1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:28:46.03 ID:IyvMLzhj0
霞「私がどうして?」

初美「そりゃあ霞ちゃんは教えるのうまいですし、何といっても名門永水の大将ですよ?教えて
もらいたいって人が殺到していまして」

初美(まあ、そのおもちも人気のひとつですけど)

霞「そんなに人が?なんで私のことを知ってるんですか?」

初美「ああ、私が募集をかけたんですよー」

霞「また勝手にそんなことをして。受けませんからね、私は」

初美「ええー!もうキャンセルできませんよー!」

霞「自業自得でしょ。自分で何とかしなさい」

 

咲-Saki-(16) (ヤングガンガンコミックス)
小林 立
スクウェア・エニックス (2016-12-24)
売り上げランキング: 62
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:29:50.97 ID:IyvMLzhj0
初美「私じゃ今回のお客様のニーズに…これは姫様に頼むしか」ボソボソ

霞「なんですって?」

初美「べっつに~、なんでもないですよー」

霞「小蒔ちゃんに迷惑かけたら許さないからね」ゴゴゴゴ

初美「…このままいくと、みんなに迷惑をかけることになるかもですけど」

霞「?」

初美「はあ、私は詐欺の犯罪者。全国大会にでれないですねー」

霞「な!?」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:30:23.03 ID:IyvMLzhj0
初美「あ~あ、姫様悲しむだろうな~。誰かが引き受けてくれれば解決なんですけどー」

霞「脅すつもり?」

初美「べっつに~、姫様を悲しませたくないな~」

霞「…わかったわよ」

初美「ん~?」

霞「家庭教師ぐらい、やってやろうじゃないの!」

初美「おおー!流石霞ちゃん!大好きです!」

霞「それで?どこに行けばいいの?」

初美「はいはい、ちょっと待ってくださいね~。ふんふむ…まずは千里山ですね」

霞「千里山?あの全国二位の?なんで私に…」

初美「まあまあ、細かいことは気にしないで。いってらっしゃ~い」ノシ

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:30:57.16 ID:IyvMLzhj0
関西弁変だけど許して


霞「…ここね。とりあえず呼び鈴を」ピンポーン

怜『はーい』

霞「あの、家庭教師として派遣された石戸霞と申しますが、園城寺さんのお宅でお間違いないで

しょうか?」

怜「おお!まっとったで!」バン

怜「兎に角あがってやー」

霞「お邪魔します」

霞「それでは始めましょうか。と言っても、千里山のエースに私が教えられるようなことはない

と思うのだけど?」

怜「いやいや、うちは実は素の雀力が低いんよ」

霞「え?園城寺さんが?」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:31:50.61 ID:IyvMLzhj0
怜「うん。まあ異能の力で何とかやっとる感じやな」ハハハ

怜「というわけで、異能なしでも安定の守りを見せている石戸さんに目を付けたわけや」

霞「そうですか、分かりました。そういうことならネット麻雀で鍛えましょうか」

怜「はい、先生!よろしくお願いします!」


……………………………………………………


怜「ふう~、疲れた~」グデー

霞「お疲れ様でした、大分うまくなりましたね」

怜「これも石戸さんのおかげや、ほんまありがとうな」

霞「あらあら、うふふ。園城寺さんの頑張りですよ」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:32:27.05 ID:IyvMLzhj0
怜「そう言ってくれると…嬉しいわ…」フラフラ

霞「大丈夫ですか?ちょっと調子がすぐれないようですが」

怜「うち、病弱やから。そこで、一つお願いがあるんやけど…」

霞「なんですか?」

怜「膝枕、させてもらってもええ?」

霞「はい、いいですよ。安静にしてください」

怜「イィィィヤッホォゥゥゥゥl」

霞「え?園城寺…さん?」

怜「あ、いや…ごほっごほっ。死期が近づくと感が冴えてな」

霞「はい?では、どうぞ」ポンポン

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:33:15.22 ID:IyvMLzhj0
怜「失礼しまーす」

怜(なんやこれ!?ふっかふか!ふっかふかやでー!)ポフポフ

怜(まるででっかいホールケーキに頭から突っ込んだようや)ポフポフ

怜(そして上を見上げれば…なんやこれー!?お山が、お山が二つ!まえが見えへん!)

