1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 12:39:03.16 ID:Kx8FMgzwO
P「タァァァァァァーーーーーーーーッッッツチィィ!!」パァァン!!!


やよい「!?」ビクッ


P「あっ……」


P「ご、ごめん……大丈夫?」


やよい「あ……いえ、大丈夫です…」


P「そうか……ごめんな……」


やよい「いえ……」


やよい「………………」


P「………………」







その日から、何だかプロデューサーは、元気がないです……

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1405913943

引用元: やよい「じゃ!行きますよぉ?ハイ、タァーッチ!」

アイドルマスター 高槻やよい (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
ファット・カンパニー (2014-11-30)
売り上げランキング: 725
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 12:45:53.80 ID:Kx8FMgzwO
やよい(プロデューサー……何だか、元気ないなぁ…)


あずさ「あらあら、1人で屋上にいるなんて、高いところ怖くない?大丈夫?」



やよい「あ、あずささん…そうでした…ここ、高いところでした…」


あずさ「やよいちゃん、何だか最近、上の空だけど、大丈夫?」


やよい「実は……ですね」



私は、あずささんに、最近プロデューサーがあの日、私にタッチした時に、


まるで生きる為に獲物を仕留めるライオンの如く、


勢いのある表情になって、大声でタッチした事と、


何故かその凄いタッチは痛くはないこと、


そして、その日からプロデューサーが元気が無いことを伝えました

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 12:51:58.16 ID:Kx8FMgzwO
あずさ「そう…プロデューサーさんが…」


やよい「どうしたんでしょう…」


あずさ「…きっと、プロデューサーは、タッチに何か思い入れがあるかもしれないわね」


やよい「思い入れ……」


あずさ「プロデューサーさんに、タッチについて聞いていいか訪ねて、ワケを聞いてみたらどうかしら?」


やよい「……そう、ですよね…ありがとうございます!あずささん!」ガルーン


あずさ「ふふふ、さ、事務所に入りましょう」


やよい「はわっ!高いところ怖いです~!」


あずさ「あらあら、肩の荷がおりて、ようやく恐怖心が目覚め、身を震わせて来たのね」


やよい「うぅ~~……」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 12:57:28.39 ID:Kx8FMgzwO
事務所内


P「前のあの、タッチの事か…」


やよい「はい!聞いても、大丈夫ですか?」


P「……そうだな、話さなければならないな…」


P「やよい……俺は、昔スポーツ選手だったんだ……」


やよい「スポーツ選手ですか!?かっこいいですね!」


やよい「でも、それって、タッチに関係が…」


P「もちろん関係はある。あれは、高校の時だった…」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 13:02:02.99 ID:Kx8FMgzwO
Pの高校時代


P「俺たちは、無敵のコンビだ!な!q!!」


q「あたぼうよ!!へへっ!!」




俺には、qという、最高の相棒がいた

俺たち2人は、黄金ペアと呼ばれた



どんな大会も俺たちがいれば勝ち、頂上に直ぐに達した



俺たちは無敵だと信じ、部活に精を出していた









あいつが、現れるまではな……

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 13:10:01.16 ID:Kx8FMgzwO
P「よし!今年最後の年!!今年も全体会制覇だ!!」


q「おうよ!!へへっ!!」


部員仲間「あ、部長のPさん、入部希望の子が来てますよ」


P「ん?もう、入学式から3ヶ月も経っているのにか?」


部員仲間「いえ、1年じゃなくて…3年です」


P「3年?俺と同学年だと?どうせ、最後の思い出とかでぬるい気持ちの奴だろう…」


q「そうだそうだ!!へへっ!!」


部員仲間「とにかく入れますね。入っていいですよ~。」








b「おめぇらが、黄金ペアだってぇなぁ……?」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 13:19:54.81 ID:Kx8FMgzwO
P「おいおい、そんないきなり傲慢な態度で………」ゾクゥッ!



P(!!!???)


P(な、なんだ、この…覇気と呼べばいいのか、オーラと呼べばいいのか…)


P(こ、こんなに恐ろしい気は…初めて…だし…なにより…)





恐ろしい…







q(どうやら、P!!お前も感じたようだな!奴の気に!へへっ!!)


