1: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/17(土) 20:59:31.13 ID:+UVfrETH0
千棘(楽と小咲ちゃんが恋人になった…)

千棘(もちろん、体裁上は私と楽が恋人って事になってるんだけど…)

千棘(実際は放課後とか休日は二人っきりになってるんだろうな…)




千棘「はぁ…」


千棘(でも、私は親友の小咲ちゃんが勇気を出して告白したんだから、応援するって決めた!)

千棘(うん!私は楽が好きだけど…私は親友を応援する!)


千棘(…)

千棘(そう決めたはず…だったのに…)




楽「はい、あーん」

パクッ

小咲「う~ん。美味しいよぉ~」

楽「だろ?小野寺の為に一生懸命頑張って作ったんだぜ」

小咲「ということは、一条君の愛情がたっぷりで美味しいんだねっ♪」

楽「あははは。その通りだな」

小咲「えへへ~。嬉しいなぁ~」


千棘(無理!これもう無理だから!というか学校でイチャつくな!)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400327961

引用元: 千棘「楽と小咲ちゃんが恋人同士になっちゃった」

 

ニセコイ RONSONライター 桐崎千棘
ストーム (2014-07-30)
売り上げランキング: 5,662
2: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/17(土) 21:06:56.74 ID:+UVfrETH0
千棘「あ、あの…小咲ちゃん?」

小咲「なに?千棘ちゃん」

千棘「そ、その…一応、形式上では私とそいつが恋人同士だから…その人前でイチャイチャするのは…ね?」

小咲「そ、そうだよね!ごめんね千棘ちゃん!」

千棘「ううん。わかってくれればいいの」

小咲「今度からは気をつけるね」

千棘「うん。本当にごめんね」

小咲「いいの。千棘ちゃんの為だもん」

千棘「…」

小咲「…」


千棘「え、えーと…あのね?」

小咲「うん?」

千棘「そのなんで楽の膝の上に座ってるの?」

小咲「すごいんだよ!一条君の膝の上に座ると幸せな感じになるの!」

楽「小野寺もなのか!?オレも小野寺を抱っこしていると幸せな感じになれるんだ!」

小咲「一条君もだったの!?」

楽「ああ。やっぱりオレ達って通じ合えてたんだな!」

小咲「一条君と通じ合えて、私嬉しいな…」

楽「小野寺…」

小咲「一条君…」


千棘「うわああああああ。イチャイチャするなって今言ったばかりなのにーーーーー!!!!」

3: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/17(土) 21:15:40.36 ID:+UVfrETH0
るり「小咲。さすがにやりすぎよ。千棘ちゃんが困ってるでしょ?」

小咲「え?千棘ちゃんが?」

るり「そうよ。とにかく学校では一条君とくっつくの禁止」

楽「ん?くっつく?」

小咲「え?くっついてたかな?」

千棘「え!?自覚無し!?」


るり「とにかく!一条君から30cmは離れる事。そうじゃないと千棘ちゃんが困るでしょ?」

小咲「そ、そんなぁ…」

楽「で、でも仕方ねぇ。最近千棘と恋人役やれてないし…悪い、小野寺…」

小咲「うぅ…一条君がそういうなら…ばいばい。一条君」

楽「ああ…じゃあな。小野寺…」

小咲「うぅ…」ポロポロ

楽「くっ…」


千棘「え?何で30cm離れただけで一生の別れみたいな展開になってるの!?」

4: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/17(土) 21:28:15.49 ID:+UVfrETH0
■次の日

千棘「万里花!?あなた、体は大丈夫なの!?」

万里花「何を言ってますの?私は楽様の事を考えれば、いつでも元気になれますわ」

千棘「だ、だって、この前、楽と小咲ちゃんの件で倒れたばかりで…」


楽「あれ?橘、久々に学校に来れたんだな。急に倒れて心配したんだぞ」

小咲「万里花ちゃん。体はもう大丈夫なの?」

千棘「って、二人ともーーー!何で手を握って登場するのよ!」



小咲「っ//」バッ

楽「あっ…//」バッ


小咲「ご、ごめんなさい。一条君の手が温そうでつい…」

楽「す、すまん。急に手を繋いだりしてさ…」

千棘「普段は『あーん』とかしてるくせに、なんで手を繋ぐ程度で赤面するのよ!」


万里花「これは夢。これは夢。これは夢。これは夢。これは夢。これは夢」

万里花「ああ、本当の楽様が見えてきましたわ。そうですわよね、楽様は私だけを見つめてくれて…」

千棘「って、万里花!?現実に帰ってきてよ!万里花ーーーーー!!!」

5: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/17(土) 21:41:41.36 ID:+UVfrETH0
■別の日

