2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/17(木) 08:28:10.98 ID:guPWV+7lO
あと別にシリアスでもない。




真姫「どうして…どうしてこんな事に…」

8人「…」

真姫「私以外の全員が、意識不明って…なにが起きてるのよ…」

真姫ママ「真姫ちゃん…今日はもう寝なさい…」

真姫「…うん」

引用元: 真姫「六畳一間は、宇宙の広さ♪」 

 

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/17(木) 08:33:32.39 ID:guPWV+7lO



真姫「ふわ…そろそろ起きなきゃ…」

真姫「ん?」




真姫「ここは…どこなの?」

真姫「…多分、アパート……?」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/17(木) 08:35:29.40 ID:guPWV+7lO
真姫「まさか誘拐…!?」

真姫「でも、どこか縛られたりとかは無いし…」

真姫「もう…なんなの…」コツン

真姫「ん? これ、カメラ?」

真姫「古いカメラね…インスタント式だし」

真姫「…なんか気に入ったし持っておこう」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/17(木) 11:39:00.33 ID:LMLOgUhVO
真姫「ここから出られたときのために写真撮っておこうかしら」パシャ

真姫「犯人を訴えてやるわ」パシャパシャパシャ

真姫「…ていうか、普通に誘拐は犯罪だし裁判するまでもないわね」パシャパシャ

真姫「……和室って初めてよ」パシャパシャパシャ

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/17(木) 12:19:59.43 ID:IzSFAmfNO
真姫「ドアは、内側からなのに、あかない」

真姫「くっ…そ!」ガンッ!!!!

真姫「ふぅ、落ち着かなきゃ」

真姫「…それにしてもゴチャゴチャした部屋ね、狭いったらないわ」

真姫「床に、ほむまんが落ちてる…?」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/17(木) 12:35:11.30 ID:IzSFAmfNO
真姫「もしかしてここって、夢の世界とかなのかしら…」

真姫「ほむまん食べようかな…」カサカサ

真姫「…開けちゃったけど、やめとこ」トン



ボコッ…ボコボコッ

真姫「!?」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/17(木) 12:37:56.22 ID:IzSFAmfNO
真姫「床に置いたお饅頭が、少しずつ欠けていってる!?」

真姫「な…なによこれ…?」

パシャ!

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/17(木) 12:40:38.50 ID:IzSFAmfNO





…!

「ソノダ ウミ」のばっちシーン!

すきなたべもの


ソノダウミとはんめい!
ただちにレスキューせよ!

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/17(木) 12:41:19.29 ID:IzSFAmfNO











海未「うぅ……ん…? ここは?」

真姫ママ「!」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/17(木) 12:42:13.91 ID:IzSFAmfNO
真姫「海未!」

海未「真姫! 一体これは…!?」

真姫「こっちが聞きたいわよ! みんなして急に倒れちゃって!」

海未「すみません、心配をかけました」

真姫「……ホントよ…バカ」

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/17(木) 12:43:11.35 ID:IzSFAmfNO
真姫 (やっぱりあの部屋は夢だったの…?)

真姫(欠けていくお饅頭を写真で撮ったら、必死に食べてる小さな海未が映ってて…急に目が覚めて…)



真姫「私は、何かに巻き込まれてるのかも…?」 

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/17(木) 23:39:04.70 ID:VXXhfS/H0
-----------
--------
-----


真姫「寝るとここに来るのね」

真姫「要するに見えないみんなを撮れば良いんでしょ? だったら…」

パシャパシャパシャパシャパシャ

真姫「たった六畳一間、擦りくらいはするはずよ」パシャパシャ

真姫「あっ、と、ほむまん踏むところだったわ」

真姫(…? ほむまんは昨日のちいさい海未が食べたはず…)

真姫「部屋の状態は毎回リセットされるの?」

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/17(木) 23:45:45.09 ID:VXXhfS/H0
そういえばID変わったけど>>1です


真姫「めんどくさいわね…」パシャパシャ

真姫「でもきっと、みんなを撮るまでこれは終わらない…」

真姫「…やるしかないのよ」

ドサッ

真姫「また、なにかが勝手に…!」

真姫「この、倒れたのは…米びつ…?」

真姫「まさか…」

パシャ!

