1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 22:40:29 ID:oZBOhXdA
魔人ブウとの死闘から、ほんの少し時間が経ったある日──



─ 悟空の家 ─

クリリン「よう、悟空!」

悟空「クリリンじゃねえか! どうしたんだ?」

クリリン「実は俺さ、セルとの戦いの時、未来のトランクスと一緒に」

クリリン「ドクター・ゲロの基地に忍び込んだことがあるんだけど──」

クリリン「あの時、面白いもんを見つけたんだ」

悟空「面白いもんって?」

クリリン「俺たちとベジータたちサイヤ人の戦いを記録した装置だよ」

引用元: 悟空「トランクスに悪人時代のベジータの映像を見せてみっぞ!」 

 

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 22:45:08 ID:oZBOhXdA
クリリン「だけど……あの戦いは俺にとってもイヤな思い出だし」

クリリン「つい拾っちまったはいいけど、今までずっとほったらかしにしてたんだ」

クリリン「でも、あれからもうずいぶん経ったし……」

クリリン「久々にあの戦いを振り返るってのもいいかもな、と思ってさ」

クリリン「で、どうせならお前も一緒にどうかな……って」

悟空「そうだな! 昔の戦いを見るってのもいい修業になるしな!」

悟空「ところでどうやって見るんだ?」

クリリン「テレビさえあれば、この装置を接続して中身を見られるようになってる」

悟空「そっか!」

悟空「なら今は悟飯もいるし、一緒に見ようぜ!」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 22:48:17 ID:oZBOhXdA
チチ「テレビ?」

チチ「なぁ~にいってるだか!」

チチ「テレビは今朝、悟空さが壊しちまったでねえか!」



悟空『テレビの調子が悪い?』

悟空『大丈夫だ、こういうのは叩けば直る!』

バキィッ!

悟空『あ、いっけねえ!』



チチ「──って」

悟空「そういやそうだったな~」

クリリン「相変わらずだなぁ、お前は……」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 22:51:43 ID:oZBOhXdA
悟空「じゃあ、ブルマんち行こうぜ! オラなら瞬間移動でひとっ飛びだ!」

悟空「それに、ベジータだって見たいだろうしな」

クリリン「見たがるかなぁ……」

悟空「そうだ、悟飯と悟天も来いよ!」

悟飯「はい、分かりました!」

悟天「うん!」

チチ「ついでにブルマさんからテレビもらってきてけれ」

悟空「おう、分かった! えぇ~っと、ベジータの気は……」

ピシュンッ!

チチ「夕飯までには帰ってくるだぞ~」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 22:55:27 ID:oZBOhXdA
─ カプセルコーポレーション ─

ベジータ「あの時の俺とキサマらの戦い? ……下らん」

ベジータ「キサマらだけで勝手に見ていやがれ」

悟空「つれねえなあ~」

クリリン「まぁ、ベジータならそういうと思ってたけどな」

ベジータ「そんなことより、トランクスを見なかったか?」

悟空「トランクス? 見てねえぞ」

悟空「気も感じねえし……どっか隠れてるみてえだな」

ベジータ「ちっ……」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 22:58:02 ID:oZBOhXdA
悟飯「トランクス君、なにかあったんですか?」

ベジータ「…………」

クリリン「分かった、ケンカでもしたんだろ!」

クリリン「トランクスも生意気盛りって年頃だろうしな」

ベジータ「ちいっ……鋭いヤツめ」

悟空「ケンカ? なんでケンカしたんだ?」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 23:02:05 ID:oZBOhXdA
ベジータ「あいつが新しいオモチャが欲しいというから、断ったら」

ベジータ「ケンカになってしまったんだ」

ベジータ「トランクスのヤツ、近頃ワガママになってきやがった」

悟空「いいじゃねえか、平和になったってことだ」

悟飯「そうですよ! 買ってあげればいいじゃないですか!」

ベジータ「そうはいかん!」

ベジータ「どうも俺は近頃トランクスを甘やかしすぎていたかもしれん……」

ベジータ「あいつには一度、俺の怖さを思い知らせてやらねばならん!」

ベジータ「じゃあな、トランクスを見かけたら知らせてくれ」スタスタ…

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 23:06:41 ID:oZBOhXdA
悟空「ベジータのヤツ、ずいぶん怒ってたな~」

