10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 12:17:52.21 ID:xPt4LUpz0
京介「あ、ああ」

桐乃「はぁああああっ!?」

桐乃「あんたそれ本気で言ってんの!?」

京介「まぁ、うん。本気、かな」

桐乃「あ、あんた!私の友達に手出すなって言ったよねっ!?しかも、相手はあやせ!?ふざけんなっ!!」

京介「す、すまん」

桐乃「う~」だんっだんっ

桐乃「もう知らない!勝手にしろっ、この馬鹿っ!!」


京介「ふいー。あいつマジぎれしてたな……。ビビった。」

京介「しかし、あやせよ。これで本当に大丈夫なのかぁ?」



俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 Blu-ray Disc BOX(完全生産限定版)
アニプレックス (2017-04-26)
売り上げランキング: 1,086
15: 遅くなってすまん 2011/07/20(水) 12:45:48.72 ID:xPt4LUpz0
――回想

あやせ「お兄さん、私と付き合ってください」

京介「喜んで」

あやせ「ちょ、ちょっと待ってください!少しは考えたりしないんですかっ!?」

京介「え?考えるまでもないだろ?」

あやせ「………はぁ、そうでした。お兄さんは変態でしたね。」

あやせ「まぁ、だからこそこうやってお兄さんに告白したわけですが……。」

京介「はぁ?」

京介「えっ、なに?あやせってそういう趣味?」

あやせ「ち、違いますっ!!」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 12:57:27.80 ID:xPt4LUpz0
あやせ「私、桐乃のことが心配なんです。」

京介(また桐乃か……)

京介「なんで?」

あやせ「あの、何て言えばいいか……う~ん。」

京介「ん?」

あやせ「その……桐乃、お兄さんのこと好きみたいなんです。」

京介「……」

京介「……え?」

京介「えぇぇええええっ!?」

あやせ「……」

京介「は?あいつが?俺を?何で?え?好き!?」

あやせ「……」こくり

京介「はぁああああああっ!?」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 13:11:09.99 ID:xPt4LUpz0
京介「いやいやないないないないっ!ありえないって!!そんなわけあるかっ!」

あやせ「私もそう思いたいです……だけど、最近の桐乃を見てたら」

京介「………」

あやせ「……確証は、ありませんけど」

京介「………っ」

京介「……どうして、そう思ったんだ?」

あやせ「本当に確証はないですけど、桐乃がお兄さんの話をするときの目とか態度とか」

あやせ「今までと全然違くて……急に頬を染めたり、はにかんだり、遠い目をしたり」

あやせ「まるで、恋をしてるみたいで……。」

あやせ「あんな桐乃、見たことないんです。」

京介「……」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 13:25:20.65 ID:xPt4LUpz0
あやせ「………それに」

京介「それに?」

あやせ「お兄さんは実の妹に手を出す変態鬼畜やろーですから余計心配なんですっ!!」

京介「ぶふぅ!」

あやせ「きゃ」

京介(そ、そういえばそういう設定だったな)

あやせ「……」

あやせ「……桐乃の、お兄さんに対する想いは一時の、気の迷いなんだと思います」

あやせ「ですから私がお兄さんと付き合うことで、その想いを断ち切りたいんですっ!」

京介「……」

京介(……そういうことか)

京介(あやせは桐乃が俺のことを好きだと思ってる……まぁ勘違いだろうが)

京介(それで桐乃の想いを断ち切るために……俺と付き合うってことか)

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 13:51:15.97 ID:xPt4LUpz0
京介「でも、いいのかよ俺と付き合って」

あやせ「え?」

京介「お前が言うように、本当に桐乃が俺のことを好きだったとしたら」

京介「お前、桐乃に恨まれるんじゃないか?」

あやせ「……」

京介「自惚れじゃないけどさ、好きな人とられたら傷つくって」

京介「お前ら親友だろ?いいのかよ?」

あやせ「……いいんです」

あやせ「たぶん桐乃は怒ると思います。絶交するかも知れません……」

あやせ「だけど!」

あやせ「兄妹同士の恋愛なんて間違っていますっ!」

あやせ「親友だから……親友だからこそ!桐乃が間違いを犯しそうになったら私が止めるんです!」

あやせ「例え、恨まれても……!」

京介「……あやせ」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 14:07:28.88 ID:xPt4LUpz0
あやせ「それに、変態のお兄さんには監視役が必要ですからね!」

京介「はは、またそれか」がくっ

京介「……」

京介(桐乃が俺のことを好きなんてことはありえないと思うが……)

京介(しかし、思い返してみたらあいつ最近変だったからな……万が一ってことも)

京介(ねーよっ!!)

