3: ◆12XpJAfXQQ 2014/06/11(水) 01:43:01.81 ID:igqVKZLnO
キタキタおやじ(以下オヤジ)「それにしても参りましたなぁ」

オヤジ「何処を見ても見たこともない高い建物ばかりですぞ。でも、幸い人が沢山居るようですからキタキタ踊りの宣伝には持ってこいですな!」



響「なんだ…?あの上半身裸のおじさんは……?」

引用元: キタキタおやじ「勇者殿とはぐれた」響「誰?」【アイマス×魔法陣グルグル】

 

魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ(7)(完) (ガンガンコミックスONLINE)
衛藤 ヒロユキ
スクウェア・エニックス (2012-11-22)
4: ◆12XpJAfXQQ 2014/06/11(水) 02:06:41.46 ID:igqVKZLnO
オヤジ「む?あの娘のあの目は…何か踊りが踊れそうな目をして居られますな!」

響「やば、目が合っちゃったぞ…」



オヤジ「そこの人ー!体を動かすのは好きですかな?」

響「やば、こっち来たぞ…」



警察「警察だ!」

オヤジ「むむ?けーさつですとな?よく分かりませんが一緒にキタキタ踊りはいかがですかな?」

響「わー!わー!おまわりさん待って!!」

6: ◆12XpJAfXQQ 2014/06/11(水) 02:12:40.44 ID:igqVKZLnO
オヤジ「まさか、わしが捕まってしまうところじゃったとは。ガナハ殿には感謝してもしたりない位ですな!」


響「う、うん。どうも…」

オヤジ「お礼にと、言ってはなんですがあなたに我がキタの町な伝統舞踊を教えさせて頂きたい。」

響「えっ、えっ?」

7: ◆12XpJAfXQQ 2014/06/11(水) 02:16:36.27 ID:igqVKZLnO
オヤジ「是非覚えて後世に伝えて下さらんか!?この通りですぞぉぉぉお!!」ヒーラリヒヒラリヒヒラリラー♪


響「うわぁ!?何処からともなく音楽が!?やめて!また警察来ちゃうから!」


オヤジ「ガナハ殿がっ!踊ってくれるまでっ!踊るのをっ!やめませんぞぉ!!」


響「やめろォ!!!」


8: ◆12XpJAfXQQ 2014/06/11(水) 02:22:54.23 ID:igqVKZLnO
765プロ事務所


響「な、なんでだか…連れて来ちゃったぞ…」ゼェ…ゼェ…

オヤジ「ほう、この建物の中はこうなっておられるのですな!」ヒヒラリヒヒラリ♪

響「いい加減踊るのをやめて欲しいぞ…」

オヤジ「そうはいかないのですよガナハ殿!この踊りは我らが希望であり魂なのですぞ!」キタキタ!キタキタ!

9: ◆12XpJAfXQQ 2014/06/11(水) 02:28:29.44 ID:igqVKZLnO
真「あれ?響どうしたの…?ってうわぁあああああ!?」まこまこりんパンチ

ばしぃぃぃぃいいいいいん!!!

オヤジ「む?ガナハ殿のお友達ですかな?」



響「真のアレを喰らって尚びくともしてないだと!?」

10: ◆12XpJAfXQQ 2014/06/11(水) 02:32:09.10 ID:igqVKZLnO
真「ひ、響…この人誰?」

響「そ、そう言えばおじさんなんて名前なんだ?」

オヤジ「わしはアドバーグ・エルドルと申します旅の者です。勇者殿と魔王ギリを倒す為の旅の途中、はぐれてしまってこの始末なのです。」

響「ゆ、勇者?」

真「ま、魔王?」

11: ◆12XpJAfXQQ 2014/06/11(水) 02:37:42.76 ID:igqVKZLnO
オヤジ「まぁ、はぐれてしまった以上、わしはもう一つの使命であるキタキタ踊りを出来るだけ多くの人に伝承出来るようにすると言うことだけが残されたわけです。だからこのアドバーグ、ここで踊り続けるのですぞ!」ヒーラリヒヒラリ♪