霞「あの、どうですか?」

怜「最高…最高や…」

怜(うちは膝枕ソムリエやけど…流石にこれは、我慢できへん)

怜(すまん!竜華!)

怜「い、石戸さん!」ガバッ

霞「は、はい?」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:33:52.76 ID:IyvMLzhj0
怜「こんなもんちらつかされて、もう我慢できへん…ええやろ、ええやろ」

霞「えっと、何がですか?」キョトン

怜「ここからは特別授業にしようや」ジュルリ

怜「いっただっきまーす!」ルパンダイブ

???「」プッ

怜「な…なんや…急に…眠く…」グサッ

霞「園城寺さん?」

怜「こんなところで…倒れる…わけには…zzzzz」

霞「あらあら、よっぽど疲れていたのね」

霞「ベットに寝かせておきましょう」

霞「あらあら、そろそろ時間ね。それじゃあ、失礼するわね」

怜「zzzzz」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:34:50.56 ID:IyvMLzhj0
霞「ふう、まずは一人終わったわ。次の人は…ふんふむ、龍門渕ですか」

霞「この調子でさっさと終わらせてしまいましょう!」

初美「…全く油断も隙もないのですよー。いや、霞ちゃんが隙だらけなだけなのかもしれません

が」

初美「これは…お仕置き決定ですね」プルルルル

竜華「はい、もしもし」

初美「もしもし、清水谷 竜華さんですか?ちょっと園城寺さんのことでお話がありまして…」



霞「着いたわ、龍門渕」

ハギヨシ「お待ちしておりました。家庭教師の石戸霞様でお間違いないでしょうか?」シュタッ

霞「あらあら。そうですけど」

ハギヨシ「それでは、透華様と衣様がお待ちになっているのでご案内させていただきます」

霞「はい、よろしくお願いします」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:35:39.32 ID:IyvMLzhj0
ハギヨシ「透華様、家庭教師の方が到着いたしました」

透華「ご苦労様ですわ。下がっていいですわよ」

ハギヨシ「失礼します」シュバッ

透華「今日は遠い所を来ていただき、誠にありがとうございます」

霞「いえいえ、こちらこそ」

透華「あなたには衣の相手をして貰いたいのですわ」

霞「衣さん?天江衣さんですか?」

透華「はい。あの大会のプレーを見て、衣があなたを気に入ったようで」

衣「とうかー、まだかー?」

透華「もういらしておりますわ」

衣「おおー!霞!早く打とう!」

霞「あらあら、ご期待に沿えるよう全力を尽くしますね」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:36:15.22 ID:IyvMLzhj0
霞(さすが牌に愛された子…強いわね)

衣「…全国二回戦のときのあれは使わないのか?」

霞「え?」

衣「衣はあれを楽しみにしていたのに」

霞「う~ん、使ってもいいのですが…お祓いができないのが…」

透華「お祓い?」

霞「はい。少々厄介なものでして…」

透華「そういうことなら、ハギヨシ」

ハギヨシ「はい」シュタッ

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:37:01.77 ID:IyvMLzhj0
ハギヨシ「お任せください。この素敵滅法に不可能はございません」

衣「そういうことだ。ぜひ使ってくれ」

霞(う~ん。まあ後で祓ってもらえば大丈夫でしょう)

霞「分かりました。使わせていただきます」ゴオオオオ

衣「おおー!」

透華「……」スーッ

衣「面白くなってきたな、いくぞ!」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:38:08.07 ID:IyvMLzhj0
衣「面白かったー!久しぶりに手こずったぞ」

