1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/16(日) 11:40:46 ID:F1lwOJQc

楽「ゴメン…今の俺じゃ橘の望んでいる答えは言えない」


万里花「そうですか……」



やっぱり楽様は私じゃなくて桐崎さんを取るんですね…



万里花「…いいんです。薄々わかってましたから…さぁ、早くあの恋人のもとへ行ってください」


楽「ああ……」


万里花「でも、楽様……いくら振られても、いくら拒絶されても、私の想いは変わりません。だから…楽様が好きだというこの想いだけは…どうか許してください」


楽「……ああ」

ニセコイ 橘 万里花 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
リボルブ (2017-03-31)
売り上げランキング: 9,544
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/16(日) 11:41:44 ID:F1lwOJQc

タタタタタタタッ


万里花「……あら?目にゴミが……涙を流して取らないといけませんわ…」ポロポロ



こんなにも好きなのに…10年間想い続けてきたのに……



____________________



マリー!



…誰ですの?私をその名で呼ぶのは…



マリー!



あたたかくて落ち着くこの声……らっくん?

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/16(日) 11:42:14 ID:F1lwOJQc

楽「マリー!」


万里花「…え?あ…はい」



ら、楽様が目の前に!?



楽「良かった…気がついたか」


万里花「ら、楽様…そ、その…嬉しいんですけど…か、顔が近いですわ///」


楽「ゴ、ゴメン!橘!」



…やっぱりさっきの『マリー』は夢だったのでしょうか?

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/16(日) 11:43:30 ID:F1lwOJQc

万里花「…ここは?」



楽「保健室だ。お前、廊下で大声で泣いて倒れたんだぞ」



そ、そんな見っとも無いことを!?///



万里花「す、すいませんでした!」ムクッ


楽「まだ横になってろって。お前は体が弱いんだから…」


万里花「こ、これぐらい大丈夫です!」


楽「まったく…あんまり無茶すんなよ」ナデナデ


万里花「は、はい…///」



今日の楽様はいつもより優しいですわ…

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/16(日) 11:44:39 ID:F1lwOJQc

楽「それでさっきの話なんだけどさ」



さっきの話…そうでした。私は楽様に…振られたんでしたね



万里花「…大丈夫です、もう心配いりません。これからはいつも通り、楽様一筋の万里花に戻ります。桐崎さんにも言っておいてください。隙があればすぐに楽様の心を奪い去ってあげますわって」ニコ



笑顔でいないと……でないとまた…泣いてしまいますから…



楽「…千棘とはさっき別れてきた」


万里花「…え?」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/16(日) 11:45:31 ID:F1lwOJQc

桐崎さんと別れた!?つ、つまり…



楽「もうあいつとは恋人じゃない」


万里花「そ、そうですか…」


楽「これで心置きなく本当の俺の気持ちを言える…橘、さっきの返事をさせてくれ」



こ、これはまさか…!?



万里花「ら、楽様は私と…こ、恋人になってくださるんですか?」


楽「…いや、お前とは恋人にならない」


万里花「そうですよね……」ウル



期待なんてしなければ良かったですわ…期待してしまったから、また涙が…

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/16(日) 11:46:11 ID:F1lwOJQc

楽「マリー…俺の妻になってくれ」


万里花「そうですよね…………えっ!?つ、つつつつ妻!?」


楽「駄目か?」


万里花「だ、駄目なわけなかと!だ、だけん…きゅ…急にそがんこと言われても…///」アタフタ



あ、頭が追いつかんばい!し、深呼吸深呼吸…スーハー、スーハー



楽「ふふふ…」



…に、2回振られたと思ったら、プ…プロポーズされてしまいましたわ!!