京介(……でも、どんな形であれあやせが勇気を出して告白してきたんだ。)

京介(たとえ喧嘩になっても、あやせと俺で何とかすればいいか……よっしゃ)

京介「あやせ!」

あやせ「は、はいっ」

京介「じゃ、付き合うか!」

あやせ「……っ」ぱぁあ

あやせ「はいっ!」

63: ID変わりました 2011/07/20(水) 16:31:05.63 ID:ZU9i0gIZ0
――回想終了

京介「ってな感じで付き合い始めたけど……いきなりハードル高すぎだろ」

京介「桐乃にあやせとの交際を認めさせるなんて。」

京介「………はぁ」

京介「桐乃、すごい剣幕で怒ってたな。まぁ親友が俺なんかと付き合うなんて言ったら当然か……。」

京介「これからどうすんだよ。」

京介「……」

京介「…………とりあえず、もう寝っk」


――――ドンッ!!!!

京介「うおっ!」びくっ

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 16:40:17.54 ID:ZU9i0gIZ0
京介「この音、桐乃の部屋からだ」

『……っざけん……!』バンッ

京介「なに怒ってんだ……」

京介「電話か?」

京介「……」

京介「……本当はいけないことだが……壁も薄いし」

京介「すまん、桐乃」そっ


桐乃『だから認めないって言ってんでしょっ!!ふざけんなっ!!』

京介「おわっ」びくっ

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 16:52:55.68 ID:ZU9i0gIZ0
桐乃『はぁ!?だからっ!!…………っ、このっ!』

桐乃『………あんたそんな素振り一度も見せなかったじゃん!なんでいきなりっ!』

京介(なんだ?なんでこんな怒ってんだ!?)

桐乃『駄目っ!認めない!!………あやせ、よく聞いて』

京介(あやせ?……じゃあ、この喧嘩は)


桐乃『私の兄貴は誰にも渡す気ないからっ!!』

京介「え!?」

桐乃『あいつと別れて!……そう。じゃないと』

桐乃『絶っ交!だからっ!!』

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 16:59:43.24 ID:ZU9i0gIZ0
桐乃『………』

桐乃『……ふーん。あっそ、わかった。』

桐乃『はいはい。………もういいから。あんたがそう言うなら、いいよ。』

桐乃『友達やめよ』

桐乃『じゃーね、新垣さん。………もう、話かけてこないで。』

桐乃『ふんっ!』ぴっ


京介「え?」

京介「絶交したの?」

京介「………もう?」

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 17:24:37.10 ID:ZU9i0gIZ0
京介「………おいおいおいおい」

京介「桐乃のやつ予想以上にキレ過ぎだろ。まさかこんな速攻で絶交するとは……」

京介「しかも、何か俺のことで怒ってたみたいだし…………はぁ、しっかし」

京介「これじゃあ交際の説得も仲直りさせるのも無理なんじゃねーの?」

京介「ん……電話?」ぷるるるる

京介「あやせか……!」ぴっ

京介「も、もしもし?」

あやせ『……ひっく、うぅ、えぐっ』

あやせ『おにい、ぐすっ、さん』

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 17:40:07.73 ID:ZU9i0gIZ0
京介「あやせ!?大丈夫かっ!?」

あやせ『き、桐乃がっ、ぜっこう、ぐすっ、絶交しよ、って』

あやせ『そ、それでっ、うっ、うっ、えう』

京介(やっぱりさっきの喧嘩のことか)

京介「と、とにかく落ち着け!何があったのかゆっくり話してくれ!」

あやせ『はぃ。さ、さっき、うぅ、桐乃から、電話があって、ぐすっ、電話に、出たらぁ』

あやせ『とつぜん、怒鳴られてぇ、あ、あんた、いったい、何してんのよ、って』

あやせ『わ、私、すぐに、お兄さんの、ことだと、思いましたっ』

あやせ『そ、それで、なんとか、説得、しようと、えぐっ、思って、でも、できなくてっ』

あやせ『き、桐乃がっ、兄貴に、手を出すなって、許さない、認めないって』

あやせ『お、お兄さんと、別れろって、言ってきて、断ったら、ぐすっ』

あやせ『じゃあ、絶交しよって、ぅう、もう、話かけるな、って』

京介「……あやせ」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 17:54:35.44 ID:ZU9i0gIZ0
あやせ『お兄さん、私、覚悟してる、つもりでしたっ』

あやせ『た、たとえ、桐乃にっ嫌われても、桐乃のためだったら耐えられる、って』

あやせ『でもやっぱり、辛い、辛いですよぉ、うっうぅ』

京介「あやせ……」

京介「……」

京介「………あやせ。やっぱり、別れるか。」

あやせ『……っ』ぴくっ

京介「やっぱこんなやり方、良くなかったんだよ。」

京介「こんなやり方じゃさ、お前も桐乃も不幸になっちまうよ。」

京介「やっぱお前ら二人は仲良くしてないと……俺はそう思うぜ?」

京介(じゃねーと体はってお前らを仲直りさせた意味がなくなっちまうよ……。)

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 18:05:42.74 ID:ZU9i0gIZ0
あやせ『…………別れることは』


