切嗣「特にすることがない」アイリ「いいことじゃない」前編

276: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 01:29:43.55 ID:HVaxrdtto
切嗣「アイリったらいちいち僕のことからかうんだから」

切嗣「もう寝てしまおう……」バサッ

アイリ「いらっしゃい」

切嗣「」

切嗣「え?あれ?なんでアイリが……あれ?」

アイリ「いちいちわたしの言うことを間に受けてたらダメよ?切嗣」ウフフ

アイリ「さ、早く寝ましょ。明日も早いんだから」

切嗣「うん……そうだね」モソモソ



アイリ「おやすみ切嗣」

切嗣「うん。おやすみアイリ」

引用元: 切嗣「特にすることがない」アイリ「いいことじゃない」 

 

figma Fate/Zero アイリスフィール・フォン・アインツベルン
Max Factory (2012-05-19)
売り上げランキング: 13,849
279: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 11:27:17.76 ID:cOqqkPOMo
切嗣「ねぇアイリ」

アイリ「どうしたの切嗣」

切嗣「SSでね…時々絵を描いて貰えるらしいんだ」

アイリ「言わんとしてることは分かったわ」

切嗣「っというわけで僕にこのSSの絵を描いてくれる人が居たら絶賛冬木のアインツベルン城まで持ってきてね!」カモーン

アイリ「次元的に無理よねそれ」

切嗣「下手くそはいらねぇ!黙ってROMしてやがれ!」

アイリ「あなた……ギャグとは言えやっちゃったわね」




切嗣「どうしようアイリ…このままじゃ絵集まり過ぎてギャラリーに収まりきらないかも」ヒソヒソ

アイリ「自惚れんな」

280: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 11:29:26.19 ID:cOqqkPOMo
切嗣「おぉ!アイリよ!あなたはどうしてアイリなのですか!っていう感じの台詞ってあるじゃん?」

アイリ「あるわね」

切嗣「あれってつまり端から見てたらその人のこと全否定してるように聞こえるんだけど」

アイリ「おぉ!切嗣よ!あなたはどうして切嗣なのですか!」

切嗣「泣くぞ」

284: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 11:49:16.69 ID:GsRgIT/4o
~某所居酒屋~

切嗣「と、言うわけで。第127回パパさん会議を始めていこうと思います。どうぞよろしく」

時臣「よろしく」

雁屋「……………」

ケイネス「ふん」

切嗣「今日は急に現れたこの方がゲストです」


切嗣AA「こんばんわ」

時臣「ないですね」

雁屋「ねぇよ」

ケイネス「ないな」

285: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 11:54:09.43 ID:nWHnOXAso
切嗣「あ、どうぞ座ってください」

切嗣AA「あ、ご丁寧にどうも」


切嗣「それでこの切嗣さんは最近子供のことで悩んでいるらしい。まぁ有り体に言えば反抗期というやつだよ。>>281を見て貰えば彼がどれだけ悩んでいるかも分かって貰えるはずだ」


ケイネス「ふん。なら私は今回は口出しできないと言うことか」

切嗣「いや、子供がいない人からの意見も十分参考になるよ」


雁屋「なら俺が少し思ったことを言おうか」

切嗣「お前の場合は状況が特殊すぎて全然参考にならねぇよ」

286: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 11:57:40.22 ID:nWHnOXAso
ケイネス「私は子供というものがいないし、宿す気も今はしていないがそれでも反抗するなら力でねじ伏せればいいのではないか」


切嗣「鬼!!」

時臣「悪魔!!」

雁屋「お前はそれでも人間かぁ!!!」


ケイネス「まさか殺し屋と貴族と人外に罵倒されるとは思わなかった」

288: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 12:06:29.87 ID:Jp0/zJGUo
切嗣AA「ふぅ…まぁ色々と試してみるよ」