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/17(木) 23:49:43.09 ID:VXXhfS/H0


…!

「コイズミ ハナヨ」のばっちシーン!
ぴゃあ!

のこり1ばっちシーン

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/17(木) 23:53:47.06 ID:VXXhfS/H0
真姫「結局小さな花陽が転んでる写真以外はなにも映ってなかったわね…」

真姫「それにしても、人によっては複数必要なのね」

真姫「海未がほむまんでokだったし…多分、炊けばいいのよね…」


眠気来たんで明日書きます

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/22(火) 06:43:47.23 ID:V6CxxQSw0
ごめん忙しかった、というか24日まで忙しい。けど書く。


病室

海未「真姫、話があるんですが」

真姫「なに?」

海未「聞き方が悪いのですが、なにか隠し事はありませんか?」

真姫「…確かに嫌な聞き方ね、疑われてるみたい」

海未「ごめんなさい、ですが、なんだか真姫が思いつめてる様で不安なんです」

真姫「………平気よ」

海未「なら、いいんですが」

真姫(私が皆を助けて見せる)

27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/22(火) 06:56:19.21 ID:V6CxxQSw0
六畳一間

真姫「よし、これたわね…」

真姫(連続で来れる保証は無いわ、今回で全員助ける覚悟で挑む…!)

真姫「カメラもちゃんとある…」

真姫「さて…まず花陽は…冷凍されてるお米を温めて…」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/22(火) 07:05:37.43 ID:V6CxxQSw0
真姫(おにぎりを作って床に置いたわ)

真姫「炊いたお米じゃないけど平気かしら…」

コロン コロン

真姫(おにぎりが転がって行く…よし、写真を!)

パシャパシャパシャパシャ

真姫(花陽はたぶんこれでOKね…)

真姫「今気が付いたけど、カメラに6って数字が書いてある、残りの枚数かしら…」


真姫「おそらく、一回の挑戦で撮れる枚数か…最悪なのは…」

真姫(あと6枚撮ったら完全におしまいの場合…)

真姫「少し…慎重に行きましょう」

コロン コロ…

真姫「おにぎりが…止まった?」

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/22(火) 07:15:51.94 ID:V6CxxQSw0
真姫「おにぎりが減り始めた…!」

真姫「海未と同じ…? いや、花陽はあと一枚撮ればOKのはず…」

真姫(さっき撮った花陽と今の花陽…どっちが正解!?)

真姫(考えなさい…! 花陽だったら今なにをしてるのか…!)

真姫(もし花陽が2m級のおにぎりを持って来たとして…どういう行動に出るか…! あと6枚しか撮れない! さっき撮った写真とダブりだったら最悪よ!)

真姫「花陽…貴方だったら……きっと、こうね」




コイズミ ハナヨ
ホシゾラ リン のばっちシーン!

『みんなでおにぎりパーティ』

コイズミ ハナヨ
ホシゾラ リンとハンメイ!
ただちにレスキューせよ!

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/22(火) 07:21:13.45 ID:V6CxxQSw0
真姫「」ダダダダダダ



花陽「う……うぅん? あれ?」

凛「あ…ぅ…ここ…病室…?」

真姫「凛! 花陽! 」バンッッ

りんぱな「うわぁっ!?」ビックゥ

凛「ま、真姫ちゃん…おどかさないでにゃ…」

花陽「びっくりしたぁ……」ドキドキ

真姫「こっちのセリフよ! 皆して倒れて!」

凛「あっ…ホントだ…みんな寝てる…」

花陽「な、なにがあったの?」

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/22(火) 07:25:37.88 ID:V6CxxQSw0
凛「練習中に倒れた?」