悟空「トランクスも悪気があったわけじゃねえだろうに……」

クリリン「へへっ、俺はベジータの気持ちも分かるぜ」

クリリン「マーロンはまだ小さいけど、ちょっとナマイキになってきたしな」

クリリン「だけどそこがまた可愛いんだけどな!」

悟飯「ハハ……」

悟天「トランクス君、大丈夫かなぁ……」

クリリン「なぁに、ベジータのやることだし」

クリリン「せいぜいトレーニングでしごかれるぐらいで済むさ」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 23:10:40 ID:oZBOhXdA
ブルマ「孫君たちの昔の戦いを見たい? いいわよ!」

ブルマ「そうだ! どうせなら、あっちにあるシアタールームで見たら?」

悟空「シアタールーム?」

ブルマ「父さんが趣味で作った、大画面のテレビがある部屋よ」

ブルマ「地球の運命を賭けた戦いを、大迫力で見られると思うわよ!」

悟飯「だけど、そんなよさそうな場所を使っちゃって大丈夫なんですか?」

ブルマ「平気よ、父さんも作ったはいいけど色々と忙しくてめったに使わないから」

悟空「そっか! じゃあ、そこにすっか!」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 23:16:25 ID:oZBOhXdA
─ シアタールーム ─

悟空「あれがテレビか、でっけぇなぁ~」

クリリン「ちょっとした映画館だな、こりゃ……」

悟飯「さすがブルマさんのお父さんだ……」

悟天「すごい、すごい!」



すると──

トランクス「…………」ヒョコッ

トランクス「あれ、悟天、みんな……どうしたの!?」

悟天「あっ、トランクス君! トランクス君こそどうしたの!?」

トランクス「俺はパパとケンカして……ここに隠れてたんだよ」

トランクス「ここはめったに誰も入らないしさ」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 23:19:07 ID:oZBOhXdA
悟空「トランクス、さっきベジータが探してたぞ」

悟飯「今ならまだ怒ってなかったし、早いところ仲直りした方がいいよ」

トランクス「でも……」

悟空「…………」

悟空「じゃあトランクス、一緒にオラたちの戦いを見るか?」

トランクス「戦いって?」

悟空「オラたちが初めてベジータと出会った時の戦いだ」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 23:22:56 ID:oZBOhXdA
クリリン「オ、オイ……いいのかよ、悟空?」ボソッ

悟飯「そうですよお父さん、トランクス君には刺激が強すぎるんじゃ……」ボソッ

悟空「大丈夫さ、あの時のオラたちよりトランクスのがずっと強いんだしよ」

悟空「それに、ベジータも俺の怖さを思い知らせる~とかいってたろ?」

悟空「なら、ワルだった頃のベジータを見せたら効果バツグンなんじゃねえか?」

悟飯「う~ん……バツグンすぎるような……」

悟空「どうする、トランクス?」

トランクス(今はまだ、パパには会いたくないし……)

トランクス(それに、パパから昔の話ってほとんど聞いたことないんだよな……)

トランクス「うん……俺も見る!」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 23:26:01 ID:oZBOhXdA
クリリン「えぇ~と、こことここを繋げて……と」カチッ

悟飯「このコネクターはこっちですね!」カチッ

悟天「お父さんは手伝わないの?」

悟空「オラ、機械のことはよくわかんねぇからな」

クリリン「よし、できた!」

クリリン「俺たち地球の戦士とベジータの戦い、上映開始だ!」

トランクス「…………」ドキドキ…

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 23:32:18 ID:oZBOhXdA
上映開始──

悟空『もう戦えないはずだ……。連れてとっとと地球から消えろ!』

ベジータ『ちっ……』

ナッパ『ち、ちくしょう……』ピクピク…



悟空「お、ここからか!」

悟飯「お父さんがあのナッパってサイヤ人を倒したところですね!」

クリリン「多分、悟空とベジータの戦いのデータを特に収集するために」

クリリン「ドクター・ゲロの奴が編集したんだろうな」

悟天「あんなおっきくて強そうな人を倒しちゃうなんて、お父さんすごいや!」

トランクス「悟天のパパもなかなかやるじゃんか、ちぇっ」

クリリン(超サイヤ人になれるお前たちのがずっと強いっての……)

