は私の言う事を信じられんのか?」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 23:13:24.38 ID:eE2KIr/f0

一夏「いや、だってな………」


箒「……」

箒「」ジワ


一夏「っっっ!!?」


箒「」プルプル


一夏(ヤバイっ!
泣きそう!!)アワワ


一夏「あっ、いや……
そ、そうかっ!
それなら仕方が無いな!うん、仕方が無い!」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 23:14:50.30 ID:eE2KIr/f0

箒「っっっ!!」

箒「私の話を信じてくれるのか?」


一夏「も、もちろんだ!
箒は俺の幼馴染だしな!」ア、アッハハ!


一夏(…はぁ)


箒「そ、そうか!信じてくれたか!」


箒(ふっ、相変わらず一夏はチョロイ)ニヤリ

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 23:16:49.90 ID:eE2KIr/f0

箒「……ププッ……こいつアホだ」プルプル



一夏(モロ犯人な気がするんだか…)



箒「んん、ゴホンッ…!」


箒「そ、それで貴様はどうするのだ?」

箒「しかなたく、仕方が無くだぞ!
特別に一緒に寝てやってもいいぞ!!(///」チラチラ


一夏「それは、箒にわるいからーーー


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/18(月) 23:18:18.65 ID:eE2KIr/f0

一夏「今日一日起きてる事にするよ」


箒「」


一夏「寝不足で千冬姉に怒られるかも知れないけどな
そん時はそん時だ!」アッハハ

一夏「っっっっっ!!?」ゾクゥゥ…



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/25(月) 00:11:51.42 ID:cEvEgKb90


箒「一夏…


貴様は乙女にあのような事を言わせておいて、
白を切るつもりか?」ゴゴゴゴ



一夏「ぇ……いや、あの……箒、さん?」



箒「喝ぁぁぁっっっ!!」ドゴン!!



一夏「ひぃぃっ!!?」


(壁に穴が……)



箒「貴様に今一度問おう…

私 と 一緒 に ね る か? 」ゴゴゴゴゴ


一夏「」ガクガクガク



31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/25(月) 00:32:51.69 ID:cEvEgKb90

…………
……





一夏「それじゃあ今日一晩厄介になる」モグリ


箒「う、うむ」


箒(やっと昔みたいに一夏と一緒に寝れる ///)ドキドキ


一夏「それじゃあ電気消すぞー」


箒「う、うむ」ゴロン

箒(いかん、落ち着け ///)モゾモゾ


ポチポチ

ボフ



32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/25(月) 00:34:34.69 ID:cEvEgKb90


一夏(ふぅ~、やっと寝れる…
今日は本当に疲れた)


一夏「そ、そういえばさ箒」


箒(すぐ隣に一夏がっ!私の横で寝てる!
あぁ、一夏の匂いがする ///)ドキドキ


一夏「箒?」


箒「ひゃいっ!?な、なんだ一夏///」ビクン


一夏「いや、なんか小さい時も箒と一緒に寝てたな~…って思い出してさ」



箒「っっ!」

箒「そ、そうだな(一夏……覚えててくれたのか!)


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/25(月) 00:35:56.57 ID:cEvEgKb90


一夏「いま思えば、あの時は大変だったなぁ」アハハ

一夏「箒が一人で寝るのが怖いって毎日一緒に寝てt……いてててぇっ!!?」


ギュュゥゥ


箒「何か言ったか?」 ゴゴゴ


一夏「い、いえ、何も……」プルプル


箒「まったく、
いらん事まで覚えておって」プンスカ


一夏「あっはっは、ごめんごめん」

一夏「なんか、懐かしくてつい」アッハッハ


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/25(月) 00:36:57.17 ID:cEvEgKb90


箒「まったく、
お前は変わらない な」フフフ


ドキドキ

一夏(なんだ?……箒といると胸が熱い)ドキドキ

一夏「もしかして俺……

箒の事が好きなのかも知れない」


箒「なっっっ!!?」

バッ!

箒「い、いい一夏!(///
お前いまなんと言った!!」


一夏「えっ?
俺なんか言ったか?」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/25(月) 00:38:07.90 ID:cEvEgKb90

ギュゥゥゥ……!


一夏「げえっ!!」ギュゥゥゥ


箒「とぼけるな!!
確かにわ……私…ノコトガ……好き…と言ったぞ!!(///」


一夏「っっ~~~!!」ブルブル

(の、喉がぁ!!)


