2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 18:49:45 ID:anumyLrY
える「……」

奉太郎「……」ペラッ

える「……」

奉太郎「……」ペラッ

える「……」

奉太郎「……」ペラッ

える(気まずいです……)

引用元: 奉太郎「憧れのサラサラヘアー」

 

氷菓 千反田える (1/8スケール PVC製塗装済完成品)
アルター (2013-12-03)
売り上げランキング: 3,358
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 18:50:46 ID:anumyLrY
える(どうしましょう)

える「折kさん」

える「……」

える(噛んでしまいました…)カァァァ

奉太郎「……」ペラッ

える「さ………最近、福部さん部活にいらっしゃいませんね」

える(噛まずにいえた!)ぐっ

奉太郎「総務委員と手芸部で忙しいんだろう」ペラッ

える「私のクラスの総務委員の方が今日、『三学期は仕事が少なくて楽だ』とおっしゃているのを聞きました」

える「恐らく福部さんも総務委員のお仕事は少ないでしょうから手芸部が忙しいのでしょうか」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 18:51:35 ID:anumyLrY
奉太郎「最近の手芸部は忙しいんだろう」

える「……そうみたいですね」

える「……」

奉太郎「……」ペラッ

える「……」

奉太郎「……」ペラッ


ワン!ワン!

える「折木さん!折木さん!」

奉太郎「……」ペラッ

える「今、なにか犬の鳴き声のようなものが聞こえませんでしたか」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 18:53:13 ID:anumyLrY
奉太郎「……聞こえなかったな」

ワン!ワン!クゥーン

える「ほら!聞こえましたよね折木さん!」 イェァ

奉太郎「それがなんだって言うんだ」

える「ここは学校ですよ!」

奉太郎「迷いこんだだけだろう大したことじゃない」

える「グラウンドには大勢の運動部の方々がいます」

える「普通は怖がって、校庭まで入ってくることは少ないように思えます」

奉太郎「……窓を開けて見てみたらどうだ、何かわかるかもしれないぞ」

マドアケルー ガラガラ

える「ああ!」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 18:54:20 ID:anumyLrY
奉太郎「なにかわかったのか」

える「かわいらしいです」ウフフー

奉太郎「……よかったな」

える「触るとサラサラしてそうで気持ち良さそうです」ウフフー

える「いいですね、サラサラヘアー」

奉太郎「……‼

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 18:55:06 ID:anumyLrY
奉太郎「なにかわかったのか」

える「かわいらしいです」ウフフー


える「いいですね、サラサラヘアー」

奉太郎「……‼

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 18:56:56 ID:anumyLrY
える「いいですね、サラサラヘアー」

奉太郎「……‼

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 18:58:31 ID:anumyLrY
える「ああ、すいません!」


奉太郎「………なぜ謝る」ゴキゲンナナメ


アア、オレキサンノゴキゲンガナナメニッ!ドシマショウ


える「いえ、その私が謝ったのは謝ろうとして謝ったのではなくてですね謝ろうとしてないのに謝ってしまうような感じであったので………」

奉太郎「落ち着け………何を言っているかわからない」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 18:59:49 ID:anumyLrY
奉太郎「……別に俺は天パじゃないしな」

える「え………?天パですよ?」

奉太郎「おしゃれパーマだ」

える「天p 奉太郎「おしゃれパーマだ!」

える「………折木さんはおしゃれパーマです」

える(めんどくさいです)

える「……」

奉太郎「……」ペラッ

える「……」

奉太郎「……」ペラッ

える「……」

奉太郎「……」ペラッ

える「………そういえば」

奉太郎「……」ペラッ

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:00:43 ID:anumyLrY
える「あのワンちゃんがいません、どこに行ってしまったんでしょうか」

奉太郎「総務委員あたりが追い出したんじゃないか?」

える「……そのようですね」

奉太郎「……」ペラッ

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:01:28 ID:anumyLrY
トタトタ

奉太郎(この足音は伊原か)

える「伊原さんですね」


トタトタ


奉太郎「そうだな」


トタトタッガラ!


奉太郎(うわっなんでちょっと起ってんだよ、絶対めんどくさいことになるよこいつ、なにがあったんだよいや、やっぱり理由言うなよめんどくさいから)

摩耶花「ちーちゃん!」

奉太郎(声のボリュームでかいなー)

える「こんばんは、摩耶花さん」

摩耶花「ちーちゃん聴いてよ福ちゃんったらいつも私より先にかえっちゃうの!」机ダーン!

える「……そうなんですか」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:02:06 ID:anumyLrY

ペチャクチャ


摩耶花「でね、福ちゃんの巾着がボロボロだったから新しいのプレゼントしてあげたの」

摩耶花「そしたら福ちゃんよろこんでくれて、

次の日曜デートしようって言ってくれたの!」イスボーン!

