1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) 2012/01/09(月) 12:54:39.73 ID:OSn6dYpqo
切嗣「アイリ。僕がやることないってそれは相当なものなんだぞ?」

アイリ「そうなの?」

切嗣「そうなんだ」

アイリ「どのくらい?」

切嗣「…………いや、まぁ特には思い浮かばないんだけど」

アイリ「そう」

切嗣「とにかく相当なものなんだ」

アイリ「……………」

切嗣「………………」

切嗣「オチがないねぇ…」

アイリ「ないわねぇ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1326081272(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)

引用元: 切嗣「特にすることがない」アイリ「いいことじゃない」 

 

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) 2012/01/09(月) 12:57:37.62 ID:OSn6dYpqo
切嗣「そうだ、イリヤと遊ぼう」

アイリ「あの娘今日はお父様の所に行ってるわよ」

切嗣「……しょうがない。じゃあ舞弥でいいか」

アイリ「舞弥さんは仕事に行ってます」

切嗣「……………………」

アイリ「…………………」

切嗣「あれ?もしかして僕って友達少ない?」

アイリ「私がいるじゃない」

3: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 13:04:06.24 ID:zR919+e6o
切嗣「いきなりなんだけどさアイリ」

アイリ「なにかしら切嗣」

切嗣「僕はSS速報に初めて書き込むから、ここのルールみたいなのを一切知らない。そしてFate/Zeroは原作は読んだことがない。ここにスレ立てするのも初めてで、言わば生まれたばかりのひよこ同然なんだ」

アイリ「急にメタいこと言い出したわね。メタネタに走るのは逃げよ、切嗣」

切嗣「いやね、それでもなんとなく言っておかないと不安になってきちゃってね、とりあえずコテを【#IriyaLoVe】にしたいんだけどどうかな?」

アイリ「それここで言っちゃったらダメじゃない」

切嗣「孔明の罠だったか」

4: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 13:08:49.57 ID:m3pzc7qno
切嗣「つまりね、このSSは僕が気の向いた時にネタが思い浮かんだら書いていく感じのスレなんだ。だから不定期なレス投下になると思うけどそれは仕方ないよね」

アイリ「前レスに続きメタネタとは………切嗣も堕ちたものね」フゥ

切嗣「……アイリなんかキャラ違うくないかい?」

アイリ「原作読んでないからかしらね。その時見てるアニメや読んでる小説に影響されて変化していくのよ」

切嗣「ヶ原さんか……」

アイリ「偽物語おもしろいわよねぇ」フゥ

5: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 13:12:10.24 ID:h3YnMaBbo
切嗣「アイリ、トランプをしよう」

アイリ「いいけどなにをするの?」

切嗣「そうだねぇ、無難にババ抜きでも」

アイリ「二人で?」

切嗣「大ふご」

アイリ「二人で?」

切嗣「イリヤは」

アイリ「お父様の家」

切嗣「………………」

アイリ「……………………」

切嗣「……テレビでも見ようか」

アイリ「そうね」

6: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 13:19:11.12 ID:h3YnMaBbo
テレビ<ワイワイガヤガヤ

アイリ「そういえば切嗣」

切嗣「なんだいアイリ」

アイリ「こんな形式のSSならvipにでも行った方がよかったのじゃないかしら」

切嗣「僕がメタネタをやめたと思ったら君が言うか…」

アイリ「それで、どうしてなの?」

切嗣「つまりね、僕は思うわけだよ。確かに向こうに行けばレスもつくだろうしやる気も出てくるだろう。でもね、住み分けするのは大事なことだと思うんだ。SS速報って名乗ってるここがvipにSSを取られてちゃ可哀想だしね」

アイリ「ふーん」

切嗣「あとはそうだな……」

アイリ「?」

切嗣「向こうは今アフィやらなんやらでゴタゴタしてるしね……」

アイリ「あー……」

切嗣「まぁ僕たちには関係ないことさ」

アイリ「そうね」

7: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 13:22:02.12 ID:h3YnMaBbo
アイリ「そういえば切嗣」

切嗣「どうしたんだい?」

アイリ「スマホで更新はきつくないのかしら?」

切嗣「………PCが壊れてるんだよ」

アイリ「…どうして立てたのよ」

切嗣「IS01をなめるな!!」ガタンッ

アイリ「使ってる機種古すぎるわよ」ビシッ

8: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 13:27:36.32 ID:tBj5jkqho
切嗣「僕はね、昨今のSS書きの人たちに一言もの申したいんだ」

アイリ「急に強きね。それでもの申したいとはなにをかしら?」

切嗣「もはやSSが『ショート・ストーリ』ではなく『ロング・ストーリ』なほどに長くなってるような気がするんだ」

アイリ「SSに代わってLSね」

切嗣「果たしてそのようなことでこの先にSSの未来はあるのか!ただ衰えていくんじゃないのか!そんな気がして僕は夜も眠れないよ」

アイリ「まぁ、今が楽しければいいのよね」

切嗣「アイリの文脈の無視スキルは高すぎる気がするんだが、まぁ否定はしない」

アイリ「切嗣ただちょっとビシッとかっこいいこといっておきたかっただけでしょ」

切嗣「絞り出すのに苦労したよ」

9: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 13:30:24.05 ID:tBj5jkqho
切嗣「なにか召喚しようと思う」

アイリ「急ね」

切嗣「人生は急展開ほど盛り上がるものさ」

アイリ「惚れたわ」

切嗣「よしてくれ照れてしまう」

アイリ「私はなにをすればいいのかしら」

切嗣「触媒と水銀を用意してくれ」キリッツグ

アイリ「………切嗣に効果音で笑いを誘う才能はないわね」

切嗣「……………………」キリッツグ

10: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 13:33:22.99 ID:tBj5jkqho
アイリ「用意したわよ」

切嗣「よしそれなら召喚を始めよう」

アイリ「あのかっこいい詠唱が間近で見れるのね」ワクワク

切嗣「けどその前に陣を描かなくちゃ。そもそも陣を描くってのは極めて大事な下ごしらえのようなものでこれを失敗したらあとの行程が色々おじゃんになってしまう」

アイリ「陣を描きおえたわ」

切嗣「よしきた」

11: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 13:36:52.51 ID:tBj5jkqho
アイリ「切嗣はやくはやく」ワクワク

切嗣「そうそう、アイリはFate/Zeroの英霊召喚シーンは見たかい?」

アイリ「もちろんよ!あのときは鳥肌が立つほどテンションが上がったわ!切嗣も今からその詠唱を」

切嗣「そんな長ったらしいの僕は覚えてないし行数の無駄遣いです!!」

アイリ「」

切嗣「詠唱をうんたらかんたらほい!」バリバリバリッ

アイリ「」

セイバー「問おう!貴方が私のマスターか!」ドヤァ

12: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 13:41:02.44 ID:boCZ9e0Oo
切嗣「SSで笑いを取る人はすごいと思うよ。文章だけで見えない人を笑わせられるんだ」

アイリ「そうね」

切嗣「多人数をうまく扱い相手を笑わせる。しかもキャラが崩れずに…だ」

アイリ「私たちなら3人が限界ね」

切嗣「しかもキャラ崩壊しまくりだしね」

セイバー(この人たちは何をいってるんだ…)

14: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 13:44:24.66 ID:PojamQ6Vo
セイバー「切嗣。そこしよろしいでしょうか?」

切嗣「なんだいセイバー」

セイバー「サーヴァントでありながら不躾な質問ですが」

切嗣「いいよ。なんでも言ってごらん(セイバーかわいいよセイバーくんかくんかってか俺ハーレムなんじゃない?これってイリヤ・アイリ・セイバーの三人と城で暮らすことになったら)」

セイバー「切嗣はずっと家に居ますがニートなのですか?」

切嗣「」

----------------
--------
-----

セイバー「アイリスフィール。切嗣がなぜか私のことを無視します」
アイリ「あらあらまぁまぁ」

15: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 13:49:09.54 ID:mz6eT2bVo
切嗣「Fate/Zeroを見たとき僕は僕を殴りたくなったが今はセイバーを殴りたい気分だよ」

アイリ「いいじゃない。まだ現界したばかりで分からないこともあるのよ」

切嗣「それでも流石にニートはないだろう」センベイバリバリ

アイリ「私の口からはちょっとなにも言えないわ」

切嗣「そういえば他のマスターはなにか召喚したのかなっと」

アイリ「そういえばなんで召喚したの?戦争が始まるわけでもないのに」

切嗣「たまにやっとかないと腕がなまっちゃいそうでね」

切嗣「ちょっと情報収集に行ってくるよ」タタタッ

アイリ「………………」

アイリ「すごい人……なんだけれどねぇ」

16: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 13:53:40.68 ID:mz6eT2bVo
セイバー「切嗣、先程は申し訳ありません。自らの主君に対しニートなどと」

切嗣「いや、それはもういいよ許そう」

セイバー「本当ですか!ありがとうございます!それでは」タタタッ

アイリ「意外ね…」

切嗣「なにがだい?」

アイリ「案外簡単に許したじゃない」

切嗣「あぁ…だってこのまま無視し続けると話が盛り上がりにくいしね」

アイリ「」

切嗣「あと、無視されて泣いてるかわいいセイバーはFate/Zeroでたっぷりみたから次は違う方向で責めてみようかと」

アイリ「」

17: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 13:55:26.77 ID:mz6eT2bVo
アイリ「というよりいつのまに帰ってきてたのよ」

切嗣「僕ともなればレスの合間に行って帰ってくることくらい容易さ」

アイリ「悲しいかな…これ、わたしの夫なのよね」

切嗣「流石に傷つくよそれは」

18: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 13:56:48.71 ID:mz6eT2bVo
切嗣「じゃあちょっと本格的な調査に行ってくるよ」

アイリ「もう驚かないけど急なのね」

切嗣「なんか僕がいたらセイバーの出番がなさそうだしね」

アイリ「なぜか動かしやすいのよね」

切嗣「メタいね」

アイリ「メタいわねぇ」

19: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 14:00:35.86 ID:mz6eT2bVo
アイリ「セイバー、ちょっと来てくれるかしら」

セイバー「なんでしょうかアイリスフィール」

アイリ「セイバーはわたしのことアイリースフィールって呼ぶわよね…」

セイバー「はい。それがなにか?」

アイリ「できればセイバーにもアイリって呼んでほしいなって」モジモジ

セイバー「それは構いませんが…よろしければ何故なのか理由だけでもお聞かせ願えませんか?」

アイリ「えっとね……あの…そのね」モジモジ

アイリ「そのぉ………」モジモジ

21: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 14:01:13.17 ID:mz6eT2bVo
アイリ「アイリスフィールって長くて打ちに」

セイバー「却下です」

22: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 14:05:42.77 ID:3jPV4bARo
セイバー「そもそも打ちにくいとはなんですかアイリスフィール。野球ですか?野球のことなんですか?アイリスフィールはそもそもそのような理由だけで私にアイリスフィールと呼ばせないようにしたかったのですかアイリスフィール。アイリスフィールにはもっと思慮を深く持ってもらわなければ困りますアイリスフィーリュェ-------ッッ!!」ピョンピョンバタバタ

アイリ(面白い動きだから写メ撮っとこ)ピロリロリーン

23: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 14:09:16.58 ID:3jPV4bARo
アイリ「それとねセイバー、今気づいたことがあるんだけれど」

セイバー「にゃ、にゃんれすか…」

アイリ「セイバーかわいいわくんかくんか「にゃ」ですって萌え死ぬ萌え死ぬ勢いでかわいいわ!!これは録音しておいて我が家のかほうにしなくちゃ(わたしの名前のことで一つ気づいたことがあるのよ)」ピッ

セイバー「ぶんひぇんがひひょいことになっひゅぇいまひゅよアイヒスフィール」

アイリ「いや、セイバーの方が凄いことになってると思うのだけれど………」

24: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 14:14:23.42 ID:ep9tjzYRo
セイバー「で、それで気づいたこととはなんなのですか」

アイリ「うん。わたしの名前なんだけれどね………」

セイバー「……はい」

アイリ「……………………」

セイバー「…………………………」

アイリ「打ち込むときにローマ字打ちで《A I R I》なんだけどね。ちょっと指が滑っただけで《S I R I
》ってなってそのまま変換するとし」

セイバー「ああああああああああああああああ!!!ああああああああああ!!!きいいいいいいこおおおおおおえええええまああああああせえええええんんんん!!!」

アイリ「だからねセイバー。わたしの名前がちょっと打ち間違えると」

セイバー「あなたは少しは自分のキャラを保とうとしたほうがいい!!」

25: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 14:21:11.93 ID:ox3TUCNJo
切嗣「ただいまアイリ」

アイリ「あらおかえりなさい」

切嗣「セイバーはなんか疲れてるようだね」

アイリ「えぇ、なんか叫びすぎちゃったみたいで」

切嗣「まぁ、そんなことよりも、だ」

アイリ「サーヴァントの疲労をそんなことって…。まぁいいけど。なにかしら?」

切嗣「聞いて驚かないでくれ」

アイリ「…………」ゴクリ

切嗣「僕の《キリッツグ》効果音が受けたんだ…」

アイリ「」

切嗣「ふふふ、これでこのSS速報では切嗣がイケメン顔になるときは決まってみんな《キリッツグ》を使い出すだろうね。そしてこのスレの認知度も高まりこのSS速報を牛耳る一大SSスレに」

アイリ「セイバー、ご飯にしましょう。出前をとるからなにがいいかしら」

セイバー「はい。私はこの特大ハンバーグセットがいいです」

アイリ「………お昼よ?」

セイバー「………?お昼なのは知っておりますが…あ、特盛でお願いします」

アイリ「」

26: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 14:23:51.00 ID:ox3TUCNJo
切嗣「アイリはなにか疲れてるようだね」

アイリ「心配しないで、子供二人の面倒を見るのに疲れてるだけよ…」

切嗣「イリヤとセイバーか。まぁどっちもまだ若いんだ子疲れもあるだろうね」

アイリ「」

28: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 14:55:22.90 ID:By7wq1wPo
切嗣「僕はカラオケにいってこようと思う」

アイリ「急にどうしたのよ」

切嗣「いや、明日からまた仕事だし今日だったら平日料金だろ?」

アイリ「今日は祝日よ」

切嗣「」

アイリ「そんなことよりあなたに例のコピペ事件の容疑がかけられてるわ」

切嗣「」

アイリ「切嗣ー?」

切嗣「コピペなんて山ほどあるのに例のなんて曖昧な描写で分かるわけねえええだろおおおおおおおおおおお!!!!Fate/ZeroのED歌いたかったんだよおおおおおおおお!!!」