切嗣「参考にならなくて悪かったね」

切嗣AA「いや、いいんだ。ここに来ただけでも十分元気が出たよ。君のところのイリヤも「切嗣くさーい」とか言ってくるから心の準備をしといたほうがいいよ」

切嗣「僕のところのイリヤにはありえないことだね」

切嗣AA「(親バカ………)まぁそれじゃあ僕は失礼するよ」

切嗣「じゃあ頑張ってくれ」ポンッ

切嗣AA「」ガラガラガラガラ ガシャンッ

切嗣「…………え?あれ?ん?あっれー?どうしたおい」

切嗣AA「」シーン

切嗣「いやいやいやいやいや。AAだからって触っただけで崩れていくなんてそんなばなな」

時臣「きゃぁぁぁひとごーろーしー!!(棒」

雁屋「ヒトゴロシヨー!(棒」

ケイネス「今人をバラバラにしたわー(棒」

警察「そこを動くな殺人犯!」

切嗣「君たちホントこういうときだけは仲いいなぁ!!」ダッ

290: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 12:17:25.70 ID:fKO+CkNKo
切嗣「キリッツグの使い道がすでに人数点呼に使われている。そして場面転換のSEにも使われようとしている」

アイリ「もうなんでもありね」

切嗣「そういえば今セイバーはなにをしているだろうか(棒」

アイリ「いや、それは無理矢理すぎr」


-----キリッツグ-----


セイバー「どうせ私なんて要らない子なんだ……。レギュラーなのに全然出てきてない…泣いちゃダメだ泣いちゃダメだ。泣いたらまた登場数が減っちゃう………」グスンッ


-----キリッツグ-----


切嗣「」

アイリ「」




切嗣「お、おい!場面転換空気読めよ!!」

アイリ「セイバー。お昼御飯食べに行きましょう」

291: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 12:49:40.47 ID:4JO5VqqEo
切嗣「主要キャラ紹介のコーナー」

衛宮切嗣・・・なにかとテンションが高い。原作ほど目が死んでない。けどなんやかんやで殺し屋やってる

アイリスフィール・フォン・アインツベルン・・・間にフォンがあったかどうかが怪しい。軽く腐女子

セイバー・・・腹ペコ騎士王。レギュラーの中で一番の真人間だがこのSSの真人間なんてたかが知れてる


切嗣「こんな感じかな」

アイリ「これは酷い」

294: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 17:02:35.28 ID:4JO5VqqEo
切嗣「ただいま」

アイリ「あら、どこ行ってたの?」

切嗣「外の女の子観察してたら寒くなってきたから帰ってきた」

アイリ「ふん!」バコッ

セイバー「ハッ!」バキッ

舞弥「………」パァン


切嗣「なんで!?」グフッ

297: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 18:22:01.27 ID:eW9MFrW+o
切嗣「ご都合主義ぃぃぃぃぃぃぃっぃい!!!」

アイリ「急にどうしたの」

切嗣「この女なにもんだよぉぉぉぉ!!祈ったら花が咲いたぞぉぉぉぉぉ!!」

アイリ「だからなんの話を」

切嗣「パナシーアボトル要らない子ぉぉぉぉぉぉ!!」

アイリ(あ、これ駄目なパターンだ)テクテクテク

299: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 20:42:20.00 ID:GsRgIT/4o
切嗣「ねぇセイバー」

セイバー「はい、なんでしょうか」

切嗣「この写真に写ってる駅の名前は何か分かる?」

セイバー「む……小さくて少々見えにくいですが……亀山駅てnですかね」

切嗣「それじゃあこれはナニk」

アイリ「目指せJリーグ!!」シュートッ

切嗣「」



セイバー「……?切嗣は一体何をしようとしていたのですか?」

アイリ「Jリーグ優勝カップに使う材料の提供をしてくれたのよ」

300: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 21:34:16.19 ID:EF2WpJDIo
切嗣「あまりに僕の扱いが酷いと思う」

アイリ「普通よ」

切嗣「いや、それにしても原作の僕h」

アイリ「原作は原作!うちはうち!」

301: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 21:38:33.14 ID:eW9MFrW+o
切嗣「明日は友人と遊ぶんだ」


アイリ「え?」パリンッ

セイバー「え?」ガチャンッ

舞弥「え?」ガシャン

イリヤ「え?」ガタンッ


切嗣「いくら驚いたからってわざわざ上から順に皿、エクスカリバー、拳銃、おもちゃと落としていかなくていいよ。それと舞弥、銃は落としたら危険だから大事に扱え」

舞弥「あ、す、すみません………」

302: ◆hLjOuel3KI 2012/01/15(日) 21:41:11.93 ID:Tf5yFI3Uo
アイリ「き、切嗣に友人なんていたの…?」

切嗣「そりゃ僕はそこまで友人はいないけど一応いることにはいるさ」

セイバー「う、う……」

切嗣「う?」




セイバー「裏切り者ぉぉぉぉぉぉぉ!!!」ゴスッ ダッ

切嗣「」ピクピク

アイリ「綺麗なヒット&アウェイだったわね」

舞弥「私も見習わなくては」

304: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 00:04:50.79 ID:QqstXCfUo
セイバー「うわぁぁぁあぁあぁぁぁん!!!」

