1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 15:51:23.42 ID:C9MUXuCE0
阿笠「新一、腐女子を喜ばせるスイッチができたぞ!」

コナン「オレ帰っていーか?」

阿笠「新一…。お前、自分が腐女子が萌える対象になっているとでも思っておるのか?図々しいのう…」

コナン「悪かったな。オレは数少ねえイケメン要員だからしょうがねーだろ」

阿笠「新一の図々しさにつっこんでもキリが無いので、スイッチを押すぞ!」

ポチッ

コナン「……」シーン

阿笠「……」シーン

コナン「何も起こらねえじゃねーか」

阿笠「いや、そんなはずは無いぞ。スイッチを一回押すごとに、必ず一回変化が起こるはずじゃ」

コナン「失敗作なんじゃねーの?」

阿笠「ワシが失敗など、するわけがないじゃろう!!!」

コナン「はいはい…。もう夕飯の時間だから、オレは帰るぜ」

阿笠「気をつけろ、新一。この世界の何かが必ず変わっているはずじゃ!」


 

劇場版 名探偵コナン主題歌集~“20
V.A.
Being (2017-03-22)
売り上げランキング: 184
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 15:52:26.97 ID:C9MUXuCE0
コナン「ただいまー、蘭姉ちゃん。お腹減ったよ~」

小五郎「はあ?ランネーチャン?誰だそりゃあ?」

コナン「あはは、何言ってるの小五郎のおじさーん。蘭姉ちゃんは、蘭姉ちゃんだよ」

小五郎「だから、どこの姉ちゃんなんだよそれは」

コナン「えっ…。おじさんの娘の毛利蘭だよ!どうしちゃったのおじさん!?」

小五郎「わけわかんねーこと言ってねえで、早くメシ食えよ。今日もカレーだからな」

コナン「は、はーい…」

モグモグ

コナン(一体どういうことなんだ…?そして、どうしておっちゃんのカレーはこんなに不味いんだ?)

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 15:53:27.21 ID:C9MUXuCE0
阿笠「蘭君がいなくなったじゃと?」

コナン「博士は蘭のこと覚えてるのか?」

阿笠「もちろんじゃ。やはりワシの予測通り、蘭君が最初に消えたのか…」

コナン「予測通りって、どういう事だよ!どうして蘭は居なくなっちまったんだよ!」

阿笠「蘭君が居なくなったのは、恐らくこのスイッチを押したせいじゃ」

コナン「それは…腐女子を喜ばせるスイッチ!?」

阿笠「そうじゃ。ボーイズラブ…つまり、男性同士の恋愛を好む腐女子にとって、ヒロインであり、新一と同居しており、しかも幼なじみである蘭君は、邪魔な存在なのじゃろう」

コナン「ふざけんな!蘭が邪魔って、どういう意味だよ!」

阿笠「すまん、新一。今のは言い過ぎた」

コナン「謝って済む問題じゃねーだろ!そもそも博士がこんなスイッチを作っちまったから、蘭は居なくなっちまったんだ!蘭を返せよ!!」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 15:54:33.38 ID:C9MUXuCE0
阿笠「スイッチで起こってしまった事は、元に戻すことは出来ないんじゃ…。本当にスマン。ワシが出来るのは、このスイッチを押す事くらいじゃ…」ポチポチポチ

コナン「バーロー!なに連打してやがんだ!!」

服部「よう、工藤~。早く帰って来んのか?」

コナン「うるせー!今はそれどころじゃねーんだよ!」

服部「それどころって、お前なあ。おっさんに連れ戻して来いって、言われとんのやで?」

コナン「…って、服部?なんでお前がこんな所に居るんだよ?」

服部「は?オレは工藤と一緒に探偵事務所に住んどるやん」

コナン「お前、何言ってんだ?」

阿笠「まさかとは思うが、服部君は新一の幼なじみだったり…しないじゃろうな?」

服部「ははは、何言うとんねん。その冗談おもんないで~、博士」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 15:55:32.03 ID:C9MUXuCE0
コナン「だ、だよなあ。服部がオレの幼なじみなんて、有り得ねえよな」

服部「工藤…なんでそないにオレのこと嫌っとんや。お前、昔からそうやったよなあ…」

コナン(こいつキモイ!やべえ!)