アイリ「あなたどうせ下手くそじゃない」

切嗣「」

アイリ「この前友人とシュタインズゲートのOP歌って爆笑されるほど下手くそだったじゃない」

切嗣「」

30: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 15:12:30.07 ID:tBj5jkqho
切嗣「《CHOCO DIGESTIVE BISCUIT》はやっぱりおいしいなぁ」

アイリ「このスレを見ている数少ない人たちのなかで何人の人たちがそのおやつを名前だけでわかったかしらね」

切嗣「結構有名だと思うんだけどね。いろんなコンビニにもおいてあるし。ただ名前がめんどくさいのと普通にチョコビスケットって読んじゃった方が早いしね。」バリボリ

アイリ「メーカーさんはブルボンらしいけど他にブルボンの商品は何を買ってるの切嗣」

切嗣「ブルボンって言ったらCM終わりに流れる『ブルボン!』っていうあのかわいい声しか印象に残ってないよ。あ、商品はきっとこのチョコビスケットだけ愛着があって食べ続けてるよ」

アイリ「切嗣が一番好きなお菓子といっても過言じゃないわけね」

切嗣「お菓子はリッツが一番に決まってるよ」バリボリ

アイリ「」

セイバー「」モグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグモグ

31: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 15:14:56.98 ID:tBj5jkqho
アイリ「切嗣に友達いるのってお便りが届いたわよ」

切嗣「」

アイリ「あれはけど友達というより仕事仲間と言った方がいいんじゃないかしら切嗣」

切嗣「」

アイリ「あ、私はちょっとお母さん仲間と一緒にお食事に行ってくるわね。」タタタッ

切嗣「」

セイバー「仲間ですね私たち」

切嗣「」ポロポロ

32: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 15:24:23.94 ID:OSn6dYpqo
切嗣「こういうほのぼのSSってよく急にシリアスになる場合あるじゃん。個人的な意見だけど僕はあれがどうしても好きになれないんだ」

アイリ「どうして?話に盛り上がりを持ってくるのは重要なことよ?」

切嗣「そうなんだけど、いままでまったりしてた分急な加速に堪えられないというかなんというか、まぁ個人的な意見だし聞き流してほしいんだけどね」

アイリ「けどこれってさ」

切嗣「うん僕も薄々気づいてた」


アーチャー「ふははははは!!雑種どもよ!我が前にひれ伏すがいい!!!」

セイバー「お二人とも敵襲です!お下がりください!!」


切嗣「やっぱりフラグだよねぇ」

アイリ「綺麗なフラグだったわねぇ…」

33: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 15:33:25.94 ID:O0JvEx4lo
切嗣「よし、アイリは舞弥とともに裏口から逃げてくれ。決して他のマスターに見つからないようにね」キリッツグ

アイリ「急にシリアスモードにきりかえたのかと思ったらそうでもなかったようね。………気を付けて」タタタッ

切嗣「セイバー。君はやつの注意をできるだけ引き付けてくれ。その間にアイリを逃がす。逃がし終わったら僕がマスターを捜索・発見しだい射殺する………」

セイバー「承知しました。お気をつけください。…………行くぞ!アーチャー!」

アーチャー「ふはははは!雑種風情がわらわらと逃げ回っておるわ!王の前からそう易々と逃げ切れると思わんことだな!!」

時臣「さて、英雄王が戦ってる間に私はわたしの仕事をするとしよう」

切嗣(マスターを発見する労力はなくなったが奇襲も無理か……なんとかタイムうんたらかんたらを使って敵に近づかなければやつは炎を使う。銃を撃つ前に広範囲に炎をばらまかれて終わってしまう。ここは短期決戦だ!!)

切嗣「よっこらせっくす。さぁ、行くぞ!!」キリッツグ

セイバー「」

アーチャー「」

時臣「」

アイリ「」

舞弥「」

イリヤ「」

34: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 15:36:12.24 ID:O0JvEx4lo
アイリ「ひどいオチだったわね」

切嗣「ほのぼのSSにオチもシリアスも必要ないということさ」キリッツグ

アイリ「かっこつけたつもりでもこれはひどいわよ」

切嗣「それよりなんでイリヤがいたんだい」

アイリ「出番がないだけでいることにはいるわよ」

切嗣「なんか僕の好感度が下がった気がするんだけど」

アイリ「セイバーご飯にしましょう」

切嗣「」

36: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 17:52:05.77 ID:boCZ9e0Oo
切嗣「ほのぼのSS改めシュールSSなこのSS主要な登場人物は僕、衛宮切嗣と」チラッ

アイリ「セイバーの時代はどんなお洋服が流行ったの?」

セイバー「そうですね。わたしの時代では今よりももっと階級によって洋服が違ってましたからね。一概には言い切れないというのが正解でしょうか」

セイバー&アイリ<キャッキャッキャ

切嗣「なんか僕がのけ者にされてるかんが否めないんだけどどう思う舞弥」

舞弥「大丈夫です。大体いつもこんな感じです」

切嗣「」

37: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 18:02:42.30 ID:mz6eT2bVo
切嗣「このSSは無言オチが多すぎると思うんだ!!」キリッツグ

アイリ「もう別にその効果音についてはツッコまないけれど確かに無言オチが多いわね」

セイバー「過去レスを見返すと10くらいは無言オチなんじゃないでしょうか」

切嗣「うむ。そして大体の流れは僕がボケる→すべる→みんなが冷たい→僕無言orみんなでわいわい→僕がしゃべる→みんなが黙る この二つが圧倒的に多い!!」

アイリ「まだ始まって30レスちょいなのになにを言ってるのよ。私たちの旅はまだまだこれからよ」

切嗣「しかしこのSSの終了点が見当たらないのも確か。大丈夫だってこんな昼間から通り魔が現れるはずがないだろ」

アイリ「そもそもこのSSはだらだら続けるのが目的なのだからあんましきにしなくていいんじゃないかしら。やつは我が四天王の中でも最弱……」

切嗣「まぁそうだね。深くは考えなくていいか。僕…この戦いが終わったら結婚しようと思ってるんだ……」

セイバー「切嗣それはアウトです」

アイリ「浮気最低」

切嗣「」

38: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 18:03:16.32 ID:mz6eT2bVo
セイバー「安定の無言オチでしたね」

アイリ「楽なのよ」

39: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 18:06:22.98 ID:mz6eT2bVo
切嗣「第一回!めちゃくちゃキャラが立ってないセイバーをイメチェンしよう!!」ドンドンパフパフ

アイリ「いきなりね」

舞弥「あなたほどの歳の人が『いめちぇん』などと口にするととてつもない違和感を感じます」

セイバー「それよりも私は十分にキャラが立ってると、このSSでもやっていけると自負しています」

切嗣「それはない」

アイリ「ないわね」

舞弥「ないですね」

40: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 18:11:18.38 ID:OSn6dYpqo
切嗣「このSSの主要キャラは僕・アイリ・セイバーなんだよ。僕のキャラは《ロリコン・変態・変人・やればできる子・キリッツグ》と5つのキャラを有している」

舞弥「よく見てください。あれがあなたの夫ですよ」

アイリ「よく見なさい。あれがあなたがNTRしようとしてる男よ」

セイバー「どちらも悲しくなるだけなのでは………」

切嗣「そしてアイリには《腹黒・ボケ・下ネタ・変人》の4つのキャラを有している」

舞弥「この妻なくしてあの夫なし。負けました」

アイリ「ふふん!」ドヤァ

セイバー(この人たちはなんの戦いをしてるんだ…)

41: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 18:13:54.42 ID:wtxbVrH8o
切嗣「それにくらべてセイバーは、《真面目・食いしん坊》の二つだけ。ボケもまともにできないのか君は!!」

セイバー「ボケの英霊が欲しかったなら坂田師匠でも召喚しててください……」

切嗣「ば、ばか!あの人はまだ死んでない!!」

セイバー「!?」

切嗣「……たぶん」

42: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 18:18:36.43 ID:L+4i4Mcgo
切嗣「坂田師匠っておなくなりになってたっけ?」

アイリ「たぶんまだ生きてると思うけど……」

セイバー「なにぶんテレビで見ないですからねぇ……」

切嗣「なにげに僕あの人の扇子持ってるんだよね」ドヤァ

アイリ「あ、いつのまに買ったのよ」

切嗣「この前東京に行ったときにささっと買ってきてたのさ」

セイバー「なんで私たちのぶんも買ってきてくれないのですか。怒りました。こうなったら実力行使で奪ってあげます」

切嗣「ふふん!君に僕を捕まえられるかな。タイムアクうんたらかんたら!!」タタタタッ

セイバー「自分の技名くらいちゃんと覚えてたらどうですか!待ちなさい!」ダダッ


舞弥(なにやってんだこの人たち)

43: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 18:21:29.24 ID:L+4i4Mcgo
切嗣「第一回セイバーイメチェン大会終了!!」

アイリ「早くない?」

切嗣「セイバーは別に目立たせなくていいかなって思ってね。というか坂田師匠の扇子が見つからないんだけど、セイバー知らないかい?」

セイバー「いえ、知りません。というより大会名変わってませんか?」

切嗣「細かいことは気にしたら敗けだよ。ちょっと探してくるよ」



アイリ・セイバー「………え?オチなし?」


45: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 18:32:47.89 ID:ep9tjzYRo
切嗣「ちょっとコンビニ行ってくるよ」

アイリ「いってらー」



切嗣「いや、けどここまでキャラが立っていなかったら果たしてFateキャラでやるいみがあるのだろうか……」ウームテクテク

切嗣「ん?あそこにいる白髪のいかにも不健康そうなやつは……あぁ、えーと……たしか雁屋?雁夜?まぁどっちかだろうカリヤって呼んでればいいか。不健康なくせになにを買いに来たんだ?」コッソリ

カリヤ「………」チラッ ゴソゴソ

切嗣(! 万引きか!)

46: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 18:36:30.76 ID:ep9tjzYRo
切嗣「万引きを捕らえようとした----が!そんなことよりなんか面白そうなSSが貼られてるじゃないか。タイムアクうんたらかんたら!」ジカンストップ

切嗣「これであのカリヤとか言う万引きやろうは止まったな。よし!ちょっと巡回してこよう」

切嗣「一つ誤解を解いておくとその切嗣は僕じゃないよ」

切嗣「なんかそいつシリアルでかっこよさそうだしな」


切嗣「………………」


切嗣「ツッコミいないと寒いなこれ」

47: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 18:47:41.13 ID:tBj5jkqho
切嗣「さて、とっととあの万引き野郎を捕まえるか」ソーット

カリヤ「……………」ゴソゴソペラペラ

切嗣「ふんたらればぁ!!」ドサッ

カリヤ「!!? な、なんだお前は!!」アセアセ

切嗣「黙れ万引き犯!!今こそ俺が正義の味方だってことを周りのやつらに見せつけるんだ!!!」

カリヤ「何をいってるんだお前は!!?きゅ、きゅうに出てきて訳の分からないことを------ッッ!!」バッ

バサァ

《ロリっ娘天国~おにいちゃんとあそぼ~》

切嗣「」チラッ

カリヤ「」サッ

《ロリっ娘天国~おにいちゃんとあそぼ~》

切嗣「」チラッ

カリヤ「」チラッ

48: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 18:48:36.19 ID:tBj5jkqho
切嗣「ただいま」

アイリ「おかえりなさい。あら?どうしたの?なにか嬉しそうな表情だけど?」

切嗣「いや、なに。僕に仲間ができただけさ」

49: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 21:55:37.89 ID:3jPV4bARo
切嗣「僕は暇だ」

アイリ「どうしたの急に」

切嗣「暇なときはなにか議論がしたくなる」

アイリ「一応同意しておくわ。つまり切嗣は議論がしたいと?」

切嗣「つまるところそういうことさ。しかしいかんせん僕の平々凡々な頭じゃこれといった議題が思い浮かばないんだ」

アイリ「ならこれなんてどうかしら」

切嗣「うん?」

TV<昨今のロリコンによる----犯行----

切嗣「暇というせっかくの平和を感じられる時間を潰すのは馬鹿がやることだよ」

アイリ「まったくもって同意するわ」

50: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 22:01:09.87 ID:zR919+e6o
切嗣「僕は暇だ」

セイバー「どうしたんですか急に」

切嗣「暇なときはなにか議論がしたくなる」

セイバー「確かにそうですね。私も生前は円卓の仲間とよく議論したものです。それで、切嗣は今私と議論をしたいと?」

切嗣「つまるところそういうことさ。しかしいかんせん僕の平々凡々な頭じゃこれといった議題が思い浮かばないんだ」

セイバー「ならこれなんてどうでしょう」

切嗣「うん?」

ラジオ<昨今のロリコンによる----犯行----が-------

切嗣「暇というせっかくの平和を感じられる時間を潰すのは馬鹿がやることだよ」

セイバー「ロリコンというのはそもそもどこからどこまでをロリコンと称するのか、そこから突き詰めていかなければ始まりませんね。3歳ははセーフなのでしょうか、あるいは小学生からがアウト…?そもそもなぜ幼女じゃないといけないのでしょうか。幼児体型だったらだれでもいいのではないですかロリコンのみなさんは。ならば貧乳で我慢すべき誰が貧乳ですか!!!」クワッ


切嗣「アイリー。お茶の時間にしよう」テクテク

52: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 22:25:22.16 ID:wtxbVrH8o
切嗣「今思ったんだけどねアイリ」

アイリ「んー?」

切嗣「ZeroよりSNの方がキャラが絡ませやすいことに僕は気づいたよ」

アイリ「今さらね。そりゃあっちはCP出てるからある程度キャラのからませ方も分かるしとりあえず困ったらランサーをいじめればいいんでしょ?」

切嗣「そうなんだよ。そこだよアイリ。困ったときにいじめれるキャラってのはかなり重要だと思うんだ。なにより無理矢理おとせるってのが素晴らしいね。このZeroの世界にもそういった無理矢理おとせるキャラってのはいないものかな?」

アイリ「切嗣」

切嗣「」

53: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 22:35:10.47 ID:EgYpdXCPo
アイリ「切嗣ー!一緒にデートに行きましょ!新しい車も運転してみたいわ!!」ワクワク