P(あぁ…化け物か…やつは…)


部員仲間「では、入部届けに記入を……」


b「だぁ~~れが、入るっつったよぉ?」


b「俺は、この部活の案内を聞いただけだ」


b「それよりもなぁ……俺は、こいつらを早く潰してェんだよぉ……」


P「な、何ぃ!?」


b「くくく……御託はいらねぇ……始めようじゃぁ、ねぇか?」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 13:26:55.99 ID:Kx8FMgzwO
b「いくぜえぇぇ!!!」ダダッ


P「!?くっ、来るっ!?」


q「油断は禁物だぜぇっ!!へへっ!!」


b「おらぁ!!!」ぶんっ


P「くっ!」シュッ


b「ほう……さすが、黄金ペアと呼ばれるこたぁ、あるな」


b「だ・が・なぁ~………」


q「あぶねぇ!後ろだ!」


b「おっらぁぁあ!!!」


P「なにぃ!?」


b「終わりだぁ!!突き[ピーーー]!!」


q「させるかぁぁぁぁぁぁあ!!!」バッ


P「くぅぅう!!」







メガッ




P「う……うぅ……ん??」


q「ゴバァッ……ガハッ」


P「q……お…前………血が……」

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 13:39:16.21 ID:Kx8FMgzwO
b「はぁっ…黄金ペアってのも、んな対したもんじゃあねぇなぁ~…」


b「萎えたぜ…帰るわ…」


P「あっ…ああぁ………」


q「P………無事で………よかった……へへっ………」


q「」





P「きゅ……q………?」


P「きゅ……qぅぅぅぅぅぅぅぁぁあーーーーーーー!!!!」










qは入院した


俺は、qの分まで、大会を頑張った


そして、全国制覇を成し遂げた


だが、あいつがいなかった分、心に穴があいたような、虚しい最後の大会だった……

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 13:48:39.54 ID:Kx8FMgzwO
病室



q「…………」


P「お邪魔するぜ、q」



P「大会、優勝したぜ。これで、約束通り、全国制覇だ」


q「……………」にこっ



P(qは、喋れなくなってしまった……もう、コンタクトは手話などでしかで出来なくなった…)


P(その中で、俺たちだけがする、コンタクトがあった)



P「ほら、手を………」



q「……………」スッ



P「はい、タッチ!」パチンッ


P「喋れなくはなったが、部活は出来るっていうんだ!!」


P「あいつに…bに、リベンジしよう!!」


q「……………」スッ



P「あぁ、約束の、ハイッ、ターッチ」パチンッ



P「じゃあな、q」


ガチャッ








q(……………)

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 13:54:59.95 ID:Kx8FMgzwO
そして、q退院の日

ガチャッ

P「q!!退院おめでと……」


P「あれ?いない……あいつ、どこに行ったんだ……?」


P「………ん?これは、手紙?」


P「なになに……」


P「………!?」


P「あいつっ!!」ダッ









コート


b「果たし状を送ったのは……てめぇーか…」


q「……………」


b「俺をとても憎んでるようだなぁ…………」



b「恨みを晴らそうってか……そういうの、好きだぜぇ…」


b「いいぜぇ!!とっととかかってこいよぉお!!」



q「…………!!」ダッ


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 14:01:33.33 ID:Kx8FMgzwO
P「はぁ……はぁ……くっ、多分、ここのコートだろ……」


P「あいつ……1人で戦いたいって………」



P「それはいいんだ……ただ……」



P「その戦いたいを、見届けさせて欲しかったんだよ……俺は!!」




P「……!!いた!!qと……bだ!!」



P「し、試合の状況は……!?」






72-0



P「な、72ポイントは……」


P「bの………POINT………」


q「…………」ハァハァ


b「かっ、雑魚だったなぁ……トドメ、だぁ」



ザスニュッ







P「…………!!?」


P「qぅぅぅぅぅぅぅあぁあああああ!!!?」

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 14:17:41.07 ID:Kx8FMgzwO
P「q!!」ダッ


q「……………」


P「喋るな!死ぬぞ!q!」



q「……………」スッ


P(これは……ハイ、タッチ……)



