1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 23:16:38.64 ID:wd4jIZFB0

玄「ああ、危ないっ!アンパンマソ逃げて」


玄「いいよ!そのままやっつけちゃえ!」


玄「いけっ!そこだよ!アンパー……」




―――――番組の途中ですが、ここで臨時ニュースです




玄「え?」


玄「ああ、もう!いいところだったのにっ」プンプン


玄「臨時ニュースだなんて」


玄「ないかくかいぞう?」


玄「何のことだろう?」


玄「でも私もずっと賢い玄ちゃんでいるために」


玄「こういうニュースもまじめに見るよ!」フンスッ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410272188

引用元: 玄「ないかくかいぞう?」 

 

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A スマートフォンクリーナー 松実玄
ペンギンパレード (2013-04-27)
売り上げランキング: 173,350
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/09(火) 23:17:51.45 ID:wd4jIZFB0

―――――では、宮永総理から発表していただきます




玄「ほえー、今の総理大臣って宮永さんって言うんだ」


玄「知らなかったのです」


玄「……ってあれ?あの人………!?」




―――――照「総理の宮永です」


―――――照「ただいまから内閣の発表をさせていただきます」




玄「チャンピオン!?」

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 23:19:09.06 ID:wd4jIZFB0

―――――照「まず副総理には、私の妹でもあります宮永咲」


―――――咲「よろしくお願いします」


―――――照「続いて各大臣ですが……」





玄「え、なんで……?」


玄「みんなインターハイに出てた人ばっかり」


玄「なんで………」


玄「なのに、なんで私は選ばれなかったの!?」ムスッ


玄「いいよね私が選ばれても!」


玄「チャンピオンから倍満あがったんだよ!?」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 23:20:00.62 ID:wd4jIZFB0

玄「……はっ!いけないいけない」


玄「ちゃんとニュースを見なくちゃ!」


玄「ふむふむ…」


玄「だいじんって人たちもインターハイにいた人たちばっかり」


玄「愛宕洋榎さん、江口セーラさん、天江衣さん、片岡優希さん……」


玄「薄墨初美さん、あの永水の外れ枠のひとかー」


玄「高鴨穏乃さん、……って穏乃ちゃんっ!?」


玄「え!?穏乃ちゃんが!?だいじん!?」


玄「……全然知らなかった」


玄「なんで穏乃ちゃん教えてくれなかったんだろう……」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/09(火) 23:31:44.59 ID:wd4jIZFB0

玄「でもすごいことだよねっ!」


玄「阿知賀からだいじんが出るなんて!!」


玄「みんなでお祝いしないと!」


玄「穏乃ちゃんにはサプライズにしたいよね」


玄「そうだ!憧ちゃんに電話してみよう」



Trrrrrrrrrrrr……………ガチャッ



玄「あ、もしもし憧ちゃんー?」


憧「…………玄?」


玄「ニュース見たー?」


玄「穏乃ちゃんすごいよねー!」


玄「今度みんなでお祝いしようよ!」


憧「………」


玄「……憧ちゃん?」


憧「……もう……駄目なのよ」グス


玄「憧ちゃん!?どうしたの!?」


憧「……もうしず…私たちとは会えないって……」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/09(火) 23:36:28.06 ID:wd4jIZFB0

玄「そっかー」


玄「だいじんって忙しそうだもんね」


玄「でもお休みのときはまたみんなで集まろうよ!」


憧「――そういうことじゃないのっ!!!」


玄「ひっ」ビクッ


憧「あ…ごめん…」


玄「ううん、大丈夫だけど……」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 23:37:47.96 ID:wd4jIZFB0

玄「じゃあ穏乃ちゃんとはもう二度と会えないの…?」


憧「分からないけど…しずはそう言ってた」


玄「憧ちゃん、穏乃ちゃんが大臣になること聞いてたの?」


憧「おととい話してくれたのよ」


憧「憧にだけは教えるって…」


玄「そっかー……」


玄(なんで私には……)


憧「玄、落ち込まないで。しずは言ってた」


憧「ほんとは玄さんにも伝えたい」


憧「でも玄さんにだけは伝えられないって」


玄「…どういうこと?」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/09(火) 23:48:07.02 ID:wd4jIZFB0