セイバー「切嗣。よければ…その…今度の週末一緒に買い物などをしませんか…?」モジモジ


舞弥「そ、そういえば!この前旧友から映画のチケットをたまたま2枚も、貰いまして!す、捨てるのももったいないのでよ、よければ一緒に観に行っていただけませんか…?」チラチラ


切嗣「断る!!僕はイリヤと胡桃の芽を探して遊ぶんだ!!」カッ

アイリ・セイバー・舞弥「」

----------------------
---------------
-------

切嗣「っていう夢を見たんだ。危うく僕は自分自身に惚れかけたよ」

アイリ「ブレないわね」

55: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 22:47:24.19 ID:EgYpdXCPo
切嗣「そういえばこの前思ったことなんだけどこのSSって名前Fateじゃなくていいんじゃない?」

アイリ「試してみましょうか」

56: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 22:52:33.71 ID:PojamQ6Vo
夫「暇だね」

妻「そうね」

セイバー「お二人ともなにしてるんですか?そんなところで」

夫「ちょっと!セイバーは名前を従者に変えなきゃいけないんだぞ」

従者「え、あぁすみません(またなにかやってるな)」

妻「ほんと、従者にも困ったことね」

従者「そういうお二人はいつも通り仲がよろしいですね」

夫「そりゃあ僕は妻のことを愛してるからね」キリッ

夫「??」

夫「そりゃあ僕は妻のことを愛してるからね」キリッ

夫「…………………」

切嗣「そりゃあ僕は妻のことを愛してるからね」キリッツグ

58: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 23:10:31.26 ID:3jPV4bARo
切嗣「やっぱりこっちの方が落ち着くね」

アイリ「やりたかっただけでしょ」

切嗣「あれができなきゃきっとこのSSを読んでる数少ない人たちの内の8割が『キリッツグ大抗議』を起こしてこのSS速報は焦土と化しちゃうよ」

アイリ「こういうどう返したら正解なのか分からないようなボケって一番困るのよね」

セイバー「この切嗣なら本気で言ってる気もしますがね」

59: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 23:13:48.53 ID:EgYpdXCPo
切嗣「なにが話したかったんだっけ」

アイリ「知らないわよ」

セイバー「思い出しました」

切嗣「僕が忘れた内容をなぜ君が思い出せるのか問いただしたいところだけど一応聞いておこう」

セイバー「僕は実を言うとこのSSを書く気はなかったんだ」キリツグー

切嗣「僕の声真似をしてるってよく分かる効果音だけどそれはどうかと思うよセイバー」

アイリ「切嗣には言われたくないわよ」
セイバー「切嗣にだけは言われたくありません」

60: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 23:16:09.69 ID:EgYpdXCPo
切嗣「そういうことでこのSSは他のSS…いわばバージン作になる予定だった作品があるんだよ」

アイリ「つまり今SSを下書きしてると?」

切嗣「その通り」

アイリ「ならなんでこのSS書いてるのよ」

切嗣「あれは2日前の出来事だった-------」

アイリ「案外最近なのね」

61: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 23:18:21.25 ID:EgYpdXCPo
切嗣「本当は僕たちは今ごろ戦争をしてるはずだったんだ」

アイリ「それはまた穏やかじゃなさそうな話ね」

切嗣「いや、作風というかまんまこんな感じの僕たちなんだけどね」

アイリ「最悪な戦争になりそうね」

セイバー「それでどうしてそれを始めにあげなかったのですか?」

切嗣「それは話せば長くなるんだけどね……」

アイリ「これは短いフラグね」

セイバー「ですね」

62: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 23:25:43.86 ID:h3YnMaBbo
切嗣「SSを書いてたんだ。はじめて書くSSでね、かなりネタとしては面白いと思ったんだ。楽しく書き始めたよ。僕たちのキャラが原作と全く違う気がしてたけどそんなこと気にせず書き続けたよ」

切嗣「そして大分書いたかな?って気がしてきた頃だ。一回誤字とか確認するために頭から読み直すことにしたんだよ」

切嗣「これvipにあげたらここまでだけで、もちろん煽りとか馴れ合い厨とかのレスも合わせて500レスくらい越えちゃうんじゃないかって思えるくらいの疲労感があって結構ワクワクしながら読み始めたんだ」

切嗣「誤字は少なかったけど文脈や話の流れや会話内容がおかしかったけど気にならなかったね。それくらいワクワクしながら読み始めたんだ」

63: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 23:27:22.82 ID:h3YnMaBbo
切嗣「絶望したよ」

切嗣「読み終わるのに10分を要しなかったんだ」

切嗣「まだプロローグだぜおい。とか思いながらSS速報にフラリときたんだ」

切嗣「そしたらこのスレ衝動的に立てちゃった」

アイリ「」

セイバー「」

64: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 23:31:59.25 ID:mz6eT2bVo
切嗣「過去最大のシリアス回だったね」

アイリ「ここまでハードルの低いシリアス回もないわ」

セイバー「シリアスというよりかはただ単に」

舞弥「それ以上は言ってはいけません」フルフル

65: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 23:33:56.89 ID:mz6eT2bVo
切嗣「そういえばここ最近イリヤが登場してないね」

アイリ「イリヤなら今日一緒にご飯食べたじゃない」

切嗣「いや、それはそうだけどそうじゃなくてこのSSにだよ」

アイリ「そりゃ苦手ですものあの娘書くの」

切嗣「心が腐ってるからなんだろうなぁ…」

67: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 23:52:54.96 ID:mz6eT2bVo
切嗣「ぼくどらえもん」

アイリ「どんなボケにもツッコむと思ったら大間違いよ切嗣」

68: ◆hLjOuel3KI 2012/01/09(月) 23:59:07.73 ID:mz6eT2bVo
切嗣「そろそろ他キャラも出した方がいいかな」

アイリ「それを受け入れるキャパシティが切嗣にあるのならいくらでもだしていいわ」

切嗣「ネタ困ったときでいいな、うん」

アイリ(逃げたわね)
セイバー(逃げたな)

69: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 00:01:55.39 ID:7N1J9ZUOo
切嗣「初心に戻って一回原作の雰囲気にしてみようじゃないか」

アイリ「暇だし賛成するわ」

セイバー「アイリスフィールがそういうのなら私も賛成です」

切嗣「いや、君はぼくに賛成しろよ」

70: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 00:08:15.87 ID:IMi4UXPyo
切嗣「………首尾はどうなっている…」

アイリ「アーチャー側に動きはないわ…恐ろしいほどに沈黙を保ってる……」

ガチャ

セイバー「アイリスフィール!!」バタバタバタ

アイリ「どうしたのセイバー。そんなに慌てて」

セイバー「即刻キャスターの討伐に向かうべきです!そうしなければまた罪のない子供たちが死んでいくことになります!!」バンッ

切嗣「そりゃいかん。幼女は即刻保護しだい僕のもとに連れてくるように。もしかしたらキャスターが変な罠を仕掛けてるかもしれないから安全かつ慎重にね。ショタはいらんほっておけ。男には乗り越えなきゃいけないときというものがある」キリッツグ

72: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 00:15:14.66 ID:Yhbpk+3fo
切嗣「正直すまなかったと思っている」

アイリ「違う場面にしましょうか」

セイバー「しかし、これより他の場面となると私たち三人が集まってるのは少ないのでは」

切嗣「原作の僕たちはいったい何してるんだ!」プンプン

アイリ「その年でその効果音はないわ切嗣」

セイバー「右に同じく」

73: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 00:23:34.76 ID:hnNnL7Gao
切嗣「まぁ原作はまた暇なときにでもやろう」

アイリ「そうn---ッ!!」チャララーララ ララララララー

切嗣「侵入者かアイリ」

アイリ「そうみたい。正面から堂々と侵入してきてるわ…敵は一人……言峰…綺礼よ」

切嗣「!!?」ダッ

アイリ「どこにいくのかしら切嗣。彼はあなたに用事があるみたいよ。早く行ってあげないと失礼じゃない」ガシッ

切嗣「」フルフルフルフルフルフルフルフルフルフルフルフル

アイリ「舞弥さん!」

舞弥「ハッ!」シュビッ

アイリ「切嗣を彼の元へ」

舞弥「承知いたしました」ズリズリズリ

切嗣「イヤァー!やつは!やつだけはいやー!!」フェードアウト



セイバー(なぜ誰もアイリスフィールの探知音がちゃるめらなのにツッコまないんだ………)グー

74: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 00:52:27.99 ID:yYGWhC4xo
言峰「来たか…衛宮切嗣」

切嗣「なんのようだ言峰綺礼(やっべぇよめっちゃこええよストーカーじゃんこいつもしかしたらそれよりたちわりぃよこいつもうやださっきまでキャッキャウフフしてたのになんでこんなにシリアルなんだよ…あ、やっぱりこれだめ。ツッコミいないとこのネタだめだわ寒いわ)」

言峰「貴様に問いたいことがある……」

切嗣「なんだ…(聞かなくてもわかってんだよこちとら何十回もその質問うけてきたんだよバカ!帰ればか!笑えるようになってから出直してこいばか!)」

言峰「貴様は私と同じだ…誰からも理解されず……誰からも必要とされない」

切嗣「…………(なげぇよ文字打つ労力考えろよもっと完結に話せよ回りくどいんだよこんちくしょう)」

言峰「だから…だ。」

切嗣「………………」ゾクゥ


言峰「衛宮切嗣……俺と…付き合ってもらえないだろうか…」

75: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 00:56:35.74 ID:Bp9tNMb+o
切嗣「嫌だよばか!何回断ってると思ってるんだ!僕にそっちの気はないんだよ!老後はイリヤとキャッキャウフフする算段まで立ててるのになにが悲しくてむさい男ルートなんて進まなくちゃいけないんだよ!」

言峰「先程も説明しただろう…貴様は私と同じ。何者にも理解されず」

切嗣「お前は昔から話が伝わらないというか人の話を聞かないというか…!僕はアイリもいるしイリヤだって舞弥だって…………あ、ついでにセイバーだっているんだからな!」

言峰「それは分かっている。だが貴様は私と同」

切嗣「誰かこいつ放り出せ!!」

76: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 00:58:23.43 ID:Bp9tNMb+o
切嗣「疲れたよ」

アイリ「不用意にキャラを増やすからよ」

切嗣「そもそも彼はなんであんなキャラに………原作でも相当ストーカーだったがいくらなんでもいきすぎだろ…」

アイリ「だって確実にホモでしょあれ」

切嗣「」


セイバー(ついで…わたしはついでなのですね切嗣………)ズーン

78: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 01:17:30.09 ID:w8rYdG2yo
切嗣「まぁ言峰はいいよもう。確実に出オチキャラだろあれ。そんなキャラよりもやっておかなきゃいけない大切なことがあるんだよ。分かるかいワトスン君」

アイリ「いったいなんなんだいホームズ(棒」

切嗣「いい質問だワトスン君これはとても重大なことなんだ。そう、このSSの運命を左右させるほどの事柄だよ」

セイバー「それってあまり重要じゃないのでは」

切嗣「黙れ!!!キャラもたってない分際で!!!」

セイバー「!!?」ビクゥ

切嗣「そして重要な事柄とはだねワトスン君」

セイバー「……………………………」ジワァ

切嗣「」

アイリ「」

セイバー「…………………」プルプルプルプルプルプル

切嗣「ひとまずお茶にしようアイリ」

アイリ「いや、そもそも伝えたい大切なことなんてないでしょ。逃げずに謝りなさい」

79: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 01:24:58.30 ID:Bp9tNMb+o
切嗣「ごめんなさい」

セイバー「」プイッ

切嗣「なんでもするからさぁ……ね?」

セイバー「」チラッ

セイバー「」プイッ

切嗣「ふぅ……もう打つ手がないよアイリ」

アイリ「そうね…ひとまずお茶にしましょう」

切嗣「このお茶はおいしいねアイリ」ズズズ

アイリ「あら、そうかしら」ズズズ

セイバー「」テクテクテク

セイバー「」チョコン

セイバー「」ポリポリポリポリ ズズズズズ


切嗣・アイリ(なにこれかわいい)

80: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 01:26:33.03 ID:Bp9tNMb+o
切嗣「アイリ…僕はセイバーのお陰でロリコンの道から健全な道へと戻れそうだよ」

アイリ「切嗣それ健全違う」

舞弥「なぜ片言なのですか…」カチャカチャ

81: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 01:29:32.15 ID:Bp9tNMb+o
切嗣「セイバー。今回の件は僕が悪かったよ。だから許してくれ…な?」

セイバー「…………………」

セイバー「………ケーキ…」ボソッ

切嗣「ん?」

セイバー「……ショートケーキ…ふた、三つで許してあげます…」プイッ


切嗣「」

切嗣「」

切嗣「」ブシャアアアアアアアアアアアアアアアアアア

アイリ「切嗣!!?切嗣ぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!」


舞弥(明日のお茶はなににしましょうかね)カチャカチャ

83: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 02:12:53.08 ID:KLwCcYI8o
切嗣「僕にも必殺技がほしい」

アイリ「あるじゃない。タイムアタタタタとかいう時間を操作する厨二技」

切嗣「いや、けど流石に地味すぎないかい?あれ、ケイネス先生の説明なかったらただ僕が加速しただけにしか思われなかったんじゃないかな」

切嗣「もっと英雄王とか征服王みたいなド派手でかっこいい技が欲しいんだ」

アイリ「やってみたら?なんでもできるわよここ」

切嗣「よしきた」

84: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 02:15:58.82 ID:KLwCcYI8o
切嗣「見てみなよ……。これが僕と彼らが映し出した心象風景………彼らとのアレが僕の誇り…僕の人生だ!!」キリッツグ

切嗣「喰らえ…ゲートオブバビロン」キリッツグ


アイリ「驚くほど似合わないわね」

切嗣「自分の身の丈にあった必殺技が一番なんだね」

85: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 02:25:27.85 ID:+OwZGImEo
切嗣「僕はねSSで話の内容に関係のないことをしゃべりまくる書き手ってのがあんまし好きになれないんだ」

切嗣「どうしても、そんなことどうでもいいからとっとと書けとか思っちゃうような人間なんだ」

切嗣「もちろん幼児があって数日書けないとかそういう業務連絡はいいよ。しかしそれ以外の全く関係のないことを話すのは書き手としていささかどうだろうとは思うんだよね」

アイリ「なにも言わずレスがストップして、また急に始まり出すようなこのSSよりはましだと思うけれどね」

86: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 02:27:11.75 ID:+OwZGImEo
アイリ「切嗣………あなた……その誤字はないわよ…」

切嗣「ちょっとこのスマホ川に投げてくる」

89: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 09:48:12.83 ID:SOEWsGODo
切嗣「実は僕は今日仕事なんだ」

セイバー「そうなのですか?頑張ってきてください」

切嗣「とは言っても新年の顔合わせだから昼までには帰ってくるんだけどね」

セイバー「? 殺し屋にも集まりがあるんですか?」

切嗣「? なに言ってるんだ?普通に俺サラリーマンだぞ?」

セイバー「!!?」

切嗣「殺し屋業界にも最近エコだなんだって叫ばれてうるさくてね……今銃を新調するのにもお金が必要だし…今時殺し屋稼業だけで食っていけるはずがないじゃないか」ハハハ

セイバー「」

90: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 09:57:06.82 ID:lQIM3ndqo
切嗣「キャラメルうまうま」

セイバー「何を食べているのですか切嗣」

切嗣「キャラメルだよセイバー」

セイバー「私にも一ついただけないでしょうか」

切嗣「いいよ…あ、歯にひっついた…ちょ、差し歯取れる取れる!!あ、セイバーはいこれキャラメル。くそ!このキャラメル野郎め!」

セイバー「………いえ、やはり向こうでスコーンでも食べてきます」テクテク

92: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 13:28:50.10 ID:lQIM3ndqo
TV<メタルギアライジングハツバイマデ-----

アイリ「メタルギアの最新作が発売されるそうですね…。そういえば切嗣はこのゲームのファンだったのでは?」

ガタンッ!!

