1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/31(日) 23:34:44.31 ID:WjEJQN190
不良A「君かわいいねー。俺たちと一緒に遊ばない?」

美琴「ひぇ!? わ、わた、私ですか?」ビクッ

不良B「怖がっちゃって、ますますかわいいなー。大丈夫、優しくしてあげっから」

美琴「あ、あの、私なんかと遊んでもたぶんつまんないっていうか絶対つまんないっていうか…」

不良C「俺たちと遊ぶのそんなに嫌? 傷つくなー」

美琴「い、いえめ滅相もございません! ただ日を改めていただけると私としても嬉しいと言いますか…」

美琴(誰か…誰か助けて…)グスッ

上条「お、おまたせー。遅くなってごめんな」

美琴「ふぇ…?」

 

とある科学の超電磁砲S 御坂美琴 水遊びフィギュア アニメVer.
電撃屋/コトブキヤ
売り上げランキング: 134,353
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/31(日) 23:36:44.96 ID:WjEJQN190
不良D「あ? なんだお前」

上条「そいつのツレです。じゃ、そういうことで…」

美琴「あの、ど、どちらさまですか…?」キョトン

上条「……」

不良たち「……」

上条「お前なぁ! 知り合いのふりして連れ出す作戦が台無しじゃねえか!」

美琴「ひっ! ご、ごめんなさい~っ!」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/31(日) 23:38:36.56 ID:WjEJQN190
不良E「なめた真似しやがって…」

上条「あー…くそ、しょうがねぇ…」

不良F「あぁ? なんか文句あんのかコラ」

上条「ああ、そうだよ! お前ら恥ずかしくねえのか! 男が大勢で女の子一人を囲んだりして!」

美琴「…!」

不良G「るっせぇよタコ!」ブンッ

上条「うわっ!」ヒョイ

上条(さ、さすがにこの人数は無理だ…)パシッ

美琴(!? 手を握られ…?)

上条「逃げるぞ! 走れ!」グイッ

美琴「え? え?」

不良H「あっ、てめえ!」

不良I「逃がすか!」

美琴「ひぃ~っ!?」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/31(日) 23:41:05.00 ID:WjEJQN190
上条「はぁ…はぁ…」

美琴「ひぃ…ふぅ…」

上条(…撒けたか…)ホッ

美琴「はぁ…はぁ…」

上条「大丈夫か?」

美琴「はひ…なんとか…。あの…」

上条「ん?」

美琴「そ、その…手を…。もう握ってもらわなくても…」カァ・・・

上条「あ、ああ、悪い」パッ

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/31(日) 23:43:59.99 ID:WjEJQN190
美琴「危ないところを助けていただいて、なんとお礼を言えばいいのか…」ペコペコ

上条「別にいいよ、これぐらい」

美琴「お礼をしたいのですが、その、今手持ちがほとんどなくて、す、少し待っていただけないかと…」オドオド

上条「いいって。そんなつもりで助けたんじゃねえよ」

美琴「す、すみません! 失礼なこと言って。き、気分悪くされましたか? されましたよね…。ごめんなさい。
 ごめんなさい…」ビクビク

上条(…話すの疲れる子だなー…)

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/31(日) 23:47:44.51 ID:WjEJQN190
上条「…あいつらまだ近くにいるかもしれないし、寮まで送ろうか?」

美琴「い、いえ、そこまでご迷惑をかけるわけにはっ!
 逃げてるうちに寮の近くまで来れましたし、ひ、一人で大丈夫です」

上条「そうか。ああいうのにからまれたくなかったら、あんま遅くまで出歩くなよー」

美琴「あ、あのっ」

上条「なんだ?」

美琴「えと、その、な、名前…」

上条「名前? …ああ、上条当麻っていうんだ」

美琴「上条…とうま…」

上条「お前は?」

美琴「あ、ははい、みさっ御坂、美琴です…」

上条「御坂か。じゃあな、御坂」

美琴「さ、さようなら…」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/31(日) 23:51:42.56 ID:WjEJQN190
不良A「――くそっ、あいつらどこに行きやがった…」

男「……」ジー・・・

不良A「あ? 何ガンつけてんだてめえ」

男「……」ニヤニヤ

不良A「…! なめてんのかコラァ!」

ボッ

不良A「…は?」ボォ・・・

不良A「火!? ひぃぃぃぃぃぃぃっ!?」

不良B「おい、どうした!?」

不良C「な、なんだこの炎…。誰か消火器持ってこいっ!」

男「……」ニヤニヤ

ボォッ!

不良たち「うわ…うわぁぁぁぁぁぁぁっ!」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/31(日) 23:53:26.76 ID:WjEJQN190
黒子「――あら。御坂さん、遅いお帰りですのね。最近物騒ですからあまり感心しませんの」

美琴「あ…ただいま、白井さん…」ビクビク

黒子「…以前も言いましたけど、その反応どうにかなりませんの? わたくしたちルームメイトですのに」ハァ

美琴「ご、ごめんなさい。き気をつけます…」
               レベル
黒子「…御坂さんの方が強度も学年も上なのですから、もっと堂々としてていいんですのよ?」

美琴「え。で、でも私は白井さんが下だなんて思ってないし…。
                              ジャッジメント
 し、白井さんはまだ一年なのにしっかりしてるし、風紀委員で活躍しててすごいし…」

黒子「はぁ…。そろそろ夕食の時間ですの。行きましょう?」

美琴「う、うん…」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/31(日) 23:57:03.96 ID:WjEJQN190
     レベル5       レールガン
黒子(超能力者第三位、超電磁砲の御坂美琴…)

美琴「……」ボー・・・

黒子(得るものがあるだろうと同室を希望しましたが、判断を誤りましたかね…。
 彼女には上に立つ者の覇気というものがありませんの)

美琴(上条当麻さん…)

美琴「ふひっ」ニヘラ

黒子(! いつも俯いてる人ですのに、珍しい表情が見れましたの)

黒子「何かいいことでもありましたの?」

美琴「え!? ううん、なんでもない…」カァッ

黒子(せっかく打ち解けられると思いましたのに…)ガクッ

美琴(か、顔に出てたのかな。恥ずかしい…)

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 00:00:27.67 ID:TjdkshCH0
美琴(…なんで私、こんなに臆病なんだろう…)ハァ

美琴(私に勇気があれば、嫌なことを頼まれてもきっぱり断れるし、白井さんとも話せるのになぁ…)

美琴(上条さんみたいに勇気があれば…)

美琴(上条さん…)フヒヒ

黒子(また面白い顔してますの。すごく気になりますの…)

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 00:03:18.08 ID:TjdkshCH0
          レベル
小萌先生「――強度は努力で上げることも可能なのです。
  レベル5                        レベル1
 超能力者の第三位、御坂美琴さんも、最初は低能力者だったんですよー」

上条「御坂美琴…?」

小萌先生「上条ちゃん、どうかしましたかー?」

上条「いえ、なんでも」
     レベル5
上条(超能力者…? あれが?)