あやせ『できません』

京介「はぁ?なんでだよ?桐乃めちゃめちゃキレてんだぜ?」

あやせ『……だからですよ。』

京介「なんだそりゃ?キレてた方がいいのか?」

あやせ『違いますよ。それは、私だって今すぐ桐乃と仲直りしたいですよ……でも』

あやせ『……桐乃は予想以上にお兄さんのことを好きみたいなんです。』

京介「え?」

あやせ『お兄さんに依存していると言ってもおかしくありません。』

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 18:18:43.30 ID:ZU9i0gIZ0
京介「依存って、大袈裟じゃないか?」

あやせ『いいえ……大袈裟じゃありません。』

あやせ『だっておかしくないですか?いくら自分の兄と友達が付き合い出したからと言って』

あやせ『普段はお兄さんに強く当たっている桐乃が』

あやせ『こんなに怒るもんなんですか?』

京介「……それは」

京介(まぁ、桐乃の偽彼氏騒動での俺のことは黙っておこう)

あやせ『だいたい私と桐乃は親友です。』

あやせ『その親友と絶交してまでお兄さんを守ろうとしてるんですよ?』

あやせ『あきらかに兄妹の域を越えています!』

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 18:35:05.34 ID:ZU9i0gIZ0
あやせ『桐乃のお兄さんに対する気持ちを侮っていました。』

あやせ『このままじゃ桐乃は確実に間違いを起こします……たとえ』

あやせ『たとえ、お兄さんにそんな気持ちが一切なかったとしても。』

京介「……あやせ」

あやせ『……だから今、お兄さんと別れることはできません。』

京介「そう、か」

京介(確かに、桐乃の怒り方は以上だったな……)

京介(しかもあやせのためじゃなく、俺のために怒ってんだもんな)

京介(いや、俺をとられたくないって怒ってんだから、やっぱ自分のためか。)

京介(桐乃、まさか本当に俺を……?)

京介「わかったよ、あやせ。このまま付き合おう。これからもよろしく頼む。」

あやせ『はいっ』


「あんた、誰と話してんのよ?」

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 18:47:01.02 ID:ZU9i0gIZ0
京介「き、桐乃……?」

あやせ『えっ、桐乃そこにいるんで―――』ぴっ

京介(すまん、あやせ)

京介「……お前、勝手に人の部屋に入んなよ」

桐乃「したけど?ノック。気づかなかったんでしょ?電話に夢中だったから……」

桐乃「で?……誰と話してたわけ?」

京介「……っ」ごくっ

京介「……あ、あやせだ。」

桐乃「ふーん。」

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 18:53:24.67 ID:ZU9i0gIZ0
桐乃「新垣さんと、ね」

京介「……」どきどき

桐乃「新垣さん、何て言ってた?別れようって言ってた?」

桐乃「あんたに新垣さんは勿体ないって!新垣さんも思い直したんじゃない?」

京介「……いや、別れねーよ。これからもよろしく、だとよ。」

桐乃「……っ」

桐乃「……あっそぅ」

桐乃「チッ……」

京介「……」

203: ID変わりました 2011/07/20(水) 19:52:26.34 ID:0YH0gC1T0
京介「……それで、何しにきたんだよ?」

桐乃「あぁ、そうそう。人生相談しにきたんだった」

京介「人生、相談?」

桐乃「そ」

京介「……どうしたんだよ?」

桐乃「実はさ私、親友と喧嘩しちゃったんだ。」

京介「……」

桐乃「新垣さんとね。」

桐乃「そんで、絶交したわけ。まぁ、呼び方変えてたらわかるか。」

京介(わかるも何も、知ってるって。さっき、あやせから聞いたしな……。)

211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 20:05:11.46 ID:0YH0gC1T0
京介(それになぜ人生相談?どういうつもりだ?)

京介「……」

桐乃「驚かないんだ?新垣さんと絶交した、って言ってんのよ?」

京介「あ、いや、ど、どうして絶交したんだ?」

桐乃「ああ、理由?あいつが私の一番大切な人を奪ったからだけど?」

京介「……っ!?」

桐乃「私がさ、一番好きなのに。あいつが横取りしたの。ひどくないっ?」

桐乃「普通、親友の好きな人とらないって」

桐乃「で、ムカついたから電話で『別れろ』って言ったのに、別れないって言うんだもん」

桐乃「……だから絶交したの。」

京介「……」

231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 20:23:00.77 ID:0YH0gC1T0
京介「……それで、俺にどうしろってんだよ?」

桐乃「はぁ?いつものあんたなら何も言わずに仲直りさせようとするでしょ?」

京介「仲直り、したいのか?」

桐乃「うん!当然っ!」

京介「じゃ、じゃああやせに仲直りしたいって言えよ。すぐ仲直りできるぞ。」

桐乃「……」

桐乃「いや。」

京介「は?なんで?仲直りしたいんだろ?」

桐乃「このままじゃ許すわけないじゃん。私、好きな人とられてんだよ?」

桐乃「このまま仲直りなんて絶対無理っ!」

京介「………じゃあ、どうしろってんだよ?」

238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 20:33:46.33 ID:0YH0gC1T0
桐乃「あやせと私の好きな人を別れさせたい」