切嗣「僕にメタルギアについて語らせるってことでいいんだねセイバー」

セイバー「え?あ、はい。ご自由にどうぞ」

93: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 13:57:02.95 ID:0sgp4djPo
切嗣「メタルギアについて語ったら夜が明けちゃうから今回は最新作の《メタルギアライジング》について語るよ。周りの意見などを聴くと『こんなのメタルギアじゃない』『なんでアクションなんだ。ステルスはどこにいった』といった意見を聴くけど僕としては発売されるのが凄く楽しみだよ」クドクドクドクドクドクド

切嗣「けど一つ残念なのがこの年代が《メタルギアソリッド4》の後だってことなんだ。せっかくスネークが戦争というビジネスを無くしたのにやはり戦いはなくならない。それじゃあ流石にスネークが報われなさすぎる。個人的には《メタルギアソリッド4》に至る物語も見たかったしね!そしてあの人をバラバラにできるあの機能だけど、あれも僕はどうかと思うよ。一回斬っただけでいいじゃんって思うわけだよ。もう死んでる人をそこまでバラバラにすることに意味はあるのかって」クドクドクドクド


アイリ「スイッチ入ったわね」

舞弥「いつも通りですよ」

94: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 14:00:38.12 ID:0sgp4djPo
切嗣「エグザイルのダンスってあるじゃないかアイリ」

アイリ「それがどうしたの?」

切嗣「あれって一人一人がずれただけで一気に狂っちゃう。つまりチームワークが必要不可欠なわけだ」

アイリ「まぁ…そういうことになるわね」

切嗣「つまりアレをやれば僕たちのチームワークというものが分かったりするんじゃないだろうか」

アイリ「やるのがめんどくさいから言うけどあれって後ろの人が前に合わせたらいいだけだから、チームワーク云々はほとんど関係ないわよ」

切嗣「それは残念」

95: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 14:17:24.65 ID:w8rYdG2yo
切嗣「そろそろ100レス近くいったし過去レス読んでたんだけどこれは酷いね」

アイリ「というよりなんでこんなにポンポン進んでるのよ。気が向いたときだけ更新じゃなかったの?」

切嗣「いや、なんか…ねぇ…?」

アイリ「そもそも私たち以外の人のレスっていったら10にもいってないんじゃないの?」

切嗣「流石にそんなことは…ない…と思うけど」

セイバー「あまりに投下スピードが早くてついてこれてないだけですよ!ほ、ほら!寝てから起きるまで更新がなかった時間帯なんて2レスもついてましたよ!」

切嗣「…………そうだよね…そうさ!問題はレス数じゃないんだ!僕は頑張るよ、アイリ!」

アイリ「頑張るのはいいけどレス云々をネタにしたらレスがもらえると思わない方がいいわよ切嗣」

切嗣「」

セイバー「」

96: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 14:19:53.56 ID:/TaEy3fEo
切嗣「精神的にダメージを受けたからお昼ご飯食べてカラオケいってくるよ」

セイバー「なにを歌うんですか?」

切嗣「ポルノグ○フィティ」

アイリ「ポルノってところでしかあなたに合ってないわねその歌手」

切嗣「昭仁さんに謝れ」

セイバー「切嗣には謝らなくていいんですね…」

97: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 14:51:30.20 ID:7N1J9ZUOo
切嗣「ご飯美味しかった」

セイバー「なにを食べたんですか?」

切嗣「カップうどん」

セイバー「アイリスフィールになにか作ってもらえばいいんじゃあ………」

切嗣「和庵を舐めちゃいけないよ」

セイバー「せめてどん兵衛にしてくれないとマイナーすぎて伝わりません」

98: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 15:11:09.47 ID:hnNnL7Gao
切嗣「よし、カラオケに行こう」

セイバー「行ってらっしゃい」

切嗣「………来ないの?」

セイバー「えぇ、お一人で楽しんできてください」モグモグ

切嗣「」

切嗣「」



切嗣「絶対点数90点台だしてやるんだからな」バタンッ タッタッタ

セイバー「飴ちゃんうまうま」モグモグ

104: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 17:26:38.91 ID:+OwZGImEo
切嗣「やったなアイリ!僕がカラオケに行ってる間に4レスもついてるよ」

アイリ「そうね切嗣。>>95というレス頂戴アピールをすればちょろいものね」

切嗣「ふふふ。彼らはあのレスがこんな作戦だとは気づいてないだろうね」

アイリ「もちろんよ。どこもへまはしてないわ」

切嗣「よし、ならば作戦を第二フェイズに移行---あれ?ちょっと!マイクの電源切り忘れてるよ!まったく。」


セイバー「いったいあの人たちはなにがしたいのでしょう」

舞弥「それが理解できてしまったらあっち側の人間よ」

105: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 17:29:51.60 ID:Bp9tNMb+o
セイバー「切嗣。他の陣営は登場させないのかというお便りが届いています」

切嗣「他の陣営?うーん……考えてることは考えてるんだけど…」

セイバー「だけど?」

切嗣「いかんせん僕は原作読んでないからね!どんな感じで進めていこうか悩んじゃうんだ」

切嗣「切嗣悩んじゃう」クビカシゲ

セイバー「いちいちネタのチョイスがおかしいと思うのですが」

切嗣「えくぼちゃんを知らない人は非国民だよ」プンプン

106: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 17:34:30.75 ID:cDwu13GUo
セイバー「切嗣。もう一通お便りが届いています」

切嗣「なんだい?」

セイバー「同じネタ二回使ってんじゃねぇよ寒いんだようちの暖炉で燃やすぞばか野郎お前を蝋人形にしてやろうかふはははは!!」

切嗣「デーモン小暮閣下は君入れるにしても無理矢理すぎないかい」

セイバー「頭に浮かんだものでつい」

切嗣「まぁ多分カラオケネタだろうねぇ」

セイバー「それしかないでしょ」

切嗣「だって昨日祝日で高かったから今日行くしかないもん…ねぇ?」

セイバー「いや、知りませんよそんなの」

108: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 17:39:51.72 ID:J9WpRvT8o
切嗣「そういえばMEMORIAで83点取れたんだ凄くないかい?」

セイバー「やめろといわれてなお続けますかカラオケネタ」

切嗣「そもそもこのSSは頭に浮かんだこと、実際行動してることの2つで動いてるからね。新鮮なやつからどんどん使っていかないと、ネタはたまることがないんだよ」

セイバー「メタすぎます。それより機種はなんだったんですか?」

切嗣「DAMさ」

セイバー「切嗣はJOYが一番好きだったのでは?」

切嗣「そうなんだけど、僕の行きつけのカラオケ店が値上がりしててね、仕方なくこの間JOYを入荷したっていうジャンカラに行ってみたらJOYが埋まっててね。UGAは嫌だからなくなくDAMにしたんだ」

セイバー「そもそもなぜJOY以外は嫌なのですか……」

切嗣「JOYのリモコンが気に入ったのとJOYが一番点数取れるから」

セイバー「点数厨め」

109: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 17:43:13.19 ID:J9WpRvT8o
切嗣「>>107あたりでこんなやつ拾ってきた」

キャスター「おぉ!聖処女よ!なぜ貴方はわたしの元に来てくれないのですかぁ!!」

セイバー「即刻捨ててきてください。そして私は聖処女ではありません」

切嗣「SNとか見る限り性処女って感じだもんな」ボソッ

セイバー「エクスカリバァァァァァ!!」

110: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 17:44:42.50 ID:J9WpRvT8o
アイリ「なにか大きな音が聞こえたけどどうしたのセイバー……ってあれ?切嗣は?」

セイバー「ちょうどいま一人の変態と共に星になりました」

111: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 17:50:24.42 ID:Bp9tNMb+o

ヒューン
ドスッ ドシャァァァァァァァ


切嗣「な、なんとか着地成功…ってね」キリッツグ

切嗣「そういえばこの《キリッツグ》の効果音を使いたいって人がいたようないなかったような……」

切嗣「使ってもいいけど使う際にダンディなお兄さんと3つのお約束だよ☆」

切嗣「……………………」


切嗣「………流石に☆はないな☆は…」

112: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 17:55:44.06 ID:lQIM3ndqo
切嗣「一、ここぞという時に使うべし!
一、もし使うとしてもこのスレの事は言っちゃ嫌よ。原作切嗣お兄さんのファンに殺されちゃうからね!
一、この効果音を使った瞬間貴様の切嗣は僕の舎て----あいた!!」

切嗣「あいたたた……。なんで一番重要なところで急に石ころが飛んでくるんだよ全く」

--------------------------

セイバー「? アイリはどうしておもむろに石ころを投げ出したのですか?」

アイリ「馬鹿に馬鹿なこと言わせないためよ」ウフフ

114: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 18:00:53.36 ID:yYGWhC4xo
切嗣「このSS始まって以来二回目のが外出だな」

切嗣「ひとまずここがどこだか確認しなきゃ。GPSGPSっと」

GPS<ワタシノナイゾウミチャイヤーン

切嗣「内蔵を撒き散らしながら成仏されたようだ」

切嗣「見たところ公園が近くにあるようだし…仕方ない、歩いて調べるか」

子供っぽい声<ヤ、ヤメロヨバカー コノキセツニミズヲカケルナー
父っぽい声<ハハハ マタンカー

切嗣「早急に調べよう。まずはそこにある公園からださぁ早く調べようダッシュで調べよう」

116: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 18:06:48.56 ID:yYGWhC4xo
切嗣「幼女!!」ガサッ

雁屋「幼女!!」ガサッ


ウェイバー「やめろ!ライダー!こんな時期に水浴びとか…ブファ!ぼ、僕にまで水をかけるんじゃなぁぁぁいい!!」

ライダー「ハッハッハ!!我がマスターは水浴みもできんのか!それしきんことではいかんぞぉ!ハッハッハッハッハ!」

切嗣「」

雁屋「」

117: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 18:12:47.01 ID:yYGWhC4xo
切嗣「公園に水って言ったら水着の幼女が噴水で遊んでる以外に考え付くかよ」ブツブツ

雁屋「限界が近い体に鞭うってひきずってきてみればこれかよ……あんまりだぜ」ブツブツ

おやっさん「お兄さんたち飲みすぎなんじゃないのぉ?」カチャカチャ

118: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 18:47:00.40 ID:Yhbpk+3fo
切嗣「帰ってきた」

アイリ「あらおかえりなさい」

切嗣「酷い目に遭ったよ」

アイリ「それはまたご苦労様」

切嗣「けどうまいことライダー陣営出せたし結果オーライさ」

アイリ「えぇそうね」

切嗣「僕の運のよさが如実に現れたね」

アイリ「あなた運は低いんじゃなかったかしら?」

切嗣「またそれはどうしてだい?」

アイリ「召喚したセイバーの幸運も低かったですもの」

切嗣「あぁ…」

切嗣「あれはセイバーに僕の運の悪いところだけが移動してるからね」

アイリ「そんなことできたのね」

切嗣「天才ですから」


セイバー「うわ!」バナナツルンッ

119: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 21:17:04.79 ID:IMi4UXPyo
切嗣「はじめてのおつかい見てくるよ」

アイリ「セイバー110番って何番だっけ」

セイバー「安心してください。私がこの男を斬った方が早いです」

切嗣「僕がテレビ見るだけで君たちはここまで大騒ぎするのか」

舞弥「暇なんですよ二人とも」

120: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 21:49:38.37 ID:/TaEy3fEo
アイリ「そういえば切嗣がこの前言ってた下書き中のSSってどこまで進んでるの?この前の時から少しは進んだのかしら」

切嗣「全然」

アイリ「え?」

切嗣「全然」

アイリ「」

121: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 21:51:46.51 ID:/TaEy3fEo
切嗣「なんかね、向こうは戦争するわけだから必然的に他陣営書かないといけないじゃん?」

切嗣「正直どう絡ませたらいいかわからなくてね」ハハハ

切嗣「キャスター陣営に至っては絶対孤立しちゃうよあれ。ほのぼのにむいてないんだもん」

アイリ「」

122: ◆hLjOuel3KI 2012/01/10(火) 23:17:06.33 ID:8WiqbSlfo
ライダー「起きろ小僧!」

ウェイバー「うーん……なんだよぉ…今何時だよ……」

ライダー「うむ。今は7時だ」

ウェイバー「ば、ばぁかかぁ…。そんならもうちょっとくらい寝かせろ…ムニュムニュ……」zzZ

ライダー「なにを言っとるんだ馬鹿者。視点が変更したってのにこやつがこの調子じゃすぐにまたあの辛気くさいやつら……あぁいや、原作では辛気くさかったやつらに視点が戻るのかのぅ」