セイバー「うわぁぁぁあぁぁぁんんなあああああああああ!!!」



セイバー「ふぉぉぉぉぉぉぉああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

ドシャッ

セイバー「う……うぅ…」グスン

セイバー「うわあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」ダダッ

305: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 00:19:25.56 ID:dFRtYgE5o
セイバー「うわぁぁぁぁぁぁんん!!!」ドガッ

時臣「なにごとdぼふぁっぁあ!!!」ゴロゴロゴロ ドサッ

アーチャー「ハッハッハァァ!!そこにいるのはセイバーではないかぁ!!ようやく我が妃になることをけt」

セイバー「うわあぁぁぁぁぁぁ!!」ダキッ

アーチャー「」

アーチャー「はっ!せ、セイバー!?きゅ、きゅきゅきゅ急にどうしたのだだだだだだd。はぁーはぁxっげふんげふん!」

セイバー「うわぁぁあぁぁん!!」ギュッ

アーチャー(あばばばばばばばば。こ、こここここれはチャンスなのでは!?図らずともセイバーはなぜか今わ、わわわ我に抱きついてきておるのののだ!!そ、それならここでその悲しんでいるセイバーに優しく真の王の器で受け止めてやり------




セイバー「アーチャー……あなた以外と優しかったのですね///(※脳内裏声)」

アーチャー「ふふっ。我にかかればなんということでもない」クール

セイバー「そんなアーチャーに惚れました。結婚してください(※脳内裏声)」

アーチャー「ん?しかし貴様は我がいくら求婚しても断り続けたであろう?」トボケー

セイバー「そ、そんなぁ……あ、あのときの私は……その……あ、あなたの魅力に気づいてな………(※脳内裏声)」

アーチャー「はは。嘘に決まっておろう」オデココツンッ

セイバー「…………アーチャーはいじわるです(※脳内裏声)」プクー

アーチャー「ははっ!そんなこと言うなよ、マイハニー☆」ウィンク

セイバー「/////////」




なぁーんてことになっちゃったりしてぇ!なっちゃったりしちゃってぇぇ!!ふっぉぉっぉぉぉぉ!!!)バタバタバタ//////

時臣(アーチャーは何を……しているんだ…げふ…)ガクッ

306: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 00:23:37.27 ID:EHpWFmECo
アーチャー「(そうと決まれば作戦開始だ!クールに受け答えしてセイバーを惚れさせてやる!)」

アーチャー「せ、せせせせセイバー?キュッキュッ急にどうしたにのだ?」クール

セイバー「うっ……うぅぅ……」ギュッ

アーチャー(セイバーっがぎゅって!我の事ぎゅって!!!これセイバー惚れてるわ!我に惚れてるわ!)

アーチャー「セイバー。分かった。一緒に同じ屋根の下で暮らs」

セイバー「うわぁぁぁぁぁぁぁぁんん!」グイッ

アーチャー「へ?」グワッ

307: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 00:26:49.83 ID:a3cgO8kzo
セイバー「うああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁんんん!!!!」ズドシュンッ

アーチャー「ジャーマン!!」ドゴシュッ

セイバー「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁんんん!!!!」タッタッタッタッタ

アーチャー「」

310: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 00:37:44.75 ID:a3cgO8kzo
切嗣「実際我でも俺でも出番そんなにないし訂正しなくていいよね」

アイリ「あなたの腕が吹き飛んでいいならどうぞ」

切嗣「我=オレ!僕 それ 覚えた」






切嗣「けどきっと次あいつが出てくる時はもうこの事忘れちゃってるよね」ヒソヒソ

アイリ「90%の確率でね」ヒソヒソ

312: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 00:42:48.45 ID:a3cgO8kzo
セイバー「うわぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁんんん!!!」タタタタッ


