1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 20:40:23.70 ID:Sle1w8vY0
北上「提督、見てよこの酸素魚雷!すごくない?ねえねえ」

提督「はいはい、改二になってから毎日のように聞いてるから凄さはわかったよ」

北上「つれないなぁ、やっぱうれしいんだよ?前線で活躍できると思うと」

提督「そうかぁ?」

北上「提督の役にも立てるしね!」

提督「…そうか。期待してるからな!」

北上「うん…そんだけ?」ジーッ

提督「…え、どういうこと?」

北上「もう、わかってないなあ。こういう時は素直に撫でてくれればいいんだよ」

提督「なんだそんなことか。お前って時々子供っぽいこと言うよな」ナデナデ

北上「そうそう!それでいいんだよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417174813

引用元: 提督「ヤンデレ?」大井「……」 

 

2: ◆3UO.XRpYJ2 2014/11/28(金) 20:42:57.34 ID:Sle1w8vY0
提督「こういうことできるのはうれしいけど、同時にとても恐ろしくあるんだけど」ナデナデ

北上「どういう意味?」

提督「いや、もしあそこらへんに大井がいて、こんなところ見られてたら………さ……」




大井「…………」




北上「……思いっきり見てるんだけど」ボソボソ

提督「…そうだな」

3: ◆3UO.XRpYJ2 2014/11/28(金) 20:46:27.46 ID:Sle1w8vY0

北上「…」

提督「…」

北上「あたし、用事あるんだった!じゃね!」ピュー

提督「あっ、ずりい!ちょっとま」ガシッ



大井「…」

提督「」

提督「よ、よお。どうした?北上はあっちだぞ?」

大井「…北上さんに手を出そうとしましたね?」ニコッ

提督「あ、あれは北上から…」

大井「え?」ニコニコ

提督「…すみませんでした。優しくお願いします」

4: ◆3UO.XRpYJ2 2014/11/28(金) 20:53:53.13 ID:Sle1w8vY0
――――――――――――――

大井「今回はこの位で勘弁しますけど、次は魚雷をぶち込みますからね?」ニコニコ

提督「あ゛い」ボロボロ

大井「…私のことは、いつ撫でてくれるの?」ボソッ

提督「…なんかいったか?」

大井「いいえ…じゃ、もう北上さんに手を出さないでくださいね」スタスタ

コソコソ

北上「…随分としぼられたみたいだね」

5: ◆3UO.XRpYJ2 2014/11/28(金) 21:02:08.90 ID:Sle1w8vY0

提督「お前、逃げやがったな。絶対忘れねえから」

北上「ま、まあいいじゃん!提督は出撃しないんだから、たまには怪我とかも乙なもんでしょ?」

提督「お前なあ…。にしても、お前大井と一緒で大変じゃない?あんなにべったりで、部屋では何をしているんですかねえ…」

北上「ちょっと、そんなことあるわけないっしょ~?」

提督「そうか?割とガチでありそうなんだが」

北上「ここに着任してきたときはべったりだったけど、最近はそんなでもないかな。どっちかっていうと、最近は親友みたいな付き合いをしてるよ」

提督「ふぅん。でもそれだと、北上といると大井にシメられる理由が説明できないんだがな」

北上「……それは自分で考えるべきだよ。あたしが教えても仕方のないことだし……わざわざライバルは増やしたくないしね」ボソッ

6: ◆3UO.XRpYJ2 2014/11/28(金) 21:35:34.32 ID:Sle1w8vY0

提督「…?」

北上「何でもない!でも、提督は大井っちと付き合い長いじゃん」

提督「まあ、そうだな。大井はここでは最古参の一人だし」

北上「ぶっちゃけ私に妬いちゃったり?……提督は大井っちのことどう思ってるの?」

提督「なんで俺がお前に妬くんだよ。でも、そうだな…」

9: ◆3UO.XRpYJ2 2014/11/28(金) 21:48:50.24 ID:Sle1w8vY0





提督「正直、大井のことは少し苦手かもしれないな」




ガタッ

提督「ん?なんか落ちた?」

北上「え?」

提督「いや、なんか音がしたような気がしたんだけど…気のせいだったかな」

北上「気のせいじゃない?それより…なんで苦手なの?」

10: ◆3UO.XRpYJ2 2014/11/28(金) 22:05:52.04 ID:Sle1w8vY0

提督「ああ、大井の話か。…なんかな、最近あいつのことがよくわからなくて」

北上「どういうこと?」

提督「そうだなぁ…お前が改二になる前くらいからかな、あいつのほうが俺の事を避けるようになった…気がする」

北上「そう?」

提督「うん。お前といると俺を諌めるために来たりするんだけど、それ以外は極力俺を避けるようにしてるみたいだった」

北上「うん」

提督「俺だって前みたいに仲良く…仲良かったっけ?まあいい、普通に接してあげたいけど、最近はあいつが何を考えてるのかよくわからないんだ」

11: ◆3UO.XRpYJ2 2014/11/28(金) 22:26:00.41 ID:Sle1w8vY0

北上「……それじゃさ、提督」

提督「ん?」

北上「今度大井っちにあった時に抱きしめてみなよ!」

提督「な、何を言ってるんだお前は!割と真面目に悩んでるんだぞ!」

北上「ふざけってないって。まあ、抱きつくまでとも言わなくても、今度一緒に食事でもして、腹を割って話してみなって!きっとうまくいくからさ」

13: ◆3UO.XRpYJ2 2014/11/28(金) 22:48:50.83 ID:Sle1w8vY0

提督「…そうか?」

北上「そうだよ。……敵に塩を送るのも、たまには悪くないかな、と思って」

提督「敵?俺とお前は敵同士なのか?」

北上「わからないならいいよ!…頑張ってね、提督」

北上(負けないからね、大井っち♪)

14: ◆3UO.XRpYJ2 2014/11/28(金) 22:51:39.21 ID:Sle1w8vY0
――――――――――――――

大井「………」



15: ◆3UO.XRpYJ2 2014/11/28(金) 22:54:14.85 ID:Sle1w8vY0


いつからだろう。北上さんより、あの人を目で追うようになっていたのは。

改二になったのを喜んでくれた時?大破した時に寄り添ってくれた時?