阿笠「どうやら、蘭君のポジションに服部君が入ってしまったようじゃな」

コナン「どうやらじゃねーよ!」

服部「今日の工藤はご機嫌ナナメやなあ」

コナン「そう言やあ服部、和葉はどうしたんだ?連れて来なかったのか?」

服部「カズハ?誰やソレ?」

阿笠「和葉君まで消えてしまったか…」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 15:56:06.34 ID:C9MUXuCE0
コナン「おいおいおい!ちょっと待てよ!だったら和葉のポジションには、誰が入ったって言うんだよ!」

阿笠「ワシが服部君の交友関係まで知っとるわけないじゃろ」

服部「なあ…。帰らんのか、工藤?」

コナン「うるせえ、テメーは黙ってろ!」

コナン(博士がスイッチを連打したから、一気に複数の設定が変わっちまったのか…)

コナン(まず服部が蘭のポジションに入り、そして和葉が消えた…)

コナン(待てよ。確か博士は、スイッチを3回押してなかったか?)

コナン「…という事は、アイツが危ない!!」ダッ

服部「工藤!どこに行くんや!!」

コナン「灰原の部屋だよ!」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 15:57:12.61 ID:C9MUXuCE0
灰原「どうしたの工藤君?血相変えて」

コナン「灰原は無事だったのか…。でも何故?」

灰原「実はあなた達の話を全て聞かせてもらったの」

コナン「腐女子が喜ぶスイッチ…の、話だよな?」

灰原「ええ。そして、私はスイッチを押されても生き残る方法を見つけたわ」

コナン「本当か?一体どうやって…」

灰原「コレよ!」

灰原がオレに見せたのは、表紙に『工藤新一総受け』と書かれたBL同人誌だった。

コナン「ナンジャこりゃあああ!」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 15:58:15.56 ID:C9MUXuCE0
灰原「この本をすぐにコミケで出したのよ」

コナン「自費出版でホモの漫画本を作っただけで、どうして消えずに済んだんだ?」

灰原「腐女子にとって、BLカップリングを応援するキャラクターは不可欠よ」

コナン「そういう事か。陰ながらホモを見守る女は、腐女子の気持ちを代弁する立ち位置になるのか」

灰原「そうとも言い切れない部分もあるわね…」

コナン「どういう事だよ?」

灰原「腐女子の心理は複雑だから、決め付けない方がいいわ。要するにBLの邪魔をしなければ、腐女子にとっては味方になるのよ」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 15:59:04.02 ID:C9MUXuCE0
コナン「と、とりあえず灰原が消えてねー理由はわかった」

灰原「という事は、私の代わりに誰かが消えてる可能性があるわね」

コナン「ハッ!中森警部の娘は?アイツは蘭の次に邪魔な存在のはずだ!!」

灰原「中森警部って誰よ」

コナン「長年、怪盗キッドを追い続けている警部なんだが…。その娘が、黒羽快斗と両思いなんだ」

灰原「ふたりは恋人同士なのね?」

コナン「いや。ぶっちゃけて言うと、オレと蘭の関係と同じだ」

灰原「ランって誰よ」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:00:12.12 ID:C9MUXuCE0
その頃の怪盗キッド(黒羽快斗)

快斗「青子、アイス食べに行こうぜ~!」

中森警部「どうしたんだね、快斗君?」

快斗「あれ?青子は?」

中森警部「アオコ?何だねソレは?」

快斗「どういう事だ?青子の存在が消えちまった!」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:01:03.82 ID:C9MUXuCE0
コナン(中森警部の娘がどうなったのか多少気になるが、オレには関係ないから寝るか!)

服部「工藤~。一緒に寝ようやあ」

コナン(うわあ!ウゼー!)