奉太郎(デートなら毎週してるだろ)チッ

える「仲良しさんですねー」ウフフー

摩耶花「でもね、福ちゃんったら全然巾着学校に持って来ないの、汚いボロボロの巾着振り回して『摩耶花がくれた巾着を汚したくないんだよ』なんて言うのよ、じゃあいつ使うのよ」机ダーン!

える「気持ちはわからなくもありませんが」

摩耶花「どうせ私なんかと一緒にいるより自転車洗ってる時の方がたのしいんでしょ!」

える(なんで私達が怒られているのでしょうか……)

奉太郎(これはめんどくさいな一緒に帰りたくなくなる里志の気持ちもわかる)

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:04:08 ID:anumyLrY
摩耶花「折木ィあんたもなんとか言いなさいよ!」ダーン!

奉太郎「ソウダソウダー」

摩耶花「しかもちーちゃん、福ちゃん巾着にスポンジしか入れてないのよ、『ああ、データベースだからもしかしたら必要になるかもしれない便利な物でも入れてるのねカッコイイわ』なんて思ってたけど別にそんなことはなかったわ所詮福ちゃんなんて…………」ペチャクチャ


摩耶花「ペチャクチャペチャクチャグッチャクッチャベド」

える「あ、摩耶花さん?えっ…と…」

奉太郎(千反田、伊原はこうなったら止まらないことぐらいわかってるだろ)

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:04:48 ID:anumyLrY
摩耶花「ペチャクチャペチャクチャグッチャクッチャベド」

奉太郎「……」ペラッ

える「……」

奉太郎「……」ペラッ

える「……」

摩耶花「ペチャクチャペチャクチャグッチャクッチャベドー」

奉太郎「……」ペラッ

える「……」

奉太郎「……」ペラッ

える「……」

奉太郎「……」ペラッ

える(ヒマになりました)ハァ

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:05:36 ID:anumyLrY

ーーーーーーー
ーーーーー
ーーー


ドタバタ

奉太郎「……」ペラッ


ドタドタガラ!

奉太郎「おう、里志」

里志「千反田さん、犬を見なかったかい?」ハァハァ

摩耶花「犬?」

里志「ああ、ゴールデンレトリーバーだよ」ハァハァ

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:06:35 ID:anumyLrY
里志「たしか、少し濡れていたはずなんだけど」ハァハァ

千反田「濡れてたかはわかりませんでしたが、確かに犬は見ました

そうですか、あのワンちゃんはゴールデンレトリーバーというんですね」ナルホド

奉太郎「……まさかこの校舎の中に入ってきたのか?」

里志「見たんだね、わかったよ」ハァハァ

摩耶花「ちょっと福ちゃん、なんで巾着持って来てないのよ!

ついにあのボロボロ巾着破れたんでしょ、だったら私があげt」

里志「ごめん摩耶花、それどころじゃあないんだ」ハァハァ

里志「ありがとう、千反田さん!」ハァハァ

摩耶花「ちょっ、福ちゃん!」


ドタバタドタドタ

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:07:40 ID:anumyLrY



奉太郎「……一体なんだったんだ」

摩耶花「……」イライライライラ

奉太郎(里志め、こいつの相手をするのは俺達なんだぞ)

える「福部さん……」

摩耶花「で!!?」イライラ

える「…」ビクッ

摩耶花「ゴールデンレトリーバーって最近ここら辺にいる野良犬じゃない、それがどうしたのよ」イライラ

奉太郎(なぜ俺たちに聞く)

える「……えっと………先程摩耶花が来る前、校庭に迷いこんだみたいなんです……」

奉太郎「鳴き声で気づいた千反田が窓を開けて見ていたんだが、

気づいたらここから見えなくなっていてな」

奉太郎「てっきり総務委員が追い出したと思っていたんだが……」

摩耶花「で、福ちゃんが校舎内にいる犬を探してるのね」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:08:56 ID:anumyLrY
える「……でも、あのワンちゃんが校舎内に入ったと思われる時間からだいぶ経っています」

える「それに、福部さんはかなり必死に探しているようでした」

える「……それなのになぜ、まだ見つかっていないのでしょうか」

える「……折木さん」

奉太郎(――――ヤバイ!)

奉太郎「里志に聞け」

える「今あのワンちゃんはどこにいるのでしょうか……」

奉太郎(ヤバイヤバイ!)