ウェイバー「!! なんでそれを早く言わないんだよ馬鹿ぁ!!ちょ…おま…僕まだパジャマじゃないか!言ってくれたら身だしなみも整えてたのに!!」

ライダー「文面に身だしなみも糞もなかろうに……」


124: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 00:50:50.28 ID:IuUJ37tVo
ウェイバー「暇だな」

ライダー「うむ。ならばこのゲームでもやらんか小僧」

ウェイバー「やだよ。だってお前そのゲーム強いんだもん」

ライダー「はぁ…自分より弱いものに勝ってなにが楽しいのだ。自らより強いものに勝つ。それこそ戦での至上の喜びなのだ」

ウェイバー「僕に勝って喜んでるくせによく言うよ……」

125: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 00:57:55.40 ID:IuUJ37tVo
ウェイバー「そもそも僕たち視点は無理があるんだよ」

ライダー「うむ?それはまたなんでじゃ」

ウェイバー「僕たちはアニメでもそこそこ出てきてたからキャラが立ってるし、向こうみたいに3人揃って会話とかアニメになかったから色々はっちゃけれるぜってことにはならないんだよ」

ライダー「ふむ。キャラが立ちすぎるというのにも考えものなのじだな。自らが立てたキャラに縛られるとはまた滑稽。ハッハッハッハッハ」

ウェイバー「そもそも向こうはCPに出てるセイバーがいるから周りにその空気が伝染してるんだろうよ」

ライダー「それなら坊主はどのキャラならあの辛気くさいやつぐらいはっちゃけられると思うのだ?」

ウェイバー「僕が思うに『言峰・遠坂・間桐・キャスターのマスター・ケイネス』あたりははっちゃけれるんじゃないかな?」

ライダー「わしら以外全員ではないか」

ウェイバー「」

126: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 02:28:50.62 ID:AxXof6fSo
切嗣「あれ?なにこれ?視点戻ってきてる?」ポリポリ

アイリ「あら?そうみたいね。どうしたのかしらせっかく視点譲ってあげたのに」

切嗣「どうせ飽きたんだろう。本当にまったく最近の若いやつと言ったら……」



ウェイバー「どうせ僕なんてキャラが立ちすぎた残念なマスターですよ………」ブツブツ

ライダー「坊主が意味の分からんことをうめいておるわ」

127: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 02:32:52.46 ID:AxXof6fSo
切嗣「なんでライダーのところの話が弾まないか分かったよアイリ」

アイリ「どうしてなの?」

切嗣「あそこにはツッコミもボケも存在していないんだ」

アイリ「? ライダーがボケでそのマスターがツッコミじゃないの?」

切嗣「残念ながら違うんだよアイリ。そんなんじゃ切嗣特製満点はなまるはあげられないゾ☆」

アイリ「イラッ☆」

128: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 02:39:49.25 ID:kjRxoB+ko
切嗣「そもそもライダーはボケない。ただ無邪気に遊んでいるようなものなんだ」

アイリ「ふむふむ」

切嗣「そしてそのマスターはそれにたいして怒ってるだけ。どこにもボケとツッコミは存在しないというわけさ」

アイリ「なるほどね」

切嗣「普通のほのぼのSSにならそれで通用するかもしれないがここでは違う。ここではみな何か狂っていなきゃいけないのだ!!」デデーン

アイリ「おお!!」


セイバー「あっちがわにいっちゃだめだあっちがわにいっちゃだめだあっちがわにいっちゃだめだあっちがわにいっちゃだめだあっちがわにいっちゃだめだあっちがわにいっちゃだめだあっちがわにいっちゃだめだあっちがわに(ry」

舞弥(大分毒されてきたな)

129: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 03:50:38.41 ID:9Qn+1/xZo
切嗣「眠たいよ」

アイリ「もうこんな時間なのね」

セイバー「そろそろ寝ましょうか。電気消しますよ」

切嗣「いいよー」

アイリ「いいわよ」



パチンッ

130: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 03:52:37.34 ID:9Qn+1/xZo
「………………………」

「………………………」

「………………………」


「………………………」プゥ

バサァ

テクテクテク

パチンッ

131: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 03:54:17.52 ID:9Qn+1/xZo
セイバー「今のは誰ですか。正直に手をあげてください」

切嗣「ぼ、僕じゃないよ」

アイリ「わ、私でもないわよ」

セイバー「……………」ジー

セイバー「まぁいいでしょう」フゥ

パチンッ

132: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 04:01:17.48 ID:kjRxoB+ko
「………………………」

「………………………」

「………………………」


「………………………」ブゥ ブブブスゥ


「ゲホゴホゴホッ!誰だ今のは!」

「目に!目に染みるわ!!」

「ゲホッ!ゴホッ!息が!ゲホゴホッ!!」

「というより!ゲホッ!なんで名前が見えてないのゲホッ!よ!」

「電気が!ゲホゴホオエッ!ついてないからだよ!」

「そんなことはいいから誰なんですか!!!」

「犯人見つけたら八つ裂きにしてあげるわ!ゲホッ!」

ゴソゴソ

パチンッ

切嗣「よし!こうなったら僕が全員のお尻に顔をうずめて臭いをかぐしか方法はなさそうだよ!」バサァ

アイリ「死んでくれないかしら」

セイバー「死んでください」


舞弥(……今さら私でしたとは言い出しにくい)

133: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 08:01:04.08 ID:AtNyPua5o
切嗣「夜中のテンションって怖いねアイリ」

アイリ「えぇ、平気で汚いネタ使ってるわ」

セイバー「そんなことよりご飯にしましょう」

切嗣「」

134: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 08:02:32.34 ID:AtNyPua5o
切嗣「僕は今気づいたんだ」

アイリ「なにに?」

切嗣「ペコちゃんも幼女なんだよな、と」

アイリ「流石にそれはひくわよ」

切嗣「ごめん」

135: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 08:12:53.80 ID:9Qn+1/xZo
切嗣「やぁみんな!僕の名前は衛宮切嗣!殺し屋を稼業とするダンディでイケてるおじさんだよ!」キリッツグ

アイリ「……急に嘘の自己紹介なんてしてどうしたの切嗣」

切嗣「いやね、アイリ。新規からこのSSを読み始めている人は過去レスを読むのがめんどくさいだろ?だからここからでも読み進められるようにという配慮だよ。あとこの自己紹介には嘘は1%も入っておりません」

セイバー「しかし……ここまで読んでる人たちはみなはじめから読んでいるのでは?」

切嗣「……それを言ったらおしまいじゃないか」

138: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 10:44:59.87 ID:5ennMapfo
切嗣「なんと。僕はおじさんじゃないらしいよ」

アイリ「その顔で言われてもねぇ…」

セイバー「老け顔で言われても」

舞弥「老け顔=加齢臭というデータがここに」


切嗣「これからはダンディなお兄さんって呼んでね!」

アイリ「ダンディな(笑)」

セイバー「お兄さんが(笑)」

舞弥「加齢臭(笑)」

切嗣「舞弥お前後で屋上な」

142: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 15:59:38.48 ID:PKjvDpndo
切嗣「うまい棒ってなんであんなに挑戦的なネーミングにしたんだろうね」

セイバー「しかしおいいしいのは事実なのですからいいのでは?」

切嗣「いや、けどうまい棒をまずいって思う人だっているだろ」

セイバー「例えば?」

切嗣「お嬢様で箱入り娘のアイリとか」チラッ


アイリ「………………」バッ シャクシャクシャクシャクシャク


セイバー「思いっきり上級者の開け方をしてる上めちゃくちゃ美味しそうに食べてるんですが」グー

切嗣「」

143: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 16:00:43.79 ID:PKjvDpndo
切嗣「うまい棒ってなんであんなに卑猥なネーミングにしたんだろうね」

セイバー「続けさせませんよ?」

切嗣「やっぱり?」

148: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 22:34:19.80 ID:BhLHHBswo
切嗣「暇だね」

アイリ「暇ねぇ」

切嗣「寸劇でもしようか」

アイリ「よしきた」

149: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 22:40:18.80 ID:Z0GGTayjo
犯人「ふはははは。この銀行はわた…じゃなかった。俺が占拠した!人質の命が惜しくば日本金で5億円もってくるんだ!!」

人質「キャータスケテー」


???「待てぃ!」


犯人「!? 何者ですか…じゃなかった。何者だ!!」


???「一を切り捨て十を救う。悪に魅せられた正義の味方(ヒーロー)。今宵もあなたの心に正義の起源弾をロックオン!」

正義の味方(ヒーロー)キリッツグ「正義の味方(ヒーロー)キリッツグ!ここに見参!」キリッツグ ドドーン

151: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 22:46:34.07 ID:kjRxoB+ko
犯人「ついに現れましたねキリッツグ…あ、じゃなくて、あ、いや、もういいや。ついに現れましたねキリッツグ」フフフ

人質「イヤータースーケーテー」

キリッツグ「ふ。僕が登場したことによって動揺して己のキャラすらも見失ったか!犯人め!」

犯人「私にももっとかっこいい名前が欲しいんですが…あ、無理?はい、分かってました…。ふ、ふはははは!キャラを見失う?そんなことあるわけがないだろう!ふはははは。」

キリッツグ「ごたごた言ってないで早く人質を解放しろ!」

犯人「ふははは。そう簡単に人質を解放すると思ってるのか!解放したくば8億円を用意…あれ5億円でしたっけ?まぁどっちでもいいから早く用意することだな!ふはははははは!」

キリッツグ「なら人質は仕方ない」

犯人「」

152: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 22:50:56.04 ID:74z5ME7Ho
キリッツグ「5億円と一人の命天秤にかけたら5億円の方が重い!よって人質は運がなかったんだ!」キリッツグ

人質「」

犯人「え、いや、ちょ…待って」

キリッツグ「問答無用!言い訳は閻魔様にでも聴いてもらえ!」チャキッ

犯人「ちょ…起源弾はシャレにならない………」

キリッツグ「そんなものは使用せん!!ふぉぉぉぉぉぉぉ!!」シュッ シャッ シャッ

犯人「!?」


キリッツグ「八つ裂き光輪!!!」シュワァァァァァ

チュドーン!

153: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 22:53:42.98 ID:74z5ME7Ho
キリッツグ「これで世界は救われた……。おっとそろそろ時間か」ピコーンピコーンピコーン

キリッツグ「シュワッチ!」シュッ

ガシッ

キリッツグ「あれ?ちょ、誰だよ足掴んだの。ようやく帰れるんだから邪魔しないd」

人質「私を見捨てたわね?」

キリッツグ「」

アイリ「私を見捨てたわね?」

切嗣「」

154: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 23:02:21.16 ID:GQ6nk6dpo
切嗣「アイリ大事件だ」

アイリ「どうしたの?」

切嗣「キリッツグが本当に使われてた」

アイリ「」

切嗣「SS速報にあるFateSSはほとんど読んでるからどれかなのかなー。とは思ってたけどあまりに自然に不自然なところで使われてたから見逃してたよ。他の人のレスがなかったら気づかなかったかもしれない」

アイリ「切嗣…」

切嗣「なんだい?」



アイリ「オチは?」

切嗣「やめろ。今に始まったことじゃないだろ」

158: ◆hLjOuel3KI 2012/01/11(水) 23:42:18.14 ID:Z0GGTayjo
切嗣「アイリっ………!暇だねっ……!」

アイリ「そうねっ……!もっと…こう…言い知れぬ緊張感っ……!張り詰めた空気っ……!そういったものが欲しいわねっ……!!」

切嗣「そうだねっ……!それはそうとご飯にしようっ……!!」

アイリ「そうねっ……! !? なにか…くるっ……!!」

ざわ……ざわ……ざっわ……

セイバー「ご飯ですか。いいですね。私もいただきます」

切嗣「空気が読めてないっ………!!まったくっ……!!」

切嗣「この張り詰めた空気が分かっていないっ……!どうするんだっ……!!せっかく作ったこの空気っ……!!台無しだっ……!」

切嗣「アイリっ……!!アイリっ……アイリっ………!!言ってやってくれっ……!君からもっ……!!ガツンと一発っ………!!」


アイリ「オムライスでいいわよね」

セイバー「はい。あれは大変美味ですから」


切嗣「」

159: ◆hLjOuel3KI 2012/01/12(木) 01:35:14.25 ID:fxwEPfr5o
切嗣「姓名判断してきた」

アイリ「それって普通産まれてくる赤ちゃんにすることじゃないの?」

切嗣「細かいことはいいのさ。そして昨日結果が届いた。今から確認するんだ」ワクワク

アイリ「インターネット使えばいいのに…」

ビリビリ


《波乱万丈。正確さと合理的能力に優れる。強情・高慢、欲深で自分に甘く、人に好 かれません》


切嗣「こんなもんで人間の性格なんて決まらないんだよアイリ」ポイッチョ

アイリ(最後の言葉にやられたのね…切嗣)

160: ◆hLjOuel3KI 2012/01/12(木) 01:37:24.72 ID:fxwEPfr5o
切嗣「ゲームセンターでの音ゲーの初心者お断りっぷりが酷いと思うんだ」

アイリ「そうかしら?結構普通に楽しめる場所だと思うけれど…」

切嗣「よしそれじゃあ現実を見せてあげよう」

161: ◆hLjOuel3KI 2012/01/12(木) 01:42:14.00 ID:fxwEPfr5o
切嗣「ってなわけでやってきましたゲームセンター」

アイリ「相変わらず騒がしいところね」

切嗣「そしてその中での音ゲー区域がここです。今回紹介するのはこの『jubeat』という音ゲー。4×4のパネルをリズムよく押していくゲームだよ」

アイリ「果たして本当に4×4なのか問いただしたいところなのだけれど、それよりなによりなぜこのゲームをチョイスしたの?」

切嗣「他にもドラムやギターといった王道なものからホッケー感覚でやるちょっと個性的な音ゲーもあるにはあるのだけれど、しかしねアイリ。残念ながら僕はこれ以外の名前を覚えていないんだ」

アイリ「それでよく音ゲーについて語ろうと思ったわね」

切嗣「おっしゃる通りで…」

162: ◆hLjOuel3KI 2012/01/12(木) 01:47:41.59 ID:rA0VDMito
切嗣「さて、とりあえずプレイしてみよう」

切嗣「カードとコインを入れて……曲と難易度を設定して……っと。ゲーム開始だ!」



切嗣「…………あ、……くそっ……………ちっ……」
タンタン………トトトン…………トン…トン………テテン………

隣のゲーマー「…………………………………………」
シャタタタタシュタラララララタタンッタタタタララララララシャアアタタタンタラッッタラララトタタタシュタタアトタッタッタタタッタラ