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 23:36:07 ID:oZBOhXdA
ベジータ『…………』ガシッ

ナッパ『す、すまねえな……ベジータ……』

ベジータ『なあに……』ニヤ…



クリリン「このナッパって奴もホント強かったよな……」

悟空「こいつも、鍛えたら超サイヤ人になれたのかな」

悟飯「どうでしょうか……。なれないってことはないと思いますけど……」



悟天「トランクス君のパパが仲間を助けてるよ! 優しいね!」

トランクス「当たり前だろ! 俺のパパなんだから!」

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 23:40:15 ID:oZBOhXdA
ベジータ『動けないサイヤ人など必要ない!』

ベジータ『死ね!』バシュッ

ナッパ『ベ……ベジ……!』

ズドォォォォォンッ!



悟空「いやぁ~、この時はホント驚いちまったぞ」

クリリン「楽勝ムードが一気に吹き飛んじまったもんな……」

悟飯「あ、場所を変えるみたいですよ! 懐かしいなぁ~」



悟天「こ、殺しちゃったね……」

トランクス「…………」

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 23:43:29 ID:oZBOhXdA
ベジータ『ようするにキサマは落ちこぼれだ……』

悟空『そのおかげでオラは地球に来れたんだ。感謝しなきゃな』



クリリン「まったくだぜ、俺も感謝したいくらいだ。おかげで悟空に会えたんだからな」

悟空「へへへ……」

悟飯「お父さんが来なかったら、ボクや悟天も生まれてませんでしたしね」



トランクス(悟天のパパにさっきから悪口ばっかり……)

トランクス(若い頃のパパは、こんなに口が悪かったのか……)

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 23:46:56 ID:oZBOhXdA
ベジータ『もうこんな星などいるもんか!』

ベジータ『粉々に打ち砕いてくれるぞっ!』ボウッ



悟天「ええっ、地球を!?」

トランクス「へへっ、本気なわけないさ! 地球が壊れたらみんな死んじゃうもん!」



ベジータ『地球もろとも宇宙のチリになれ~っ!!!』

ズオッ!!!



悟天「う、撃っちゃったね……」

トランクス「パ、パパ……」

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 23:51:32 ID:oZBOhXdA
大猿ベジータ『ぐはははっ!』

大猿ベジータ『カカロット! これでキサマはもう終わりだっ!』ズシン…



悟空「この時、オラがじいちゃんを殺したって知ったんだよな~」

クリリン「じいちゃんって、占いババの宮殿で会った人か?」

悟空「ああ、セルとの戦いの後、あの世でじいちゃんに謝ったら」

悟空「おかげでもっとヨボヨボになる前にあの世に行けたわい」

悟空「なぁんて笑ってくれたけどよ……」

クリリン「ハハ、お前のじいさんもいい人だったんだな」



トランクス「パパが化け物になっちゃった……」

悟天「こ、これが大猿かぁ……」

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/17(水) 23:55:30 ID:oZBOhXdA
ボキィッ!

悟空『うぎゃああああああ……!』

大猿ベジータ『うっかり踏んじまって、足を潰しちまったようだな!』

大猿ベジータ『じゃあ今度はうっかり心臓を潰してやろう』



大猿ベジータ『握り潰してやる……!』ギュウウ…

悟空『あぎゃあああああっ!!!』バキボキベキ…



悟空「この時は本当に死ぬと思ったぜ~」

クリリン「悟飯が戻らなきゃアウトだったろうな……」

悟飯「いえ! クリリンさんが一緒に来てくれたおかげですよ!」



悟天「お父さんの骨が……バラバラに……」

トランクス「あ、ああ……」ガタガタ…

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 00:00:18 ID:XhaBb6ck
その後も──