花陽「真姫ちゃん以外、全員?」

真姫「そうよ、初めはドッキリか何かだと思ったんだけど、海未と花陽も倒れてたから…」

凛「凛は?」

海未「本当に申し訳ないです…」

花陽「心配かけてごめんね、真姫ちゃん…」

真姫「いいのよ、別に」

凛「凛は?」

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/22(火) 07:27:39.38 ID:V6CxxQSw0
六畳一間

真姫「はぁ…二人同時なんてあり得たのね…」

真姫「そうだ、カメラの数字は…10!」

真姫「って事は、一回の挑戦で10回までって感じね…昨日あんなに焦らなくて良かったじゃない…」

真姫「そういえば部屋の状態は毎回リセットだったっけ…ちょっと実験してみましょ、ほむまんを床に置いて…」

ポコッ ポコッ

真姫(あっ、減っていく)カシャ

33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/22(火) 07:31:25.28 ID:V6CxxQSw0
真姫(救出した海未も残ってるってことは…凛と花陽みたいに『誰かとの共通シーン』があるって事?)

真姫「それにしても…メンバー毎に難易度が違いすぎる…凛があの一枚で救出出来たって事は、個別シーンが無かったってことでしょ?」

真姫「…そこらへんもヒントになるのかしら?」

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/22(火) 19:32:25.22 ID:V6CxxQSw0
--------------

真姫「一番難易度が高いのって誰かしら…希? なんか失礼な気がするけど」

真姫「逆に低そうなのは…穂乃果ね、きっと」

真姫「まぁそれは置いといて…なにか、誰かを呼び寄せる様な物は…」

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/22(火) 19:35:27.63 ID:V6CxxQSw0
真姫「タロットカード…これは希のために必要な物ね…」

真姫「希が映るとは限らないけど、一応」パシャパシャ

真姫「隣にあるのは…黒板? 関係ない物もあるの?」

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/22(火) 20:36:51.69 ID:V6CxxQSw0
真姫「うーん…難しい…」

真姫「こんな狭い部屋にいるからかな…なんだか気持ちが滅入ってくる…」

真姫(そういえば…窓って空くのかな)ガチャ


ザァァァァァァァァァァァァァァ

真姫「雨降ってる…音なんてしなかったのに」

真姫「地面が見えない…ここから落ちたらどうなるのかしら」

ザァァァァ…ァァ…ァァァ…

真姫「雨が…あがった…?」





真姫「あっ…!」パシャ

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/22(火) 20:38:04.71 ID:V6CxxQSw0
コウサカ ホノカのばっちシーン!

やめーっ!
のこり2ばっちシーン!




トウジョウノゾミのばっちシーン!

カードがつげるんや
のこり1ばっちシーン!

42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/22(火) 20:42:37.16 ID:V6CxxQSw0

病院

真姫「まさかあんな風に出て来るなんて…希の写真も撮れたしラッキーね」

真姫「それにしても…穂乃果の方が枚数多いのね…驚きだわ」

真姫「あと確認出来てないのは…絵里と、ことりちゃんと」

真姫「にこちゃん…」



真姫「絶対助けるからね…」


--------------
今日はここまで

救出された3人にも何か動きが欲しいので一日考えてみます。

44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/26(土) 14:13:31.78 ID:RajlBK1i0
ここまで書いて今更だけどちゃんと綺麗にオチをつけられるか不安になって来ました


病室

海未「私達は目が覚めましたが…いつ退院なのでしょう」

花陽「原因がはっきりしないからって真姫ちゃんは言ってたけど…」

凛「通路側嫌だにゃ! なんか落ち着かないにゃ!」

花陽「ドア開けっ放しだもんね」

凛「散歩するって言っても院内だけだし…だいぶ暇だにゃ」

海未「他のみんなは大丈夫でしょうか…」

45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/26(土) 14:19:17.66 ID:RajlBK1i0
海未 (それにしても…やはり真姫はなにか知っているのでは?)