憧「分からない。いや、分からなかった」


憧「しずは


『この国を変えるために戦う』


『ごめん憧、でもお前だけは絶対に守るから』


  ってしか言わなかったから」


憧「でもさっきのニュースで…分かったわ」


玄「ニュース?」チラッ

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 23:49:29.11 ID:wd4jIZFB0

―――――それでは宮永総理からお話があります




憧「玄、内閣のメンバー見た?」


玄「え、うん見たよ」




―――――照「国民の皆さん、こんにちは宮永照です」




憧「なんか共通点なかった?」


玄「共通点?あ、高校女子麻雀部の人ってこと?」




―――――照「今日は皆さんにひとつ大事な政策の発表があります」




憧「じゃなくて!ほらもっと別の!」


玄「えーと、別のって言われても…」

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 23:51:07.78 ID:wd4jIZFB0

―――――照「私たちは平等のもとに生きていかなければなりません」




憧「あんたが好きなものよ!」


玄「好きなもの?おねーちゃん?ドラ?」




―――――照「しかしこの世の中は不平等で満ちあふれている」




憧「もうっ!なんで分からないのよ!」


玄「だって正直、興味ない人たちばっかりだったので…」




―――――照「そこで私たちはひとつの政策を打ち立てました」




憧「そうそれよ!なんで玄は興味がないの!?」


玄「それはだって…おもちがないから…」




―――――照「その名も『おもち廃絶法』」




玄「!?」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/09(火) 23:59:00.53 ID:wd4jIZFB0

玄「え…!?」


玄「憧ちゃん…?今、照さんなんて……?」


憧「…そのままの意味よ」




―――――照「同じ人間であるにも関わらず」


―――――照「おもちを持つものと持たざるもので」


―――――照「差別される世の中になってしまいました」


―――――照「そんな不平等を廃絶すべく」


―――――照「我々は、今日から全国民のおもちを均等にします」




玄「そんな……」


玄「どんなおもちも素晴らしいのに!」


玄「みんな違ってみんないいのに!」


玄「それをなくそうだなんて…」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:00:06.75 ID:wd4jIZFB0

―――――照「そして、均等にする基準となるサイズですが」


―――――照「予算等を考慮し、話し合いを行った結果」


―――――照「この私のおもちを基準にすることで決定いたしました」


―――――照「つまり、国民の皆さん全員が私と同じサイズのおもちになります」




玄「はあああああああああああああああああああああああああ!?」


玄「この世界があのおもちだらけになるの!?」


玄「もはやおもちというより、おもちに巻く海苔みたいなあれに!?」


玄「そんなの絶対だめだよ!!!」


憧(どんなおもちも素晴らしいんじゃなかったの…?)

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/10(水) 00:01:51.97 ID:u9SA61fn0