コナン「平次兄ちゃん。ボク、一人で寝たいから今すぐ目の前から消えて~」

服部「なんや工藤、冷たいなあ。オレと工藤の仲やないか」

コナン「ボクはもう子供じゃないんだから、一人で大丈夫だよ」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:02:08.67 ID:C9MUXuCE0
服部「そうか、工藤は17歳やったもんなあ。その歳で一人寝は寂しいやろ?」ゴソゴソ

コナン(やべえ、布団に入ってきやがった…。幼なじみ設定をなんとかしねえと、服部が一生ウゼェ!)

コナン(とりあえずコイツは麻酔銃で眠らせて…っと)

プスッ

服部「ふにゃっ?…ぐぅ」

コナン(とりあえず明日、博士にもう一度相談しよう)

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:03:24.80 ID:C9MUXuCE0
朝になると、オレは真っ先に博士の家に向かった。

コナン「博士ー!!腐女子が喜ばないスイッチを作ってくれ!!」

阿笠「朝っぱらからなんじゃ。腐女子を喜ばせるスイッチなら、もう作ったじゃろ」

コナン「違うって!腐女子が『喜ばない』スイッチだよ!」

阿笠「いかんぞ新一!まだここまで、全然腐女子が喜ぶ展開になっとらんぞ!」

コナン「博士は何で腐女子を喜ばせようとしてるんだよ!」

阿笠「それはな…ワシ自身が腐男子からじゃ!」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:04:33.58 ID:C9MUXuCE0
コナン「腐男子ってなんだよ」

阿笠「BLを好む男子のことじゃ。ホモとは微妙に立ち居地が違うんじゃ」

オレはこの件が面倒になったので、話題を変える事にした。

コナン「要するに。一つでも腐女子が喜ぶ事をすれば、腐女子が『喜ばない』スイッチを作ってくれるんだよな?」

阿笠「まあ、そういう事じゃな」

コナン「わーったぜ博士!オレ、頑張ってくる!」ダッ

阿笠(新一…成長しおったのう…)

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:05:37.80 ID:C9MUXuCE0
灰原「工藤君…。あんなこと言っちゃって、どうする気なの?まさか貞操を怪盗キッドにでも捧げる気?」

コナン「バーロー!んな気色悪いことするか!オレにはちゃんと作戦があるんだよ」

灰原「作戦?」

コナン「服部か白馬探を、怪盗キッドとくっつければ何とかなるはずだ!」

灰原「あくまで自分自身は関わりたくないのね」

コナン「あったりめーだっ、バーロー!お前が歩美とくっつけって言われたら、どう思うんだよ!」

灰原「それは別に嫌じゃないけど」

コナン「えっ?じゃ、じゃあ光彦とくっつけって言われたら、どう思うんだよ!」

灰原「それは嫌だわ」

コナン「そ、そうか」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:06:53.92 ID:C9MUXuCE0
阿笠「話は全て聞かせてもらったぞい」

コナン「ゲッ、聞かれてたのか」

阿笠「新一の作戦が成功するように、腐女子を喜ばせるスイッチを一回押してやろう」

コナン「余計な事すんな!」

ポチッ

コナン「…ん?」

灰原「どうしたの?何か変化があった?」

コナン「よくわからねえが、怪盗キッドの家の場所が急にわかった」

灰原「そう。きっとスイッチの効果ね」

コナン「今回の効果はオレにとって好都合だな!それじゃあ行ってくるぜ!」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:08:12.86 ID:C9MUXuCE0
灰原「待って」

コナン「どうした?」

灰原「良かったらコレ、使って」

コナン「何だよ、このビンに入ってる液体は?なんかの薬か?」

灰原「媚薬よ」

コナン「すげーモン持ってるな、おい」

灰原「試しに作ってみたの。飲んだ後に初めて見た相手を、好きになってしまうという…よくあるアレよ」

コナン「怪盗キッドに飲ませりゃいいって事だな」

阿笠「初夜は慎み深くするんじゃぞ~」

コナン「怪盗キッドとくっつくのはオレじゃねーって言ってんだろ!」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:09:20.70 ID:C9MUXuCE0
そんなわけでオレは、服部か、もしくは白馬を、怪盗キッドとくっける作戦を実行することにした。

コナン(念の為に言っておくが、媚薬を飲んだ後にオレを見るって言う展開は無しだからな)

コナン(早くこの世界をなんとかして、蘭を取り戻さないと!)