桐乃「そしたら、あやせと仲直りする」

京介「……おまっ――」

桐乃「あんたはっ!!」

京介「っ!」

桐乃「あんたは妹が大好き!そうでしょ?」

桐乃「だから私の相談にはいつも答えてくれた。今回も同じ……。」

桐乃「私の願いはあやせと仲直りすること。でも、今のままじゃ無理。」

桐乃「そしてあんたは私の願いを叶えたいと思ってる。妹である私の。」

桐乃「………だったら簡単じゃん」



桐乃「別れてよ、あやせと」

259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 20:52:49.17 ID:0YH0gC1T0
桐乃「ホントはさ、黙ってるつもりだった」

桐乃「兄妹だし。やっぱ、エロゲとは違うし」

桐乃「私の胸にしまっておけばいいって、そう思ってた……」

桐乃「でもっ!」ぎりっ

桐乃「あやせのっ、あいつのせいで」

桐乃「私の大好きなあんたがとられたっ!」

桐乃「信じてたのに!」

桐乃「許せない、親友でもっ!許さないっ!!」

京介「……」

京介(な、なんて無茶苦茶な言い分してんだこいつ!?)

京介(しかも、俺のことが好き?は?兄妹だぞ、俺たち!!本気か、こいつ!?)

263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 21:01:30.83 ID:0YH0gC1T0
桐乃「だからあんたにこうやって告白したわけ……こんな形になったけど。」

京介「……」

桐乃「黙ってたらあんたはあやせにとられる。」

桐乃「だったらもうどうだっていい」

桐乃「倫理とか世間体とか社会とかっ!」

桐乃「あんたが私のモノじゃなくなるならどうでもいいっ!!!」

桐乃「私はあんたが好きっ!!もう我慢しない、周りなんてどうでもいい!」

桐乃「あやせと別れて!」

京介「……」

桐乃「……別れてよ」

桐乃「お願い……。」


京介「……」

282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 21:14:56.19 ID:0YH0gC1T0
京介「駄目だ……お前とは。」

桐乃「っ!!」

京介(これがあやせの言ってた展開だろ)

京介(少し酷かもしれないが……やっぱり兄妹だしな。)

京介(ここは間違いを起こさせないためにも……。)

京介「俺とお前は兄妹なんだ。それ以上でも以下でもねぇ。」

京介「はっきり言うぞ」

京介「お前と俺は一生普通の兄妹だ。これ以上はあり得ない。」

桐乃「……っ」

桐乃「くっ、ふっ」うるっ

桐乃「……ふ、ふーん」うるうる

京介「ごめんな、桐乃。」

298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 21:30:25.53 ID:0YH0gC1T0
桐乃「……もう、いい」

京介「き、桐乃?」

桐乃「あんたの気持ち、わかったから。」

京介「……」

桐乃「一つだけ、お願い。」

京介「な、なんだ?」

桐乃「こんなことになっちゃったけど、私とは今まで通りに接してほしいの……。」

桐乃「ときどき人生相談したり、ゲームしたり、遊び行ったり。今までみたいに」

桐乃「それだけで、いいから。」

京介「もちろんだ。」

桐乃「ありがと、へへ」

桐乃「……じゃ、私もう寝るね?騒いじゃってごめん。」

京介「気にすんな……。おやすみ、桐乃」

桐乃「うん、おやすみ」がちゃ
――――ばたん

311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 21:46:43.47 ID:0YH0gC1T0
次の日―公園―

あやせ「じゃあ、桐乃にははっきり伝えたんですね?」

京介「ああ、大丈夫だ。もう心配はいらない。」

あやせ「そう、ですか」

あやせ「でも、驚きました。まさか、昨日の今日で解決するなんて……。」

京介「ああ」

あやせ「あの、済みませんでした!」

あやせ「桐乃のためとは言え、お兄さんに辛い役を押し付けてしまって!」

京介「……いや、いいんだ。」

京介「俺が言わなきゃ、あいつは止まんなかったろうしな。」

319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 21:53:25.28 ID:0YH0gC1T0
京介「それより、そっちはどうだったんだ?ちゃんと仲直りできたのか?」

あやせ「……いえ、まだ一言も話せませんでした」

京介「そっか」

京介「俺が桐乃に言おうか?」

あやせ「いえ、これ以上はお兄さんに迷惑かけられませんよ!」

あやせ「桐乃とは時間をかけて仲直りしていきます!心配しないで下さい!」

京介「おう!」

あやせ「ふふっ」

京介「あ、そうだ」

あやせ「どうしました?」

京介「俺たち、このまま付き合ったままで、いいのか?」

321: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 22:00:03.80 ID:0YH0gC1T0
京介「桐乃のことは解決したし……その」

あやせ「……お兄さんはどうしたいですか?」

京介「そりゃ、あやせと付き合えるなら嬉しいし、このまま、その」

あやせ「ふふっ、素直でいいですよ!」

あやせ「私も、別れたくありません。確かに、桐乃のこともありましたけど」

あやせ「それ以前にお兄さんのこと結構好きでしたから!」

京介「あ、あやせぇ」どきどき

あやせ「ま、お兄さんの変態なトコを除いて、ですけどね!」

京介「あやせぇ」ずーん

あやせ「ふふっ」

337: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 22:07:53.25 ID:0YH0gC1T0
京介「それじゃあ、これからもよろしく頼むぜ、あやせ!」