玄「うがああああああああああああああああああああああああ」


憧「ちょっ落ち着いてよ、玄!」


玄「ふうううう……ふうううう……」


憧「私もこの政策はおかしいと思う」


憧「それにしずにだってまた会いたい!」


憧「だから玄、……戦おう?」


玄「ふううう………え?戦う?」


憧「そう!私たちでこの政策を止めるのよ!」

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:23:25.52 ID:u9SA61fn0

玄「うがああああああああああああああああああああああああ」


憧「ちょっ落ち着いてよ、玄!」


玄「ふうううう……ふうううう……」


憧「私もこの政策はおかしいと思う」


憧「それにしずにだってまた会いたい!」


憧「だから玄、……戦おう?」


玄「ふううう………え?戦う?」


憧「そう!私たちでこの政策を止めるのよ!」

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:25:02.97 ID:u9SA61fn0

玄「そんな…できるわけないよ………」


玄「だって相手はチャンピオンだし……」


憧「そんなの関係ないって!」


玄「でも……」




―――――照「驚かれている方も多いと思います」


―――――照「しかし私たちは当然、皆さんに危害を加えるつもりはありません」


―――――照「皆さんの心配を和らげるために」


―――――照「ここで実際に私たちの政策をご覧いただこうと思います」


―――――照「薄墨さん、お願いします」


―――――初美「はいですよー」


―――――初美「じゃあ、出てきてくださいですよー」

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:26:21.48 ID:u9SA61fn0

―――――霞「…はっちゃん、これはどういうつもりかしら?」


―――――初美「喜んでくださいですよー」


―――――初美「記念すべき一人目なんですから」


―――――初美「ばばあには辛そうなその重りをなくしてあげますからねー」




玄「あっ!永水の石戸さん!!」


玄「私、あの人に会うことだけを目標にインターハイ頑張ったの!」


玄「もう一度会いたいなー」///


憧「それどころじゃないでしょ…」


憧「あんたのその生きがいが今消えようとしてるのよ」


玄「はっ!いや、やめて!」

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:27:28.10 ID:u9SA61fn0

―――――霞「初美ちゃん?誰にそんな口の聞き方を教わったのかしら?」


―――――霞「私が教えてあげるわ」


―――――霞「ちょっとこっちへいらっしゃい?」


―――――初美「はいはい、いくらでも行きますよー」


―――――初美「でも覚えていてください?」


―――――初美「大臣の私になにかしたら、その瞬間牢屋にどーんですよー」


―――――霞「―――なっ」


―――――初美「ほらほら霞ちゃん、じゃあ行きますよー」




玄「ああ、石戸さんどこかへ連れて行かれちゃった……」

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:28:06.86 ID:u9SA61fn0

―――――初美「ただいまおもち除去を行っているのですよー」


―――――初美「ほんの5分で終わるのでちょっと待っててくださいねー」


―――――初美「チャンネルはそのままでっ!」




玄「ああ……ほんとに……あのおもちが……」ガクガク


憧「あれだけのものがほんとにチャンピオンみたいになるのかしら…?」

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:29:05.91 ID:u9SA61fn0

―――――初美「お待たせしたですよー」


―――――初美「ちょうど除去が終わりましたですよー」


―――――初美「では登場していただきましょうどうぞー」


―――――霞「……」ペター


―――――霞「初美ちゃん……許さないから………」


―――――初美「これはこれは、ばばあが何か言ってるですよー」


―――――初美「でも、顔に比べて随分貧相な体ですねー」


―――――霞「……覚えていなさい」プルプル


―――――初美「でも前よりも可愛げがあっていいと思うのですよー」


―――――初美「これからは四十肩に悩まされずにすんでよかったですねー」


―――――初美「以上!中継でしたー」

27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:29:39.66 ID:u9SA61fn0

憧「うわー……ほんとにぺちゃんこになっちゃった」


玄「………憧ちゃん」


憧「うん?」


玄「―――私、決めたっ!」


憧(お、ようやく戦う気になってくれたみたいね)


玄「私、死ぬ!」


憧「そっか……って、はあ?」


玄「だってもう生きがいもなくなって」


玄「生きてる意味ないんだもん!!」うわーん


憧「ちょっ、ちょっと待ちなさいよ!」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:30:16.85 ID:u9SA61fn0

玄「じゃあね、元気でね憧ちゃん」


憧「待って待って!電話切らないでっ!!」


憧「じゃあ宥姉はどうするのよ!」


玄「え、おねーちゃん………?」


憧「あんたがいなくなったら、誰が宥姉を守るのよ!」


憧「宥姉を守るためにも、私たちは戦うしかないの!!」


玄「……そうだ、約束したんだ」


玄「おねーちゃんは玄が守ってあげるって」


憧「その約束破るつもり?」


玄「そんなこと……私にはできないよ」


玄「憧ちゃん、やっぱり私戦うよ」


憧「うん」


玄「おねーちゃんのおもちは私が守るっ!」

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:30:59.15 ID:u9SA61fn0

憧(ふう…なんとか説得できたわね…)


(ピンポーン)