北上さんが来て一緒に喜び合った時?それとも―――ここに着任した時?

いずれにせよ、私はあの人に恋をしてしまった。北上さんと同じ―――あの人に。

自分の気持ちを自覚するのが遅すぎたのかもしれない。

北上さんを慕って、北上さんの着任を夢見てこの鎮守府で働いてきた―――はずだ

だから、彼女のために自分の恋をあきらめることは、全然辛くないと思っていた。

出来るだけ提督から離れて、自分の気持ちが落ち着くのを待とうとした。でも

提督と北上さんが一緒にいると、どうしても耐え切れない胸の痛みに襲われて、

気が付いたら、北上さんをダシにして、提督を責めていた。

16: ◆3UO.XRpYJ2 2014/11/28(金) 22:55:42.84 ID:Sle1w8vY0

でも、気づいてしまった。やっぱり私は、この人が好きなんだな、と。

北上さんには悪いと思った。でも、思ってはいても、自覚した時には提督とは少し気まずくなってしまっていて

提督と触れ合える唯一の時間だと思うと…何より愛おしかった

こうして、少しでも触れあっていれば、いつか、いつか提督のほうから歩み寄ってくれるかもしれない。そんな、そんな淡い期待を抱いていたのに――――――

17: ◆3UO.XRpYJ2 2014/11/28(金) 22:57:22.32 ID:Sle1w8vY0




―――正直、大井のことは少し苦手かもしれないな―――――





もう、北上さんの為、なんて言ってられない。

もう、自分の気持ちを隠すことはできそうにない。



私の中で、何かが零れ落ちたような音がした気がした。

23: ◆3UO.XRpYJ2 2014/11/28(金) 23:19:11.74 ID:Sle1w8vY0
―――――――――――

提督「んー、大井と腹を割って話せっつってもなあ…、あいつ、俺の話聞いてくれんのかな…」

コンコン

提督「ん、誰だ?入っていいぞ」

ガチャ

大井「失礼します、提督♪」

提督「…大井か、珍しいな。どうした?」

25: ◆3UO.XRpYJ2 2014/11/28(金) 23:43:58.65 ID:Sle1w8vY0
大井「…私…」

提督「…北上か?だったら、部屋に戻ったぞ?」

大井「っ!」

ツカツカツカ

提督「お、おい!なんだ?」

大井「私、提督にお話があるんです」

提督「ちょうどいいな、俺もお前に話が……!?」ガンッ

ドサッ

大井「…ごめんなさい、提督」



―――――――――――――

26: ◆3UO.XRpYJ2 2014/11/28(金) 23:47:07.50 ID:Sle1w8vY0


提督「…ん?どこだ、ここ」

提督「痛ってて…何が、あったんだっけ」ジャラ



提督「これは…鎖!?そうだ、俺は大井に…!」 

ガラッ

大井「お呼びですか?提督♪」

提督「大井!お前…どうして…」

大井「どうして?そんなの、今から提督と愛し合うために決まってるじゃないですか!」

提督「は?」

29: ◆3UO.XRpYJ2 2014/11/28(金) 23:56:24.21 ID:Sle1w8vY0
大井「この部屋は妖精さんにオネガイして作ってもらいました。防音性が高いから、声が聞こえる心配はありませんね」

提督「…こんなのおかしいぞ大井。き、北上はどうしたんだ?お前は自他ともに認める北上loveだったはずだろ!」

大井「……ああ、北上さん?それなら、ここに」





ドサッ

31: ◆3UO.XRpYJ2 2014/11/29(土) 00:02:14.60 ID:1xdDaEEK0




北上「ンーッ!ン!」



提督「北上!……大井!!北上を縛って、いったいどういうつもりなんだ!」

大井「別に北上さんに危害を加えるつもりはありません。ただ、そこで私達の行為を見てもらおうと思って連れてきました」

提督「…どういうことだ」

大井「北上さんを連れてきたのは、自分と決別するためです。…素直になれなかった自分と、北上さんを愛していた自分との…決別」

大井「提督は気づいていらっしゃらないかと思いますが、私、提督の事が好きだったんですよ?」

提督「は?」

33: ◆3UO.XRpYJ2 2014/11/29(土) 00:12:31.90 ID:1xdDaEEK0
提督「そんな…だって…!―――んむっ」

大井「……んんっ……っんあ……ぷはっ」

北上「んーっ!んんーっ!」ポロポロ

提督「お、大井……お前……」

大井「ふふっ♪じっくり時間をかけて、私抜きではいられないようにしてあげられますからね?提督♥」


34: ◆3UO.XRpYJ2 2014/11/29(土) 00:16:33.89 ID:1xdDaEEK0
――――――――――
――――――
―――


秋風「で、そこからは!言わずもがで!」

青葉「それは凄い!」

ワチャワチャ

提督「…盛り上がってるなあ」

大井「…そうですね」

35: ◆3UO.XRpYJ2 2014/11/29(土) 00:29:36.84 ID:1xdDaEEK0
提督「今度出す同人誌のアイデアなんだと」

大井「…同人誌なら」

提督「ん?」

大井「フィクションを書かないと。事実を書いたって仕方ないですよ。ね、あなた♥」



おわり