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 00:07:15.54 ID:TjdkshCH0
上条「――昨日傷害事件があったから補習はなし。ただし…」

小萌先生『もちろん、事件が解決し次第、溜まった分の補習をやってもらうですよー。利子をつけて』

上条「不幸だ…。…ん?」

美琴「……」キョロキョロ

上条「御坂…?」

美琴「! 上条さんっ」パァッ

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 00:11:34.94 ID:TjdkshCH0
上条「よぉ、奇遇だな」

美琴「き、奇遇じゃないんです。上条さんに会いたくて…」

上条「?」

美琴「あ! 会いたいって別にそういう意味じゃなくて!
 いえ本当はそういう意味もあるんですけど…ってそうじゃなくて…と、とにかく、上条さんを探してたんです」アタフタ

上条「俺を? なんで」

美琴「か、上条さん。私のし、師匠になってくれませんか!?」

上条「師匠?」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 00:15:16.43 ID:TjdkshCH0
上条「…なるほど。臆病な自分を変えたいわけか」

美琴「はい…」

上条「んー、でも俺が師匠ねぇ…」ポリポリ

美琴「め、迷惑ですか? ごめんなさい」シュン・・・

上条「いや、迷惑とは思わないけど…俺が人に教えられることなんて何も…」ウーン

美琴「い、一緒にいさせてくれるだけでいいんです! 上条さんの真似をしてれば、そのうち勇気が身につくかも…」

上条「そんなもんか? まぁ、別に構わないけどさ」

美琴「あ、ありがとうございます」ニコッ

上条「お、おう…」ドキッ

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 00:19:12.58 ID:TjdkshCH0
上条(今日はこのまま帰るつもりだったんだが…どうすっかな…)

美琴「……」テクテク

上条「……」チラッ

美琴「!」ビクッ

上条「……」ジー・・・

美琴「え…あ、う…」フイッ

上条(目を伏せられた…。これは臆病というかもはや対人恐怖症じゃないか?)

上条「…よし」

美琴「?」

上条「乗りかかった船だ。無い知恵絞ってやろうじゃねえか。…いいぜ、お前が臆病な自分を変えたいって言うんなら!」

美琴「? ?」

上条「まずはその、ふざけた弱気をぶち殺す!」ビシッ

美琴「ひっ!?」ビクッ

上条「…前途多難だな…」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 00:22:49.80 ID:TjdkshCH0
上条「まずはステップその一!」ガシッ

美琴「えっ!? な、なななんで両肩をつかんで…?」ドキッ

上条「……」ジー・・・

美琴「あ、あのっあののあの…っ!」ドキドキドキドキ

上条「……」ジー・・・

美琴「…っ!」ギュッ

上条「目を閉じるな。逸らすな。相手の目をしっかり見るんだ」

美琴「で、でも…」パチ

上条「……」ジー・・・

美琴「…!」ボンッ

上条「? 御坂?」

美琴「ふひ…」シュー・・・

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 00:25:56.44 ID:TjdkshCH0
上条「大丈夫か?」

美琴「な、なんとか…」

上条「しかし、まさかステップ1でつまずくとは…」

美琴「不甲斐なくてごめんなさい…」

上条「不甲斐ないと言うなら…そうだな、今からお前のことをビビリと呼ぶ」

美琴「へ?」

上条「ステップ1をクリアできるまで、お前はずーっとビビリだ! 悔しかったら乗り越えてみせろ!」

美琴「わ、私ビビリじゃないです…」

上条「ほぉ…?」ジー・・・

美琴「う…」フイッ

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 00:29:33.32 ID:TjdkshCH0
上条「ステップその二、いくぞビビリ」

美琴「…ビビリじゃないもん…」ボソッ

上条「ほぉほぉ…」ジー・・・

美琴「うぅ…」フイッ

上条「ほれ」チャリン

美琴「小銭…?」

上条「あっちにハンバーガーショップがあるだろ?」

美琴「はい」

上条「今渡した金で、あそこでハンバーガーの単品を一つ買ってこい。それがステップ2だ」

美琴「はい…え? それだけ?」

上条「それだけだ。行ってこい」

美琴「わ、わかりました」

美琴(ただの買い物じゃない。それぐらい簡単にできるわよ)

上条(…って思ってそうな顔だ。あの店で買い物したことねえな、こいつ)

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 00:33:04.59 ID:TjdkshCH0
美琴「あ、あの…」

店員「いらっしゃいまっせー!」

美琴「ひっ!?」ビクッ

店員「ご注文はお決まりでっしょうかー!?」

美琴「あ、あの、えと…」

店員「こちらメニューでっす! どうぞーっ!」

美琴「あ、あ、こ、これ…」プルプル

店員「スペシャルバーガーでっすね!? かしこまりまっしたー!」

美琴「え!? ち、ちが…」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 00:36:33.38 ID:TjdkshCH0
店員「こちらのごきげんセットで注文なさいますとっ、大変お得となっておりますがっ、いかがなさいまっすかー!?」

美琴「え、あ…い、いいです…」

店員「ごきげんセットっ、オーダー入りまっしたー!」

美琴「え!? 『いいです』は『結構です』って意味…」

店員「キャッシュでのお支払いでっしょうかー!? それともカードっでー!?」

美琴「え、え、あ、お金足りない…カ、カードで…」

店員「お預かりいたしまっすー!」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 00:39:50.00 ID:TjdkshCH0
店員「ありがとうございまっしたー! またのご来店をお待ちしてまっすー!」

美琴「……」トボトボ

上条「おかえり。目的の品は買えたか?」

美琴「…ごめんなさい…」

上条「謝んな。レシートは?」

美琴「……」ピラッ

上条「う…なかなかに高いな…。…ほら」チャリンチャリン

美琴「え…?」

上条「こうなる可能性も考えて行かせたわけだからな。代金は俺が持つさ」

美琴「上条さん…っ」グスッ

上条「な、泣くな。俺が悪かったよ。ステップ2にしてはハードルが高すぎた。
 ほら、せっかく買ったんだから、それ食べて元気出せ」

美琴「はい…」ガブッ

美琴「…しょっぱい…。涙の味がします…っ」グスッ

上条「それが敗北の味だ、ビビリ。その味を忘れるんじゃないぞ」

美琴「はいっ」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 00:42:29.21 ID:TjdkshCH0
上条「ステップその三は…そうだな。少し軽めにいくか」

美琴「……」ドキドキ

上条「息を吸ってー」

美琴「え?」

上条「深呼吸だよ。息を吸ってー」

美琴「……」スゥー・・・

上条「吐いてー」

美琴「……」ハァー・・・

上条「背筋を伸ばせ!」ピシャッ

美琴「ひゃん!?」ビクン

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 00:45:01.60 ID:TjdkshCH0
美琴「なな、何するんですかぁ…?」

