1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/08(日) 21:51:26.06 ID:naRcsQkIo
友紀「あははははは!!」


周子「汁気ないよね、これ」


ありす「はい……」


友紀「はははははっ!!」


ありす「ちょっと友紀さんは黙っててください!!」


友紀「だって、これ煮物じゃん……!ふふっ、わかめの味噌煮……あははっ!」


ありす「うぐ……だって、具がいっぱいのほうが美味しいと思って……それで……」


周子「ふえるワカメってびっくりするくらい増えるよね」


ありす「そうです!そんなたくさん入れてないのになんでこんなに増えるんですか!」


周子「まぁ仕方ないよ、これは。味はおかしくないから、今度はちゃんと作れるよきっと」


ありす「……ありがとうございます」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402231885

引用元: 周子「で、これは何?」ありす「味噌汁です……」

 

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/08(日) 21:51:58.00 ID:naRcsQkIo
友紀「目玉焼きはちゃんと出来てるね」


ありす「あんまり馬鹿にしないでください。目玉焼きなんて卵を割って焼くだけじゃないですか」


周子「こっちの玉子焼きも綺麗に巻けてるね。焼き加減もいい感じだし、美味しいよ」


ありす「それは、練習しましたから」


友紀「でも、あたしは甘い卵焼きのほうが好きかなー」


ありす「え?甘い卵焼きなんてあるんですか?」


周子「家によっては砂糖を入れたりするところもあるらしいね。あたしの家は塩味だったけど」


ありす「へぇ……そうなんですか」


友紀「でもあんまり砂糖入れると焦げやすくなるから難しいんだよねー。あたしも上手く焼けないし。周子ちゃん醤油とって」


周子「はい。友紀ちゃんは目玉焼きに醤油なんだね」


友紀「やっぱ目玉焼きは醤油っしょー」


ありす「私は塩胡椒です」


周子「好みが分かれるね。私も塩胡椒」


友紀「げっ、2対1で負けた」


ありす「何の勝ち負けですか……」


友紀「ところで、なんで目玉焼きと玉子焼きが一緒に出てくるの?」


ありす「…………………他に朝ご飯のメニューが思いつかなくて」


周子「まぁまぁ、いいじゃんたまには。レパートリーなんてそのうち増えるよ」


友紀「パワー付きそうだしね!ロッキーみたい!」


周子「あれは生卵でしょ」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/08(日) 21:52:24.57 ID:naRcsQkIo
友紀「白いご飯、目玉焼き、玉子焼き、ワカメの味噌煮……」


ありす「味噌汁です」


周子「玉子焼きか目玉焼きはどっちかにして、他に1品足せば良い朝食になると思うよ」


ありす「うーん……ポーチドエッグとか……?」


友紀「卵から離れようよ」


ありす「うぐ」


周子「うーん、和風に行くならお浸しとかかな」


ありす「お浸し?」


周子「白菜とかほうれん草とか……キャベツでもいいかな。軽く茹でて絞って醤油とかかけるだけ」


ありす「簡単ですね。私でも出来そうです」


友紀「でもちょっと寂しくない?」


周子「朝から何品も作ってる時間なんてないでしょ?」


友紀「なるほど」


周子「寂しいならパックの納豆でも付ければいいと思うよ」


ありす「納豆……ちょっと苦手です」


友紀「あ、そうなんだ?美味しいのに」


ありす「だって変な匂いがするじゃないですか。あと糸引いてますし……」


友紀「糸引かなかったら納豆じゃないよー。それに、あの匂いがいいんじゃない」


ありす「苦手なものは苦手なんです。友紀さんだって嫌いなものあるでしょう」


友紀「ないよ?」


ありす「……嘘」


友紀「ないってばー。好き嫌いしちゃいけません!って育ったからねー」


周子「あたしは熱いもの苦手ー」


ありす「それは何か違うと思います」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/08(日) 21:52:50.66 ID:naRcsQkIo
周子「で、今日は友紀ちゃんの番です」


友紀「あたしのはちゃんと味噌汁してるよー」


ありす「……私のはもういいじゃないですか」


周子「はいはい、いただきます」


ありす「……いただきます」


友紀「召し上がれー」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/08(日) 21:53:16.38 ID:naRcsQkIo
ありす「……なんか、味おかしくないですか?」


友紀「え?嘘?……うえ……」


周子「うーん……顆粒ダシ入れ過ぎ?」


ありす「ああ、それです……ちょっと濃すぎです。どれだけ入れたんですか」



友紀「いっぱい入れたら美味しくなるかなーって……」


周子「ありすちゃんのこと笑えないね」


友紀「うっ……」


ありす「………………」


友紀「…………ありすちゃん、ごめんなさい」


ありす「いいです。私が失敗したのも事実ですから」


周子「ふたりとも精進しましょう」


友紀・ありす「「はい」」


友紀「それで、あたしが言うのもなんだけどこれどうする?」


周子「量増えちゃうけど、ちょっとお湯で伸ばそうか」


ありす「そうですね、それがいいと思います」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/08(日) 21:54:09.12 ID:naRcsQkIo
ありす「あとは……梅干し、しそ昆布、パックのもずくと納豆ですか」