ベジータ『くっくっく……クズでも血だけは赤いらしいな』

ベジータ『せめて父親の隣で死なせてやろうか? 俺は優しいんだ』



ベジータ『落ちこぼれのクズ野郎のくせに手こずらせやがって……!』バキッドカッ



ベジータ『キサマの愚かな息子の最期だーっ!!!』



ベジータ『キサマらを殺した後、体力の回復を待って……』

ベジータ『この星を徹底的に破壊してやる!』ニタ…



トランクス「…………」ガタガタ…

悟天(トランクス君……)

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 00:04:32 ID:XhaBb6ck
そして──

ベジータ『よく覚えておけよ、ゴミども……』

ベジータ『こ、今度はキサマらに奇跡はないぞ……くっくくく……』

ベジータ『せいぜい楽しんでお、おくんだな……』

バシュゥゥゥ……!



プツンッ──



クリリン「お、ここで終わりか」

クリリン「この時は、絶対ベジータは心を入れ替えないと思ってたんだけどな~」

悟空「へへへ、オラもだ。しかもブルマと結婚しちまうなんてよ」

悟飯「あの時のボクらに話しても、信じないですよね」

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 00:08:46 ID:XhaBb6ck
悟空「昔の戦いを見るってのも、なかなかおもしれえもんだな!」

悟空「悟天! トランクス! どうだった?」



悟天「え、あ、うん……」

悟天「お父さんたちが勝ててよかった、かな……」

悟空「そうか! ──トランクスは?」

トランクス「…………」

悟空「あれ? どうした?」

クリリン「ほら、やっぱり刺激が強すぎたんだよ……!」ボソッ

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 00:12:16 ID:XhaBb6ck
悟空「でもよぉ、この時のオラたちよりトランクスのがパワーは上だぞ」

クリリン「パワーが上だとしても、自分の父親がワルだった頃の映像だぞ」

クリリン「トランクスはマシになった後のベジータしか知らないんだし」

クリリン「そりゃショックだろうさ……」

クリリン「それに正直いって、この頃のベジータは強さじゃなく悪さって点なら」

クリリン「俺が出会った悪人の中でもトップクラスだしさ」

クリリン「トランクスたちが戦ったことのある魔人ブウは悪人っていうよりは」

クリリン「善悪の見境がない子供、ってところがあったしな」

悟空「う~ん、そんなもんか?」



悟空「おい、トランクス! あんま気にすることねえんだぞ!」

トランクス「う、うん……」

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 00:15:03 ID:XhaBb6ck
その頃──

ブルマ「たしかにトランクスはあんたに甘えてるところがあるけど」

ブルマ「あまり叱らないでおいてやってよ」

ブルマ「あたしからも注意しとくからさ」

ベジータ「そうだな……」

ベジータ「よし、今回は叱らずにおいてやるか」

ブルマ「フフ……あんたもすっかりパパになっちゃったわね」

ベジータ「うるさい!」

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 00:18:24 ID:XhaBb6ck
そして──

ブルマ「はい、新しいテレビ。チチさんにもよろしくいっといてね」

悟空「サンキュー!」

ブルマ「ところで、昔のベジータとの戦いはどうだった?」

悟空「いやぁ~、今見てみるといい思い出って感じだな」

クリリン「いい思い出ではないだろ……」

悟飯「だけどあの戦いがあったから、今のボクらがあると思うと感慨深いですね」

ブルマ「いいこというわね~、さっすが悟飯君!」

ブルマ「それじゃ、また遊びに来てね!」

悟空「じゃな、ブルマ!」

ピシュンッ!

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 00:22:05 ID:XhaBb6ck
ベジータ「む……」

ベジータ「トランクス、こんなところにいたのか。探したぞ」

トランクス「!」ビクッ

ベジータ「今回のことは……まぁ、俺も悪かった」

トランクス「パパ、ごめんなさい!」

ベジータ「!」

トランクス「俺……いやボク、落ちこぼれになんかならないから!」

トランクス「だ、だから……ボクをクズ呼ばわりしないで! 殺さないで!」

ベジータ「…………?」

ベジータ(なにをいってるんだ、こいつは……まぁいい)

ベジータ「とにかく、メシにしよう。ブルマも待ってる」

トランクス「はいっ!」

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 00:26:11 ID:XhaBb6ck
その後も──