163: ◆hLjOuel3KI 2012/01/12(木) 01:52:12.08 ID:4cg5Vcbto
切嗣「ふ、ふぅ…。つまりこういうことさ。音ゲーは練習すればするほどうまくなる形式なんだよ。しかし周りは上手い人ばっかりだから恥ずかしくなって初心者の人は去っていくんだ!これでも僕は上手い方に部類されてるんd」


アイリ「…………………………………………」
シュタラララッッタッラッタラララシュトラッッタタタタタタッッタッタッタタタタシュタッシュシュシュッタタタタタタタ


切嗣「」

切嗣「あ、アイリ……?」

アイリ「プレイ中に話しかけないで」
シュタラッタララララシュロットトットパッパトラタタタタタタタタタタタシュトラシュタッタラッタッタッタタタタタ

切嗣「」

164: ◆hLjOuel3KI 2012/01/12(木) 03:29:45.22 ID:ftMsmeZMo
切嗣「ドーはどうしても幼女と遊びたいのドー」

切嗣「レーはレッツ幼女のレー」

切嗣「ミーはみかんをしぼって必死に果汁100%オレンジジュースを作ろうとしてる幼女可愛いよ幼女のミー」

切嗣「ファーはファイト!頑張れ幼女!のファー」

切嗣「ソーはそっけなくてもたまに見せる子供らしさがなんとも言えない可愛らしさを産み出してる幼女のソー」

切嗣「ラーはらめぇぇ!もうらめなのぉ!って喘ぐ幼女のラー」

切嗣「シーは幸せよー(切嗣が)」

切嗣「さぁうったっいっまっしょー」

切嗣「ドレミファソラシドドシラソファミレ」

セイバー「ドー!!」グシャァ

切嗣「」ピクピク

165: ◆hLjOuel3KI 2012/01/12(木) 03:52:45.14 ID:fxwEPfr5o
切嗣「失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した僕は失敗---」

セイバー「どうしたんですか?そんなに焦って」

切嗣「そうさ…僕は焦ってたんだ…あそこでもう少し冷静になってたら…うわああああああああああああ!!」

セイバー「だから一体どうしたんですか」

切嗣「……コテ…がね」

セイバー「はい」

切嗣「コテ…が……外れてなかったんだよおおおおおおおお!!」

セイバー「大体なにが言いたいかは分かりました。アホですかあなたは……」ハァ

切嗣「いつもは勝手に外れてたんだなのにどうしていったいなぜ!Why!?」

セイバー「ここでなぜそれを言ったのです…」

切嗣「知るか知るか知るかぁぁぁ!!うわあああああ!!」

セイバー「…………おやつでも食べにいきますか」テクテク


切嗣「うわああああああああああああああああ!!」フェードアウト

166: ◆hLjOuel3KI 2012/01/12(木) 17:05:12.58 ID:W5oOXBB3o
切嗣「こたつは万能だねアイリ」モグモグ

アイリ「みかんと組み合わせたら最強の家具と言っていいわ」モグモグ

セイバー「ほうはひっへほふふへんへひへふはね」モグモグモグモグモグモグ

切嗣「ははは。セイバーったら口に入れすぎだよ」ホッコリ

アイリ「もうセイバーったら」ウフフ



舞弥(これは酷い)

167: ◆hLjOuel3KI 2012/01/12(木) 17:11:01.09 ID:ftMsmeZMo
切嗣「この前関西に行ってきたんやで」

アイリ「酷い訛りかたね。関西人に謝った方がいいわよ」

切嗣「なに言ってんねんがな。これ普通の関西弁やでぇ」

アイリ「そもそも関西弁は字面では絶対に伝わらないイントネーションの壁があるというのに…」

切嗣「そんなことどうだってええんがな。あ、あそこにいるのは舞弥。おーい。舞弥!今暇でんがな?」



舞弥「あぁ、切嗣かいな。なんや気色悪い関西弁使いおって。なんでもかんでも『でんがな』つけたらええと思いなや?関西弁なめとったらいてこますぞ」

切嗣「」

アイリ「」


舞弥「けっ」ペッ

切嗣「」ペチャッツグ

168: ◆hLjOuel3KI 2012/01/12(木) 17:28:29.82 ID:ypKLlN1po
切嗣「相も変わらず暇だねぇ……」

言峰「貴様がいるだけで私は十分だ」

切嗣「……………………………」

言峰「…………………」

切嗣「!!? ほ、ほわっちゃあああああああああああ!!?」ビクゥッ

言峰「どうした急に大声をだして。近所迷惑だろう」

切嗣「いや、ここは城だからそんな心配はしなくていいとかそんなことより」

言峰「さて、入籍はいつにするか」

切嗣「いや、入籍しないし!」

言峰「息子が生まれたら名前は士郎にしたいな」

切嗣「ツッコミが追い付かねええええええええ!!」

言峰「突っ込みなどと……大声で言うことではないぞ///」

切嗣「ヘルプ!ヘルプミー!!」

169: ◆hLjOuel3KI 2012/01/12(木) 17:38:25.95 ID:77HduDEoo
切嗣「アイリ!侵入者!侵入者だよアイリ!!」

アイリ「んー?…………んー。」センベイバリバリ

切嗣「くっ…!セイバー!セイバー仕事だ!」

セイバー「ふっ……!はっ……!!」ウィリモコンフリフリ

切嗣「このニート王めっ!!舞弥!ここぞというときに頼れる舞弥ぁ!!」

舞弥「あまり動かないで下さい」パシャッ パシャッ

切嗣「」

170: ◆hLjOuel3KI 2012/01/12(木) 17:41:45.37 ID:n4tgRwXeo
切嗣「一体どういう状況なんだこれは……」

言峰「なんでもマンネリ打破企画だそうだ」

切嗣「それでなんで君が……」

言峰「一番狂わせやすかったらしい」

切嗣「…………君も大変だね」

言峰「」

171: ◆hLjOuel3KI 2012/01/12(木) 17:47:32.24 ID:ftMsmeZMo
言峰「それで、だ切嗣。早速ひとつ聞きたいことがあるのだが」

切嗣「こっち関係じゃないならいいよ♂」

言峰「それは残念。しかし安心したまえ。そっち関係ではない」

切嗣「ふむ。君がそっち関係じゃないとしたらどんな話題か検討もつかないな」

言峰「ペチャッツグとはなんだ」

切嗣「」

172: ◆hLjOuel3KI 2012/01/12(木) 17:54:53.60 ID:CUnkHPMVo
切嗣「えと…あれは……その…」

言峰「どうせキリッツグが他の人に使われて調子に乗ったのだろう。そしておおいに滑った。これまでにないほどな」

言峰「そもそもキリッツグも今ではマンネリ気味。もうあのネタで笑いをとることはできん」

切嗣「ち、違う!まだキリッツグは死んじゃ…」

言峰「死んだよ。キリッツグは死んだ。貴様もそう感じたからペチャッツグなどと言う二番煎じに走ったのだろ?」

切嗣「ちが…そんなつもりじゃ……」ジワッ

言峰「それなら潔く引退させてやるのがキリッツグに対するせめてもの情けになるだろう。それももう…遅いがな」

切嗣「うっ…………うぅ………」ウルウル

セイバー「やめたげてください!切嗣のLPはもう0です!!」

アイリ(ちっ。邪魔しやがって…)

舞弥(ふむ…。こと×きりですか………。私は今まできり×ことだと思ってましたが……いや、これもなかなかありなのでは…)

175: ◆hLjOuel3KI 2012/01/13(金) 02:40:36.36 ID:pwoXHaeAo
切嗣「さっぶ!布団さっぶ!」

アイリ「さっぶってあなたね……」

切嗣「いや、この季節の布団は暖まってないから本当に寒いんだよ」

アイリ「まぁその通りよね。靴下履いてないと足が冷たくなっちゃうわ」

切嗣「けどその寒さをも吹き飛ばす僕の正義の熱い心!!ふぅっー!燃え上がるぜふぅっー!」

アイリ「流石にひくわ」

切嗣「冷たい言葉!冷たい布団!それさえ気にならないこの熱さ!ふっうぅー!!」

セイバー「キンキンに冷えた冷たいエクスカリバーいかっがっすかー!」ズバシュッ

切嗣「」

176: ◆hLjOuel3KI 2012/01/13(金) 03:58:56.64 ID:4loiYcSxo
切嗣「死ぬかと思った」

アイリ「なんで死んでないのよ」

切嗣「大人の事情。長くなるけど詳しく言うと」

アイリ「10歳の私には早いみたいだからおやすみなさい」

177: ◆hLjOuel3KI 2012/01/13(金) 07:53:18.21 ID:+eIOpjDIo
切嗣「最近ビリー先生にはまってるんだ」


アイリ「今さらね。あれって無駄にドタドタしなきゃいけないから私あんまり好きじゃないのよね」


切嗣「一回君もやってみるといいよ。ビリー先生の優しいアドバイスに君もメロメロになっちゃうよ」


アイリ「メロメロになっちゃっていいの?」


切嗣「あ、だめ。いまのなしで」

178: ◆hLjOuel3KI 2012/01/13(金) 07:56:28.24 ID:JhMRBDr5o
セイバー「眠いです」

セイバー「切嗣もアイリも買い物に行ってしまいましたし…」

セイバー「………………」グー

セイバー「とりあえずお昼ご飯でも食べましょうかね」

セイバー「お昼ご飯お昼ご飯。お昼ご飯はどこですかっと」



セイバー「見つかりません」

セイバー「……………………」

セイバー「仕方ない出前でも取りましょうかね」ピッポッパ

180: ◆hLjOuel3KI 2012/01/13(金) 11:00:06.02 ID:QHqCGDH2o
セイバー「ふんっ!はっ!」ウィリモコンフリフリ

セイバー「ふぅ……今日も肉体年齢20才をキープしていますね」フフン


ピンポーン<デマエデース


セイバー「む。カツ丼が来ましたか」テクテク

181: ◆hLjOuel3KI 2012/01/13(金) 11:26:58.63 ID:UpEqWB30o
セイバー「蓋を開けた瞬間鼻一杯に広がるカツと卵の匂い。あとから遅れてやってくる蒸気はさながら主役の登場とともに沸き上がるアイススモークと言ったところでしょか」

セイバー「ご飯を食べるとき…まず目で楽しむ」

セイバー「規則正しく乗せられていたであろうそのカツは運ばれてくる間に少しズレ…そのカツ一つ一つの間に溶き卵が入りこんでいる。そしてこれは……運ばれてくる間の時間により卵がカツに染み込んでいるのか……」

セイバー「カツは時間がたっても美味しく食べられるようにサクサク衣ではなくしっとりとした吸収の良い衣を使用しているのでしょうか……」

セイバー「それでは……いただきます!」

182: ◆hLjOuel3KI 2012/01/13(金) 11:37:02.45 ID:kAEA+U12o
切嗣「ふぅー……久しぶりの買い物だからって買いすぎだよアイリ…」

アイリ「ごめんなさい。でもでも!セイバーに似合いそうな福田ってあったし……それにあなただってイリヤの服いっぱい買ってたじゃない……」

切嗣「うっ……それを言われると痛いけど…とにかくこの荷物をどうやって持って帰ろうか」

アイリ「そうねぇ……」

切嗣「あぁ、セイバーを呼ぼう」

アイリ「どうやって?」

切嗣「こうやって」



切嗣「令呪をもって命ずる『セイバー、今すぐここに来い!』」キリッツグ

アイリ「」

184: ◆hLjOuel3KI 2012/01/13(金) 13:19:38.01 ID:pwoXHaeAo
セイバー「おおお!箸を突き刺しただけでこの感触!」

セイバー「それでは一口目を………」アーン


カシャン


セイバー「あ…ん?ちょ……あれ?なんか霊体化していってるような…」

セイバー「って箸が!箸が持てない食べれNAI!!」

セイバー「いや!とろとろ卵が!しっとりカツがぁぁぁ!!私のカツ丼!!カツどぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉんんん!!!!」シュンッ

186: ◆hLjOuel3KI 2012/01/13(金) 15:54:56.73 ID:4loiYcSxo
切嗣「やぁやぁセイバー。お留守番ご苦労様。せっかくだけど頼みたいことがあるんだ」

セイバー「……………………(もしかしたらイリヤスフィールが危険な状態で早急にこの私に何とかしてほしいために令呪でよびだしたのかも。とりあえず話だけでも聞いてみよう)……………なんですか」チッ

切嗣「いやぁ、実はイリヤの服とか買いすぎちゃってね!流石に僕一人では運びきれないしアイリに運ばせるなんて論外だろ?だから君にいくつか持ってもらおうと思ってね!ハッハッハッハッハ。」

セイバー「」

セイバーの ステータスが 更新されました ▼

切嗣「あれ?こんな時にステ更新なんてまた珍しい」

【腹ペコ騎士王】Ex
騎士王の腹ペコが限界に達したときに自動発動する
目の前にあるものを喰い尽くす

切嗣「ははは。なんだよこの、スキルなのか宝具なのか分からないステ更新は。そもそもなにがどうExなのさwwwねぇセイバー?www」

セイバー「」ジュルリ

切嗣「」

セイバー「」キバシャキン

切嗣「oh……」

187: ◆hLjOuel3KI 2012/01/13(金) 15:57:58.74 ID:4loiYcSxo
アイリ「あら?切嗣どうしたのそんなにボロボロになって」

切嗣「早く!早くカツ丼をありったけ持ってきてくれ!!早くしないと僕の…ってもう来やがった!!くそぅ!!」ダダダダダッ

アイリ「あ、急になんなのよ切嗣ったら……」

セイバー(?)「」グギュルルルルルルル ダダダダダダダダダダダダッッ


ヒューン


アイリ「」

188: ◆hLjOuel3KI 2012/01/13(金) 16:39:39.78 ID:R9LEziVNo
切嗣「暇だねアイリ」

アイリ「あら?さっきのネタは?」

切嗣「別の世界線の僕達だったんだろう」

アイリ「なんでもありね」

189: ◆hLjOuel3KI 2012/01/13(金) 17:29:10.73 ID:kAEA+U12o
むかーしむかしあるところにおじいさんとおばあさんがいました