上条「強い気持ちは良い姿勢からだ! たぶん」

美琴「た、たぶんですか?」

上条「師匠の言うことを疑うんじゃない。さぁ、背を丸めるな。しゃんとしろ」

美琴「は、はい…」

上条「胸を張れ。だが顔は上に向けるな。顎を引け。まっすぐ前を見ろ」

美琴「は、はい!」

上条「……」

美琴「…上条さん? どうしたんですか」

上条「いや、お前、姿勢正すとかっこいいなと思って…」

美琴「か、かっこいい!? 私がですか?」カァー・・・

上条「ああ。凛としてるって言うのかな? 様になってるぞ」

美琴「あ、あり、ありがとうございます…」

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 00:50:42.95 ID:TjdkshCH0
上条「ステップその四はここで行う」

美琴「ゲームセンター…?」

上条「…ひょっとして、来たことない?」

美琴「い、いえ。よく来ます。クレーンゲームとか好きです」

美琴(友達いないからいつも一人だけど…)ズーン

美琴(…あ、でも今は…)チラッ

上条「よし、行くぞ」

美琴(…デ、デートしてるみたい…ってダメダメ! こ、これはただの特訓なんだから…)ドキドキ

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 00:54:10.72 ID:TjdkshCH0
上条「ステップ4では、お前の攻撃性を引き出す」

美琴「攻撃性…? どうやって…」

上条「これだ」

美琴「ガンシューティングゲーム…?」

上条「金を入れて…ほい、銃」

美琴「え?」

上条「襲ってくるゾンビをその銃で倒すんだ!」

美琴「え? え?」

ゾンビ『アー…』

美琴「ひぃっ!」

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 00:56:58.37 ID:TjdkshCH0
上条「どうしたビビリ! ただの映像だぞ。撃て! 撃つんだ!」

ゾンビ『アー…』

美琴「こ、来ないでぇ!」カチッ カチッ

スカッ スカッ

上条(全然当たらん。目は閉じてるし手が震えてるんだから、当たり前と言えばそうだが)

上条「目を開けろ!」

美琴「は、はい…」パチ

ゾンビ『アー…』

美琴「ひ…! ふひ…ひ…っ」バチッ

上条「ん? 電気?」

美琴「ひぃやぁ~っ!」

ビリビリビリビリー! ボンッ!

上条「…筐体が…爆発した…」

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 00:58:58.64 ID:TjdkshCH0
美琴「ひっぐ…えぐ…」

「おいなんだ今の音」ザワザワ・・・

「見ろよあれ。黒焦げだぜ」ザワザワ・・・

上条「やっべ。逃げるぞ御坂!」グイッ

美琴「ふえぇ~ん…」

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:01:31.59 ID:TjdkshCH0
上条「――悪かったよ」

美琴「うっ…うっ…」グスッ
                                 レベル5
上条「し、しかしすごい電撃だったなー。お前、本当に超能力者だったんだな」

美琴「は…はい…一応…そうですけど…」グスッ

上条「…ん?」

美琴「どうかしましたか…?」
                                                    レベル0
上条「なぁ、なんで不良に絡まれたときに能力使わなかったんだ? あいつら、たぶん無能力者だぞ。
 お前なら簡単に撃退できただろ」

美琴「え…でも、それは…」

上条「それは?」

美琴「か、かわいそう」

上条「え?」

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:05:05.01 ID:TjdkshCH0
美琴「…昔、能力が暴走したことがあるんです」

上条「……」

美琴「自分の能力を自分で受けちゃって…。…すごく痛かった…。
 それ以来、自分の能力が怖くて…他の色んなことまで怖くなって…」

上条(臆病になった原因はそれか…)

美琴「それからは能力を制御できるように練習しました。もしこの力で人を傷つけてしまったらって考えると怖くて…。
                   レベル5
 …そうしたら、いつのまにか超能力者って認定されて…」

上条「え? でもさっき思いっきり暴走…」

美琴「パ、パニックになったら、誰だって能力の制御なんてできませんよ!」

上条「う…ごめん」

美琴「…電気って本当に痛いんです。こんな力は、人にぶつけちゃいけないんです」

上条「…この前みたいな連中が相手だとしても?」

美琴「はい」

上条(即答か…)

上条「…そっか…」

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:08:34.98 ID:TjdkshCH0
      レベル5
上条「…超能力者がお前でよかったって思う」

美琴「え…?」

上条「痛みをよく知ってるってことは、他人の痛みも理解できるってことだろ?
 だったら、能力の使い方を間違えることはないはずだ」

美琴「……」
                                            レベル5
上条「…臆病なことって、きっとすごく大切なことだと思うんだ。力の強い超能力者ならなおさらな」

美琴「臆病さが大切…? でも、上条さんは勇敢じゃないですか。あんなに大勢が相手でも、怖がらずに立ち向かって…」

上条「怖がらずに? まさか。すげえ怖かったよ」

美琴「え?」

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:10:50.96 ID:TjdkshCH0
上条「あの人数相手に勝ち目なんてねえもん。殴られたら痛いしな」

美琴「じゃ、じゃあどうして立ち向かえたんですか!?」

上条「そりゃ、お前がいたからだろ」

美琴「…?」

上条「見過ごすこともできたし、それが賢い選択だったのかもしれないけど…
 もしそうしたら、あの女の子がどうなるか…って考えたら、そっちの方が怖かったんだ」

美琴「……」

上条「勇気とは怖がらないことじゃなくて、怖くても踏み出す一歩のことを言うんだ。
 …って昔見た映画の受け売りなんだけどな」

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:13:07.31 ID:TjdkshCH0
上条「よし、ステップその五だ」スッ

美琴(こっちに掌を向けた…)

上条「ここに思いっきりパンチしてみろ」

美琴「え!?」

上条「臆病さが大切とは言ったけど、やっぱお前は度が過ぎてるからな。ちょっとは攻撃的になってみろ」

美琴「は…はい」

上条「こい!」

美琴「や、やぁー!」ペチン

上条(よわっ)

美琴「いたた…」

上条「そっちが!?」

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:15:31.42 ID:TjdkshCH0
上条「パンチなんて今まで打ったことないか」

美琴「はい…」

上条「…手、貸して」ギュッ

美琴「あ…」

上条「猫みたいに手首を曲げちゃダメだ。しっかり握って、第二関節と第三関節の間がヒットするように…」ギュッ ギュッ

美琴「……」

上条「よし、もう一発!」

美琴「は、はい!」

パシッ

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:17:51.95 ID:TjdkshCH0
上条「――日も暮れてきたし、そろそろ帰るか」