ピンポーン

快斗「はい、どちら様ですか?」

コナン「こんにちは、お兄ちゃん!これ、良かったら食べて~」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:10:21.23 ID:C9MUXuCE0
快斗「チョコレート?大体、なんでお前がココに…」

快斗(おっと。オレが怪盗キッドだっていうのはコイツは知らねえはずだから、初対面の振りしねえと)

快斗「っつうか、誰だお前?」

コナン「いいから四の五の言わずに食えよ!」バリバリバリッ!グイグイ!

快斗「ぐわあああ!なんでチョコレートを食わせようとするんだよ!」

コナン「媚薬が入ってんのは、チョコレートって決まってんだろ!」

快斗「媚薬が入ってんのかよ!食わせんなっ!やめろおおお!!」

灰原「媚薬=チョコレートって…。腐女子を舐めるにも程があるわね」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:11:31.31 ID:C9MUXuCE0
快斗「そ、そこのお嬢ちゃん!こいつを止めてくれ!」

灰原「それは無理ね。今、彼を止めたら私が消されてしまうもの」

快斗「何だよその設定は!厨二病かよ!」

灰原「失礼ね。厨二秒なのは、むしろあなた達じゃない」

コナン「灰原!人を厨二病呼ばわりしてる暇があったら手伝えよ!」

灰原「いいけど…」ポチッ

コナン「………ぽちっ?」

灰原「腐女子を喜ばせるスイッチを博士から預かったの」

コナン「何押してんだコラアアアアアア!!」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:12:22.66 ID:C9MUXuCE0
快斗「こいつが油断した隙にチョコレートを奪取!!」

コナン「あっ!バーロー!返せよテメー!」

快斗「誰が返すか!しかし何だってお前、オレに媚薬を盛ろうとしたんだ?」

コナン「そ、それは…こっちにはこっちの事情があんだよ」

快斗「よくわかんねーけど、さっさと帰れよ。はあ、疲れる…」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:13:13.02 ID:C9MUXuCE0
灰原「疲れた時には甘い物が一番よ。例えば、あなたが手に持っているチョコレートとか」

快斗「そうだな。いただきまーす」

パクッ

快斗「って、媚薬が入ってんのに食っちまったあああああああ!」

灰原「スイッチを押したからかしら?」

コナン「元からバカなんじゃねーのか?」

快斗「オイお前、なんて事してくれたんだよ!!」

コナン「ハッ!オレを見るな!!!」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:14:24.74 ID:C9MUXuCE0
怪盗キッドがオレを見ようとした、その時…!

中森警部「怪盗キッド、逮捕だー!!」

灰原「工藤君の前に外野が割って入ってしまったわね」チッ

コナン「た、助かった…」

快斗「青子のお父さん!オレ、怪盗キッドじゃないっすよ!」

中森警部「アオコ?誰だそれは?怪しいな…。君は快斗君に変装した、怪盗キッドじゃないのか?」

快斗「だからあ~」

コナン「何!?中森青子も消えちまったのか!?」

中森警部「ナカモリアオコ?」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:16:02.59 ID:C9MUXuCE0
快斗「“も”って事は…他にも誰か消えたのか?」

コナン「実は…」

灰原「そんな事よりも、媚薬の効果は出たのかしら?」

快斗「え?別に何ともねーけど?」

コナン「おかしい…。灰原が作った薬の効果が出ないだなんて…」

灰原「おかしいわね…」ポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチ

コナン「おいコラ!どさくさに紛れて、腐女子を喜ばせるスイッチを押してんじゃねーよ!」

中森警部「ご婦人を悦ばせるスイッチ?な、なんだその、いかがわしい物は…」

コナン「いかがわしいのは中森警部の頭の中身だよ~」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:17:07.74 ID:C9MUXuCE0
快斗「あの、何で青子のお父さ…いや、中森警部はここに来たんですか?」