おじいさん「イリヤ可愛いよイリヤ。頑張ってナレーションしてるイリヤくんかくんか。イリヤに届けこの思い!」

おばあさん「おじいさん自重してくださいな」

ロリコンなおじいさんは街に狩りへ、しっかりもののおばあさんは家でごろごろしていましたぁ

おじいさん「そんじゃあ今日はちょっと大物を狩ってくるよ」

おばあさん「行ってらっしゃいな」

190: ◆hLjOuel3KI 2012/01/13(金) 17:34:54.55 ID:4loiYcSxo
おばあさんが家でごろごろしながらおじいさんの帰りを待っていると家のインターホンがなりました

おばあさん「はーい」

宅配便「佐○急便でーす。お届け物をお届けに参りましたー」

おばあさん「すみません今留守なんです」

宅配便「ねーよ」

おばあさん「ですよね」

おばあさんは出ていくのがめんどくさかったので居留守を使いましたが○川急便のおにいさんには一瞬で見破られてしまいました

宅配便「それじゃ、アリャリャッシター」

ガチャリ

おばあさん「さてなにか無駄にでかいダンボールに入ってるわね。私Amazonでなにか頼んだかしら?」

191: ◆hLjOuel3KI 2012/01/13(金) 17:37:47.10 ID:4loiYcSxo
おばあさんはお家一軒分くらいはあるダンボールを開けにかかりました。余談ですが発送元はAmazonです

おばあさん「よいしょ、よいしょ。ふぅ…流石にでかいわね。なんか糸のあの魔術使って開けましょうかね」

そういうとおばあさんから糸が出てきて段ボールの外面をズタボロの木っ端微塵にしました

そしてそこからでてきたのはおっきなおっきな



キリン「草うめぇ」

おばあさん「」

192: ◆hLjOuel3KI 2012/01/13(金) 17:41:31.48 ID:QHqCGDH2o
なんとキリンでした
それはダンボールも大きいはずです

キリン「草うめぇ」

おばあさん「あれ…ここってホントは桃じゃ」

おっと、おばあさんがなにか言おうとしましたが知りません。桃から出てくる桃太郎何て知りません
ここではメタ発言はNGなんだよ

おばあさん「あ、あの人が購入したのかしらね」アハハ

おばあさんは笑おうとしますがうまく笑えていません
ちょっとひいてます

キリン「草うめぇ。草うめっ……!!?」

おばあさん「え?え?きゅ、急にどうしたのよ?不良品改め不良キリン?返品した方がいいの?え?え?」オロオロ

193: ◆hLjOuel3KI 2012/01/13(金) 17:44:45.06 ID:6GDcv8+Ko
キリン「う、うぼろごっげげげげげげげげげげげげげ」

おばあさん「ひっ」

ブシャァアァァァァァァァァァッァァァァァ


キリン「」ドサッ

セイバー「どうもセイバーです。早速ですが鬼退治に行って参ります。なので吉備団子下さい」グー

おばあさん「」

194: ◆hLjOuel3KI 2012/01/13(金) 17:49:32.20 ID:E+p1CNyOo
ピッ

切嗣「アウトだね」

アイリ「アウトね」

セイバー「ちょ…なんで停止ボタン押すんですか!今から私の活躍が映るところなのに!」

切嗣「収録中もうすうす気づいてたけどこれはR18だよね」

アイリ「どこの子供が今から犬と猿と雉のトップ争いによる泥沼化桃太郎を見たいって言うのよ」

切嗣「鬼ヶ島に着いてからも首とか普通に飛んでたしね」

アイリ「最終的にボス鬼が拷問にかけられて隠したお宝の在処などを話させられるなんて子供がみたら泣いちゃうわよ」


セイバー「切嗣!自分のシーンが少ないからって酷いです!早く再生ボタンを押してください!!」ユッサユッサ

196: ◆hLjOuel3KI 2012/01/13(金) 21:40:31.08 ID:8tQuX53Io
アイリ「最近お腹のお肉が気になってしょうがないのよねぇ」

セイバー「そうなんですか?そうは見えませんけど」

アイリ「………セイバーは食べても全然太らないわよね」

セイバー「私はその分動いてますからね」

アイリ「(いっつも家でごろごろしてるだけの気がするけど…)運動は当てにならないわね。よし!私はダイエットするわ!セイバーも応援してね!」

セイバー「はい分かりました!頑張ってダイエットしてください」コロッケモグモグ

アイリ「」ギリッ

197: ◆hLjOuel3KI 2012/01/13(金) 21:47:50.13 ID:JhMRBDr5o
切嗣(位置について……よーい。スタート!!)シュタッ

切嗣(目標確認!初速誤差修正!加速!)

切嗣(目標まで200M……到着時間16秒後!)

切嗣(ここだぁぁぁ!!!)

切嗣「スラァァァイイディィィィンングゥゥゥ!!!」

セイバー「ふん!」バキッ

切嗣「」グシャァッ

イリヤ「?どうしたのセイバー?」

セイバー「あぁ、気にしないで下さいイリヤスフィール。あなたの下着を覗き込もうとしていた蟲を排除しただけです」

イリヤ「あぁ、また切嗣ね。いい加減スパッツはいてることに気づいて諦めないのかしら?」

切嗣「それがいいんじゃないか!!」ガバッ

セイバー「ふん!」ゲシッ
イリヤ「うりゃ!」グシャッ

切嗣「」バキッ ズシャァァァ ゴロゴロゴロ チーン

202: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 00:41:49.80 ID:gVOAMOCPo
切嗣「」

アイリ「」

セイバー「」

舞弥「」

イリヤ「」

203: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 00:42:47.32 ID:gVOAMOCPo
切嗣「ど、どどどどどどどづしてこんなことに」

アイリ「遊び半分で考えたネタが微妙に受け徐々に広まり最終的に「いいかげん他スレのネタ持ってくんなおもしろくねぇんだよ」「キリッツグとかなにが面白いの?」というレスが」

切嗣「ほ、ほほほほほっあっちゃぁぁっぁぁぁぁぁぁぁ!!!」ガタンッ

切嗣「あ、あれ?どうして?なぜこんなに広まった?どうしてこうなった?」オロオロ

アイリ「さぁ今のうちにみんなに言っておきなさい「ごめんなさい」って。さぁ、ほら」

切嗣「そ、そうだよね。あ、あー。ごほんっ!」




切嗣「もっとやれ!」



アイリ「ふん」グシャッ

セイバー「はっ!」ズシュッ

舞弥「…………」パァンッ

イリヤ「切嗣気持ち悪い」

204: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 00:48:20.11 ID:fU4nTMD5o
切嗣「ゴジラかっこいい」

アイリ「確かにかっこいいけど……ゴジラよりキングギドラの方がかっこいいわよ」

切嗣「キwwwンwwwグwww」

切嗣「自己主張激しいwwwwwあいたたたたwwww」

アイリ「」イラッ

テクテクテクテク

セイバー「モスラが一番です」

テクテクテクテクモグテクテクテク

切嗣「」

アイリ「」

206: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 00:56:10.84 ID:BDnuYGaYo
切嗣「」ドンドン パンッ

アイリ「」ドンドン パンッ

セイバー「」ドンドン パンッ


ドンドン パンッ


切嗣「うぃぃぃぃぃあぁぁぁぁうぃぃぃぃあぁぁぁ!!!!」

アイリ「Fuck you!!」

切嗣「」

207: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 00:59:03.88 ID:V8mtT4oMo
切嗣「この前ダークソウルクリアしたんだ」

アイリ「何時間でクリアしたの?」

切嗣「144時間」

アイリ「」

セイバー「メインウェポンはなんだったのですか?」

切嗣「飛竜の剣」

セイバー「」

208: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 01:03:35.50 ID:ysKc0In1o
切嗣「僕の名前はキー坊!」

ウェイバー「ぼ、僕の名前はウェイ坊…」

切嗣「ふったり合わせって」

キーウェイ「「キーウェイさぁぁぁぁ!!」」

切嗣「たんたらたったたた、たーたーたーん!たんたたたたんたんたんたん!!」

ウェイバー「覚えてないのかよ!!」




ウェイバー「それでなんで僕だったんだよ…」ボソボソ

ウェイバー「もしかして僕もレギュラー入り……」キラキラ

切嗣「いや、第一人称が『僕』って僕と君しか思い浮かばなかったし」

ウェイバー「」


209: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 01:09:01.22 ID:mKTSV+yvo
切嗣「イメチェンだぁぁぁ!」

アイリ「……また急になによ」ウザッ

切嗣「ふふん!君の本音が丸見えだけどここは大人な僕があえてそこは指摘しないでおいてあげよう」フフン

アイリ(もう指摘しちゃってることには指摘しないでおいてあげよう……)

アイリ「それで具体的にはどんな風に変えるの……?」

切嗣「詳しくは次レスで!番号はそのまま!」

210: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 01:21:18.91 ID:uiT21JATo
切嗣・・・おちゃらけキャラ→冷静沈着キャラ
アイリ・・・毒舌キャラ→おっとりキャラ
セイバー・・・腹ペコ暴走キャラ→騎士道キャラ



切嗣「こんなかんじでみんなの新しい一面を見ていこうという---」

アイリ「Fate/Zero全話見直してこい」

212: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 03:09:44.03 ID:BDnuYGaYo
切嗣「第一人称を変えるだけでもかなりイメチェンになると思うんだ」

アイリ「それが一番簡単かもしれないわね」

切嗣「とりあえず今僕達の第一人称は『切嗣→僕』『アイリ→わたし』『セイバー→私』って感じだね」

アイリ「わたしとセイバーは一緒なのよね」

切嗣「明確には少し違うけどまぁ一緒だね。漢字で書いた方が固っ苦しいイメージがあるからセイバーはそっちっていうね。」

アイリ「まあ全部が要所要所セイバーの第一人称が漢字じゃないところもあるわよね」

切嗣「今決めた設定だもん」

アイリ「想像以上にメタいわね」

切嗣「メタいなんて久しぶりに出てきたね」

213: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 03:12:49.00 ID:BDnuYGaYo
切嗣「とりあえず『切嗣→俺』『アイリ→わたくし』『セイバー→我輩』でいいんじゃないかな」

アイリ「それがいいと思うわ」

セイバー「え、ちょっと勝手に決めないでくださ-----」

切嗣「聞く耳nothing!!」

アイリ「聞く気もnothing!!」

セイバー(あぁ……そういえばこの二人はちょっとおかしいんだった)

214: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 03:18:08.45 ID:fU4nTMD5o
切嗣「俺の名前は切嗣!将来の夢は正義の味方なピッチピチの29歳だ!!」キリッツグ

アイリ「わたくしの名前はアイリスフィール。アインツベルンによって造られたホムンクルスという結構投げやりな設定を持つ稀代の大人ロリ女よ!」

セイバー「最後に我輩がブリテン王国が王。アーサー・ペンドラゴンなり!!夢はお腹いっぱいご飯を食べること!!」




切嗣「大体わかってたけどこれは酷いな」

215: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 03:23:25.01 ID:F/MjOc+io
切嗣「一日目を話してただけで200レスもついちゃってるSSを読む気になれないのは僕だけかな」

アイリ「分からないでもないわ。よほど自分に思い入れのある作品でもない限りかよほど暇な時ならのんびり読もうと思えるんだけれど、なんとなく読む気が起きないのよね」

切嗣「その点このSSは大丈夫!最大でも一日に100レスが限界な上書き溜めもないしその時思い付いたネタがそのまま読める!なんて読者視点なSSなんだろうか!!」ババーン

アイリ「SSとしてはダメダメじゃない………」

セイバー「なにも誇れることやってないはずですよね………」

218: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 14:37:47.59 ID:F/MjOc+io
アイリ「切嗣ー。いい加減起きなさい切嗣」ユッサユッサ

切嗣「う~ん……あと10分だけ……」

アイリ「今何時だと思ってるの。もうお昼よ切嗣」ユッサユッサ

切嗣「……せっかくの休みの日なんだからもうちょっと寝かしてくれよ……」

アイリ「毎日ほとんどが休みでしょうが。そんなことよ早く起きなさい」ユサユサ

切嗣「トゥッ!」ガバッ

アイリ「え?きゃっ!」ドサッ


切嗣「ふふふ。今夜は逃がさないぞ子猫ちゃん」キリッツグ

アイリ「まだ朝だし……そもそもこの描写で伝わるの…?」

切嗣「伝わったら不味いことするからいいんだよ」

220: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 14:46:26.85 ID:7EhPHf7fo
切嗣「アイリ……」キリッ

アイリ「き、切嗣………///」

切嗣「それじゃあ、よいしょっと」

アイリ「ふ、布団から出てどうしたの?ま、まさか前戯みたいなことするの……?///」

切嗣「そうさ、前戯は大事だからね」

アイリ「そ、そうね!わた、わたしも初めてだけど頑張ってみるわ!!」

221: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 14:54:34.96 ID:BDnuYGaYo
切嗣「とぅ!」ルパーンダイブ

アイリ「」フジコビンタ

222: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 15:06:51.41 ID:QD2FhI0Go
セイバー「お二人はなにをしてらっしゃるんですか………」

切嗣「前戯だよ」

アイリ「前戯よね」

セイバー「それでは本番が?」

切嗣「ないよねぇ」

アイリ「ないわねぇ」

切嗣「そもそもルパンダイブの後に本番はなしだよね」

セイバー「」

223: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 15:24:53.85 ID:UkoJ36k+o
切嗣「サービスシーンだと期待した画面の前の君!残念だったね!エロが見たいならエロSSにいくことだ!このSSは全年齢対対象のお優しい仕様になっているのだよ!」フフン




アイリ「わたしはオッケーだったんだけどね本番」

セイバー「そうだったんですか?」

アイリ「切嗣もそのつもりだったんだろうけど、わたしが本気ってわかった瞬間怖じ気づいてギャグに逃げちゃったのよね」

セイバー「甲斐性なしですね」

アイリ「甲斐性なしよね」



切嗣「」

226: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 15:35:06.92 ID:fU4nTMD5o
切嗣「ここに爆弾があります」

アイリ「はい」

切嗣「これをセイバーに打ってもらいます」

セイバー「ふん!」カキンッ

切嗣「言峰のあんちくしょうに当たりやがれ!!行け!行け!」

アイリ「………直接やりなさいよ…」

セイバー「ヘタレですね」

227: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 15:41:31.99 ID:QD2FhI0Go
アーチャー「綺礼よ。他の酒はないのか」