美琴「あ…はい…」

上条「……」

美琴「……」

上条「…ステップその六」

美琴「え?」

上条「自信を持て」

美琴「自信…?」
              レベル1     レベル5
上条「お前、努力して低能力者から超能力者にまでなったんだろ。それってすげえことだろ。誰にでもできることじゃない。
 だから、自信を持て」
         レベル5        レールガン
上条「お前は超能力者の第三位、超電磁砲の御坂美琴だ」

美琴「…!」

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:19:38.03 ID:TjdkshCH0
上条「じゃあな」

美琴「あ、ありがとうございました…! あの…!」

上条「ん?」

美琴「ま、また…」

上条「ああ、またな」

美琴「はい!」

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:21:18.56 ID:TjdkshCH0
黒子「――あら、御坂さん。ただいま帰りましたの」

美琴「お、おかえり白井さん」

黒子(…? いつもと雰囲気がどこか違いますの)

黒子「またいいことでもありましたの?」

美琴「え!? そ、そうだけど、わかるの…?」

黒子「一目瞭然ですの。…差し支えなければ、何があったのか是非聞かせてほしいところですが…」

美琴「え、えと、それは…」

黒子「大切な秘め事ですのね。無理に話していただかなくて構いませんの。それよりも食事にしましょう」

美琴「う、うん」

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:24:30.70 ID:TjdkshCH0
美琴「し、白井さん」

黒子「はい」
    ジャッジメント
美琴「風紀委員ってどういうことしてるの?」

黒子「学校内の治安維持が主な活動ですの。…基本的には」

美琴「校内の…あれ? でも、この前たしか別の学区で…」
                                     アンチスキル
黒子「…校外で事件に遭遇することもありますの。その場合は警備員に連絡して、到着を待つのですけれど…
 そんな暇もない状況というものもありますの」

美琴「そ、それ大丈夫なの?」

黒子「おかげで始末書を書く日々ですの。もう何枚書いたかも覚えてませんの…ってこんな話、面白くないでしょう?」

美琴「ううん、面白いよ! もっと聞きたい」

黒子「そ、そうですか? じゃあ、次は同期の友人の話でもしましょうか」

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:26:22.80 ID:TjdkshCH0
黒子「…あら、もうこんな時間ですの? ついつい話し込んでしまいましたの」

美琴「ご、ごめんね」

黒子「いえいえ、わたくしも楽しませていただきましたの。気になさらないでください。
 …御坂さんとこんなに話したのは初めてのことですね」

美琴「う、うん。そうかも」

黒子「これからもこうやってお話しましょう。今度はわたくしが御坂さんのお話を聞きたいですの」

美琴「うん! よ、よろしくね」

黒子「ふふ、今になってよろしくというのもなんだかおかしいですね。でも、よろしくおねがいしますの」

美琴「えへへ」

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:28:25.25 ID:TjdkshCH0
美琴(――上条さん、そろそろここを通るはずだけど…)

美琴(何度も会いに行って迷惑じゃないかな…。…でも、しかたないよね。会いたいんだもん…)

美琴(…ん? 向こうを歩いてるのって…)

黒子「……」

美琴(し、白井さん!?)サッ

美琴(ってなんで隠れてるんだろ、私…。知り合いを見かけたら隠れちゃう癖、直さないとな…)

黒子「…そこに隠れているのはわかってますの」

美琴「!?」ビクッ

美琴(か、隠れたりしたから、きっと嫌な気分にさせちゃったんだ。せっかく仲良くなれたのに…。とにかく謝らないと…)

男「ふん。勘のいいやつだ」ザッ

美琴「!?」

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:30:50.44 ID:TjdkshCH0
黒子「ここ数日、能力で人を襲っているのはあなたですね」

男「だったらどうする?」

黒子「ここで止めさせていただきますの」ヒュン
           テレポート   レベル4
男「消え…!? 空間移動の大能力者か!」

ヒュン!

黒子(背後を取りましたの! これで――)

ボォッ!

黒子(炎!?)ヒュン

男「かわされたか」チッ

ヒュン!

黒子(あれだけの炎を一瞬で…。この男…)
                         レベル4  パイロキネシス
男「俺を雑魚と思うなよ。俺もお前と同じ大能力者…発火能力のな」

166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:32:39.09 ID:TjdkshCH0
黒子「……」ジリ・・・

男「……」ジリ・・・
                             アンチスキル
美琴(あわわわわ…ど、どうしよう…。そ、そうだ、警備員に通報…)ピッ

黒子「…」ヒュン

男(馬鹿め! 背後広範囲に発火!)ボォッ

男「ははは、丸焼きだ…っ!?」

男(後ろに誰もいない…?)

ヒュン!

黒子「背後を取るだけしか能がないとお思いで?」

男(しょ、正面から――)

グルン! ゴンッ!

男「ぐぁ…っ!?」

男(地面に思いっきり叩きつけやがって…。脳が揺れて…演算が…)

168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:34:30.33 ID:TjdkshCH0
黒子「さて、念のため拘束して――」

黒子(…!? 体が…動かない…!?)グググ・・・

ビタンッ!

黒子「が、は…っ」

美琴(白井さん!)
         テレキネシス
黒子(これは…念動力…? なんて圧力…)グググ・・・

男B「ったく。そんなガキにやられて恥ずかしくねえのか」

男A「うるせえ…。お前だって不意打ちじゃなきゃ負けてたさ」

男B「まぁ、おかげで隙ができたんだから良しとするか」
                    レベル4
黒子(新手…。おそらくこちらも大能力者…。…油断、しましたの…)ガクッ

男B「さて、俺たちの邪魔をしようなんて二度と考えないように痛めつけないとな…。行くぞ」グイッ

黒子「う…」ズルズル・・・

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:36:46.74 ID:TjdkshCH0
美琴(白井さんが連れてかれちゃう…!)
     アンチスキル
美琴(…警備員が来るまでここで待って、状況を説明して…でもあの人たちを見失ったら…)

美琴(後を追う…? 私が…?)ブルッ

美琴(…無理だよ、そんなの…。できないよ…)カタカタカタカタ・・・

美琴(上条さんのおかげで少し強くなれた気がしたけど、気のせいだった。怖い…。怖いよ…!)カタカタカタカタ・・・

上条『怖がらずに? まさか。すげえ怖かったよ』

美琴(……)カタカタカタカタ・・・

上条『見過ごすこともできたし、それが賢い選択だったのかもしれないけど…
 もしそうしたらお前がどうなるか…って考えたら、そっちの方が怖かったんだ』

美琴(…!)カタカタカタカタ・・・

黒子『これからもこうやってお話しましょう。今度はわたくしが御坂さんのお話を聞きたいですの』

美琴「…白井さん…っ」ダッ

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:38:38.92 ID:TjdkshCH0
――ドサッ