あやせ「はいっ!」

京介「あやせ」じー

あやせ「……お兄さん?」

京介「……」ぐぐっ

あやせ「ちょ、お兄さん!?」

京介「あやせぇ……」ぐぐっ

あやせ「駄目っ!!」どんっ

京介「うおっ」

あやせ「破廉恥行為は駄目ですっ!清く正しい交際にしましょう!」

京介「えぇ~」

あやせ「いいですか?初めの半年は一切、私に触れちゃ駄目ですよ!?」

京介「えぇ~」

あやせ「当然ですっ!半年経って、やっと手を繋ぐことを許可します!」

353: 初めに言っておく、もう桐乃は出てきません 2011/07/20(水) 22:16:16.07 ID:0YH0gC1T0
京介「おまっ、それはやり過ぎ」

あやせ「嫌、なんですか?」

京介「……ぃぇ」

あやせ「よろしい」

京介「……はぁ」

あやせ「ふふっ」ちら

あやせ「ん?あっ、もうこんな時間!」

あやせ「お兄さん、もう遅いですから帰りましょう!」

京介「え?ああ、本当だ。もうこんな時間か。」

京介「じゃ、帰るか?」

あやせ「あっ!」

京介「どうした?」

あやせ「学校にプリント忘れちゃったみたいです……。」

362: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 22:23:58.09 ID:0YH0gC1T0
京介「プリントくらい、いいじゃんか明日でも」

あやせ「駄目なんです!そのプリント明日提出しなくちゃいけないものなんです。」

京介「そうなのか。んじゃ取りに行こうぜ?」

あやせ「いえ、もう遅いですし。学校、そんなに遠くないんで。私一人で……。」

京介「遅いんじゃ尚更だろ?いいから、行こうぜ?」

あやせ「本当、大丈夫ですから!」

京介「けど――」

あやせ「いいから!あんまりしつこいと警察呼びますよ!?」

京介(彼氏を警察に通報するって……)

京介「わーったよ。その代わりあんま遅くなんなよな?」

371: ここから矛盾しそうですけど…… 2011/07/20(水) 22:29:01.51 ID:0YH0gC1T0
あやせ「はい!」

あやせ「それじゃあ、お兄さん気を付けて!」ふりふり

京介「ああ、お前もな!」ふりふり

京介「……ふぅ」くるっ

京介「……」すたすた

京介「……」すたすた

京介「……」くるっ

あやせ「……」ふりふり

京介「ははっ、まだ手振ってやがる」

京介「……へへっ」ふりふり

376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 22:33:56.33 ID:0YH0gC1T0
――5分後

京介「ん~」すたすた

京介「あやせのやつ、少し変だったかな?」すたすた

京介「妙に急かされたみたいで……」

京介「大丈夫か、あいつ」

京介「……」

京介「……戻るか」

京介「やっぱ心配だしな」

京介「とりあえず公園まで戻るか」たったったったっ

379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 22:39:03.44 ID:0YH0gC1T0
――公園

京介「はぁはぁ、急いで来たから汗かいちまった、って」

京介「あやせのやつ、まだ公園にいんじゃねぇか」

京介「学校行くんじゃなかったのか?」

京介「どうしたんだよ?」

京介「……なんか様子が変だな」

京介(とりあえず、隠れっか)がさがさ


あやせ「……」

394: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 22:58:46.33 ID:0YH0gC1T0
あやせ「ぷっ」

京介「あ?」

京介(何吹き出してんだよ、あやせのやつ。)

あやせ「ふっ、くくくっ、あははははっ」

京介(なんか、いつもと……さっきまでのあやせと違う)

京介(……なんか下品な笑いかただ。ちょっと嫌な感じ……。)

あやせ「あははははっ、ふふっ、あはっ」

京介(いったいいつまで笑ってんだよ?思い出し笑いってレベルじゃ――)



あやせ「ざまぁみろ」

423: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 23:10:17.04 ID:0YH0gC1T0
あやせ「あ~、おっかしぃ。ふふふっ!」

あやせ「こんなに上手く行くなんて!」

あやせ「今朝の桐乃の顔っ!ぷぷっ!」

あやせ「すごい私を睨んで、あははっ。思い出すだけで可笑しい!」

あやせ「すっごい悔しそうな顔しちゃって!」

あやせ「まさかお兄さんに告白を断られてたなんてっ!」

あやせ「笑い堪えるの大変!」

あやせ「あぁ、頑張った甲斐あったなぁ」

あやせ「………っ」

あやせ「あっははは、くくくっ、あははははは」



京介「………どいうことだよ、あやせ?」

436: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 23:19:18.59 ID:0YH0gC1T0
あやせ「え!?」

