1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 19:28:24.17 ID:h78kF85Y0
突然だが、俺は生魚の寿司が大っ嫌いだ。

もちろん刺身も大っ嫌いだ。

あの魚特有の生臭さは俺に深いトラウマを刻みつけている。

子供の頃、まるで赤い宝石のように見えたマグロを口に入れた時のガッカリ感は今でも鮮明に思い出すことができる。

もちろん、回らない寿司屋ならそんなことも感じさせない美味い寿司を食べることができるのだろう。

しかし、生憎俺にはそんなところに行く金がないため、回る寿司屋にしか行くことができない。

だが、今の俺は違う。

双海姉妹と貴音に連れられてきたスシロー。

ここには生魚が嫌いな俺でも食べやすいメニューがある。

P「真美、チャーシューネギまみれを注文してくれないか?」

真美「も→兄ちゃんったらさっきからそればっかり食べてるっしょ→? お寿司屋さんなんだからお魚も食べないと」ピッピッ

P「たはは、じゃあ次食べるよ」

そう、チャーシューネギまみれだ!!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415442494

引用元: P「スシローのチャーシューネギまみれ」 

 

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 19:29:01.53 ID:h78kF85Y0
亜美「はい兄ちゃん!!」

P「おっ、ありがとな亜美」

貴音「……先ほどからそのちゃぁしゅうねぎまみれなるのもしか口にしていらっしゃらないようですが、そんなにも美味なものなのでしょうか……?」

P「うん、普通に美味いぞ」

いや、実際は普通なんてものじゃない。

まずは硬めの米で握られた程よい酸味のシャリ。

少し温かいそのシャリの上に覆い被さるマヨネーズが塗られたチャーシュー。

店舗によって甘ダレが塗られているところと塗られていないところがあるのだが、もちろん塗られていないところでは甘ダレをぶっかける。

そしてこの寿司の大きな特徴とも言える大量のネギ。

早速この視覚的に奇抜な寿司を口に頬張る。

まず舌に感じるのは甘ダレとマヨネーズの味。

少し濃いのだが、そこで俺はチャーシューネギまみれを一口噛みしめる。

するとどうだろうか、ネギのスパイシーな風味、チャーシューのとろける脂身とそこにかかったタレ、シャリの絶妙な酸味、全てが入り混じり、俺の味覚がその味のハーモニーを脳に伝える。

ああ、スシローに来てよかった。

そう思わせる瞬間が、今このチャーシューネギまみれを噛みしめる瞬間である。

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 19:29:37.25 ID:h78kF85Y0
マヨネーズによって程よく滑るようになったその寿司を飲み込むと、少し食道が苦しくなる。

が、俺はこの苦しさをもチャーシューネギまみれの醍醐味だと思っている。

チャーシューネギまみれが食道を無理矢理押し広げて胃に降りて行く苦しみ。

それはまるで仕事上がりにビールを流し込むような……そんな、心地よい苦しみである。

ああ、回転寿司に行きたいと言った貴音、スシローがいいと言った真美、2人ともナイスだぞ!!

真美「……兄ちゃん、目がイっちゃってるよ?」

亜美「よっぽど好きだったんだね、そのお寿司」

貴音「面妖な……」

ああ、この寿司は実に面妖だ。

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 19:31:08.95 ID:h78kF85Y0
さて、次は魚を食べると宣言した以上、何か魚のネタを頼まなければならない。

だが俺は生魚が嫌いだ。

ならば何を頼めばいいのか?

そう、できるだけ生臭くないものを頼めばいいのだ。

P「じゃあ次は……炙りサーモンチーズを頼む」

真美「オッケ→!!」ピッピッ

……つまるところは調味料の味と匂いが魚の生臭さを上回るものを頼めばいいのだ!!

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 19:31:38.45 ID:h78kF85Y0
ああ、まだなのか。

早く生魚の試練を乗り越えてチャーシューネギまみれを食べたい!!

……いや、生ハムという手もあるな。

「おっ、765プロも来てたのか」

……まさかこの声は。

亜美「あまとうも来てたの!?」

冬馬「だからあまとうって呼ぶんじゃねえ!!」

北斗「チャオ☆」

翔太「あれー? 今日は響お姉さんじゃなくてプロデューサーさんなの?」

……ほほう、ジュピターも来ていたのか。

冬馬の手にあるのは……ハンバーグだと!?