透華「あれ?私は一体なにを?」

衣「透華ー!ありがとー!」

透華「えーっと…衣が喜んでいるから良しとしましょう。石戸さん、ありがとうございました」

霞「いえいえ、こちらこそ楽しかったです。でもお祓いまでできるなんてすごいですね」

ハギヨシ「いえ、執事として当然のことです」

霞「ふんふむ、これはぜひ神代家に来てもらおうかしら」

ハギヨシ(この気配は…)

ハギヨシ「…透華様、少し用事を思い出しました。失礼します」シュバッ

透華「は、ハギヨシさん?」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:38:43.62 ID:IyvMLzhj0
霞「衣ちゃんもすごかったわ」ナデナデ

衣「ふみゅ~、撫でるな~」

霞「あらあら」パッ

衣「あ…」

霞「あらあらあら」ナデナデ

衣「ふみゅ~」

霞「あらあら、うふふ」

衣「…zzzz」

霞「あら?寝てしまいましたね」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:39:17.60 ID:IyvMLzhj0
透華「それでは、ここまでにしておきましょうか。今日は本当にありがとうございました」

霞「そうですか、それでは失礼します」

透華「…あの、待ってください!」

霞「どうしました?」

透華「その…あの…」

透華(こ、こんなことを聞くのは気が引けますわ。でも、原村和に勝つため…ここは恥を捨てて)

透華「少し聞きたいことがあるのですが」

霞「はい、なんでも聞いてください」ニコッ

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:39:49.08 ID:IyvMLzhj0
透華「その…普段なにを食べていらっしゃるんですの?」

霞「?」

透華「いえ…普段どんな生活をしているのでしょうか?」

透華「その…つまり…永水には神代さんやあなたのような…」

霞「…なるほど。ちょっとこっちに来てくださる?」

透華「は、はい」トテトテ

霞「えい」ダキッ

透華「…はへっ?な//なにをするんですの!?」ジタバタ

霞「大丈夫大丈夫、透華ちゃんは可愛いですよ」ナデナデ

透華「ううう///」カアアア

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:40:37.79 ID:IyvMLzhj0
霞「今日私を呼んだのも衣さんの為なのでしょう?あなたのような優しい子がそんなことで悩む

必要はないわ」

透華「でも…目立ってなんぼ、やはり私が原村和に勝つには胸が…」

霞「大丈夫。私は去年のインターハイ見ていたわ。凄かったわよ、透華ちゃん」

透華「知ってたんですか?」

霞「ええ。今年は全国で会えなくて残念だったけど、今日打ててよかったわ」

霞「また来年活躍を応援しているわね」

透華「そうですわね…私としたことが、つい弱気に…」

透華「感謝しますわ!お礼に、家のメイドとして働きません?」

霞「申し訳ありません。私は帰らなければいけないところがあるので」

霞「それでは、失礼します」パッ

透華「あ…暖かかったですわ…」ボソッ

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:41:19.82 ID:IyvMLzhj0
初美「あんのボケナス、霞ちゃんをとろうなんていい度胸です。全殺しにしてあげます」ビキビキ

ハギヨシ「さ、させません」グググ

初美「はあ、まだ動けたんですか?呆れたタフさですよー」

ハギヨシ「透華お嬢様には…手を出させません!」

初美「はいはい、人間の分際でよく粘ったものです。でもこれで終わりです」

ハギヨシ「ぐぅぅ」ザシュザシュ

初美「はい、終了ですよー」

ハギヨシ「…残像です」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:41:58.59 ID:IyvMLzhj0
初美「え?」

ハギヨシ「即興拳舞(トッカータ)からの谺(エコー)、かわせるものならかわしてみなさい」ダッ

初美「うわああああああ!」

初美「なんてね☆…四連斬」ザシュ

ハギヨシ「なん…だと…?」ガハッ

初美「ごめんなさいですよー。鬼門さんが勝手に動いちゃいました」テヘッ☆

初美「さーて、あとはあいつらにお仕置きでもしておきますか」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:42:49.28 ID:IyvMLzhj0
霞「次は…小鍛治…健夜さん?って!プロの!?」