花陽「でも、やっぱり、ちょっと変だよね」

海未「…花陽?」

花陽「私達はみんな倒れて…真姫ちゃんだけ…」

凛「かよちん」

46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/26(土) 14:30:43.97 ID:RajlBK1i0
花陽「凛ちゃん…」

凛「海未ちゃん気にしないで、かよちん昔から風邪とか引くと悪い方に考える癖があるんだ」

海未「はぁ…」

花陽「ご、ごめんね二人とも…」

凛「まぁ、仮に真姫ちゃんが何か知ってたとしてもさ、それを言わないのはきっと凛たちの為だから、信じよ?」

花陽「うん…ありがと、凛ちゃん」

海未「凛…ですか? 本物の?」

凛「どういう意味にゃ!?」




海未 (私も…少しネガティブになっていたのかもしれないですね)

47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/26(土) 15:59:37.78 ID:RajlBK1i0

六畳一間


真姫「三人の会話を廊下で聞いちゃったけど、凛があんな事言えるなんてね」

真姫「疑われるのも仕方ないわね…実際この部屋の事は言ってないし」


真姫「信じてもらえてるうちに、みんな助けるわ…!」

48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/26(土) 17:00:16.69 ID:RajlBK1i0
真姫「とりあえず今回の目標は未発見メンバーを見つける事ね、安否の確認が優先」

真姫「にこちゃんは…キッチンとか居そうね」パシャパシャパシャ

真姫「エリーは…勉強机のうえとか?」パシャ


真姫「窓開けとこ…雨降ってるけど穂乃果が晴れにしてくれるし」

真姫「…なんか私この部屋楽しんでない?」

53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 07:08:44.04 ID:L85x1hFU0
真姫「この部屋に来るのって何回目かしら…」

真姫「みんなが倒れた原因も、写真を撮ると起きる理由もなにもわからない…」

真姫「今更だけど、夢オチとかないかしら」

パタパタパタ…

真姫 「何の音?」

真姫「窓の方から? 写真とっておこう」パシャパシャ

54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 07:10:32.51 ID:L85x1hFU0
真姫「あと他に何かないかな…」

真姫「あれ? この黒板…なにか書いてある、小さくて読めないけど…」

真姫「前にこんな文字書いてあったっけ?」パシャ

真姫「そういえば、花陽の一枚目みたいに、待ってれば何かが起きることもあるのよね」

真姫「しばらく待ってみよう…」

55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 07:12:03.24 ID:L85x1hFU0

パタパタ…

真姫「さっきの音…床の方に移動したのかな」パシャパシャパシャ

真姫「よし…今回はこんなものかな…」



ガタンッッ!!

真姫「キッチンの方から…!?」

真姫「食器が散らかってる…一体誰が…」パシャ

56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 07:13:06.62 ID:L85x1hFU0
ミナミコトリのばっちシーン!
ちゅんちゅん

アヤセエリ・トウジョウノゾミのばっちシーン!
えりちゃん先生の授業

コウサカホノカのばっちシーン!
さんにんいっしょ!
のこり1ばっちシーン


ヤザワニコのばっちシーン!
いたずらにこちゃん
のこり1ばっちシーン



ミナミコトリ
アヤセエリ
トウジョウノゾミ とハンメイ!
ただちにレスキューせよ!

57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/29(火) 07:17:35.94 ID:L85x1hFU0
真姫「やった…一気に三人も助けられた…!」

真姫「それにしても…ことりに羽根が生えてたり、エリーが希になにか教えてたり、あの部屋で皆は何してるのかしら…」

真姫「にこちゃん、穂乃果…待っててね…すぐ助けるから」

64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 07:34:36.17 ID:P6dtuYeO0
病室

ことり「真姫ちゃん以外の皆が倒れたの…?」

海未「信じられませんが、本当なんです…」

凛「あと目が覚めてないのは…穂乃果ちゃんとにこちゃんだね…この調子ならきっと二人も起きるよね!」

海未「きっと、起きますよ」



花陽「…どうして絵里ちゃんと希ちゃんは同じベットで体育座りしてるの?」

絵里「ナンデモナイノヨ」
希「ナンデモナイノヨ ナンデモ」

65: まちがえてsageちゃった 2014/08/05(火) 07:35:57.77 ID:P6dtuYeO0
六畳一間…?