P「……冬馬」

冬馬「……アンタもか」

そう、これは魚嫌いによる暗黙のルール。

寿司屋に来ている以上、魚嫌いを公言してはいけない!!

P「……ああ、そうだ。が、ハンバーグはいただけないな」

真美(兄ちゃん、喋り方が怖くなってるYO……)

冬馬「……オイオイまさかアンタはハンバーグを否定すんのか?」

当たり前だこの愚か者が。

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 19:32:14.35 ID:h78kF85Y0
P「冬馬、お前はスシローに来たら何を食べる?」

冬馬「……玉子と炙りサーモンバジルと生ハム、ハンバーグのローテーションだが」

……ふむ、匂いが強いサーモンバジルも悪くないな。

P「……まあ生ハムまではいいだろう。俺もよく食うからな。だがハッキリ言わせてもらおうか」

P「寿司チェーン店のハンバーグはな、不味いんだよ!!!!」

店員「」ビクッ

真美「に、兄ちゃん?」

貴音「あなた様、落ち着いてください」

冬馬「……いくらアンタでもハンバーグを否定すんのは許せねえな」

これだから冬馬は童貞なんだよ……。

P「悪いが、俺はここのハンバーグが大っ嫌いだ。逆に聞くけど、冬馬はこのハンバーグのどこがいいんだ?」

冬馬「……ああ、味音痴のアンタにハンバーグの素晴らしさを語ってやろうじゃねえか」

北斗(どうする翔太?)

翔太(面白そうだしほっといていいんじゃない?)

亜美(もう兄ちゃんの注文したお寿司届いたんだけど食べないのかな……)

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 19:32:56.64 ID:h78kF85Y0
冬馬「まずはこの形だ。軍艦にちょうど収まるフォルムが美しい」

まずは形から褒めるのか。

P「……そうだな」

……いや、1つツッコミどころがあるんだがツッコんだ方がいいのだろうか。

これ、どちらかというとハンバーグよりミートボールじゃないか……?

冬馬「そしてこの素材。ペーストの中にコリッとした硬めの脂身が混ざっているのがクセになる」

P「そこは否定されるべきところじゃないのか?」

冬馬「ああ、確かにこれは安物臭い。が、安物には安物なりの美味さがあるんだぜ?」

まあそれは認めざるを得ないか。

冬馬「次にタレ。この甘辛いタレがこの肉とマッチするんだ」

P「俺はそのタレが嫌いなんだが。妙に濃いから肉の味がしないんだよ」

小学校の給食に出てきたハンバーグを思い出すからな。

冬馬「……まあそれは個人によるから仕方ねえ。俺にはちょうどいい具合だから好きだけどな」

冬馬「とにかく俺が言いたいことはだな……どのネタも手間暇かかってんだから不味いなんて言うんじゃねえ!! ってことだ」

P「……確かに言いすぎたな。悪かったよ」

貴音「……とにかく個々の好きなものを食せばよろしいのでは?」

ふっ、正論だ貴音。

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 19:33:35.83 ID:h78kF85Y0
さあ食ってやるぞ、炙りサーモンチーズ。

まずは一口……。

口の中に広がるチーズの風味……悪くない。

その少しキツイ味を包むようなサーモンの脂……おお、なかなかいけるじゃないか。

ただ少しサーモン臭いのが難点だが……ま、食えないことはない。

むしろ美味い範疇に入るな。

今まで気心の知れた友人との回転寿司はチャーシューネギまみればかり食べていたが、これも悪くない。

初めてアイドルたちと回転寿司に行くことになって緊張していたが、いい経験ができてよかったと思う。

P「……真美、次はうどんだ。かけうどんを頼む」

だが俺は……スシローに来るとこれを食べずにはいられないんだよ。

かけうどんはきつねうどんのように余計なものが入ってなくていい。

真美「ええと……今日は日曜日だからかけうどんは無いらしいよ?」

P「何ィッ!?」

しまった……俺としたことが重大なミスを……!!