黒子「う…」

男B「さて、とりあえず服脱がすか」

男A「まだガキだぞ。変態」

男B「馬鹿。適当に脱がして写真撮るんだよ。ばらまかれたくなかったら大人しくしてろってな」

男A「なるほど。…あ、写真撮るならその前に殴らせろよ。さっきのお返し。痣とかあった方がそれっぽいだろ?」

美琴「あ…あの…」ガタガタガタガタ・・・

男AB「「!?」」

美琴「や、やめ…やめて…」ガタガタガタガタ・・・

179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:40:36.97 ID:TjdkshCH0
男A「…誰だ、お前」

美琴「わ、私、は…その子の…ルーム、メイトで…」ガタガタガタガタ・・・

黒子「…御坂…さん…?」

男B「消えろ。怪我したくなかったらな」

美琴「ひっ…」ビクッ

黒子「ダメ…ですの…。逃げて…」
                             アンチスキル
美琴(そうだよ、逃げよう…。戻って、この場所を警備員に伝えるんだ…)ガタガタガタガタ・・・

上条『勇気とは怖がらないことじゃなくて、怖くても踏み出す一歩のことを言うんだ』

美琴「……」

男B「聞こえなかったのか? さっさとここから失せろ」

美琴「た、大切なっ、友達なんです…!」

黒子「……」

185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:42:36.84 ID:TjdkshCH0
美琴「私が、か、代わりに残りますから! その子は…白井さんはた、助けてください」

男A「ダメだね。こいつは俺たちの楽しみを邪魔しようとした。相応の罰は受けてもらう」

美琴「楽しみ…?」
    レベル0
男B「無能力者狩りさ」

美琴「!?」

男B「俺たちの能力で、無能なゴミどもを掃除するんだよ」

美琴「な…なんでそんなことを…」

男A「なんでって…楽しいからだよ」

美琴「楽…しい…?」

男B「強い力で、なんの力もない弱者を一方的にいたぶる…。楽しいと思うだろう?」

188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:44:28.07 ID:TjdkshCH0
美琴「何言ってるんですか…。楽しいわけないでしょう!? 相手はすごく痛いんですよ!?
 自分たちの能力がどれほど危険か、か、考えたことないんですか!」

男A「痛い? 知るかよそんなこと」
                                  レベル0
男B「俺たちは選ばれた存在なんだよ。選ばれなかった無能力者どもは、俺たちを楽しませるためにいるんだ」

美琴「…違う」

男A「あ?」

美琴「そんなの! 絶対に間違ってる!」

190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:47:16.99 ID:TjdkshCH0
男A「おい、もうこいつやっちまおうぜ」

男B「待て、こいつも常盤台だ。慎重に…」

美琴「……」

上条『痛みをよく知ってるってことは、他人の痛みも理解できるってことだろ?
 だったら、能力の使い方を間違えることはないはずだ』

美琴「…息を吸って…」スゥー・・・

男AB「「?」」

美琴「吐いて…」ハァー・・・

男A「なんだ? 何を言って…」

美琴「背筋を伸ばせ。胸を張れ。顎を引け。まっすぐ前を見ろ…」

黒子(…綺麗…)

美琴(…震え、止まった)ゴソゴソ

男B「コイン…? 手の上に乗せて何の真似だ? そのコイン1枚で見逃してくれってか?」

193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:49:42.24 ID:TjdkshCH0
上条『自信を持て』

上条『お前は

         レベル5
美琴「私は、超能力者第三位…」バチバチ・・・

    レールガン
美琴「超電磁砲…!」ピーン

美琴「御坂美琴だぁぁぁぁぁぁぁ!」

ズドォォォォォォォンッ!

199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:51:34.38 ID:TjdkshCH0
男AB「「……」」

男AB「「え?」」

シュゥゥゥ…

男A「…今、何か横を通っ…?」

男B「ぶ厚い壁に、なんであんな大穴が…」

美琴「……」バチバチ・・・

男A「ひっ…!?」
       レベル5
男B「レ、超能力者…?」

美琴「お、音速の三倍でコインを飛ばしました…。次は、あ、当てます。当たると、すっごく痛いですよ…?」カタカタカタカタ・・・

美琴(あ、当てるなんて絶対にしない…。もし向かってくるなら、上条さん直伝のパンチで、や、やっつけてやる…!)ギュッ

男A「…ひ、ひぃーっ!」タッタッタ・・・

男B「た、助けてくれぇーっ!」タッタッタ・・・

黒子「……」

美琴「……」ホッ

バチ…バチ…!

207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:54:10.26 ID:TjdkshCH0
上条「な、なんだ今の爆音」

上条「御坂のやつ、声をかけようとしたらすごい速さで走りだしやがって…。こっちに行ったはずだけど、一体何が…?」

男A「うわぁぁぁぁぁぁぁ!」

男B「ば、化物だぁぁぁ!」

上条(なんだあいつら)

男A「!? じゃ、邪魔だ! どけぇっ!」

ボォッ!

上条「!」

キュイーン!

男A「…え? 炎が消え…? なんで…」

上条「いきなり何しやがる!」バキッ

男A「ぶべっ!」ドサッ

213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 01:57:19.48 ID:TjdkshCH0
男B「な、なんだお前! あの化物の仲間か!?」

上条「化物?」

男B「し、死ね! 死ねぇぇぇっ!」

ドン!

キュイーン!

上条「やめろ!」

男B「うわぁぁぁ!? 能力が効かねえ!? 化物! 化物ーっ!」

ドン! ドン! ドン!

キュイーン! キュイーン! キュイーン!

上条「やめろっつってんだろ!」バキッ

男B「ぐぎゃっ!」ドサッ

218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 02:00:02.70 ID:TjdkshCH0
上条「わけわからん道草喰っちまった…。…正当防衛だよな?」

上条「御坂ー! どこだー!?」

美琴「か、上条さんっ!?」

上条「! そっちか」

美琴「き、来ちゃダメです!」

ビリビリビリビリ!

上条「うわっ!?」

バチバチバチ…!

上条「で、電撃?」

222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 02:02:31.59 ID:TjdkshCH0
上条「御坂! なんのつもりか知らねえけど能力止めろ! 危ねえよ!」

美琴「そ、それが…能力を久々に全開で使ったのと、緊張の糸が切れたことで…能力が制御できないんですぅーっ!」

ビリビリビリビリ!
                                       レベル5
上条「うわっち! の、能力が制御できないって、お前それでも超能力者か!」

美琴「ご、ごめんなさいぃ~っ!」

ビリビリビリビリ!

227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 02:05:00.24 ID:TjdkshCH0
上条「しょうがねえなぁ、もう…!」

美琴「ち、近づいちゃダメーッ!」

ビリビリビリビリ…キュイーン!

美琴「え…?」

キュイーン! キュイーン!

美琴「電流が…消えてく…?」

キュイーン!