るり「そういえば、なんで『小咲』って言わないの?」

楽「え?」

小咲「るりちゃん!?」

るり「だって恋人同士って普通名前で呼び合うものじゃないの?」


楽「い、いや…そのだな…なあ?小野寺?」

小咲「う、うん。ねえ?一条君?」

千棘「?」


楽「その…えーと…」

るり「男なんでしょ。普通に呼んであげなさいよ」

楽「そ、そうだな。えーと…小咲…//」

小咲「っ~~~~//」

楽「うぅ…//」

小咲「あぅ…//」


楽「ダメだ!恥ずかしくて死ぬーー!!!」

小咲「だ、だよね!私達にはまだ早いよね!」

楽「そ、そうだよな!まずは手を繋ぐ所からだよな!」

小咲「て、手ぇっ//」


楽「す、すまん!その変な意味はなくてだな!」

小咲「で、でも一条君が握りたいなら…私…」

楽「え?い、いいのか…//」

小咲「うぅ…//」


るり「なんか付き合ったら付き合ったでイライラするわね」

千棘(死にたい)

7: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/17(土) 21:51:54.25 ID:+UVfrETH0
■別の日

キーンコーンカーンコーン

千棘「お昼ーーーーー!」

千棘「小咲ちゃんるりちゃん!一緒に食べましょう!」

小咲「うん♪」

るり「いいわよ」


………


楽「」モグモグ

小咲「あっ、一条君のほっぺにおべんとがついてる」

楽「え?」


チュッ


千棘(えっ!?小咲ちゃんが楽のほっぺにチュッって…)

小咲「えへへ。頂いちゃいました♪」

楽「頂かれちゃったな♪」

千棘「だから手も繋げない癖に、なんでこういう事は平気にできるのよ!」

8: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/17(土) 22:07:12.55 ID:+UVfrETH0
■別の日

小咲「るりちゃん、千棘ちゃん。ちょっと相談があるんだけどいいかな?」

るり「?」

千棘「え?なに?」

小咲「その…一条君に関してなんだけど…」

千棘「も、もしかして、あいつがセクハラとか!?」

るり「へぇ、一条君も男なのね」

小咲「え?え?え?」

千棘「大丈夫!私があいつをボコボコにしてあげるから!」

小咲「ち、違うの!」

千棘「え?違うの?」


小咲「そ、その…あのね?」

るり「?」

小咲「私は将来、『一条小咲』になったほうがいいのかな?」

千棘「え?」

小咲「でもお母さんは店を継いでほしいから、『小野寺楽』になってほしいって」

小咲「でもでも、一条君の家はヤクザで、一条君は長男だから家を継がなきゃ…」

小咲「でもでもでも、一緒にお店を継ぐのもいいかな~って…」

小咲「うぅ…私どうしたらいいのか、わからなくなっちゃって…」

千棘「…」

るり「…」

小咲「る、るりちゃん?千棘ちゃん?」


千棘「あっ、次、音楽の授業だ」

るり「じゃあ、音楽室に移動しましょう」


小咲「え?え?えぇーーー?ちょっと待ってよ二人ともーーー」

9: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/17(土) 22:11:43.87 ID:+UVfrETH0
■数時間後

るり「で、一条君に相談したの?」

小咲「うん、それで『小野寺楽』でって」

楽「ったく、そういうことは、なんでもオレに相談しろよな」

小咲「う、うん。ごめんね。一条君」

るり「それにしても、もう結婚の事も考えているなんて気が早いわね」

楽「えっ…//」

小咲「あっ…//」


楽「ち、違うんだ。これは何というかその…」チラッ

小咲「ち、違うの。これはえーとお母さんがうるさくて…」チラッ

楽「うぅ…//」シュー

小咲「あぅ…//」シュー


千棘「あーもうわかったから!はいはい!もうこの話は終わり!ね!」

10: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/17(土) 22:19:14.29 ID:+UVfrETH0
■別の日