中森警部「この辺に怪盗キッドが出没したという目撃情報があったんだが…。君は本当に快斗君なのか?」

快斗「怪盗キッドなわけないっすよ。第一、うちに盗む物なんか無いでしょ」

中森警部「そ、そう言われればそうだな。予告状もないし、ガセネタをつかまされてしまったのか…。疑ってしまってすまない」

快斗「いえいえ」

中森警部はブツブツと言いながらも、どこかへ行ってしまった。

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:18:21.46 ID:C9MUXuCE0
快斗「ふう、やっと帰ったか」

コナン「やっぱり媚薬の効果は表れてねえ見てえだな」

灰原「あの媚薬の効果は実証済みだから、そんなはずはないわ。効果が出るのが遅れているのかも」

快斗「おい。そこで何をコソコソ話してんだよ」

灰原「まだ身体に変調は無い?例えば、中森警部のことを考えると胸が早鐘のように鳴り響き、世界は薔薇色に染まり、新しい自分に生まれ変われるような、そんな素敵な未来が待っている予感はしない?」

コナン「灰原…。お前、変わったな…」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:20:05.10 ID:C9MUXuCE0
快斗「はあ?なんでオレが中森警部に惚れなきゃいけねーんだよ」

コナン「今ので意味が通じたのか」

灰原「おかしいわね…。どうして媚薬が効かなかったのかしら…」

快斗「いいからとっとと帰れよ。オレはこれから用があるからよ」

コナン「仕方ねえな。んじゃ、出直そーぜ灰原」

灰原「そうね…」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:21:31.27 ID:C9MUXuCE0
その夜、怪盗キッドの予告状が出されて、オレ達は予告現場である杯戸シティホテルの屋上へと向かった。

コナン「用があるってこの事だったのかよ!」

灰原「怪盗キッドの家を知っているんだし、明日にでも行って捕まえた方がいいんじゃない?」

コナン「現行犯じゃねーと捕まえられねえだろ」

灰原「確かに、万引きだって現行犯じゃないと捕まえられないわね」

コナン「だから家に乗り込んでも無駄なんだよ!」

灰原「状況説明的ね、工藤君」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:22:41.47 ID:C9MUXuCE0
怪盗キッド「レディース エンド ジェントルメン!今宵のショーを皆さんにご覧に入れましょう!」

服部「来よったな、怪盗キッド!」

コナン「服部、お前来てたのかよ」

服部「当たり前や!オレは工藤の幼なじみなんやからな!」

灰原「探偵だから来たわけじゃないのね」

コナン「やべー…。元の世界に戻さないと、コイツ本気でうぜえ…」

服部「工藤は相変わらず冷たいやっちゃなあ。まるでレイコーのように冷たい男や」

灰原「今時アイスコーヒーの事、レイコーなんて言う関西人あんまり居ないわよ」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:24:21.89 ID:C9MUXuCE0
中森警部「怪盗キッド!予告状には『サファイアを盗む』と書かれていたが、ここにはサファイアは無い!なぜここをターゲットにしたんだ!?」

怪盗キッド「とある小学1年生の男子と初めて出会った思い出の場所が、ここ杯戸シティホテルの屋上だったのです」

中森警部「はあ?」

灰原「思い出を大切にするなんて、ずいぶん乙女チックね」

服部「それにしても、小学1年生の男子ってめっちゃ限定されとるやないか」

コナン(嫌な予感がするわけだが…)

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:25:37.23 ID:C9MUXuCE0
怪盗キッド「そして、もう一つの質問に答えましょう。私が盗みに来たサファイアは、私の目の前にあります」

中森警部「どういう事だ!?」

怪盗キッドはマントをたなびかせて、オレの目の前にふわりと舞い降りた。

コナン「げっ」

怪盗キッド「この世で最も美しいサファイアを盗みに来ました」

コナン「まさか…媚薬の効果はすでに出ていたが、顔に出していなかっただけだったのか!」

灰原「でもあの時に怪盗キッドは、中森警部を見たはずよ」

コナン「そうか、わかったぞ!」テコリーン

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:26:41.42 ID:C9MUXuCE0
コナン「怪盗キッドはコンマ1秒の差で、中森警部よりも先にオレを見ちまったんだ!!」