箒「さぁ、はけ!!
もう一度さっきの言葉を言えばほどいてやる!」


一夏「っっっ~~~~~!!」バタバタ

(落ち着け箒!!まずは首を絞めないでくれ!!)


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/25(月) 00:39:23.07 ID:cEvEgKb90

ギュゥゥゥ……


(やばい!本当にやばいぃぃ!!
意識がぁぁ!!)バタバタ


箒「こ、こら暴れるな!!
恥かしがらずに素直に言ったらどうだ!」

(この私が一番だと な///)ニヤリ


一夏「っ~~~~!!」バタバタ


箒「こら一夏!
さっさと言ったらどうd……ひゃっ!!?(///」


一夏「っっ!!?」

(んんっ?なんだこれは……)


モミモミ


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/25(月) 00:40:36.97 ID:cEvEgKb90


一夏(ま、まさか……これは)


一夏「っっっ!!」

一夏(箒の胸だぁぁぁ!!)デデーン!!



一夏(これはヤバイ!やばっ……『一夏……』


箒「乙女の心を踏みにじったあげく……」ゴゴゴゴゴ


一夏「」ダラダラダラ


箒「身体を弄り回すとは不届きせんばん!」


一夏「ま、まて箒!
落ち着いて話をしよう!なっ、なっ?」アタフタ


箒「聞く耳もたん…」


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/25(月) 00:41:56.56 ID:cEvEgKb90


一夏「本当に誤解なんだ!
だ、だかr……


箒「この……

破廉恥!スケベ!変態!強姦魔!女ったらし!」オラオラオラオラオラ


一夏「ちょま……ぐぇっ!!」


箒「きぃぃぃ……

変態!破廉恥!スケベ!唐変木!痴漢!シスコン!女ったらし!鈍感馬鹿!……

ドドドドドドドド


一夏「あばばばばアバっっっっタァぁぁぁ!!…」ボコスカボコスカ!!


箒「はぁぁぁ……」キュイィィィン……


ゴゴゴゴゴ


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/25(月) 00:43:02.04 ID:cEvEgKb90


一夏「……ま、まで……俺のはなしを……」ボロボロ


箒「問答無用ぅぅぅ!!……」


ババッ


一夏「ひぃぃっ!!?」


箒「石破天驚拳っっっ!!」



一夏「う、うわぁぁぁぁ!!」



ドゴォォォォン!!


40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/25(月) 00:43:54.87 ID:cEvEgKb90


………
……




一夏「……」ボロボロ


箒「そ、それでさっき言った言葉は本当なんだなっ!!(///」


一夏「あぁ…」


一夏「俺は……

箒が好きだ」ニコ


箒「っっ~~~!!」


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/25(月) 00:45:00.99 ID:cEvEgKb90

ポロリ


一夏「っ!!」

一夏「ご、ごめん箒……
やっぱり嫌だったか?」


箒「……」フルフル

箒「私は……一日千秋の思いでその言葉を待っていた……」


一夏「じゃ、じゃあ……」


箒「……」コク

箒「私もお前の事が好きだ」ニコ


42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/25(月) 00:46:16.07 ID:cEvEgKb90

一夏「や、や……

やったぁぁっっ!!」


箒「ふふふ」




箒「それでは早速夫婦の絆を深めようか」グイ


バサッ


一夏「え?」


箒「心配いらん、
いずれ私達は本当の夫婦になるのだからな(///」ポッ


一夏「い、いや…
まだそうゆうのははやいんじゃ……」


箒「」ギロ



43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/25(月) 00:47:09.72 ID:cEvEgKb90


一夏「い、いえなんでもありません」ガクブル


箒「ふふっ」

箒「今日は寝かせんぞ一夏(///」グイ


ダキ




44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/25(月) 00:48:58.33 ID:cEvEgKb90


ー数日後ー


ドンドン!!


『一夏、開けろ!!』



一夏(流石に毎日は無理だ……
今日は寝たふりをしてやり過ごそう)


『…………』


ドゴォォォン!!


一夏「ひぃぃっ!?」


箒「一夏、私を締め出すなんて何を考えているんだ?」

箒「まぁ、いい
その身体にじっくり聞くとするか(///」ダキ


モグリ



一夏「」ブルブル




終わり