つぐみ「…」

千棘「いいの。気にしないで」

つぐみ「し、しかし!」

千棘「ちょっとしたスキンシップよ。気にしないの」

つぐみ「で、ですが!」



つぐみ「いくら仲が良いとはいえ、ポッキーゲームはやりすぎなのでは!?」

楽「ポッキーで、こんな食べ方があったなんて、小野寺は博識だなー」

小咲「えへへ~。一条君に褒められちゃった♪」


つぐみ「」

千棘「いいの。日本では普通の事らしいのよ」

つぐみ「恋人のお嬢がそういうなら…しかし…ぐぬぬぬぬぬ」

千棘(いい加減、人前でイチャつくのやめてくんないかなー)

11: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/17(土) 22:27:23.26 ID:+UVfrETH0
■一条家にて

千棘「最近、つぐみがあんたと小咲ちゃんの仲を疑ってるのよ」

楽「鶫がオレと小野寺の事を?」

小咲「なんでなんだろう?」

楽「うーん、わからないよな」

小咲「ねー」


千棘「簡単に言うと!イチャつくなって言ってんの!」

楽「は?オレと小野寺がいつイチャついんたんだよ?」

千棘「じゃあ、何でペアルックなのよ!」

小咲「え?千棘ちゃん?」

楽「別にペアルックぐらいいいだろ」

千棘「だから!つぐみが気付いたらどうするのよ!」


楽「といってもだな…。ペアルックでいるとさ」

小咲「例え、一条君と離れていても…」

楽「ずっと小野寺を感じていられる」
小咲「ずっと一条君を感じていられる」

楽・小咲「んだよねー(なー)♪」


千棘「だから!そういうのをやめろって言ってんのよ!!」

12: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/17(土) 22:38:33.26 ID:+UVfrETH0
■次の日

千棘「なにこれ?」

小咲「えへへ。実は今度から一条君が私の弁当を作ってくれることになったんだ♪」

楽「ああ、小野寺の為に腕によりをかけて作ったぜ」

千棘「海苔でハートマークとかアホなの!?」


楽「ふっ、オレをなめるなよ」

千棘「え?」

楽「実は卵焼きを綺麗に割ると…」

パカッ

小咲「ああっ!中がハートマークに!?」

楽「小野寺の為に頑張ったんだ」

小咲「一条君…」キュンッ


千棘「イチャつくな!って昨日言ったばかりなのにーーーー!」

13: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/17(土) 22:51:38.93 ID:+UVfrETH0
■別の日

小野寺「はい。あーん」

パクッ

楽「うめぇ!小野寺が喰わせてくれると何倍にも美味くなるぜ!」

小野寺「もうっ。言いすぎだよ♪」


集「…」

るり「…」

集「はい。あーん」

パクッ

るり「美味しい!舞子君が食べさせてくれると何倍にも…」


るり「美味しくなるはずないでしょう!!!!!」

るり「こんなので美味しくなるなら、調味料とか何もいらなくなるじゃない!」イライラ

集「アハハハ!だよね~」


千棘(いきなり『あーん』したからビックリしちゃった…//)ドキドキ

14: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/17(土) 23:01:13.06 ID:+UVfrETH0
■別の日

万里花「落とし穴ー落とし穴ー誰かが落ちれば嬉しいなー」ザクザク

千棘「あんた何してんのよ…」

万里花「ふふふふふっ。落とし穴が完成しましたわ!」

千棘「ま、まさか!」

万里花「ふふふふっ、そのまさかですわ!」


万里花「あらかじめ私が落とし穴に落ちて、後から落ちてきた楽様と落とし穴で二人っきりに!」

千棘「あっ、ごめん。全然察してなかったわ」



万里花「さあ!楽様!落とし穴に落ちてくださいまし!そして一緒に愛を育みましょう!」

千棘「…」



ザクザク

万里花「あら?なぜ桐崎さんも落とし穴をお掘りに?」

千棘「べっつに~」

15: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/17(土) 23:08:43.41 ID:+UVfrETH0
■数時間後