あやせ「お兄さん……帰ったんじゃ?」

京介「……やっぱり時間も遅いし、心配だから戻ってきた」

あやせ「ありがとうございます!お兄さんはやっぱり優しいんですね!ふふっ」

京介「……そういうの止めろ」

あやせ「……」

京介「説明してくれ、あやせ……さっきのはいったい何なんだ?」

あやせ「………はぁ」

あやせ「バレちゃいましたか……。いいですよ、全部話します。」

あやせ「わたし」



あやせ「桐乃のこと……大っ嫌いなんです」にこっ

454: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 23:27:46.59 ID:0YH0gC1T0
京介「っ!」

京介「………どうして?」

あやせ「どうして?」

京介「お前ら親友じゃなかったのかよっ!?」

京介「大の仲良しでっ!桐乃のためならって、いつも言ってたじゃねぇかっ!?」

京介「それが、なんで……」

あやせ「まぁ、もともと上部だけだったんですよ」

京介「……っ」

あやせ「桐乃は知りませんけど、少なくても私はそうでした。」

あやせ「まぁ、桐乃は顔とスタイルは良いですからね。一緒にいてポイント高いですし。」

あやせ「桐乃の性格は面倒ですけどね。上手く手なずけました。」

468: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 23:37:50.77 ID:0YH0gC1T0
あやせ「まぁ、性格だけならなんとかなったんですけどね」

あやせ「桐乃って、オタクでしょ?」

あやせ「それわかったとき本当に絶交しようとしたんですけど……。」

あやせ「あまりに必死だったんで」

京介「………俺の、せいか」

あやせ「いえ、あれが『新垣あやせ』ですから」

京介「……っ」

あやせ「でも、やっぱり気持ち悪いんですよねぇ、桐乃。」

あやせ「しかも重度のブラコン!知ってました?学校での会話、ほとんどお兄さんのことです。」

あやせ「流石に私も限界きちゃって。気持ち悪すぎです。」

京介「………それで」

あやせ「はいっ、それで今回のこと思い付いたんです。」

あやせ「桐乃と絶交できて、なおかつお兄さんから離す計画を。」

476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/20(水) 23:50:42.84 ID:0YH0gC1T0
あやせ「変だと思いませんでしたか?」

あやせ「桐乃のお兄さんに対する気持ちを断ち切るのに、なぜお兄さんと付き合うことになるのか」

京介「その理由はお前が……」

あやせ「だって、桐乃を止めるだけなら説得すれば済む話です。」

あやせ「まぁ、桐乃の性格からして説得は大変でしょうけど。」

あやせ「それでも今のようにはならなかったでしょう。」

京介「……」

あやせ「桐乃を焚き付ける必要があったんですよ。」

あやせ「桐乃を怒らせて、私と喧嘩して、お兄さんに告白させるように!」

京介「……っ」

488: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/21(木) 00:02:50.90 ID:qWURLP+z0
あやせ「結構大変だったんですよ私」

あやせ「もう気づいていると思いますけど、昨日のお兄さんへの電話は嘘泣きでした。」

京介「……まぁそうだろうな」

あやせ「ふふっ。そして私はお兄さんに嘘を吐きました。」

京介「うそ?」

あやせ「桐乃から電話があったのは本当です。でも、最初から桐乃は怒っていませんでした。」

あやせ「怒らせたんですよ。わざわざ、煽るようなこと言って」

あやせ「必要以上に桐乃を怒らせ、告白するように仕向けたんですよ、私がね。」

517: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/21(木) 00:14:59.52 ID:qWURLP+z0
京介「……それじゃあ、俺と別れないようにしたのも」

あやせ「はい」

あやせ「私と付き合っていれば、お兄さんは桐乃の告白を断ると思っていました。」

あやせ「でも、こんなに早く結果がでるとは思いませんでしたけどね。ふふふ」

あやせ「これが私の計画です!お兄さんにバレたのは計算外でした。油断してました。」

京介「……」

京介(なんてこった。俺は……俺と桐乃は初めからあやせに踊らされていたのかよっ!)

京介(あいつは、桐乃は本当は俺に告白する気なかったんだぜ?ずっと胸にしまっておくつもりで)

京介(傷つかなくって良かったあいつを、俺は!)

京介(………大馬鹿野郎だ、俺は。)

京介(ごめん、桐乃)

540: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/21(木) 00:22:10.49 ID:qWURLP+z0
あやせ「まぁ、お兄さんにバレてしまいましたし、もうお別れですね!」

京介「ああ」

あやせ「たった一日だけでしたけど楽しかったです!ありがとうございました!」

あやせ「じゃ、これで失礼します!」

あやせ「あぁ、そうそう。もうその気もないと思いますけど」

あやせ「次、私に近づいたら通報しますよ?」にこ

京介「………」

あやせ「それじゃあ、さようなら。お兄さん。」すたすた

京介「………」


京介「………」

543: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/21(木) 00:23:27.91 ID:qWURLP+z0




終わり









624: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/21(木) 02:02:59.34 ID:KXdZxzyh0
桐乃「……なにかあったの? あんた」