える「なぜ、総務委員があんなに探しているのにまだ見つけられないのでしょうか……」

奉太郎「だから里志に………」

える「わたし、気になります!!」キラキラー

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:09:44 ID:anumyLrY


奉太郎「しらん!」




奉太郎「……」チラッ

える「……」キラキラ

摩耶花「……」ニヤニヤ

奉太郎「……わかったよ」ハァ


奉太郎(――とは言っても手がかりがない

まともな手がかりは里志の発言ぐらいしかないじゃないか……)

奉太郎「伊原、ゴールデンレトリーバーってのはどんな犬なんだ」

摩耶花「そうね、ちょっと待ってて」ケイタイポチポチ

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:10:57 ID:anumyLrY
える「……」ワクワク

摩耶花「こんな感じよ」スマホ!!


スマホ…ダト!?


奉太郎(なんと、文明はここまで成長していたのか!)ナント!

える(こんな物が世に出回っているなんて)スゲェ!


ワーワーナンダコレヤベェ!

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:11:29 ID:anumyLrY
…………………
……………
………


奉太郎「伊原、今日里志と会ったのはさっきが初めてか?」

摩耶花「そうよ、もう! 福ちゃんったら放課後どこ行ってたのよ!」

奉太郎「それと千反田、あの犬が見えなくなってから、何か気になったことはないか?」

える「気になったこと……そうですね……特にありません」


奉太郎「……そうか」マエガミイジイジ

える「……」ワクワク

奉太郎「……」イジイジ

奉太郎「……」イジ…

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:12:39 ID:anumyLrY
える「何かわかったんですね!折木さん!」ワクワク

奉太郎「……まぁな」

奉太郎「……まず、あの犬はこの校舎内にはいない

校舎内に犬がいれば、文化部の多いこの学校のことだ、何か大きな音が立つだろう」

奉太郎「そうすれば千反田の耳にそれが聞こえるはずだ

千反田、特に何も聞こえなかったんだよな?」


える「はい、女性の悲鳴や犬の鳴き声などは聞こえませんでした」


奉太郎「そもそも、校舎内に犬がいるということ自体俺たちの勝手な決め付けだ

思い出してみろ、里志はそんなこと言っていない」

える「……そうでした! あれは私たちが勝手にいっていたことでした

なんで今まで気がつかなかったんでしょう……」


奉太郎「それじゃあなんで里志は犬を探してたんだ?

……恐らく、犬は俺たちの最初の予想どおり総務委員に追い払われた

つまりこの校舎内にはいない、探す理由が無いんだ」

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:14:31 ID:anumyLrY
える「そうですね……福部さんがわざわざこの部室まで犬を探しにくる理由がありません」


奉太郎「里志は、一旦家に帰ったんだ

ついでにあいつは総務委員とは関係ない」


摩耶花「は?なんでいきなりそうなるのよ?」


奉太郎「そして、あの犬は里志の飼い犬だ

恐らく昨日から飼い始めたんだろう」

摩耶花「……折木、わかるように説明しなさいよ」イライラ

奉太郎「あの犬はかなり大きな声で吠えていたな、

それも、校舎内の生徒全員に聞こえるくらいの音量だ

……伊原に聞こえなかったのは、伊原が里志に対して怒っていたせいだろう、お前は一度起こると周りが見えなくなるクソ野郎だからな……」

える(折木さん、火に油です……)

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:15:17 ID:anumyLrY





奉太郎「――――じゃあ里志にはなぜ聞こえなかったんだ?」


摩耶花「……聞こえてたようだったけど?」イライ

奉太郎「……伊原、里志の言ったことを思い出してみろ」

摩耶花「……」イライラ

奉太郎「里志はこの学校に犬が来たことを知らなかったんだというのがわかる」

える「………?」

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:16:23 ID:anumyLrY
奉太郎「千反田、校舎内の犬を探している時、お前なら目撃談をどう聞く」

える「そうですね……私ならこう言います

『折木さん、ここにワンちゃんがとおりませんでしたか?』」

奉太郎「そうだな、普通はそう聞くだろう、しかし里志は

『千反田さん、犬を見なかったかい?』と、こう言った」

摩耶花「……どこが違うのよ」

奉太郎「千反田は窓際の席にいるだろう、

校舎内の犬を探したいなら廊下側の席に座る伊原や俺に聞くのが自然だ

それに、あんなに大きな声で犬が吠えていたんだ、窓際の千反田が見てないわけがないだろう

しかし里志は『校庭に犬がいた』という情報だけで満足して出て行った

この地学準備室前に犬が通ったかなんて聞いていなかった

つまり、里志は校庭で犬が吠えたことさえ知らなかったとしか考えられない」

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:19:01 ID:anumyLrY
奉太郎「それと、あの時里志は巾着を持っていなかったな