上条「……」ポン

美琴(上条さんが手を私の頭に置いたら、能力が止まった…)

上条「落ち着いたか?」ワシャワシャ

美琴「わっ! 落ち着きました! 落ち着きましたから…」カァ・・・

239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 02:08:14.16 ID:TjdkshCH0
美琴「白井さん!」

黒子「う…」

美琴「どこか痛くない? 気分悪くない? 待ってて、今救急車を…」

黒子「平気ですの…。気分は…最高ですの…」

美琴「え? し、白井さん…?」

黒子「『黒子』と…どうか黒子と呼んでくださいまし…」

美琴「え?」

黒子「美琴お姉様…」ポー

美琴「え?」

上条(おお、背景に百合のオーラが見える…)

250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 02:12:43.32 ID:TjdkshCH0
ガヤガヤ…

上条「…? なんか騒がしいな」

上条「! 誰か来る…」
アンチスキル
警備員「! 君たち、そこで何やってるんだ」

上条「警備員…?」

美琴「あ…私が通報したから…」

警備員「ああ、通報してくれたのは君か。犯行現場に誰もいないからどうしようかと思ってたら、すごい音が聞こえてね。
 急いでここへ駆けつけたんだ」

美琴(私の能力か…)

警備員「向こうで失神してる男を二人見かけたけど、何か知ってるかい?」

上条「あ、すみません。あっちが能力で襲ってきたので、つい…」
             レベル4                          レベル0
黒子「あ、あなたが大能力者二人を? …でしたら、その二人が件の無能力者狩りの犯人ですの」
                                ジャッジメント
警備員「やはりそうか…ってまた君か!? 常盤台の風紀委員!
 管轄外の行動はやめなさいって、この前言ったばかりだよね…」

美琴「あ、あの。白井さん、怪我してるんです」

警備員「わかった。すぐに救急車を手配しよう。今仲間を呼んで応急処置もさせる」

255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 02:16:31.21 ID:TjdkshCH0
アンチスキル
警備員B「応急処置終わり。…ちょうどよく救急車が来たわね」

黒子「嫌ですの。お姉様のひざまくらから離れたくありませんの。死ぬならこの場所と決めておりますの」スリスリ

美琴「白井さん、病院でちゃんと診てもらった方がいいよ」

黒子「……」ムー

美琴「…く、黒子…」

黒子「はいっ、お姉様っ」パァッ

警備員A「協力ありがとう…と言いたいところだけどね。こういうときは厳重注意する決まりになってるんだ。
 調書も取らなくちゃならないから、ついてきてね」

上条「不幸だ…」

261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 02:21:30.63 ID:TjdkshCH0
上条「――あー、ようやく解放された」

美琴「白井さん、大したことないらしいです。よかった…」

上条「お前のおかげだな」

美琴「…そんなことないです。私、結局あの二人を逃がしちゃって、上条さんに押しつけて…」

上条「でも、友達を助けることはできた」

美琴「……」

上条「よくやったな」

美琴「……っ」ヘタッ

上条「御坂!?」

269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 02:25:25.51 ID:TjdkshCH0
美琴「あは、あはは。い、今になって、ようやく実感が湧いてきて…」カタカタカタカタ・・・

上条「御坂…」

美琴「こ、怖かった…。私…怖かった…っ!」ガチガチガチガチ・・・

ギュッ

美琴「あ…」

上条「…大丈夫だ、もう。…落ち着くまで、ずっとこうしといてやる」ポンポン

美琴「……」

273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 02:30:49.40 ID:TjdkshCH0
美琴「…ありがとうございました」

上条「気にすんな。妹をあやすみたいなもんだ。歳の離れた従妹がいるから慣れてるよ」

美琴(い、妹…)ズーン

美琴「いえ、そっちもですけど…立ち向かえたのは上条さんのおかげです。
 何度もダメだって思ったけど、上条さんのおかげでがんばれました」

上条「俺はそんな大したことは…」

美琴「大したことです! 少なくとも私にとっては…」

上条「…そっか。そう言ってくれると嬉しいよ。ありがとう」

277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 02:35:14.98 ID:TjdkshCH0
美琴「……」

上条「御坂? まだ…」

美琴「あ、いえ、大丈夫です。ただ…」

上条「…?」

美琴「能力、当てなかったとはいえ使っちゃったなって。しかも脅しに、なんて…」

上条「……」

美琴「…私も、あの人たちと変わらないんですね。強い力を自分のやりたいことのために使って…」

上条「それは違う」

279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 02:39:22.21 ID:TjdkshCH0
美琴「え…?」

上条「俺が見たあいつらは半狂乱だった。めちゃくちゃ怖かったんだろう、自分たちより強い能力が。
 …だって、あいつらは強い能力で弱者をいたぶることしか知らないんだから」

美琴「……」
              レベル5
上条「だけどお前は、超能力者だからあいつらに立ち向かったんじゃない。
     レベル1
 例え低能力者でも同じようにビビって、だけど同じように立ち向かったはずだ」

美琴「そう、でしょうか…」

上条「そうだ。断言してやる。白井を助けたのはお前の能力じゃなくて、お前の勇気だってな」

美琴「…!」

281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 02:43:04.37 ID:TjdkshCH0
上条「――時間、大丈夫か? 門限あるんだろ」

美琴「そ、そうですね。そろそろ…」

上条「じゃ、帰るか。…一人で平気か?」

美琴「はい、もちろんです!」

上条「はは…じゃあな」

美琴「上条さん」

上条「ん?」

美琴「…また、会いにいってもいいですか?」

上条「…? お前、もう俺の特訓なんかなくても…」

美琴「よ、用がなくても…。会いにいったら、迷惑でしょうか…」

285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 02:44:13.53 ID:TjdkshCH0
上条「…迷惑なわけねえよ。いつでも来い」

美琴「は、はい!」パァッ

上条「…あ、でも…」

小萌先生『もちろん、事件が解決し次第、溜まった分の補習をやってもらうですよー。利子をつけて』

上条「数日中はそんな暇ないかも…」ハァ

美琴「?」

294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 02:48:06.74 ID:TjdkshCH0
黒子「――完・全・復・活! ですの!」シャキーン

美琴「大したことなくて本当によかった…」ホッ

黒子「…お姉様には心配をおかけましたの。ごめんなさい」

美琴「ううん、気にしないで。…でも、もう一人で危ないことはしないでね。く、黒子は私の大切な、と、友達だから…っ」

黒子「お、お姉様…っ」ガシッ

美琴「え…?」

黒子「そんなことを言われたら、黒子は、黒子は…! も、もももう辛抱たまりませんの…っ」ハァハァスリスリハァハァクンカクンカ

美琴「ひゃ!? や、やめ…」

黒子「お姉様っ! 黒子に電撃してくださいまし! じ、自分では自分を止められませんの…!」ハァハァハァハァ

美琴「で、できないよそんなこと…」

黒子「はぁぁぁ…お姉様お姉様お姉様お姉様…」スリスリスリスリ

美琴「…おねがい…黒子、やめて…っ」グスッ

黒子「あ、はい。やめますの。マジ泣きされるとか電撃より辛いってことが今わかりましたの」ピタッ

303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 02:52:28.60 ID:TjdkshCH0
              ジャッジメント
黒子「ところで、同期の風紀委員の話をしたことを覚えてます?」