真姫「さっ…今回で終わらせて、って、あれ!? 違う場所になってる!?」

真姫「ちょっと…! あと少しなのに! もう手遅れって事!!?」


マザー「ようこそ」

真姫「きゃあああああ!!!?」

マザー「おちついて」

真姫「に、日本語…?」

真姫 (いけない…パニックになるところだった…)

マザー「あなたにあやまりたくて、ここによびました」

真姫「謝る…? ていうかここどこ……?」

マザー「ここはUFOのマザールームです」

真姫「UFO!?」

66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 07:37:12.45 ID:P6dtuYeO0
真姫「そ、そんなの信じられるわけ…!」

真姫 (って、こんな巨大タラコ唇が目の前で喋ってる時点で…か)

マザー「あなたにあやまらなくてはなりません」

真姫「…どういうことよ」

マザー「あなたのトモダチがたおれたゲンインは『ブラックコスモ』というやつらのせいなのです」

真姫「なによその幼稚な名前の…っ!」

真姫 (とりあえず話が終わるまではツッコまないでおきましょう…)

マザー「?」

真姫「…つづけて」

67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 07:38:33.76 ID:P6dtuYeO0
マザー「やつらはワレワレのUFOをリャクダツしようとし、しっぱいしてチキュ~にフジチャクしました」

マザー「ほんらいならワレワレがレスキューしなくてはなりませんが、ワレワレもあくのそしきをタダでレスキューはしたくない…」

マザー「するとやつらはあなたがたをヒトジチにとり、あのへやにとじこめ、ワレワレをキョウハクしてきました」

マザー「しつもんはありますか?」

真姫「どうして私だけ無事なの…?」

マザー「いちはやくブラックコスモにきがついた隊員があなたをUFOにひなんさせたのです」

真姫「UFOに!? そんなワケ…」

マザー「もちろん、UFOのきおくはけさせてもらってます」

真姫「な、なんで…?」

マザー「でないと…あなたが…」

真姫「…」

マザー「…」

真姫 (…なによ!!!)

68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 07:40:04.05 ID:P6dtuYeO0
マザー「ふつうは、ワレワレとかんけいのないチキュ~ジンをたすけることはありません、しかし、あなたをたすけてしまった」

真姫「そっちとしても、無視出来なくなったってワケね…」

マザー「そこで、ワレワレはあなたをあのへやにおくりこむことにしました」

真姫「なんでそうなるの!?」

マザー「あのチキュ~ジンたちをよくしっているあなたのほうがレスキューがかんたんだったからです」

真姫「じゃあ私は毎晩寝てる間にキャトられてたって事…?」

マザー「そうなります」

真姫「………もう頭が痛くなりそう」

69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 07:41:11.38 ID:P6dtuYeO0
真姫「それで、なんで急にここに連れて来たの?」

マザー「なかなかヨウキュウをのまないワレワレに、ブラックコスモがチキュ~をバクハするとセンゲンしました」

真姫「は………?」



マザー「これがショウシンショウメイ、さいごのチャンスです」

真姫「どういう、ことよ…!?」

マザー「ブジにレスキューできれば、あなたがたのキオクからこのジケンのことはきえるでしょう」

真姫「ちょっと…! まだ聞きたいことは…!!」








マザー「またね…」

70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 07:43:30.42 ID:P6dtuYeO0
遅いけど、補足ついでに更新遅くなってごめんなさいの謝罪。