霞「な、なんで私なんかに」ガクガク

霞「と、とにかくお待たせしてはいけないわ。早くいかないと」

霞「…ここですね」

健夜「待っていたよ」

霞「こ、小鍛治プロ!か、家庭教師として呼ばれた石戸霞です。あの…なぜ私に家庭教師を?」

健夜「…簡単だよ。お願いします石戸先生!」ドゲザッ

霞「え?え?」

健夜「私に…この不出来な私にあなたの大人力を授けていただきたいのです!」

霞「は、はい?えっと、小鍛治プロのほうが大人ですよ?」

健夜「いえ、こんなちんちくりんジャージ野郎でなく、あなたのような人妻の…魔性の魅力が欲しい

のです」

霞「なんですって?」ビキッ

健夜「お願いします!お願いします!もう、馬鹿にされるのは嫌なんですぅぅ!」わあああん

霞「え、そんな…泣かないでください」オロオロ

霞「いったいなにがあったんですか」

健夜「…グスン。この前、ちょっとした集まりがあったんです」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:44:11.43 ID:IyvMLzhj0
~回想~


戒能はやり野依健夜咏「かんぱーい!」

はやり「いやーみんなで集まるのも久しぶりだね☆」

戒能「そうですね、飲むのは初めてですけど」

野依「良子、やっと飲める!」

咏「そうだねー。大人っぽくなっちゃって」

戒能「ノーウェイノーウェイ、照れます」

咏「私なんてまだ未成年に間違えられるからねー」フリフリ

はやり「あはは☆咏ちゃん可愛いもんね」

健夜「もうそんな年かー、時代が立つのははやいねー」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:44:47.39 ID:IyvMLzhj0
はやり「もう!すこやんおばさーん!」

野依「…アラフォー!」

健夜「アラサーだよ!」

咏「ははははは!すこやん持ちネタ~」ケラケラ

戒能「もうお酒回ってるんですか?」

咏「しらんし~」

咏「まあでも、これだけ女の子が集まってるんだから、することは一つでしょ」

戒能「なんですか?」

咏「もちろん、ガールズトークといえば…恋愛でしょ!」

野依「基本!」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:45:20.36 ID:IyvMLzhj0
健夜はやり「…っ!」

戒能「恋愛ですか?」

咏「とぼけちゃって~、良子ちゃんはだれかいないの?いいな~とか思う人とか?」

戒能「いえ、まだまだプロ駆け出しですから。考えてられないですね」

咏「ふ~ん、まあまだ二十歳だもんね~。焦らずゆっくりか~」

咏「のよりんは~?」

野依「私は…ポッ//」

咏「ええ~なになに~」

健夜「ど、どういうこと!?」

野依「…なんでもない!」プイッ

咏「それはなんでもあるってやつだね~。後でたっぷり聞かせてもらおうかね~」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:45:54.08 ID:IyvMLzhj0
咏「それじゃああとは…」

健夜はやり「」ビクッ!

はやり「う、咏ちゃんはなにかないのかな☆」

健夜(な、ナイスはやりちゃん!)

咏「私か~。ちょっとね~」

戒能「何かあるんですか?」

野依「咏、教える!」

咏「いや~最近えりちゃんが積極的でね~…ちょっと寝不足で」

健夜はやり「なぁぁぁ///」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:46:37.47 ID:IyvMLzhj0
戒能「そ、それはそれは」

野依「咏、やる!」

咏「まあね~」フリフリ

咏「で?そっちの二人は?」

健夜はやり「うっ」

健夜(はやりちゃん…)

はやり(すこやん…)

健夜はやり(ここは協力プレーで乗り越えよう!)

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:47:11.70 ID:IyvMLzhj0
戒能「ああ!はやりさんはアイドルですからこんなところではいえないのですか」ポン

野依「はやり、大人気!」

はやり「…」

健夜「は、はやりちゃん?」

はやり「まあね~☆あんまにおおっぴらにはできないけど…ちょっとはね☆」パチン

咏「おお~やる~!」

健夜(はやりちゃーーーーん!)