響・真「お願い!やめて!!」

12: ◆12XpJAfXQQ 2014/06/11(水) 02:41:08.44 ID:igqVKZLnO
美希「あふぅ…あ、響、真クンおはようなの。」


真「あ、お、おはよ…美希…」

響「お、おはようだぞ…」

オヤジ「ヒーラリヒヒラリヒヒラリラー♪」


美希「おじさん誰?」

13: ◆12XpJAfXQQ 2014/06/11(水) 02:46:13.45 ID:igqVKZLnO
美希「へぇ、アドバーグさんって言ってそのキタキタ踊りを伝えようとしてるんだぁ。」

オヤジ「そのおかげで皆からは親しみを込めてキタキタオヤジと呼ばれますぞい。」ヒーラリヒヒラリヒヒラリラー♪

美希「なんか面白そうなの!美希も踊ってみるの!!」

響・真「えぇ!?」

14: ◆12XpJAfXQQ 2014/06/11(水) 02:50:27.45 ID:igqVKZLnO
美希「ミキね、踊りは一通り観れば覚えられるからスグ踊っちゃうよ!」

オヤジ「それは心強いですなぁ!ミキちゃんをわしの弟子にしてあげましょう。」ヒーラリヒヒラリヒヒラリラー♪

美希「一瞬で追い越しちゃうの!あはっ☆」



響「美希だからこそ踊って欲しくなかったぞ…」

16: ◆12XpJAfXQQ 2014/06/11(水) 02:54:29.22 ID:igqVKZLnO
オヤジ「ミキちゃん!凄いですぞ!!ここまで習得が早いとは!これは1000年に一度の逸材ですぞ!」ヒーラリヒヒラリヒヒラリラー♪

美希「あはっ☆ミキ照れちゃうの!」ヒヒラリヒヒラリヒヒラリラー♪


響・真「765プロが危ない…」

17: ◆12XpJAfXQQ 2014/06/11(水) 03:02:38.35 ID:igqVKZLnO
真「あれ?響、美希を見て…」

響「どうしたんだ?真…?」



美希「ヒーラリヒヒラリヒヒラリラー♪」キラキラ…



真「なんか…今まで以上にキラキラしてきてる…!」

響「ど、どうゆうことさ…」


真「もしかして、あのキタキタ踊りってやつが美希の中の踊りと生命の力を引き出しているんじゃ…!!」

響「な、なにを言ってるの…?」

19: ◆12XpJAfXQQ 2014/06/11(水) 03:09:01.71 ID:igqVKZLnO
真「ボ、ボクも踊ってみる!!!」



響「ちょ、ちょっと真!!!??」



オヤジ「ヒーラリヒヒラリヒヒラリラー♪」ギラギラギラ

美希「ヒヒラリヒヒラリヒヒラリラー♪」キラキラ☆

真「ヒーラリヒラリラヒヒラリヒヒラリ♪」キラキラ…



響「あっ!ほ、ホントだ!!ほ、ホントに輝いて見えるさー!!!」

響「あの踊りは本当に生命の力強さと魂が込められた踊りだったさー!!!!」

20: ◆12XpJAfXQQ 2014/06/11(水) 03:12:54.28 ID:igqVKZLnO
響「こ、こうなったらもう自分も踊るしかないさー!きっとこれはトップアイドルになる為の突破口なのさー!!」



響「うおおおおお!!!」ぴーひょろひょろひょろ

21: ◆12XpJAfXQQ 2014/06/11(水) 03:22:20.27 ID:igqVKZLnO
数時間後

ガチャ

春香「天海春香ただいま帰りましたー!」



真「お帰り春香!早かったね!!」キラキラ

響「はいさい!春香!!ちょっと一緒にダンスの練習をしようさー!!」キラキラ

春香「えぇ!?どうしたのみんな?なんか凄くまぶしいよ!?」


美希「あ、おかえりなの。春香」にぎにぎ…

春香「み、美希は何してるの…?」


美希「キタキタオヤジさんが美味しいオニギリの作り方を教えてくれたの!こうやって脇の下で…」

春香「どうゆうことなの……???」



この後765プロ内でキタキタ踊りが流行りアイドル全員のパフォーマンスが飛躍的に上昇し、なんと事務所全員がトップアイドルになったそうだ…





キタキタオヤジ「「まだ」と言っていたらいつまでもスタートできませんぞ
そろそろ誇りを持たれてはいかがかな?」