京介「は? いや、別に」

桐乃「別にって……泣いてんじゃん」

京介「別になんでもねぇよ(俺……泣いてんのか?)」

桐乃「っ……イライラするなー、言えって言ってんでしょ!」

京介「な、なんでもねぇって(言えるわけ……ねぇだろ、あんなこと)」

桐乃「……あやせじゃないから?」

京介「は?」

桐乃「あやせじゃないから……彼女じゃないから相談出来ない?」

629: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/21(木) 02:09:32.60 ID:KXdZxzyh0
京介「そ、そういうわけじゃ……つか、悩みなんて――」

桐乃「泣いてたじゃんっ」

京介「そ、それは……」

桐乃「確かにあたしはあんたの彼女じゃないケド……妹なんだよ?」

京介「……」

桐乃「相談くらい……乗らせてくれたっていいじゃん!」

京介「……っ」

京介「すまん……これは言えないんだ」

桐乃「……う」ジワッ

京介「っ(俺は……なにしてんだよ、桐乃を泣かせて)」

634: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/21(木) 02:20:55.99 ID:KXdZxzyh0
桐乃「あ、あっそ、勝手にすれば? 彼女と仲良くね!」

京介「あ、待て! 桐乃!」

桐乃「なに? まだなんか用でもあるわけ? あたしは無いんだケド、相談もしてくれない奴なんかに」

京介「っ……あやせとはもう絶交したんだよな?」

桐乃「……」

京介「どうなんだ?」

桐乃「うっさいっ、あんたに関係ないでしょ」

京介「仲直り……してないんだな」

桐乃「……」

京介「(そうだなよな、あんなことがあって……なら、このまま、仲直りせず、疎遠になってくれたらいい)」

桐乃「……した」

京介「は?」

桐乃「仲直りしたって言ってんの!」

京介「え? はぁ!?」

638: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/21(木) 02:29:25.08 ID:KXdZxzyh0
桐乃「もう、べつにあんたが気にすることなんて無いから……安心しなよ」

京介「ど、どういうことだよ!(あいつ、桐乃と縁を切りたかったんじゃないのか!?)」

桐乃「……べつに、普通に仲直りしただけ」

京介「いつ!? さっきか!(あいつ! まだ桐乃を苦しめる気か!)」

桐乃「あんたと話した後……電話で」

京介「(話した後って、あの告白の後だよな? でも、今日、あやせは絶交したまんまだって……いや、嘘か?)」

桐乃「……絶交した時は頭に血が上ってたケド、あやせはいい子であたしにとって、大切な子だから」

京介「……」

桐乃「今更、こんなこと言うのも都合いいかもって感じだケド」

639: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/21(木) 02:39:22.85 ID:KXdZxzyh0
桐乃「すごく……辛かったケド、あんたとあやせにはしあわせになって欲しいし」

桐乃「だから、電話して……謝った。あやせはすぐ許してくれて」

京介「(あやせは……なにを考えてるんだ? 桐乃と絶交したかったんじゃないのか?)」

桐乃「だから、あやせのこと……泣かせたら許さないから」

京介「待て桐乃っ、お前は騙されてる!」

桐乃「はぁ?」

京介「あやせはお前のこと嫌ってて――

 説明中

京介「ってわけなんだ」

桐乃「……」

643: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/21(木) 02:43:16.67 ID:KXdZxzyh0
京介「いや、ショックなのはわかる……俺もショックだった」

桐乃「あんた、そのまま、あやせを帰らせたの?」

京介「え? ああ」

桐乃「馬鹿じゃないの! あんた!」

京介「え? ば、馬鹿って」

桐乃「あんた、あやせの恋人の癖になにやってんの!」ゲジッ

京介「痛っ! い、いや、あのな、さっきも言ったがあやせは――」

桐乃「あんた、自分の恋人も信じられないの!? そんなの全部嘘に決まってんじゃん!」

京介「嘘?」

649: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/21(木) 02:52:12.61 ID:KXdZxzyh0
あやせ「……これで、いいんだよね」

あやせ「……」

 ――前日の夜

あやせ「ん? 電話?」

あやせ「き、桐乃!?」

あやせ「は、はやく出ないと!」ピッ

あやせ「は、はい、もしもしっ」

桐乃『……』

あやせ「き、桐乃?」

桐乃『……ごめん』

あやせ「え?」

桐乃『ごめん、あたし、身勝手だった……』

あやせ「き、桐乃?」

650: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/21(木) 02:58:58.49 ID:KXdZxzyh0
桐乃『あたし、自分のことばっかりで……新垣さんや――』

あやせ「……っ」

桐乃『兄貴のこと、全然考えてなかった』

あやせ「……桐乃」

桐乃『最低だよね……あたし』

あやせ「そ、そんなことないよ……桐乃はなんでも出来て、優しくて、わたしの親……いい人だし」

桐乃『……兄貴と話してきた』

あやせ「お、お兄さんと?」

桐乃『……うん、兄貴はあやせのこと好きだよ』

あやせ「……」

桐乃『あいつならきっとあんたを大切にしてくれる』

あやせ「……桐乃」

桐乃『だから、だからね……兄貴と幸せになって?』

651: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/21(木) 03:05:16.36 ID:KXdZxzyh0
あやせ「桐乃っ」