美琴「うん。初春さんだっけ?」

黒子「ええ。その初春が、お姉様と会ってみたいと言っておりまして…」

美琴「え? 私に?」

黒子「一度会っていただけませんか? もちろん無理にとは言いませんの」

美琴「…うん。私も黒子の友達に会いたい」

黒子「ありがとうございます。では早速セッティングしますの」

美琴「…友達になれるといいな…」

黒子「初春なら大丈夫ですの、きっと」

308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 02:56:28.60 ID:TjdkshCH0
初春「――白井さーん!」

黒子「ごきげんよう、初春。…そちらの方は…?」

佐天「どうもー、初春のクラスメートの佐天涙子でーす」

黒子「初めまして、佐天さん。わたくし、白井黒子と申しますの」

黒子「…そしてこちらが! 我が常盤台のエース! 御坂美琴お姉様ですの!」バーン

・・・・・・

初春「あの…」

佐天「誰もいませんけど…」

黒子「あ、あら? さっきまでたしかにわたくしの傍に…」

佐天「…あのー、物陰からこっちを見てるあの人って…」

美琴「!」ビクッ

312: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 03:00:19.91 ID:TjdkshCH0
黒子「お姉様…取って喰いやしませんから、こちらにいらしてくださいな…」チョイチョイ

美琴「う、うん…」

初春「は、初めまして。初春飾利です」

佐天「佐天涙子でーす」

美琴「は、ははははじまっ初めまして! みさ! みさ、みささ…」

初春・佐天「「……」」

321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 03:07:01.15 ID:TjdkshCH0
                                   レベル5
佐天「――御坂さんってイメージと違いますね。常盤台の超能力者っていうから、もっと女王様みたいな人かと…」

初春「さ、佐天さん! 失礼ですよ!」

美琴「げ、幻滅させちゃったかな…。ごめんね」

佐天「いえ、そういう人よりは御坂さんみたいな人の方が好きですよ。ただ…」

美琴「た、ただ…?」

佐天「友達になったんですから、もっとこう…フランクにいきましょ?」

美琴「…! う、うん。わかった」

初春「佐天さんは逆ちょっと馴れ馴れしすぎるんですよ…。御坂さんと足して割ってちょうどいいぐらいです」

佐天「たはは…手厳しいねー、初春は」

黒子(…色々と心配してましたが、なんとかなりそうですの)ホッ

330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 03:13:38.57 ID:TjdkshCH0
黒子「――そのわたくしもあわやという瞬間に、お姉様は現れましたの! まるで白馬の王子が如く!」

初春「へぇー!」

黒子「暴漢二人をその鋭い眼光で射抜き、『私の「親友」の黒子に手を出したら許さない』と…」

佐天「かっこいいー!」

黒子「あのときのお姉様、とても凛々しくて素敵でしたの…」ウットリ

美琴(美化されてる! すごく美化されてるよ! ちゃ、ちゃんと本当のこと言わなきゃ。
 私なんてビビリで弱虫で泣き虫で、できれば植物のように静かに暮らしたいヘタレだってこと…)

美琴「あ、あの――」

美琴(!)

339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 03:17:23.59 ID:TjdkshCH0
青髪「せやからな、後輩がある日突然『私、先輩のことがずっと…』って恥じらいながら言うシチュは、
 王道ながら最高やと思うんよ」

土御門「年下とはわかってるにゃー。その年下が義妹でメイドだったら言うことなしだぜい」

上条「お前それ自分の義妹のこと言いたいだけだろ…」

美琴「上条さーん!」

三バカ「?」

美琴「上条さーん!」ブンブン

上条「あ、御坂」

青髪・土御門「「!?」」

348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 03:22:25.10 ID:TjdkshCH0
上条「奇遇だな…って前も同じことあったっけ」

美琴「こ、今度は本当に偶然ですっ」

青髪「カ、カミやんが女子中学生に親しげに声かけられとる…。嘘や…。催眠や…。13㎞や…」

土御門「カミやんも隅に置けないにゃー」

初春「御坂さん、この人たちは…?」

佐天「え、何? どういう関係?」

黒子「あら、この前の殿方…」

美琴「あ、えっと、その、あの…」オロオロ

上条「…お前ら、先に行っててくれ」

青髪「えー!? 嫌や! ボクも女子中学生とおしゃべりしたいぃ!」

美琴「ひっ!」ビクッ

上条「お前らがいると話せるもんも話せないの。頼むから」

土御門「わかったにゃー。ただし、飯代はカミやんの奢りだぜい?」

上条「ぐ…わかったよ、それでいい」

357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 03:27:52.35 ID:TjdkshCH0
上条「怖がらせてごめんな。悪いやつらじゃないんだけど…」

美琴「いえ…私こそ、上条さんの友達に失礼な態度とっちゃって…」

上条「あー、あいつらあれぐらい気にしないから、お前も気にすんな」

佐天「…!」ピーン

佐天「私たちも先に行ってますねー。ごゆっくりどうぞー」

初春「さ、佐天さん?」

黒子「ちょ、引っ張らないでくださいまし!」

359: ぎゃあああああああミスったあああああああ 2011/08/01(月) 03:28:55.64 ID:TjdkshCH0
上条「怖がらせてごめんな。悪いやつらじゃないんだけど…」

美琴「いえ…私こそ、上条さんの友達に失礼な態度とっちゃって…」

上条「あー、あいつらあれぐらい気にしないから、お前も気にすんな」

佐天「…!」ピーン

佐天「あたしたちも先に行ってますねー。ごゆっくりどうぞー」

初春「さ、佐天さん?」

黒子「ちょ、引っ張らないでくださいまし!」

369: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 03:32:31.89 ID:TjdkshCH0
初春「どういうことですか、佐天さん。なんで御坂さんを置いて…」

佐天「気づかなかったの? いい雰囲気だったじゃん。あたしたちがいたら邪魔だって」

黒子「い、いい雰囲気? まさか…」

佐天「こりゃひょっとすると、この後告白したりとか…」

黒子「こ! く! は! くぅ~!? お姉様があの猿に!? そ、そんなの許せませんの!」

初春「ダ、ダメですよ白井さん! 御坂さんの邪魔しちゃ!」

黒子「ぐ、く、くぅ…」ギギギ

佐天「そうですよ。せっかく先に行ったふりして様子を見ようっていうのに…」

初春「え?」

376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 03:36:30.28 ID:TjdkshCH0
佐天「――お、ここからならよく見える」コソコソ