周子「いいね。ご飯が進みそう」


友紀「ご飯はいっぱい炊いたよ!ほら!」


ありす「……よかった。非常識的な量じゃなくて」


友紀「ちょっとありすちゃん?」


ありす「だって味噌汁すっごく濃かったですし……」


友紀「ワカメ……」


ありす「あれはちょっと間違えただけです。次からはちゃんと出来ますから」


周子「はいそこまでー。ふたりとも人の失敗を笑わないの。笑えないくせに」


友紀・ありす「「はい」」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/08(日) 21:54:35.38 ID:naRcsQkIo
友紀「え、周子ちゃん納豆に砂糖入れるの?」


周子「甘くて美味しいよ?」


友紀「いやそれはちょっと……」


周子「え、やらないの?ありすちゃんはどう?」


ありす「納豆自体あまり好きじゃないので……でも納豆と砂糖って……」


周子「意外と悪くないのになー。ふわっふわになるよ?」


友紀「うわぁ、ホントだ」


周子「ちょっとー……人が食べるものなんだからうわぁとかやめてよ」


友紀「ごめん」


周子「罰として一口食べなさい」


友紀「えっ……」


周子「ほらほら、あーん」


友紀「え、いや……ああもう机に垂れるってば……!あーむっ」ぱくっ


周子「どう?」


友紀「……美味しい」


ありす「……嘘?」


周子「嘘じゃないですよーだ」


友紀「うん……想像よりゲテモノじゃない」


周子「ゲテモノ言うなし。……ありすちゃんも一口どう?」


ありす「私は……遠慮しておきます。……納豆に挑戦するのはまた今度で」


周子「納豆好きじゃないもんね。でも好き嫌い克服しようとする姿勢はシューコポイント加点しちゃうよ」


ありす「なんですか、それ……」


周子「あたしからの好感度」


友紀「あたしはシューコポイント何点?」


周子「うーん、秘密♪」


友紀「あ、ズルい」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/08(日) 21:55:01.50 ID:naRcsQkIo
ありす「今日は周子さんが朝ご飯を作る番ですね」


友紀「周子ちゃんは何を作ってくれたんでしょうかー!」


周子「大したものじゃないけどね。はいどうぞ」


友紀「……あれっ!?洋風?」


周子「和風が続いたんだからいいでしょ?」


ありす「そうですね。パンも好きですよ」


友紀「ここはほら、完璧な和風な朝食でお手本見せてくれるって流れじゃ?」


周子「残念でしたー。シューコさんもそんな料理上手っていうわけじゃないし」


ありす「とりあえず食べましょうよ。トースト冷めちゃいますよ」


友紀・周子「「はーい」」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/08(日) 21:55:29.16 ID:naRcsQkIo
周子「ご覧のとおりトースト、サラダ、ゆで卵でーす」


友紀「そういえば昨日の夜野菜切ってたよね」


周子「昨日のうちに切っておけば朝盛り付けるだけだし」


ありす「なるほど……」


友紀「朝起きてばたばたしたくないしね」


周子「そゆこと。ドレッシングはお好きな様に」


友紀「じゃあたしシーザーサラダっ」


ありす「私も……」


周子「ありゃ。せっかく色々用意したのに」


友紀「だってぇ……青じそドレッシングって感じじゃあないし?」


周子「あちゃー、失敗だったか。まいいや。あたしはサウザンドアイランドドレッシング使おっと」


ありす「サウザン……なんですか?」


周子「サウザンドアイランドドレッシング」


友紀「なにそれ?」


周子「ドレッシング」


ありす「それはわかります」


周子「わかんなーい。でも美味しいからいいじゃん」


友紀「そだね。あ、そうだ。ありすちゃん今度サウザンドアイランドドレッシングが何か調べといて!」


ありす「なんで私が……って言いたいところですけど私も気になりますから調べておきます」


周子「よろしくーん」


友紀「じゃあせっかくだしあたしもそれ使ってみる!」


ありす「私もどんな味か気になります」


周子「いいよー。はい」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/08(日) 21:55:56.51 ID:naRcsQkIo
友紀「へー、美味しい」


周子「でしょ?」


ありす「よくわからない味ですけど、美味しいですね」


友紀「何入ってるんだろうね?」


周子「さぁ?」


ありす「さぁって……ジャム取ってください」


友紀「いちご?」


ありす「そうです」


友紀「はい。あたしはマーマレードにしよっと」


周子「マーマレードってジャムと何が違うの?」


友紀「え?うーん……あれ?オレンジジャムとは言わないよね」


ありす「柑橘類のジャムのことをマーマレードと言うそうですよ」


周子「へー、そうなんだ」


友紀「オレンジジャムとは言わないの?なんで?」


ありす「それは……わかりません」


周子「ありすちゃん宿題追加ねー」


ありす「たまには友紀さんや周子さんも自分で調べてみたらどうですか?」


周子「あたしはね、ありすちゃん。人に聞くよりも自分で調べたほうが身になると思うんだよ」


ありす「実践したらどうですか?」


周子「てへっ♪」


ありす「……はぁ」


友紀「面倒」


ありす「友紀さんはちょっとは繕うなりしてください」


友紀「えー」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/08(日) 21:56:22.56 ID:naRcsQkIo
友紀「ごちそうさまでしたっと」


ありす「ごちそうさまでした」


周子「はいはーい。お粗末さま。明日は誰が作る?」


ありす「順番的に私でしょうか」


友紀「あ、そうだ。3人で作るってのはどう?」


周子「それ採用」


ありす「えっと……別に反対しません」


友紀「じゃあ決定!さて、何作ろっか」


おわり