桐乃『それが妹のあたしからの兄貴と付き合う条件』

あやせ「でも……」

桐乃『あと、もうひとつ、これは条件じゃなくて……お願い』

あやせ「お願い……?」

桐乃『さっきからずっと身勝手なことばっかり言ってるケド、これが最後の身勝手だから』

あやせ「……」

桐乃『もう一度……あやせって呼んでいい?』

655: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/21(木) 03:19:24.08 ID:KXdZxzyh0
 翌日

あやせ「(わたしは桐乃を悲しませたくて、こんなことをしたんじゃない)」

あやせ「(……桐乃の幸せは、お兄さんと結ばれることなんだよね)」

あやせ「(嘘は……大嫌いなのに)」

京介「あやせー」

あやせ「(きた)」

京介「待ったか? すまん」

あやせ「いえ、全然、待ってませんよ」

 ――

あやせ「あっ!」

京介「どうした?」

あやせ「学校にプリント忘れちゃったみたいです……」

あやせ「(一旦、お兄さんを引き離そう)」

658: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/21(木) 03:27:15.27 ID:KXdZxzyh0
 ――

あやせ「やっと、行ってくれた……後は、メールして呼びだして」

あやせ「わたしが……仕組んだことだって」

あやせ「え!? お、お兄さん!(これじゃあ、計画が……)」

あやせ「(木陰にかくれた……これなら、計画通り行ける……?)」

あやせ「ぷっ」

 ――

あやせ「お兄さんに……嫌われただろうな」

あやせ「そりゃあ、そうだよね……あんなこと言って、嫌われないはず……無いよね」グスッ

あやせ「もっと、うまくできなかったのかなぁ……わたし」

あやせ「お兄さんへの気持ち……本当だったのに」

666: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/21(木) 04:00:11.92 ID:KXdZxzyh0
あやせ「電話……桐乃からだ」

あやせ「お兄さんから聞いてるだろうな……桐乃からも嫌われるのかな」

あやせ「はい」

桐乃『あやせ!? あんた、今、どこ!?」

あやせ「公園かな」

桐乃『そこ動かないで!』

あやせ「きり――」

あやせ「切られた」

 ――

桐乃「あやせー!」

あやせ「桐乃」

京介「あやせ!」

あやせ「お、お兄さん!?」

669: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/21(木) 04:09:11.34 ID:KXdZxzyh0
京介「す、すまん! あやせ! 俺、なんにも知らなくて!」

あやせ「な、なに言ってるんですか? わたしは、もうお兄さんとは」

桐乃「……あやせ」

あやせ「桐乃……ど、どうせ、お兄さんから聞いてるんでしょ?」

桐乃「……うん、聞いた」

あやせ「そ、そう……そうだよ? わたしはずっと桐乃のこと大嫌いだった」

あやせ「勉強も運動もなんでも出来て、いつも自信満々で、素直になれなくて……そんな桐乃が嫌――」パンッ

桐乃「あたし言ったよね? 兄貴と幸せになってて」

あやせ「な、なに言ってるの桐乃!? お兄さんから聞いたんでしょ!?」

671: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/21(木) 04:16:46.55 ID:KXdZxzyh0
桐乃「聞いた」

あやせ「なら!」

桐乃「そんなの嘘だってわかるに決まってんでしょ?」

あやせ「……嘘なんかじゃ」

桐乃「もう、いいんだよ、あやせ……嘘つかなくても」

あやせ「……っ」

京介「あやせ……すまん、俺、気付いてやれなくて」

あやせ「なんで……なんでお兄さん連れてくるの!? 桐乃!」

桐乃「……」

あやせ「あのまま、騙されてれば、お兄さんとうまくいったかもしれないのに!」

桐乃「うまくいかないよ……」

あやせ「……なんで? わからないじゃない!」

桐乃「だって、こいつ、あんたにベタ惚れだもん」

京介「……」

675: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/21(木) 04:24:32.86 ID:KXdZxzyh0
桐乃「あんたに振られて、こいつ、玄関でめそめそ泣いててさ……ちょっと笑える」

あやせ「え……」

京介「き、桐乃」

桐乃「だから、あたしじゃ駄目なんだよ、ね? 兄貴」

京介「……ああ、俺はあやせが好きだ」

桐乃「悔しいけど……こんな感じだし」

あやせ「そ、そんなの!」

桐乃「こいつの幸せはあんたと恋人になることなんだよ、あやせ」

桐乃「あたしも兄貴の幸せを望んでる」

あやせ「……桐乃」

676: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/21(木) 04:25:36.66 ID:KXdZxzyh0
京介「あやせ……俺はお前のことが好きだ」

京介「いや、大好きだあああああああああ!」

あやせ「っ」

京介「だから……俺と付き合ってくれ」

あやせ「……ぁ」

桐乃「ほら、あやせ」

あやせ「……は、はい、お願いします」
                                  お わ り