セイバー「うわぁぁぁぁぁぁぁん!!間になんか変なレスが入った気がしたけどうわぁぁぁぁぁ!!」タタタタッ


セイバー「うわぁぁぁぁぁぁんん!!!」ダッダッダッ

314: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 00:48:59.90 ID:yyrmIxcLo
ケイネス「ランサー、紅茶を淹れてきてくれないか」

ランサー「承知いたしました」




ランサー「淹れて参りました」

ケイネス「うむ。」ゴクゴク

ケイネス「君が淹れる紅茶は本当に美味しいな」

ランサー「ありがたきお言葉」

ケイネス「………平和…だなぁ」ホノボノ

ランサー「平和……ですねぇ」ホノボノ


<アァァァァァァァァァァァァァァ

ケイネス「ん?何の音だ?」

ランサー「はて?なんの音でしょうか?」

315: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 00:51:45.64 ID:yyrmIxcLo
ドゴォォォォォォン!!

ケイネス「!?」

ランサー「空から……セイバー!?」

セイバー「うわぁぁぁぁぁぁんんん!!!」

ランサー「セイバー!一体なにg」パァンッ バタッ

ケイネス「ランs」パァンッ バタッ


セイバー「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁんん!!!」タッタッタ

316: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 00:55:04.87 ID:yyrmIxcLo
ランサー「」

ケイネス「」



ランサー「うわっちゃっちゃっちゃあぁぁぁぁぁ!!」アツアツ

ケイネス「紅茶!!紅茶が目に染みるぅぅぅぅ!!」バタバタ





ビルの一室<「「ふぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」」

319: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 09:15:34.34 ID:4/jBttJ7o
キャスター「龍之介。今日はどのようなアァートを見せていただけるのですか?」

龍之介「んー?今日はねー。もう実は作っちゃってるんだ」

キャスター「なんと」

龍之介「旦那に評価して貰いたくてね。急いで作っちゃった。このローブの下に完成品があるんだ」テヘヘ

キャスター「りゅぅのぉすぅけぇ!分かりました。不承このジルめが龍之介の作品を評価致しましょう」

龍之介「よし、それじゃあ開けるよぉ…………それ!!」

セイバー「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁんんん!!!」ドゴシュァッ

作品「」

キャスター「」ドゴシュァァッ ゴロゴロゴロゴロ

龍之介「だ、旦那ぁぁぁぁぁ!!!」

320: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 09:22:22.68 ID:4/jBttJ7o
セイバー「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁっぁぁんんん!!!」タッタッタ

キャスター「ぐふっ」

龍之介「だ、旦那!大丈夫か!旦那!」

キャスター「そ、そんなことよりさ、作品の方は……」

作品<チーン

キャスター「」

キャスター「りゅ、龍之介………その、できれば聖処女を責めないでいただきたい…。た、多分なにか理由があって」

龍之介「いいんだよ旦那」

キャスター「龍之介……」

龍之介「どんな作品もいつかは壊れるんだ。作品が壊れるのなんてどうせオレが死んだ後になっちゃうだろ?ならオレが生きてる間に自分の作品の最期が見れるなんてハッピーじゃん!オレは今猛烈に感動してるよ!!」

龍之介「まぁ旦那から評価が貰えなかったのが心残りだけどまた違うのをつくって評価してもらうさ」ニヒヒ

キャスター「りゅうぅぅのぉぉすぅぅけぇぇ!!」ガシッ

龍之介「だぁんなぁ!!」ガシッ

322: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 09:31:44.87 ID:k7SHhljXo
龍之介「それじゃあオレはまた作品作りに行ってくるよ」

キャスター「今日はどのような作品を作りに?」

龍之介「うーん…。今日は料理でも作ろうかな」

キャスター「ほほぅ。龍之介の料理は作品とは言え絶品ですからね。楽しみに待ってます」

龍之介「うん。それじゃあ行ってくんぜぇ旦那」

キャスター「行ってらっしゃい龍之介」

323: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 09:34:52.95 ID:k7SHhljXo
セイバー「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁんん!!!」

ウェイバー&ライダー



省略


ウェイバー「酷い!」ガーン

ライダー「なんと」

324: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 09:36:25.82 ID:k7SHhljXo
セイバー「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁん」

ズザァァァァァ


雁屋「!」ビクゥ

セイバー「………」チラッ

雁屋「………たい焼き…食べるか?」

セイバー「……………頂きます」モグモグ

325: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 09:41:22.80 ID:k7SHhljXo
セイバー「…………………………」モグモグモグ

雁屋「…………………」

セイバー「………………………」モグモグモグモグ

雁屋(桜ちゃんのたい焼きがなくなっていく……)

セイバー「………………」モグモグ

セイバー「…………」モグ…

セイバー「うっ……うぅ……」グスッ

雁屋「!?」

326: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 11:21:37.51 ID:EHpWFmECo
雁屋(な、なんでこいつは泣いてるんだ……!?ちょ…俺女の子慰めるとか無理なんだけど……え?え?)