宥「くろちゃーん、誰か来たみたいだよー」


玄「あ、お客さんが来たみたい」


玄「またね、憧ちゃん!ありがとね!」


玄「おもち戦争、頑張ろうねっ!」


憧「あっ玄待って!その客危ない人かm……」


ツーツーツー


憧「切れてる………」


憧「玄が……危ない……!」

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:31:28.11 ID:u9SA61fn0

宥「私が出ようかー?」


玄「ううん大丈夫、もう電話終わったから」


玄「おねーちゃんはこたつに入ってていいよ!」


宥「ごめんねー…ありがとう玄ちゃん」


玄「お任せあれ!」

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:32:07.71 ID:u9SA61fn0

玄「さてと、今日は松実館もお休みなのに」


玄「いったい誰なんだろう?」




玄「はーい、今開けますねー!」


玄「こんにちはー、いったい何のご用で…って」


灼「ごめんください」


玄「灼ちゃん!」


玄「またなんで私の家なんかに?」


灼「……まあちょっとね」

33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:32:49.38 ID:u9SA61fn0

玄「そうだ灼ちゃん!ニュース見た!?」


玄「穏乃ちゃんがだいじんになってたんだよ!」


玄「びっくりしたよねー」


灼「確かに」


灼「穏乃が大臣なんて想像できない」


玄「だよねー」


玄「でもひどいよね!私たちに知らせずに行っちゃうなんて」


灼「……まあ穏乃にもいろいろあったんだとおも」

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:35:04.96 ID:u9SA61fn0

玄「それにしてもおもち廃絶法なんてあんまりだよね!」


玄「人権無視もいいとこだよ!」


灼「……玄から人権なんて言葉が出るなんて」


玄「私は小学生じゃないんだよ!?」


灼「でもやっぱりね、玄は反対すると思ってた」


玄「そりゃそうだよ!おもちがなくなるんだよ!?」


玄「灼ちゃんだって嫌でしょ!?」


灼「私はそんなに…」


玄「えっ」

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:35:47.11 ID:u9SA61fn0

玄「でも私は認めない!」


玄「この法律を止めるために私は戦うんだ!」


灼「……」


灼「そう言うと思ってた…」


灼「だから私が来たんだよ」



ガシャッ



玄「…えっ?」

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:36:20.97 ID:u9SA61fn0

玄「え……?手錠……?」


玄「どういうこと!?灼ちゃん!」


灼「松実玄。あなたを国家反逆罪で逮捕する」


玄「……え?灼ちゃん?」


灼「ごめんね玄」


灼「私も内閣の一員なの」


灼「今日ここに来たのも命令されたから」


灼「松実玄を捕まえろってね」


玄「そんな……嘘だよね……?」


灼「だめじゃん玄、そんな無警戒で玄関開けたら」


灼「しかも来たの私だよ?メンバー見たんでしょ?」


灼「あの中に私がいないわけないじゃん」

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:36:57.38 ID:u9SA61fn0

玄「そんな……灼ちゃん……嘘だと言ってよ……!」


灼「あーもうひとつ命令があったんだった」


玄「え…?」


灼「松実宥を連れて行くっていうね」


灼「二人目のおもち除去は宥さんなんだってさ」


灼「宥さん、中にいるよね?」


玄「……おねーちゃんには、手を出さないで!」

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:37:39.32 ID:u9SA61fn0

灼「…それは無理」


灼「総理じきじきの命令だから」


灼「ごめんね、玄」


玄「いや、待って!やめて灼ちゃんっ!!」


灼「玄はそこで待っててよ」


灼「すぐ戻ってくるから」


玄(……ああ)


玄(私は結局おねーちゃんを守れないんだ……)