かけうどんは平日限定だというのに……。

P「……じゃあきつねうどんで。貴音、お前きつね欲しいか?」

貴音「もちろんでございます!!」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 19:34:09.93 ID:h78kF85Y0
妥協に妥協を重ねてきつねうどんにしたが、やはりうどんはうどんだ。

P「…………」ズルズル

できたてのうどんを一口……うん、やっぱりこの味だ。

何種類かは忘れたが、大量の素材から出汁を取っているらしい。

流石大手チェーンだ。

大量の素材が混ぜ合わされているというのに、雑味が無い。

……いや、厳密にはあるのかもしれないが、このクセになる味はそんなことも忘れさせる。

ああ、やはりスシローのうどんは素晴らしいな。

かけうどんなら最高だったのだが。

貴音「…………そんなに見つめないでくださいあなた様///」ハムハム

きつねを美味しそうに頬張る貴音も最高にかわいいな。

一石二鳥とはこのことを指すのだろう。

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 19:34:38.55 ID:h78kF85Y0
さて次は……ってなんだあれ……?

国産極上生ハムガーリック醤油……だと?

これは食べるしかない!!

P「亜美、それ取って」

亜美「りょ→かい!!」

……ほほう、やたら大きな生ハムだな。

流石極上生ハムというだけはある。

だが……。

このリンゴはハッキリ言って邪魔だ!!

俺は辛いものと甘いものを一緒に食べるのが許せないのでな。

冬馬の頭に乗せとこっと。

翔太「……ブフォッwwww」

北斗「冬馬wwwwwww」

冬馬「…………?」モグモグ

真美(なんで笑ってんだろあの2人……)

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 19:35:52.24 ID:h78kF85Y0
さて、早速食べてみようか。

……辛っ、えっ、これ辛っ!!

確かに舌触りは素晴らしい、が、ソースが濃いし生ハムも酷く塩っ辛い!!

更に胡椒の匂いが相まって肉の匂いが消されてしまっている……。

……なんというか、醤油漬けの生肉を食べてる気分だ。

クソッ、何が極上一貫だ……これじゃあただのぽったくりだ!!

明らかに2貫の方の生ハムを食べたほうがマシだ……玉ねぎの匂いがキツイとはいえ、あれの方が美味い。

……仕方ない、もうデザートにしよう。

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 19:37:17.20 ID:h78kF85Y0
いつもならここでフローズンマンゴーを頼むところだが……あれは当たりハズレが大きい。

甘い日があればやたら酸っぱい日もあるしな……やはり口直しには確実に美味いものが食べたい。

となれば……これしかないな。

P「真美、バニラアイスを頼んでくれ」

真美「はいは→い♪」ピッピッ

亜美「兄ちゃん子供っぽ→い!!」

うるさいな、バニラアイスぐらい大人だって食べるだろうが。

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 19:37:44.50 ID:h78kF85Y0
普通だ。

特にミルクの味がするだとか、バニラの風味が強いだとかではない。

普通なのだ。

だが、これでいい。

このシンプルな味のアイスだからこそ、俺は食べようと思っていたのだ。

少々量が少ないのが難点だが……あくまでデザートだからと妥協しよう。

亜美「兄ちゃん、おあいそのボタン押していい?」

P「ああ、いいよ」

一気に残りのアイスをかきこむ。

口の中に広がるバニラとミルクのひんやりとした味……。

まるで荒地に降るスコールのように、俺の口を浄化して行く。

ああ、今日もいい食事をしたものだ。

P「ごちそうさま」

貴音「ふふ、ごちそうさまでした」

双子は既に帰る準備をしているというのに貴音はまだ待っていてくれたというのか。

……酸っぱいのはシャリだけでいい。

アイドルとプロデューサーの関係だというのに甘酸っぱい想像を掻き立てさせられるのはゴメンだ。

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 19:38:33.82 ID:h78kF85Y0
P「ほら、領収書貸してくれ貴音」

貴音「……私も支払わなくてもよろしいのですか?」

P「ああいいっていいって。貴音のかわいい顔も観れたし」

貴音「……もう、あなたという人は……」

……拗ねた貴音もかわいいな。

翔太「プロデューサーさーん!! 僕らの分も払ってよ」

P「俺より高給なんだから自分で払え」

冬馬「ほら、割り勘なんだからさっさと金だせって翔太」

翔太「ちぇー……」

北斗「自分たちの分は自分たちで払うのは当たり前だろ、翔太……」

まだ頭にリンゴを乗せているのか冬馬。

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/08(土) 19:39:07.49 ID:h78kF85Y0
店員「ご会計、25000円になります♪」

……とほほ、また俺の財布が千早に……。

〜fin〜