初春「さ、佐天さん。こんなの悪趣味ですよ」コソコソ

佐天「そんなこと言って、ついてきたってことは興味津々なんでしょ?」

初春「そ、それは…」ギクッ

黒子「お姉様…!」ギギギ

青髪「ん? 君らはさっきの…」

佐天「わっ!?」

初春「佐天さん! しーっ!」

土御門「考えることは同じ…ということかにゃー?」

386: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 03:41:36.79 ID:TjdkshCH0
美琴「……」

上条(…さっきから一言もないまま、今に至る…)

上条「…あいつらは?」

美琴「え?」

上条「さっきの子たち。友達か?」

美琴「は、はい」

上条「そっか。あれから上手くやってるみたいだな」

美琴「はい」

上条「あのビビリだったお前がなぁ…。感慨深い」

美琴「ビ、ビビリじゃないです」

上条「へぇ?」ジー・・・

美琴「う…」

上条「……」ジー・・・

美琴「……」ドキドキドキドキ

389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 03:43:19.02 ID:TjdkshCH0
青髪「な、なんや。黙って見つめ合ってるで」

初春「な、なんかドキドキします…」

佐天「あー、これもう確定だわ。がんばれ御坂さん」

黒子「ふーっ! ふーっ!」ギギギギギ

土御門「な、なぁ、この子大丈夫かにゃ?」

394: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 03:45:18.38 ID:TjdkshCH0
上条「目、逸らさないでいられるようになったんだな」

美琴「はいっ」

上条「ステップ1終了。免許皆伝じゃ。もうお主に教えることは何もない…」

美琴「ぷ…な、なんですかそれ」

上条「いやいや、勢いで師匠役なんて引き受けちまったけど、
 弟子が立派に成長すると嬉しいと同時に寂しくもあるんだな」

美琴「…上条さん、私、もうビビリじゃないです」

上条「ああ、そうだな」

美琴「だ、だから…私のこと…」

上条「うん?」

美琴「…な、名前で呼んで、ください…っ」カァッ

399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 03:49:28.92 ID:TjdkshCH0
青髪「うわぁぁぁ! これなんてギャルゲ? カミやんうらやましねっ!」

土御門「最後本音入ってるぜい」

初春「うわー。うわー」ドキドキ

黒子「しね。しね。しね。しね…」ブツブツ

佐天「な、なんて答えるんだろ」


上条「そうだよな。これからはちゃんと『御坂』って呼ぶよ。汚名返上だ」


青土黒初佐「「「「「……」」」」」


美琴「……」

上条「? どうした?」

美琴「あ、いえ、なんでもないです。なんでも…」


土御門「かわいそうに…。ちょっと涙目になってるにゃー」

黒子「あ、の、サ、ル…! 上手くいってもいかなくても、いつか八つ裂きにしてやりますの…!」

青髪「お、ボクも一口乗るで、お嬢ちゃん」

406: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 03:54:15.03 ID:TjdkshCH0
上条「…お前の友達待たせるの悪いし、そろそろ行くか」

美琴「あ…!」

上条「どうした?」

美琴(せっかく会えたんだ。この気持ちを伝えなくちゃ…)

美琴「か、上条さん、私…」

上条「……」

美琴(言うんだ! あのときみたいに、勇気を出して…!)

美琴「私! 上条さんのこと…!」


青髪「お!? お!? とうとう言うん!?」

初春「きゃー! きゃー!」

佐天「……」ゴクリ

黒子「くぁwせdrftgyふじこlp」

土御門(なにこの生き物。あと三回は変身残してそう)

412: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 03:58:23.42 ID:TjdkshCH0
美琴「…っ」

上条「……」

美琴「……」

美琴(声が出ない…。言えない)

上条「……」

美琴(早く、何か言わないと…上条さんが…上条さんが行っちゃう…)ジワッ

上条「御坂」

美琴「!」ビクッ

上条「ゆっくりでいい。お前が言いたいこと言えるまで、ずっと待ってるから」

美琴「…上条さん…っ」ポロッ

419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 04:03:07.32 ID:TjdkshCH0
美琴(好きです。大好きです。初めて会ったあの夜から、ずっと好きだったんです)ポロポロ

美琴「上条さん、私、あなたに会えてよかった…っ」ポロポロ

上条「ああ」

美琴「ありがとう、ございましたっ。ありがとう…っ」ポロポロ

上条「おう」

美琴「う…うぅ…っ」

上条「……」


青髪「あーあー泣かせたー」

黒子「猿ゥゥゥゥゥゥゥ!」

初春「あ、あれ!? こっちに歩いてきますよ!」

佐天「え? 告白は!?」

土御門「総員、合流予定地まで退却だにゃー!」

420: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 04:06:45.55 ID:TjdkshCH0
上条「――お、いたいた」

土御門「カ、カミやん、早かったにゃー?」ゼェゼェ

上条「そ、そうか? 結構かかったと思ったけど…」

青髪「あはは、体感時間の違いってやつや、きっと。ボクら楽しかったさかい、時間が経つの早い早い…。
 …ま、とりあえず…」

上条「?」

ボカッ

上条「いてっ!? な、何すんだよ」

青髪「今のは学園都市の男、115万人の怒りの拳や」

上条「はぁ!? わけわかんねえ…」

青髪「おーっと! そしてこれが今の発言で怒った学園都市の男、115万人の蹴りやー」ゲシッ

上条「いて! おい土御門、見てないで止めろ!」

土御門「Fallere825! 背中刺す刃!」チクッ

上条「いでぇ! ファ、ファーレレ!? なんのこっちゃ!」

土御門「おっと、忘れてくれにゃー。うっかりうっかり」

上条「ふ、不幸だぁぁぁぁぁぁぁっ!」

421: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 04:09:59.47 ID:TjdkshCH0
佐天(――告白すると思ったんだけどなー)

初春(は、話を聞きたい)

黒子(ま、まだまだ黒子にも勝ちの目はありますの。勝負はこれからですの…)

美琴「……」フゥ

美琴(結局言えなかった…。あの居心地のいい関係が終わっちゃうかもしれないことが怖くて…)

美琴(…上条さんは免許皆伝なんて言ってくれたけど、私、やっぱりビビリかも…)ハァ

424: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/01(月) 04:12:19.68 ID:TjdkshCH0
美琴(…でも)


上条『ゆっくりでいい。お前が言いたいこと言えるまで、ずっと待ってるから』


美琴(私はビビリだから…だから、また勇気を教わりに行ってもいいですよね…?)

美琴(待っててください。私、もっと強くなって、そしていつか…)

美琴(この気持ちを、あなたに…)



おわり