灼「おじゃましまs」ドカッ


灼「ぐえっ!………」チーン


玄「!」

39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:38:17.68 ID:u9SA61fn0

玄「え?」


「早く逃げましょう、玄さん!」


玄「え、あなたは……」


「いいから早く!」


玄「でもおねーちゃんがまだ家の中に……」


「じゃあ宥さんを早く連れて来てください!」


玄「…分かったよ!」

40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:38:56.55 ID:u9SA61fn0

――――――――――――――――――――――


宥「はあはあ…玄ちゃん……もう疲れたよお…」


「もうこの辺で大丈夫だと思います」


玄「ふう…結構遠くまで来たね」


「追っ手が来てしまいますから」


玄「ほんとにびっくりしたよ、ありがとう穏乃ちゃん!」


穏乃「いえ、二人とも無事でよかったです」

41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:39:39.29 ID:u9SA61fn0

宥「あの……二人とも何から逃げてたの……?」


穏乃「あ、宥さんは知らないんですか」


玄「おねーちゃん、こたつに顔まで入ってるからテレビ見れないんだよね…」


玄「あのね、おねーちゃん…」



――――――――――――――――――――――――――――――



宥「あったかくない……」ブルブル


玄「それにしても穏乃ちゃん」


玄「どうして私たちを助けてくれたの?」


玄「穏乃ちゃんも内閣の一員なんじゃ……?」

42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:40:11.71 ID:u9SA61fn0

穏乃「それは…そうなんですけど…」


穏乃「私、もともとこの法律に賛成じゃないんです」


穏乃「みんなのおもちを奪うなんておかしいじゃないですか!」


玄「うん、そうだよね!」


穏乃「でも……脅されて……」


穏乃「賛成しないと…憧を一番最初におもち除去するって……」


穏乃「賛成すれば、憧だけは許してあげるって……」


玄「そっか、つらかったんだね」


穏乃「でも玄さんたちを裏切ることなんて…できなくて……」


穏乃「ごめんなさい、玄さん宥さん……私……私……」


玄「ううん、よく頑張ったね。穏乃ちゃん」


玄「現に穏乃ちゃんは私たちを助けてくれた」


宥「あったかーい」


玄「本当にありがとね、穏乃ちゃん」


穏乃「玄さん………」グス


玄「これからは私がみんなを守る番だよっ!」フンムッ

43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:40:44.75 ID:u9SA61fn0

「――――――――ほう…では守ってみせてもらおうかな」


玄「―――――っ!?」


宥「誰!?」


穏乃「………この声は…」


照「まさか裏切るとはね、高鴨さん」


穏乃「………チャンピオン」

44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:41:24.19 ID:u9SA61fn0

照「もう私はチャンピオンじゃないよ」


照「私は、この国の総理大臣だ」


玄「出たな!チャンピオン!」


玄「この法律今すぐやめるのです!」


玄「さもないと私があなたを倒す!」


照「あなたが私を…?」


照「あんなにボコボコにされて涙目になっていたあなたが?」


玄「――――うるさいっ!」

45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:41:54.29 ID:u9SA61fn0

玄「おねーちゃん、大丈夫。玄が必ず助けるから!」


宥「玄ちゃん…」ウルウル


穏乃「…総理自らがこんなところに来て」


穏乃「いったい何の用ですか?」


照「用?決まってるでしょ」


照「松実姉妹を捕まえに来た」

46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:42:31.45 ID:u9SA61fn0

照「さあ高鴨さん、早く二人をこちらに」


穏乃「…もう私は命令には従いません」


穏乃「裏切らないって決めましたから」


照「そんなことを言っていられるの?」


穏乃「?」


照「これを見なさい」



憧「んーーーーんーーーー!」ジタバタ



穏乃「あ、あこ……」


玄宥「憧ちゃんっ!!」


照「これで分かってくれる?」


照「とりあえず松実宥さんだけ連れて来てくれればいいから」


照「そしたらこの子は解放する」

47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:43:08.69 ID:u9SA61fn0

穏乃「……」


穏乃「そんな……」


宥「穏乃ちゃん、行こ?」


穏乃「宥さんっ!?」


玄「おねーちゃん!?」


宥「私のおもち程度で憧ちゃんが助かるなら安いものだよ?」


穏乃「でも…宥さんは……」


宥「大丈夫、ここは先輩に任せて」

48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:43:39.39 ID:u9SA61fn0

玄「そんな、待ってよおねーちゃん!」


玄「行かないでよおねーちゃん!」


玄「私がおねーちゃんを…助けないといけないのに」


玄「また……助けられないんだ」グス



――――――――――――――――――――


――――――――――――――

50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:44:23.03 ID:u9SA61fn0

宥「―――――玄ちゃん?玄ちゃん?」


玄「ん……あれおねーちゃん?」


宥「大丈夫?汗すごいよ?悪い夢でも見てた?」


玄「え………夢………?」


玄(確かに……おねーちゃんのおもち健在だ……)


宥「あ、今タオル持ってくるから」


玄「あ、待っておねーちゃん!」


宥「ん?どうしたの玄ちゃん」






玄「おねーちゃんは、どんなことがあっても


玄「玄が絶対守るから!」






カンっ!

51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 00:48:05.70 ID:u9SA61fn0

照「クシュン」


菫「おいおい風邪か?」


照「誰かが……私の噂してる」


菫「まあお前はチャンピオンだしな」


菫「どこでどんな噂されててもおかしくないな」


照「怖い…」






霞「初美ちゃん?どういうことかしら?」


初美「な、なにがですかー?」


初美「別に霞ちゃんのこと、ばばあなんて言っていないですよー」


初美「あ…」


霞「ふふふ、初美ちゃん…ゆっくりお話しましょうね」


初美「いやー助けてくださいですよー」





晴絵「悪いな灼、一人だけ手伝い頼んじゃって」


灼「ううん、部長だから」


灼「それにハルちゃんと一緒にいれるし」


晴絵「でも他の奴らは遊びに行っちゃったんだろ?」


灼「終わったら私も合流するし」


灼「ほら、はやくやっちゃお、ハルちゃん!」




もいっこカンっ!



悪役を演じさせてしまったキャラたち、ならびにそのファンの方
不快な思いをさせてしまいごめんなさい。
本当は玄ちゃんの頭の中だけだったので許してください