服部「なんやて工藤!オレの工藤に勝手に惚れよって!」

灰原「ところでこの人は媚薬を飲んでいないのに、どうして工藤君の尻を追い回しているの?」

コナン「こいつはスイッチを押す前からホモだったからな」

服部「怪盗キッド!自分がやってる事わかっとんのか?お前ホモやで!!」

コナン「オメーが言うなよ」

怪盗キッド「仕方ねーだろ!男とか女とか関係なく、好きになっちまったんだよ!」

コナン「うるせーよ」

灰原「腐女子のテンプレを喋ってんじゃないわよ」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:28:13.06 ID:C9MUXuCE0
怪盗キッド「では埒が明かないので、仕事を進めさせていただきます」

中森警部「おい、待て!!」

怪盗キッド「では行きましょう、名探偵」

コナン「行かねーよ!やめろ!抱き上げんな!!」

灰原「お姫様抱っこは基本よね。スイッチを沢山押した甲斐があったわ」

服部「そうは行かんで!」

白馬「そうは行きませんよ!」

光彦「そうは行きませんよ!」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:29:14.75 ID:C9MUXuCE0
コナン「白馬!?」

服部「なんでお前がここにおるんや!」

光彦「ボクも居ますよ!」

白馬「怪盗キッドの狙いがわかったので、犯行を阻止するために来ました」

怪盗キッド「やれるもんならやってご覧なさい。私の方が上でしょうけどね」

服部「ここは白馬と協力するしかなさそうやな。白馬!ふたりで怪盗キッドを倒すで!」

白馬「わかりました!」

灰原「倒すの?捕まえるんじゃなくて?」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:30:25.32 ID:C9MUXuCE0
コナン「なぜかオレが、段々置いて行かれているわけだが」

光彦「ボクもですよ~」

怪盗キッド「私とやり合う気ですか?面白い。受けて立ちましょう」

服部「オレの拳が真っ赤に燃えるわ~」

白馬「あなたには負けませんよ、黒羽君!」

怪盗キッド「オレは黒羽快斗じゃねえ!」

灰原「自らフルネームを名乗ってるわね」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:31:37.11 ID:C9MUXuCE0
コナン「おーい。単なるケンカならよそでやれよ。ホテルに迷惑が掛かるだろ」

光彦「そうですよ!こんな所でケンカをしたら、誰かが押されて落ちちゃうかもしれないじゃないですか!」

怪盗キッド「名探偵…危ないので下がっていてください。この階段の陰で!」

怪盗キッドはオレを階段の近くに下ろした後に、白馬と服部と文字通り取っ組み合いのケンカを始めた。

コナン「灰原、帰るか」

灰原「そうね」

中森警部「我々も帰るか」

警察「そうですね」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:32:49.04 ID:C9MUXuCE0
オレと灰原がホテルの正面玄関から出ると、目の前に光彦が落ちて来た。

グシャッ

コナン「光彦!?」

光彦「やっとボクに…気づいてくれたんですね…ぐふっ」

そうして光彦は、安らかな笑顔で死んで行った。

灰原「もう脈が無いわ…」

コナン「光彦…光彦おおおおおおおおおお!!!!一体誰がこんな事をしたんだ!」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:34:05.23 ID:C9MUXuCE0
灰原「ちょっと待って。これ、ダイイングメッセージじゃない?」

光彦の指の先には、血文字で『怪盗キッドと白馬さんと服部さんと>>76に押されました』と書かれていた。

コナン「光彦が落ちたのはついさっきだぞ?こんな短時間で書けるわけがねえ。これは光彦が書いたもんじゃねえな」

灰原「じゃあ、円谷君は…」

白馬「自殺ではないでしょうか」

服部「ああ。間違いなく自殺や」

コナン「おう。おめーら終わったのかよ」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:35:39.49 ID:C9MUXuCE0
白馬「ええ。コナン君がいない事に気づいて、怪盗キッドは帰りました」モグモグ