ベジータ「トランクス、トレーニングするぞ」

トランクス「は、はいっ!」ビクッ



ベジータ「どうした、この程度の攻撃でもう動けんのか!?」

トランクス「うっ、動けるよ! だからボクを必要ないなんていわないでね!」ガバッ

ベジータ「?」



ベジータ「ふん、よくやった……。褒美になにかオモチャでも買ってやるぞ」

トランクス「なにもいらない! なにもいらないよ、パパ!」ブンブン

ベジータ「そ、そうか……」

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 00:30:24 ID:XhaBb6ck
ベジータ「…………」

ブルマ「どうしたの、ベジータ?」

ベジータ「最近、トランクスのようすがおかしいんだ」

ベジータ「あまりにも素直すぎる……」

ブルマ「素直ならいいんじゃないの?」

ベジータ「いや……なんというか、怯えているんだこの俺に……」

ベジータ「話しかけるといちいちビクッとするしな」

ベジータ「まるでこの俺を、とんでもない悪人を見るような目で見ていやがる……」

ブルマ「ふうん……いつ頃から?」

ベジータ「そうだな……。ちょうど、カカロットたちがここに来た頃からだな」

ブルマ「!」ハッ

ブルマ「あ、もしかして──」

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 00:35:13 ID:XhaBb6ck
─ 悟空の家 ─

ベジータ「カカロット!」

悟空「よう、ベジータ! おめえがオラんちに来るなんて珍しいな!」

ベジータ「聞きたいことがある」

ベジータ「少し前に俺たちの戦いを見るとかなんとかいって」

ベジータ「カプセルコーポレーションに来たことがあっただろう」

悟空「ああ、あったあった」

ベジータ「その時……もしかして、トランクスにも見せたのか? ……俺たちの戦いを」

悟空「ああ、見せたぞ」

ベジータ「や、やはりか……くそったれぇ~っ!」

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 00:38:43 ID:XhaBb6ck
ベジータ「おい! どうしてくれるんだ!」

ベジータ「そのおかげで、あいつは俺にやたらビクつくようになってしまった!」

ベジータ「このままでは気まずい! どうしてくれる!」

悟空「どうしてくれるって……どうもしなくていいんじゃねえか?」

悟空「おめえももっと自分を怖がるようにしたいっていってたし……」

ベジータ「限度ってものがあるだろうが!」

悟空「だったらドラゴンボールで……」

ベジータ「家庭の問題であんなもん使えるか! みっともねえ!」

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 00:42:20 ID:XhaBb6ck
悟空「でもよぉ、他に方法は──」

ベジータ「一つだけある」

ベジータ「あいつは映像で怯えるようになったのだから」

ベジータ「だったら今度は逆に俺がそこまで怖くないって映像を見せればいい!」

悟空「そうか! さすがベジータ!」

ベジータ「ってわけで、悟飯とクリリンを連れてこい!」

ベジータ「今すぐ俺が怖くないってことを証明する映像を撮るんだ!」

悟空「分かった、ちょっと待っててくれ!」

ピシュンッ!

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 00:48:08 ID:XhaBb6ck
こうしてトランクスを安心させるための映像作りが始まった──



ベジータ「よし、カカロット! このビデオカメラに向かってしゃべるんだ!」

悟空「なにをしゃべればいいんだ?」

ベジータ「俺がもう怖くないってことを説明するんだ」

悟空「え、えぇ~と……」

悟空「ベジータは昔はワルだったけど、今はもうそんなに悪くねえぞ」

悟空「だからビビらなくていいんだぞ、トランクス!」

ベジータ「……まぁ、カカロットはこんなもんでいいだろう」

ベジータ「よし、次は悟飯だ!」

悟飯「は、はいっ!」

クリリン「突然呼び出されたと思ったら、なんなんだこれ……」

ベジータ「ガタガタいうな! 協力しろ!」

38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 00:51:09 ID:XhaBb6ck
悟飯「トランクス君」