万里花「すぴー」Zzzzz

千棘「うぅ…何で私、落とし穴に落ちたりしたんだろう…しかも掘りすぎて出れないし…」

千棘「それに暗くなってきたし…うぅ…」

楽「お前…何してんだ?」


千棘「え?いや、その…誰かが掘った落とし穴に落ちちゃって…」

楽「はぁ…ほら助けてやるから、手を貸せ」

ギュッ

千棘「えっ?ふぇっ//」

楽「ぎりぎり手が届く距離でよかったよな」

千棘(そういえば、いつもそうだった。私が泣いてたらいつでも助けに来てくれて…)

千棘「って、まだ泣いてないけどね!!!」

楽「?」


………


本田(万里花のSP)「ありがとうございました」

万里花「すぴー」Zzzz

楽「さて、橘も助けたし。ほら、帰るぞ」

千棘「う、うん」


スタスタ


楽「なあ。何かいい事あったのか?」

千棘「え?なんで?」

楽「機嫌がいいように見えたんだが…」

千棘「べっつに~」

楽「そうか。まぁ、お前がそういうならいいんだけどさ」

千棘「うん♪」

16: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/17(土) 23:18:23.62 ID:+UVfrETH0
■次の日

千棘(昨日は楽と久しぶりに一緒に帰れて嬉しかったな…)


楽「おーい、千棘ー」タタタタタタッ

千棘「ん?なによ?」

楽「いや、小野寺から聞いたんだけどさ」

千棘「?」

楽「その、小野寺が告白してくれるように、応援してくれたんだろ?」

千棘「そ、そうだったかな?私よく覚えてないなー」


楽「ありがとうな。お前のお陰で小野寺と恋人同士になれた」

楽「オレも昔から小野寺が好きでさ。こうなりたいと思ってたんだ」

楽「本当にありがとう。千棘」

千棘「…」

楽「あ、あれ?なんか怒ってるか?」

千棘「怒ってない!お幸せにどうぞ!」

楽「ん?ん?んん?」

千棘(あぁ…。もうちょっと思い出に浸っていたかったのに…な)

18: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/17(土) 23:31:07.76 ID:+UVfrETH0
■放課後

『ありがとうな。おまえのお陰で小野寺と恋人同士になれた』

千棘「なによ…あいつ…だんだんイライラしてきた」

ザーーーーッ

千棘「雨…」

千棘「傘…濡れちゃう…」

千棘「あっ、傘忘れたんだった」

千棘「…」


千棘「ふんっ。ムカつくからあいつの傘を使ってやる!」


バッ


千棘「なによ。この傘、大きいわね」

千棘「…」

千棘「………………」


千棘「はぁ…私、何でこんな事、思いついたんだろう…」

千棘「私って本当にバカよね」

千棘「ドラマとかマンガだと、あいつを奪う為に嫌がらせしたりするのに…」



千棘「えーと…」

千棘「小咲ちゃんの傘は…あっ、あった」

千棘「楽の傘は返して…私は小咲ちゃんの傘を借りて…」




千棘「…」

千棘「こうしておけば…」

19: ◆xW69XHZIXl2A 2014/05/17(土) 23:34:36.28 ID:+UVfrETH0
………



「あ、あれ?傘持ってきたはずなのに…傘がない。どうして…」

「じゃ、じゃあ。俺の傘に入るか?」

「えっ…」

「お、俺の傘大きいし…さ」

「う、うん。か、傘がないから仕方ないよね」

「ああ、仕方ないよな」

スッ

「…//」

「えへへ//」

千棘「…ったく、幸せそうなんだから…」

千棘(ごめんね。小咲ちゃん。傘はあとで家に届けるから)



「そ、その手握ってもいいか?」

「う、うん。いいよ」

「お、おう」


ギュッ


「えへへ。握っちゃったね」

「っ~//」



千棘「」イライラ

千棘「あーもうっ!!!自分でやっておいてだけどイライラする!!」

千棘「もっとイチャついてろ!バーーーカ!」








       終わり