咏「で?で?すこやんは?」

健夜「…私もちょっとはね」グキッ☆

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:47:44.24 ID:IyvMLzhj0
戒能「…」

はやり「…」

咏「う、うん。まあ飲んで飲んで」

健夜「…なんなの」グスッ

野依「す、健夜も、アラフォーにしては、若い!」

健夜「アラサーだよおおおお!うわああああん!」ダダダダダ

咏「あ…」

戒能「野依さん…ちょっとそれは…」

野依「冗談!」

はやり「…遅いよ」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:48:27.74 ID:IyvMLzhj0
健夜「ってことがあったの」グスン

霞「そ、それは…災難でしたね」

健夜「それでね、恥を忍んで高校生のあなたに頼んでいるの。お願いします!その魅力の秘訣を

、どうか私めにぃ!」

霞「そ、そんなこと言われましても…」

健夜「なんでも、何でもいいのです!」

霞「ちょ、ちょっと待ってください」

霞(私では解決できそうにないわ…そうだ!巴ちゃんに聞いてみましょう!)

霞「…あっ!もしもし、巴ちゃん」

巴『霞さん?どうしたんですか?』

霞「え~っと…ちょっと聞きたいことがあるんですけど」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:49:08.18 ID:IyvMLzhj0
巴『なんですか?』

霞「実はかくかくしかじかで…」

巴『ああ~、勘違いされてしまったわけですか…』

霞「その納得したような態度はなんなんですか」

巴『いえ別に…でもちょっと思い当たらないですね』

霞「そう…」

春『話しは聞かせてもらった』

霞「春ちゃん?」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:49:53.87 ID:IyvMLzhj0
春『解決方法は簡単。処女を散らせばいい』

霞「え?」

春『どうせその人は喪女でしょ?』

春『任せて、エキスパートを向かわせたから』

久「待たせたわね」シュバッ

霞「あ、あなたは?」

久「はい、春様に言われてきた竹井久よ。27で処女なんて、天然記念物じゃない!珍味もおいし

そうだわ」ジュルリ

春『久、お願いね』

久「はい!お任せください!」

健夜「え?なに…ちょ//いやぁぁぁ!」

霞「…さて次々」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:50:32.42 ID:IyvMLzhj0
バァン!

透華「な、なんですの!?」

初美「はーい、初美ちゃんですよー」

透華「い、いきなりなんです!?」

初美「まあまあ、そんなこと気にしなくていいんですよー…ここで死ぬんですから」

衣「う~ん、なんだ~?」

透華「こ、衣!来てはいけません!」

初美「まあいいです。二人まとめて消えてもらうのですよー」ブンッ

透華「っ!」

ハギヨシ「させません!」ガシッ

初美「…またお前ですか。まったく、本当に人間なんですかー?」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:51:12.77 ID:IyvMLzhj0
透華「は、ハギヨシ!」

ハギヨシ「お下がりください、お嬢様方!」

衣「…なるほど、異形の物か」

初美「わかるんですか?」

衣「…さあ、御戸開きといこうか」ゴゴゴゴ

初美「こ、これは…天門ですか」

衣「裏鬼門が閉じた状態であったから魔が滞っていたのだろう」

衣「ハギヨシ、今なら奴の力は分散されるはずだ」

ハギヨシ「衣様…お任せください!」

初美「ふん、それぐらいでやられる私ではないのですよー」ガバァ!

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:51:46.78 ID:IyvMLzhj0
ハギヨシ「執事素敵滅法奥義、全休符・無音」ドゴォ

初美「あ…どうして…人間の分際で…」

ハギヨシ「人の力が及ばないのであれば、相手の力を合わせればいいのです。これで…終わりで

す…っ!」

透華「待ってください!」

ハギヨシ「透華お嬢様…」

透華「あなた…石戸さんの知り合いね」

初美「…だからなんなのですか」

透華「どうしてこんなことを?」

初美「ふんっ!ちょっとからかっただけです」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:52:48.27 ID:IyvMLzhj0
透華「駄目でしょう!こんなことしちゃ!」