コナン「なんでチョコレートなんか食ってんだ?」

白馬「怪盗キッドが落として行ったものです。ばあやが、よく『食べ物を粗末にしてはいけない』と言うもので、僕が処理しているわけですが、何か?」

コナン「怪盗キッドのチョコレートって、まさか…」

白馬「ところでコナン君。今から僕の家で、シャーロックホームズについて語り合いませんか?」

コナン「」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:37:02.55 ID:C9MUXuCE0
服部「あかんで!ボウズには、オレが添い寝してエラリークイーンを読んでやるんや!」

灰原「どちらか選んであげなさいよ」

コナン「どっちかっつーとシャーロックホームズの方がいいが、寝床で読まれるのは御免だな」

服部「なんやて工藤!」

白馬「失敬な。僕はベッドで読むとは言っていないでしょう。もっとも、コナン君が望むならその限りではありませんが!!」

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:37:55.65 ID:C9MUXuCE0
コナン「いい加減にしろ!もう帰るぞ、灰原!スケボーに乗れ!」

灰原「ええ」ヒョイッ

スケボーは全速力で発進して、その勢いで灰原は振り落とされた。

灰原「あの慣性の法則を無視した肉体は、一体どうなっているのかしら」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:39:14.87 ID:C9MUXuCE0
トンテンカンテン

コナン「これでよし、と…」

服部が入って来れないように、寝室の内部からドアに板を打ち付けた。

コナン「今日は散々な一日だったな…。明日になったら、博士に元に戻してもらわねえと…ふわあ」

布団に入ろうとしたら、布団から白いシルクハットと、白いズボンと靴がはみ出しているのに気づいた。

コナン「これは、まさか…」

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:40:26.37 ID:C9MUXuCE0
怪盗キッド「待ってたぜ、名探偵」

コナン「うわあああ!!!」

怪盗キッド「お前が帰って来るまで布団の中に潜んでたぜ。怪盗だからな」

コナン「ドアに板を打ち付けて自分で密室にしちまったせいで、逃げ道がねえ!」

コナン「そ、そうだ!麻酔銃でコイツを眠らせれば!」

怪盗キッド「あの時計型麻酔銃なら、盗ませてもらったぜ。怪盗だからな」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:42:01.14 ID:C9MUXuCE0
コナン「ギァアァーッ!蘭姉ちゃん!蘭姉ちゃん!あっ、しまった!蘭は居ないんだった!!」

コナン「じゃあおっちゃん…しまった、おっちゃんは徹夜でマージャンだった!」

コナン「じゃあ服部…しまった、服部はドアが打ち付けられているせいで、入って来られない!」

怪盗キッド「安心しろよ。なるべく痛くないようにするから。怪盗だからな」ガシッ

コナン「それ怪盗関係ねーだろ!うぎゃああああああああああああ!!!!!!!」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:43:37.93 ID:C9MUXuCE0
翌朝。

ピチチッ…チュンチュン…

コナン「」

阿笠「新一、元に戻すスイッチができたぞ!」

コナン「」

阿笠「どうしたんじゃ?せっかく元に戻すスイッチが出来たというのに、廃人のような顔をしておるのう」

コナン「もう、遅せえよ…」

阿笠「何がじゃ?」

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 16:44:52.24 ID:C9MUXuCE0
そう、何もかもが遅すぎたのだ。

博士がすぐに元に戻すスイッチを押したが…。

世界が元に戻っても、光彦の命と、そしてオレの貞操は戻ってこない。

余談になるが、灰原は元から腐女子だったらしく、今日も元気に同人誌を作り続けている。

コナン(蘭は戻って来たが、大切なものを失っちまったな…)

蘭「コナンくーん。お尻痛いんでしょ?肛門科行きましょう」

コナン「うん…。わかったよ、蘭姉ちゃん…」

【おわり】

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/23(日) 17:00:42.75 ID:MR60fgMv0
このSSを読んだ腐女子は喜んだのだろうか