補足
ゲーム本編では宇宙人をレスキューした時、それに応じてゲーム内の未来が変わる事があります。

今回は真姫ちゃんを「皆が倒れた直後」の六畳一間に送ることで、「皆は倒れるもののすぐに起きる」という未来に変えようとしています。


あとブラックコスモはみんなの意識を宇宙人化させる技術を持ってたみたいな感じで…。

71: ごはんたべてくる 2014/08/05(火) 07:45:31.38 ID:P6dtuYeO0
真姫「残ってるのはにこちゃんと穂乃果が一枚ずつ…やってやるわ!」

真姫「とりあえず、にこちゃんはキッチンの方にいるはず…」

真姫「ここで待ってれば食器が倒れて…前に撮った写真の場面になる…」

真姫「問題は…その前か後か…撮るタイミングはいつなの…?」

カタンッ

真姫 (音がした…!)カシャ

真姫「…やった、映ってる…!」

真姫「これでにこちゃんは終わり…!?」


真姫「…」


真姫「違うの…? ばっちシーンじゃないの…?」

真姫「……」

真姫「……もうっ…!」

72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 07:59:50.66 ID:P6dtuYeO0
真姫 (にこちゃんのばっちシーン…何か手がかりは…何か…)

真姫 (にこちゃんの…ばっちシーン…写真…ポーズ……ポーズ?)

真姫「決めポーズ…にっこにっこにー…?」

真姫「わかった…! きっとそれだ…けど、いつするのよ…?」

ガタンッッ!!

真姫 (食器が倒れた…! もう時間が…!)

真姫 (にこにこにーをやるタイミングって…!? いつもどんなときやってたっけ…!?)



にこ『に…にっこにっこにー…』



真姫「なにか…誤魔化すとき…?」

74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 08:04:48.99 ID:P6dtuYeO0
真姫「まず一枚撮る…!」

真姫 (時間を開けて…)

真姫「もう一枚!」

真姫「これで…!」

--------------
ヤザワニコのばっちシーン!
にっこにっこにー!

ただちにレスキューせよ!
--------------

真姫「あとは、穂乃果だけ…!

真姫「早く見つけないと…って」

真姫「なにこれ…? 机の上に何か…小さい…舞台…?」

真姫「これ…文化祭の時のセットにそっくり…」

真姫「周りにいっぱい部品が…組み立てろって事…?」

75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 08:08:19.79 ID:P6dtuYeO0

真姫「完成した…! もう時間が無い…!」

真姫「これで、最後…!」カシャッ

--------------
コウサカホノカのばっちシーン!
みんないっしょ!

ただちにレスキューせよ!
--------------

真姫「みんなが舞台に立ってる…かわいい…」

真姫「や、やった…終わった…」

真姫「これで、みんなは…」

真姫「ふぅ…なんだか疲れちゃった…」

真姫「…」

真姫「…?」

真姫「どうして戻らないのよ…?」

76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 08:12:47.46 ID:P6dtuYeO0
真姫「どうして戻らないの…!? もう全員助けたはずでしょ!?」

真姫「どういうことよ! 何が起きてるの! さっさと戻しなさいよ!」

真姫「なによ、これ、いみわかんない…」


パシャ!

真姫「え…?」

真姫 (なにあの、タコみたいな、いきものは)

77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 08:14:24.46 ID:P6dtuYeO0
ニシキノマキのばっちシーン!
イミワカンナイ

ただちにレスキューせよ!

78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 08:15:30.72 ID:P6dtuYeO0
…き…ゃん……

真姫 (わたし…どうなったの…?)