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/16(日) 11:47:02 ID:F1lwOJQc
楽「マリー…好きだ、愛してる」ギュ



……嘘みたいですわ…10年間想い続けたかいがありました…



万里花「ら、楽様…わ、私も…」ポロポロ



嬉し涙が…止まりません…



楽「なぁ…昔みたいに『らっくん』って呼んでくれよ」


万里花「らっくん…うちも好いとーとよ…大好きとよ」ニコ


楽「マリー…」ス…


万里花「らっくん…」ス…



それから私達はお互いの愛を確かめ合ったのです

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/16(日) 11:47:45 ID:F1lwOJQc

そして数年後…



楽「くっ…頑張ってくれ、万里花!」


オギャー オギャー


楽「っ!?」ガタッ


ウィーン


楽「せ、先生…つ、妻と子供は…!?」


医者「ご主人…いえ、お父さん。おめでとうございます。母子共に健康ですよ」


楽「あ…ありがとうございます!」ペコッ



この日、私達の間に天使が生まれました

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/16(日) 11:49:34 ID:F1lwOJQc
楽「体が弱いのによく頑張ったな、万里花」ナデナデ


万里花「それもこれも楽様の愛のおかげです。そしてこの子が…その愛の結晶ですわ」


赤ちゃん「zzZ」スヤスヤ


楽「お前に似て可愛くて美人だな」


万里花「そんなことありません。楽様に似て優しそうな顔をしておりますよ」


楽「優しそうな顔って今人生で初めて言われたぞ」ハハハ


万里花「…早く私達の家に帰りたいですわ」


楽「そうだな…帰ろう、三人で。あの海の見える丘の上の白い家に」



この先もずっと、私と楽様の幸せな恋物語は続いていきますわ



HAPPY END

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/16(日) 11:50:19 ID:F1lwOJQc

____________________
_______________
__________
_____
__
_

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/16(日) 11:51:19 ID:F1lwOJQc

楽「………よ、読み終わったぞ」


万里花「本当は告白→即結婚で良かったんですが、リアリティを求めてみました。どうでしたか?楽様。私と楽様の未来日記は?」


千棘「どこが未来日記じゃ!!あんたが考えた、ただの妄想同人誌でしょ!!」


万里花「あら失礼ですわ。楽様も一緒に原稿を書いたんですよ。ほら、ここを見てください」


千棘「どれどれ」



原作:橘万里花・一条楽



千棘「……」ギロッ


楽「俺こんなの書いてねーよ!?橘が勝手に書いたんだろ!!」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/16(日) 11:51:59 ID:F1lwOJQc

万里花「そんなことありませんわ。楽様、よ~く思い出してください」


____________________


万里花『楽様!ここに楽様の名前を書いてください!』


楽『俺の名前?…これでいいのか?』カキカキ


万里花『ついでにここに【万里花LOVE❤】と…』


千棘『人の恋人に何変なことやらしてんのよ!!』


____________________

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/16(日) 11:53:10 ID:F1lwOJQc

楽「………」


千棘「………」


万里花「フフン!」ドヤアァァ


楽「いや!ドヤ顔するとこじゃねーから!!」


千棘「どーみても詐欺師の手口じゃない!!引っ掛かるあんたもあんただけどね!」


楽「反省してます…」ズーン

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/16(日) 11:54:39 ID:F1lwOJQc

万里花「……確かにこれは未来日記ではありません。ただの同人誌です。でも私は、楽様とこういう風に幸せな家庭を築きたいと10年間ずっと想い続けてきました。だからこの想いは…ノンフィクションですよ」ニコ


楽「うっ///」ドキッ


千棘「な、何テレてんのよ!」


万里花「…さて、そろそろ結婚資金を貯める時間になりましたので、お先に失礼します。では楽様。また明日、ごきげんよう!」ニコ


万里花(これで少しは私を意識して頂けたら嬉しいのですが………よ、弱気になっちゃ駄目ですわ!恋愛は攻めあるのみです!この本のような夢を、いつか必ず実現して見せますわ!その為にも……)


万里花(今度は私と楽様の熱~いラブシーンを入れましょう♡)ルンルン♪



Fin