悟飯「ベジータさんはいつも怒ってるように見えるけど、実は優しいんだ」

悟飯「ボクもベジータさんに命を助けられたことがあるしね」

悟飯「あ、でも殺されかけた回数の方が多いかも……」

ベジータ「余計なことをいうな、バカ! 撮り直しだ!」

悟飯「す、すみませんっ!」



クリリン「まぁ……なんだ、うん」

クリリン「お前のパパ……ベジータはすげえいい奴なんだ!」

ベジータ「具体的にどこがいい奴なのかいうんだ」

クリリン「え、と……」

クリリン「…………」

ベジータ「詰まるな! ええい、撮り直しだ!」

39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 00:56:58 ID:XhaBb6ck
ベジータたちが四苦八苦している頃──



─ カプセルコーポレーション ─

ブルマ「ねぇトランクス」

トランクス「あ、ママ……」

ブルマ「最近、お父さんのことを怖がってるみたいだけど……どうして?」

トランクス「あの……昔のパパを見てから、怖くなっちゃって……」

トランクス「もちろん、今のパパは違うってのは分かるんだけど……」

ブルマ「アハハ、そうね~」

ブルマ「たしかに昔のアイツはとんでもないワルだったわね~」

ブルマ「あたしも初対面の時、クリリン君と一緒に殺されるかもしれなかったし」

トランクス(や、やっぱり……)

ブルマ「だけどね」

40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 01:04:58 ID:XhaBb6ck
ブルマ「不思議なことに、あたしたちはみんなそんな感じだったのよ」

ブルマ「たとえばあたしは、初めて孫君に会った時なにをしたと思う?」

トランクス「え……挨拶とかじゃないの?」

ブルマ「ピストルで撃ったのよ」

トランクス「ええっ!?」

ブルマ「ひどいもんでしょ~?」

ブルマ「それにウーロンはある村で女の子をさらってたし」

ブルマ「ヤムチャとプーアルは元々は盗賊……」

ブルマ「あのクリリン君も、孫君のこと嫌いだったのよ」

ブルマ「あと……天津飯とチャオズは昔は殺し屋を目指してたみたいだし」

ブルマ「ピッコロも最初は極悪で、世界征服をたくらんでたしね……」

41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 01:07:57 ID:XhaBb6ck
ブルマ「だけどね、みんなで戦ったり協力したりしてるうちに」

ブルマ「いつの間にか仲間みたいになっちゃったのよ」

ブルマ「ベジータもその一人ね」

トランクス「…………」

ブルマ「たしかに昔やった悪事ってのは、もう取り返しがつかないわ」

ブルマ「だけど……今はアイツはアイツなりにあたしたちを大切にしてくれてるわ」

ブルマ「すっごく不器用だけどね」

ブルマ「なかなか難しいとは思うけど……それだけは分かってあげて」

トランクス「…………」

トランクス「うんっ! ありがとう、ママ!」

タッタッタ……



ブルマ(ふうっ、まったく世話が焼けるんだから……)

42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 01:11:51 ID:XhaBb6ck
キィィィィン……!

ベジータ(よし、このビデオテープを見せれば……!)スタッ



ベジータ「トランクスはいるか?」

トランクス「パパ!」

ベジータ「トランクス! 実はお前に見せたい──」

トランクス「ごめんね、パパ! パパのこと怖がったりして!」

ベジータ「!」

トランクス「たしかにパパは昔は悪い人だったかもしれないけど……」

トランクス「その時のパパがあったから今があるんだし……」

トランクス「それに、今は俺たちを大切にしてくれてるしね!」

トランクス「魔人ブウの時だって、命をかけて戦ってくれたし!」

ベジータ「ん、ああ……。ま、まぁな……」

ベジータ(さっきまで俺を怖がってたのに、いったいなにがあったというんだ……?)

43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/18(木) 01:15:11 ID:XhaBb6ck
トランクス「ところで、その手に持ってるテープはなに?」

ベジータ「ん、ああ……これは……なんでもないんだ」グシャッ…

トランクス「あ、壊しちゃった……」

ベジータ「かまわん、もう必要ないものだ」

ベジータ「それよりトランクス! 今からトレーニングを始めるぞ!」

ベジータ「俺に一発当てられたら、褒美になんか買ってやる!」

トランクス「ホント!? よ~し、がんばるぞ!」







                                 ─ おわり ─