まきちゃん……

真姫 (なにかきこえる…うるさいわね…こっちは考え事を…)




にこ「真姫ちゃん!!」

真姫「?ぇえ!?」

79: 次ちょっとだけ地の文入るので注意 2014/08/05(火) 08:18:15.66 ID:P6dtuYeO0
ことり「よかったー、目が覚めたね」

海未「どうなることかと思いましたよ…」

真姫「あ、あれ、みんな…?」

穂乃果「練習してたら真姫ちゃんが急に倒れちゃって…覚えてる?」

真姫「えーっと…」

花陽「真姫ちゃん、大丈夫…?」

絵里「真姫は意地っ張りだから、どうせ朝から体調悪かったんでしょ?」

凛「疲れてるなら寝るのが一番にゃ」

希「身体壊したら元も子もないで」

真姫「ご…ごめんなさい…」


にこ「本当に…心配したんだから…」

真姫「にこちゃん…」

絵里「真姫は、今日はもう家で休んでなさい」

真姫「ありがとう…そうさせてもらうわ…」

80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 08:20:19.38 ID:P6dtuYeO0
家に帰ると、手紙が机に置いてあった。
マザーからの、改めて謝罪の言葉とすぐにUFOに戻せなかった事の説明。

あの時、マザー達はブラックコスモを捕まえて居たらしく、私の回収に時間がかかったとの事。
それからその他諸々のUFOについては他言してはならないだとか、そういう注意や説明。

真姫「なるほどね、皆が倒れた瞬間私が助けて、その後で私を元の場所に戻したから私だけが倒れて居たような状況になったと…」

真姫「あとこれは、写真?」

真姫「これ、私が最後出られなくて泣きそうになってる所…あのタコの宇宙人が撮ったやつね…」

81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 08:22:48.40 ID:P6dtuYeO0

真姫 (確かに未来は変わった…けど)

真姫 (皆が人質に取られ、地球が爆破される未来も存在したんだと、忘れない様に、この写真は、一生持ち続けよう)

真姫 (私だけが知ってる未来を、忘れちゃいけないから)










82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 08:24:04.25 ID:P6dtuYeO0
音楽室

真姫「なんか頭の中で同じ歌がずっと流れてる…こんな歌聞いたこと無いのに…」

海未「どんな歌なんですか?」

真姫「すごい変な歌よ…」

海未「笑ったりしませんよ」

真姫「じゃあ…伴奏付きで…」



真姫「見えない君を~、探すボクには~、六畳一間は~、宇宙のひーろさ~♪」

海未「!」

真姫「…ね? 変な歌でしょ? なんか恥ずかし…」


海未「次の曲は…その歌をベースに作りませんか…」

真姫「?ぇえ…!?」




真姫「六畳一間は、宇宙の広さ♪」 終

88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 08:44:26.44 ID:P6dtuYeO0
三人の目覚め


絵里「あれ…ここは?」

希「たぶん、ここは病院やで」

絵里「その声…希…どこにいるの?」

希「…絵里ちの前に居るで?」

絵里「どこよ…こんな真っ暗じゃなにもわからないわよ……」

希「え…?」

絵里「どこよ希…真っ暗でなにも見えないの…意地悪はやめて明かりを点けてよ…希…」

希「絵里ち、まさか」










ことり「夜の2時だからね…」

89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 08:47:04.62 ID:P6dtuYeO0
絵里「最後までやらせてよことり…」

ことり「なんで寝起きでそんなコント出来るのか不思議だよ…」

希「修学旅行の時、このネタで同じ部屋の人爆笑させたんやで…」

ことり「オチ気になってきちゃった…止めなきゃ良かった…」

絵里「ていうか本当にここどこ? 私達病院に送られる様なことあったっけ?」

希「それはもう明日誰かに聞くしかないやろ」

ことり「それよりさっきのもっかいやって」

希「その振りでことりちゃんが笑えるならやったる」

90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 08:51:42.76 ID:P6dtuYeO0
ことり「大丈夫、たぶん笑えるよ」

絵里「希…この子悪魔よ」

希「自分がいかにボケ殺ししてるのかわかってないんや…」

ことり「あくまでも…ぴゅあぴゅあだからさ…」

絵里「じゃあやるわよ…絶対笑いなさいよ…! 絶対笑いなさいよ…!」





数分後、ことりの「そんなに面白くないね」発言により二人は枕を濡らすことになる。


三人の目覚め 終

91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 08:56:09.26 ID:P6dtuYeO0
これにて本当の本当におしまい。