P「……は、はい、タッ………」







だか、そのハイタッチは、手を交えることなく



qの上げた手が、力尽きたように、いや


力尽きて、下がって、動かなくなった









P「う………う……うぁ………」



P「うあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!!」


P「qぅぅぅぅぅぁぁぁぁぁぁあぁああ!!!!!」






b「さぁ~て、約束、守ってもらいたいんだがなぁぁ~~?」

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 14:25:49.25 ID:Kx8FMgzwO
P「や……約束……?」


b「負けたらよ、何でも言うことを聞く約束だったんだがよぉ」


b「そいつが死んだから、出来なくなっちまったなぁ~ぁ」


b「確か、そいつ俺様が負けたら黄金ペアに謝れって叫んでたっけなぁ~」



P「……!!」


P「………俺が、約束を、果たす…」


P「俺が何でも代わりに言うこと聞いてやらぁ!!」



b「そぉ~~~かい?なら………」













b「俺様が手を上げたら、ハイタッチをしろ」


P「!!??」


b「人の思い出や幸せをよぉ…辛いものに変えるのがよぉ…」


b「快感で快感で、仕方ねぇんだよぉ」ニヤァ



P「………きっさまあぁぁぁぁああああ
!!!」


貴音「ダメです!!あなた様!!!」

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 14:39:55.33 ID:Kx8FMgzwO
P「ま、マネージャー!!止めるな!!」


貴音「ダメです!!約束は、果たさなければなりません!!」


貴音「あなた様は、約束を、スポーツを、q殿を侮辱するつもりですか!!?」


P「!!?」


P「……くっ」ポロポロ


b「ぴぃぴぃぴぃぴぃ、泣き出すなよぉ」


b「ほら、俺様を祝う、ハイッ、ターッチ。ほら?」



P「…………くっ、ハイッ!!」



P「タァァァァァァァァァァァァーッチィ!!!!!」ポロポロ


貴音「そうです…あなた様…立派です…あなた様…」ポロポロ


b「んふっ、んふふふ、はっはっはははぁぁぁあ!!」


b「愉快だねぇ~~~え?ははは!」


P「くそっ….くそぉっ!!」


P「うあぁぁぁぁぁぁああああ!!!」











やよい「そんな…過去が…」


P「ハイタッチをすると、思い出しちまってな………」

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 15:00:28.45 ID:Kx8FMgzwO
やよい「あれ?そういえば、何でプロデューサーの昔の話に貴音さんが?」


P「あぁ、貴音は同級生でマネージャーだったんだよ。」


P「なんか知らんが、その頃から歳とってなくてさ」


やよい「そうだったんですか…」



P「で、アイドルするために高校中退して……って、貴音の話はいいや」


P「俺は、ハイタッチをすると、bへの憎しみが湧いて来て、あんな風に豹変しちゃうんだ…….」


やよい「プロデューサー……」


P「だが……やよいとハイタッチをこれからする事になるならば…」


P「決着付けて、辛い思い出を無くさないとな…」


やよい「えっ!?そ、それって…」


P「あぁ、俺は……」









P「bを、ぶっ倒しに行く!」

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 15:08:02.16 ID:Kx8FMgzwO
やよい「だ、ダメです!プロデューサーが…プロデューサーが!」


P「やよい…大丈夫、俺は生きて帰ってくるさ…」


やよい「プロデュー……サー……」


P「行く前に……やよい……抱きしめて、いいか?」


やよい「えっえぇ!?」///


P「俺は、少しビビってるんだ…だから…最後に…」


やよい「プロデューサー…はい、わかりました」///


P「ありがとう……ありがとう、やよい…」ギュッ


やよい「はわぁっ…」///


P「………ありがとう、やよい」


P「ぬんっ!!」ビシッ


やよい「ううっ!」ガクッ


P「……気絶したな」


P「やよいを、お願いします」


あずさ「……行くん、ですね」

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/21(月) 15:23:16.26 ID:Kx8FMgzwO
P「はい……それでは……」スタスタ

ガチャッ

あずさ「……兄の仇、お願いします」ペコっ









P「ここに、bがいるんだな…」


P「失礼する…」


ガチャッ





黒井「ん?貴様は、765プロの…」


P「久しぶりだな…b……」


P「『b』lackの……黒井!!!」



黒井「……………」


黒井「ふふふふふ」


黒井「qの仇討ちと言った所かね?」


P「まさか…あんたとは同い年じゃなく、高校留年のせいで大分歳上だったとはなぁ……」


P「お前を倒し……ハイタッチを戻しにやって来たぁ!!!」





○果たして、この因縁の対決の勝者は、誰のものに…?次号、巻頭カラーで登場!!