言峰「ない」

アーチャー「いや、いい加減同じ酒ばかりじゃ飽きてくるであろう」

言峰「ない」

言峰「そしてアーチャー、少し俺は時臣氏に会いにいってくる」

アーチャー「行ってら。それと前から思ってがその『~氏』っていうの止めといた方がいいぞ。ダサすぎる」

言峰「」

言峰「行ってくる」

228: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 15:50:30.18 ID:uiT21JATo
言峰「それでなんですか」

時臣「うむ、君にしてもらいたいことがある」

言峰「承りました。それでは失礼します」

時臣「びっくりだよ。君にエスパーが備わってるなんてびっくりだよ」

言峰「いえ、エスパーではありません」

時臣「ならなんだい」

言峰「アサシンです」

時臣「君にプライバシーって言葉はないのかな」

言峰「わたしはやっておりません。全てアサシンがやったことです」

時臣「責任転嫁も甚だしいよ」

229: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 15:55:50.14 ID:fU4nTMD5o
言峰「まぁアサシンに聞かなくとも分かっております」

時臣「ふむ。やはり君は有能だな」

言峰「今まで永遠とアサシンにご息女の盗撮を頼んできたあなたに誉められても全く嬉しくありません」

時臣「いやぁ、うちの娘可愛いよね」

言峰「そんなに溺愛してるのになぜ次女の方は間桐に養子に出したのですか」

時臣「旧友にロリコンがいてね。見ててあまりに可哀想だったから……ね」

言峰「…………失礼します」

230: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 15:58:36.67 ID:fU4nTMD5o
時臣「ふぅ……凜はかわいいなぁ」シャシンマジマジ

時臣「凜に敵う娘はいないよ桜もかわいいけど」

時臣「さて、写真は引き出しに直して私もそろそろ仕事に行かなくては」

時臣「るんるるっるるーん」スキップスキップランランラン



ヒュルルルルルルルル

引き出し<チュドーン

231: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 16:06:27.30 ID:fU4nTMD5o
切嗣「………!」

アイリ「どうしたの切嗣」

切嗣「同士の………霊圧が消えた……」


アイリ「ほっときましょうセイバー」

セイバー「そうですね」

232: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 16:44:48.61 ID:V8mtT4oMo
切嗣「GoogleChromeのCMが凄いことになってた」

アイリ「どうなってたの?」

切嗣「我らがミクちゃんがめちゃくちゃ出てきてた」

アイリ「え」

切嗣「最近の曲のPVも出てきたし作ったの最近っぽいねこれ」

アイリ「Googleさん………」

233: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 20:27:04.15 ID:U6MmmIJLo
切嗣「わんでい!わんでい!」

アイリ「急にどうしたのよ」

切嗣「宣伝活動。同士はこれで僕が好きなものに気づいてもらえると思う」

アイリ「同士が気づく宣伝って宣伝になってなくない?」

切嗣「あ」

234: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 20:31:35.23 ID:ysKc0In1o
切嗣「ビーム撃ちたいな」

アイリ「はいビーム」

切嗣「え」

アイリ「だからビーム。早く撃ちなさいよ」

切嗣「え?マジで?マジでこれビーム?」

アイリ「そうよ。だから早く撃ちなさい」

切嗣「え?でもこれ世間的にはしゃもじって言われるんじゃ」

アイリ「改造したのよ。ほら、早く撃ちなさい」

切嗣「わ、分かった。巻き込まれたらいけないからアイリはさがってて」

切嗣「すぅー。ふぅー」



切嗣「行くぞ!キリツグアウタージャスティィィィィス!!」


しゃもじ<…………………………………


アイリ「暇ね」

切嗣「暇だね」

235: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 20:51:26.14 ID:o9Fpgwwmo
切嗣「せーの」




切嗣・セイバー「おはなしのくにぃぃぃぃぃぃぃ!!」





セイバー「………なんなんですかこれ」

切嗣「衝動的にやりたくなった」

236: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 21:46:24.79 ID:fU4nTMD5o
切嗣「僕のなかで他スレの話をしたいけどしたらだめだっていう意味の分からない葛藤が起こっている」

アイリ「他スレの話はだめじゃないかしら?なんかめんどうなことになりそうだし」

切嗣「天才魔術師きたあああああああ!!!」

アイリ「おいばかやめろ」

切嗣「しかしサーヴァントが」

アイリ「言わせねぇよ!!?」

237: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 21:46:54.77 ID:fU4nTMD5o
切嗣「正直反省している」

アイリ「あなたの反省ほど信じられないものはないわ」

240: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 22:11:57.30 ID:QD2FhI0Go
切嗣「Fate/Zeroって4月からだっけ」

アイリ「そうよ。今から楽しみね」

切嗣「うん」



セイバー(オチどころか話すら展開させないのか)

243: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 22:51:12.99 ID:UkoJ36k+o
切嗣「同 士 現 る」

アイリ「一冊も所有してないくせになに言ってんのよ」

切嗣「近くのメイトに売ってないしとらあなにも売ってないしでお手上げ状態なんだもん!」

アイリ「可愛くないわよそれ」

246: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 23:08:34.27 ID:UkoJ36k+o
アイリ「あら?なにしてるの切嗣」

切嗣「>>241特定してた」

アイリ「他スレの話はやめなさい」

切嗣「犯行後の声明文も忘れずに残してきた」

アイリ「もうなにも言うまい」

247: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 23:10:58.07 ID:UkoJ36k+o
切嗣「特定怖い」

アイリ「あなたもしてたじゃない」

切嗣「やるのはいいけどヤられるのは怖いんだよ!」

アイリ「字が凄いことになってるわよ」

250: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 23:21:10.44 ID:mKTSV+yvo
切嗣「アイリ、君は公式でも腐女子だったんだね………」

アイリ「えぇ、わたしもじっくりしてたところよ」

切嗣「いや、ってか公式での僕の発言がとても好きなんだが」

アイリ「なんていってたの?」

切嗣「僕、逃げてもいいかな…的なこと言ってた。そして僕は『タイガーコロシアムアッパー』を買おうと決心した」

アイリ「CPは?」

切嗣「BDを買う予算はないよ。多分何巻も出るだろうし」

アイリ「あなたに公式云々言う権利はないと思う」

251: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 23:25:47.30 ID:QD2FhI0Go
切嗣「ついに病原菌指定」

アイリ「あながち間違ってないのが痛いわね」

切嗣「まぁSS速報ならいくら荒らされても、変なレスで埋まろうとも次スレ立てれるんだから気楽にいこうよ。最悪僕の権力でキリッツグ禁止令だしちゃうし」

アイリ「あなた何様よ」

切嗣「僕様ちゃんだ」

アイリ「まさかそっちに繋がるとは思わなかったわ」

切嗣「これからは蒼い暴力と読んでくれたまえ」

アイリ「なんか違う気がする」

切嗣「実はよく覚えてないって言うね☆」キラッ

アイリ「イラッ☆」

252: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 23:26:39.76 ID:QD2FhI0Go
アイリ「天丼はないわね」

切嗣「このネタだとなおさらないな」

253: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 23:29:19.69 ID:ysKc0In1o
アイリ「それであなたこれで本当に荒れだしたらどうするのよ」

切嗣「一時の楽しみならいいんじゃねっておも」

アイリ「切嗣?」

切嗣「このスレを見てる人に悪いやつはいないと信じてる!!」キリッツグ

アイリ「いい風に言おうとしたんだろうけど盛大に失敗してるわよ」

切嗣「まぁ僕も他人のスレにまで迷惑かけたくないからね」

アイリ「発端者がなにをいうか」

切嗣「」

254: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 23:33:11.87 ID:V8mtT4oMo
蛙1「かぁーえーるぅーのーうぅーたぁぁーがぁー」

蛙2「きぃーこぉーえぇぇーてぇーくぅーるぅぅーよぉぉぉー」

蛙800「貴様は三日後に我々が殺す」

蛙×∞「「「「ゲロゲロゲロゲロぐわぐわっぐわぁぁ」」」」フェードアウト

----------------------------------------------
---------------------------------
-----------------------
-----------
-----

アイリ「切嗣早く起きなさ………あら?ベッドの上で震えてなにしてるの?」

切嗣「お、恐ろしい夢を見た」ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク

255: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 23:35:57.84 ID:V8mtT4oMo
切嗣「人数点呼に使われてた」

アイリ「もう効果音じゃないじゃない……」

切嗣「」

256: ◆hLjOuel3KI 2012/01/14(土) 23:45:22.97 ID:F/MjOc+io
メリーさん~アイリver.~

プルプルプル

切嗣「はいこちら衛宮ですが」

「今商店街にいるの」プツンッ

切嗣「」

切嗣「まぁいいか。雑誌でも読んどこう」

258: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 00:10:56.70 ID:nWHnOXAso
プルルルル

切嗣「………はい衛宮ですが」

「今古ぼけた屋敷の近くにいるわ」プツンッ

切嗣「暇………なんだろうな…」

259: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 00:12:38.39 ID:nWHnOXAso
プルルルルルルル

切嗣「はいもしもし」

「今アインツベルンの城の前にいるわ」

切嗣「わざわざ外国へご苦労さまです」

「今冬木のアインツベルンの城にいるわ」プツンッ

切嗣「暇だなぁ」

260: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 00:13:42.94 ID:nWHnOXAso
プルルルル

切嗣「もしもし」

「今あなたの部屋に面している廊下にいるわ」プツンッ

切嗣「ふわぁ…眠くなってきたな」

261: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 00:16:24.75 ID:nWHnOXAso
プルルルルルル

切嗣「はい」

「今あなたの部屋の」

ガチャ

切嗣「ほら、外は寒かったろ。早く入って今日はもう寝よう」

アイリ「………おもしろくない」プクゥー

切嗣「それは悪かったね」

切嗣「それじゃおやすみ」バサリ

262: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 00:20:29.61 ID:cOqqkPOMo
切嗣「………………………」

アイリ「……………」ゴソゴソ


切嗣「ん、んー?どうしたんだい……?君には自分のベッドが…」



アイリ「今あなたの後ろにいるの」ギュッ



切嗣「」

切嗣「……………………」フフッ

切嗣「うん。確かにいるね。……おやすみ」ギュッ

アイリ「うん。おやすみ」ギュッ

265: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 00:49:27.48 ID:nWHnOXAso
メリーさん~言峰ver.~

プルルルルルルル

切嗣「おい馬鹿!いい感じで終わらせたんだからいらないものを始めるんじゃn」

「今商店街にいる」プツンッ

切嗣「」

267: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 00:51:30.72 ID:nWHnOXAso
切嗣「嫌だ!僕はさっきの世界線に戻るんだ!アイリといちゃいちゃするんだぁぁ!!」

プルルルルルル

切嗣「出ない!絶対に出ないぞ!」


---留守番電話サービスに接続します---

「いま古くさい屋敷の前にいる」ガチャ

切嗣「」

268: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 00:53:42.03 ID:nWHnOXAso
切嗣「いやあああああ!!なんでホモSSになってんだ!!どこのアーチャーさんだよぉぉぉぉ!!」

プルルルル

---留守番電話(ry---

「いま冬木のアインツベルン城にいる」ガチャ

切嗣「逃げなきゃ!逃げなきゃヤられる!!」ガタッ

---なんやんやで部屋がロックされました---

切嗣「ご都合主義ぃぃぃぃぃぃ!!!」

269: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 00:56:23.58 ID:nWHnOXAso
切嗣「あぁ…神様……いままで悪いことしててごめんなさい。こんな私をお許しください……」

プルルルルル

切嗣「ひっ」ビクゥ

---プルルルルルルルルルル---

---留守ば(ry---

「今アインツベルンの城で迷っている」ガチャ

切嗣「」

270: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 00:58:43.19 ID:nWHnOXAso
プルルルルルルル

---(ry---

「ここはどこだ。早く出てきてお前の部屋へ案内しろ」ガチャ

プルルルル

「なんだこの罠は。客人になんて態度だ。早く出迎えろ」ガチャ

プルルルル

「おい客人を待たせるな」ガチャ

プルルルルルル

「いいだろう。また出直すことにする」ガチャ



切嗣「」

271: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 01:02:28.90 ID:jjxox4Cgo
切嗣「」

切嗣「助かった………?」

切嗣「助かった……」

切嗣「助かった」

切嗣「助かったぞぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!うぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

切嗣「はっはぁぁぁぁぁ!!!言峰の野郎も大したことないぜぇぇぇぇぇ!!!遠坂の屋敷にこもってやがれぇぇぇぇぇぇひゃっはぁぁぁぁぁ!!!」

プルルルルルル

切嗣「はいはーい。こちら切嗣さんですよー!」

「そこにいたのか今すぐ向かう。………夜中にあまり大声は出すなよ?」ガチャン



切嗣「」

272: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 01:12:06.59 ID:jjxox4Cgo
切嗣「TPP問題でアメリカがめちゃくちゃなこと言ってるねぇ」

アイリ「いつものことよ」

切嗣「そういえば民主党もアホなことしてるねぇ」

アイリ「いつものことよ」

273: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 01:17:01.62 ID:UU558S6ao
アイリ「切嗣は政権を民主党に変えたのに反対なの?」

切嗣「別に国民の決定だから今さらワンワン喚きたくないけどさ、それでも僕は反対だったよ」

アイリ「それはまたどうして?」

切嗣「今まで何十年も与党やってるんだから失敗したってたかが知れてるよ。民主党は与党で失敗したときにどこまで失敗し続けるか予想できないから嫌だったんだ」

アイリ「けどもしかしたら一気に成功続きになったかもしれないわよ?」

切嗣「成功だってするだろうけど失敗だってするさ」

アイリ「なるほどね」

切嗣「まぁ今さらなんだけどね」

アイリ「今さらね」

274: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 01:21:32.91 ID:5c3W6+Qno
切嗣「あれ?僕今真面目!?」

アイリ「えぇ、ビックリするほど真面目だったわよ」

切嗣「おっキャラを戻さなきゃ!☆僕はいつでもイリヤ一筋だよ!」

アイリ「あら?わたしは?」

切嗣「ついでにアイリにも一筋だよ!☆」

アイリ「……………」

切嗣「あ、冗談。冗談だから無言でチョークかけないで!」ギリリ

275: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 01:24:34.78 ID:5c3W6+Qno
切嗣「>>262が懐かしい」ハァ


アイリ「あら、じゃあ一緒に寝る?」


切嗣「!」ガバッ

アイリ「冗談よ。ふふっ」

切嗣「……………」ブーブー

アイリ「さぁもう寝ましょ」フフッ