あいつが学校に巾着を持って来ないはずがないんだ、あいつとは小学校のころから一緒だが、学校に巾着を忘れたことなんて無かった

学校に持って来たなら肌身離さず持っているはずだしな

里志の行動には不審な点が多いんだ

しかし、あいつが一旦、家に帰ったのなら全ての説明がつく」

える「……今日はよく喋りますね」

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:20:48 ID:anumyLrY
奉太郎「里志の巾着がボロボロで中にスポンジが入っていたのにも、理由がある

里志はここら辺によく出没する野良犬と毎日遊んでいたんだろう

巾着がボロボロになっても、新しい、伊原から貰った巾着を持ってくるわけにはいかなかった

懐かれて、自分について来るようになった犬を、あいつは放っておけなかった

結局、里志は犬を飼うことにした

さっき伊原が言っていたが、里志の趣味のひとつに洗車がある

まさか屋内で自転車を洗う訳がないだろう、庭で洗うはずだ

野良犬は汚ないからな、汚れを洗わなければいけない

里志は自転車を洗うホースやら何やらを使って、犬を洗っていたんだろう

そこで、犬が逃げた

里志が『少し濡れていたはずなんだけど』的なことを言っていたのはこのためだ」

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:21:49 ID:anumyLrY
える「折木さん、あのワンちゃんが濡れていたなら地面に水が垂れるはずです

福部さんならそのあとをたどって、見失うことなく捕まえることもできたのではないでしょうか」

奉太郎「少し水をひっかけただけで走り出してしまったのかもしれないな」



奉太郎「とにかく、この校舎内には、犬も里志もいない」

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:22:33 ID:anumyLrY
える「でも、そうでしたら早くあのワンちゃんを探さなくてはいけません!」


奉太郎「そうだな、伊原、携帯を貸してくれ」

摩耶花「あんた使えるの? ってか何に使うのよ」

奉太郎「……使えない」チェッ

摩耶花「バカじゃないの?」

奉太郎「じゃあ里志にメールを送ってくれ」

奉太郎「文面は……そうだな、『どうしても見つからないようなら俺の家に行ってみろ』が良いだろう」

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:23:19 ID:anumyLrY
……………………
………………
…………

つぎのひ

里志「奉太郎、昨日はありがとう」


奉太郎「ああ、見つかってよかったな」

里志「……でもどうしてだい?
あの事件のことは摩耶花たちに聞いたよ、でも、なんでゴールデン班長がホータローの家にいたのさ

どうしてもそこだけが不思議でね、是非説明して欲しいものだね」


奉太郎(ゴールデン班長…………あの犬の名前なのか!?)

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/06(金) 19:24:37 ID:anumyLrY
奉太郎「恥ずかしいから千反田達にはいうなよ……

実は、俺もあの犬に懐かれていてな

……お前も、あのサラサラの毛に触りたかったんだろう?」

里志「え!?ちがっ 奉太郎「気持ちよかったぁ……」


奉太郎「ああ、そうだ。うちではあの大きさの犬なんて飼えないからな。里志ありがとう。感謝している。ああ、そうだ里志、餌代の心配とかしなくていいぞ。最初は触るだけでよかったんだが、ただ撫でてるだけでは申し訳なく思えてきてな。初めはパンくずとかをあげたりでよかったんだがな。そうすると犬が懐いてきて、俺の家までついてくるようになったんだ。それがうれしくてな。ある日調子に乗って餌を買い過ぎたんだ。半年貯めた小遣いが餌代にきえたよ。しかし帰り道、うちでは大型犬を飼えるような庭は無いことに気づいたんだ。嬉しくて周りがみえてなかったんだろうな恥ずかしいかぎりだ。とうしようかと途方に暮れたがその日以降、犬はもう俺の家にはこなくなった。内心複雑だった。よろこんでいいのかかなしんでいいのかわからないんだからな。悲しみながらよろこんだといった感じだろうか。もうあのモフモフサラサラを触れないと思うと手が震えたよ。そうかあの日犬が俺の家に来なかったのはお前が原因だったのか安心した。これからお前の家に行っていいか。買い過ぎた餌が邪魔でな、俺の部屋が狭くて臭いんだ。申し訳ないが引き取って貰いたい。ああ、もちろん代金はいらないぞ。節度を持たなかった俺が悪いんだ。しかし量が多過ぎて一回では運びきれないな。今日からしばらくお前の家に通うことになるだろうが問題ないよな。じゃあ俺は先に家にかえるぞ。やらなければいけないことは手短に、だからな。まぁ何はともあれ感謝している。しかし、毎日好きなだけあいつを触れるとはお前が羨ましい。ああ、羨ましいよ。」

里志「……」


おわり