初美「ひっ」

透華「…って、石戸さんに怒られますわよ?」ニコッ

初美「え?」

透華「ハギヨシ、この人にお祓いを」

ハギヨシ「お任せください」

初美「…どうやら、ご迷惑をお掛けしたようですよー」ペコリ

透華「いいんですよ、衣で慣れましたから」

衣「むうう、どういう意味だー」

初美「はぁ。どうやら、この赤坂印の薬ははずれだったようですよー」ポイッ

初美「簡単に強くなろうとしたのが間違いだったんですかねー」

透華「…さっきまでの私に似ていますね」

透華「そんな弱気では石戸さんに怒られますよ?さっきの会話を見ていたのでしょう?」

初美「はい…本当にありがとうございました」

初美「それじゃあ、霞ちゃんの方ももうやめさせますかねー」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:53:27.37 ID:IyvMLzhj0
霞「ようやくあと一人ね、ここまで大変だったわ」ホロリ

霞「よし!最後は気合い入れていくわよ!」

霞「最後の人は…松実玄さん?」

霞「阿知賀の先鋒さんだったかしら?とにかく、レッツゴーよ!」

霞「ここね…旅館ですか」

霞「こんにちわー」ガラガラ

玄「はい!いらっしゃいま…お、おもちさん!?きてくだっさったんでおもち!?」

霞(おもち?)

霞「はい、今日はよろしくお願いしますね」ニコッ

玄「は、はひーコヒューコヒュー、ど、どうぞ、おあ、おああお上がりくだコヒューさい」

霞「だ、大丈夫ですか?」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:54:26.30 ID:IyvMLzhj0
玄(いけない、ここで取り乱しては…お部屋まで我慢…我慢…)

霞「麻雀の先生でいいのかしら?」

玄「は、はい。麻雀が、おもち…いえ、おもおも、麻雀をコヒューコヒュー挟み込んで、」

霞「は、はあ?」

玄「も、もう我慢できません!」ガバッ

霞「きゃ!ど、どうしたんですか?」ボヨヨン

玄「そ、そそそんなおも、おもおもちして誘ってるんだろハアハア、やってやる…やってやる」

霞「や、やめてください!」

玄「へへへへへ…zzzzz」ドサッ

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:54:59.99 ID:IyvMLzhj0
霞「へ?」

初美「はいはい、霞ちゃん。帰りますよ」

霞「は、初美ちゃん!?」

初美「全く面倒事でしたね。すみませんでした」

霞「初美ちゃん…初美ちゃーん」ダキッ

初美「ちょ//霞ちゃん、何を!?」

霞「怖かったよぉ」グスン

初美「…ごめんなさい。帰りましょう」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:55:44.98 ID:IyvMLzhj0
霞「で?その赤坂印の薬を手に入れるために私に働かせたってわけ?」

初美「うっ…ごめんなさい」

霞「駄目でしょ!こんなことしちゃ!」

初美「ひっ!」

霞「…私たちは六女仙なんですから、一人で抱え込まないでください」

初美「ごめんなさい」

霞「いいのよ、初美ちゃんなりにみんなの為に行動したんでしょ?」

初美「許してくれるんですか…?」

霞「それとこれとは話が別ね、初美ちゃんにはちょっとやってもらうことがあるわ」

初美「え?」

霞「私にこんなに苦労させたんですもの、覚悟は出来てますよね?」ニッコリ

初美「なんでこんなオチなんですかーー!」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/06(木) 16:56:18.81 ID:IyvMLzhj0
俺「くそっ!霞さんどこに行ったんだ!」

初美「見つかりましたか?」

俺「駄目だ、どこを探してもいない」

初美「全く~私みたいに可愛い子に気が多いからですよ~☆」

俺「いやまったく」キッパリ

初美「あらたそ~」

俺「くっ…すみませんでした」

初美「…まあ、大分反省はしているようですし。教えてあげますよ」

俺「知ってるのか!?」

初美「はい、霞ちゃんなら…」

カン