セイバー「うっ………うぅ……」グスンッ

雁屋(あばばばばばばば。こ、こうなったら)


モニュモニュモニュ


バーサーカー「■?」カシャッ シュボッ スパー

雁屋「セイバーの相手は任せた!俺はたい焼き買ってくる!」タッタッタ

バーサーカー「■■■■…」ヤレヤレ

セイバー「うぅ……」グスンッ

334: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 20:19:36.14 ID:48/FvyZBo
バーサーカー「■■■」スパー

セイバー「バーサーカー……私の悩みを聞いてくれるのですか………?」

バーサーカー「■■■■」

セイバー「そう…ですよね」

セイバー「我がマスターに……友人がいたんです…」

バーサーカー「■■■■■?」

セイバー「そうです。私の八つ当たりなのは分かっているんです…それでも……同じ仲間だと思っていたがために勝手に裏切られたような気になって……」

335: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 20:23:24.74 ID:jNx0HD7So
セイバー「私は仲間はいます……家族と呼べる人もいます…。それでも…友人というのがいないのです……。切嗣はそんも同じ『同じ友人同盟』の仲間だと思っていたのに……」グスンッ

バーサーカー「……………………」ポリポリ

バーサーカー「……………………」チラッ

セイバー「うぅ……」グスンッ

バーサーカー「…………」ハァ

336: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 20:26:59.69 ID:Nf9rKIlXo
セイバー「うっ…うぅ……すみません…こ、こんなこと…あなたに言っても仕方がないのに…」グスンッ

セイバー「………失礼…します。迷惑をかけた人に謝罪に行ってきます…」トボトボ

バーサーカー「………………………」ガシッ

セイバー「え?どうしたのですかバーサーカー。急に手を握ってきて」

バーサーカー「■■■■■■■■■■■■」

337: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 20:34:15.51 ID:LAPQurqwo
セイバー「あな…たが…?」

バーサーカー「■■■■■」

バーサーカー「■■■■■■■■■」

セイバー「ふふっ…」

バーサーカー「■■■■■■■」///

セイバー「いえ…あなたにこんな優しい一面があったなんて…と思いまして」フフッ

バーサーカー「■■■■■■■■■!!」フンッ

セイバー「ふふ。分かりました。それでは私は迷惑をかけた方に謝罪に行ってきます」タッタッタ


バーサーカー「……………………………」フンッ

バーサーカー「……………………………」カシャッ シュボッ スパー






雁屋(なにこれ!?感動の場面なんだろうけどバーサーカーの言葉が分からないからなにしてたのか全くわからねぇ!!)

338: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 21:55:03.46 ID:1moILWTAo
雁屋「よ、よぉバーサーカー。セイバーを慰めることはできた…らしいな……」

雁屋(さも今現れたかのような感じで出てきたが全部聞いてたんだがな。なに言ってるか分からなかったけど)


バーサーカー「…………………………」スパー

バーサーカー「………………」フゥー

バーサーカー「……………………………」





バーサーカー「…………………飯でも食いに行くか」

雁屋「喋れるのかよ!!」

341: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 22:35:37.45 ID:m6+lTAEho
バーサーカー「あ?なにが?」

雁屋「いやいやいやいや!バーサーカーのくせになんで喋れるんだよ!!」

バーサーカー「なんでって……戦争しないんだし狂化する意味ないじゃん」

雁屋「そうだけど!そうなんだけど!!」

バーサーカー「じゃあいいじゃねぇか。飯食いにいこうぜ」スパー

雁屋「ナチュラルに煙草吸ってんじゃねぇ!!ってかどうやって煙草吸ってんだよ!!」

バーサーカー「そりゃぁこう…鎧の口の部分をちょちょい…って」

雁屋「ならもう鎧脱げよ!」

バーサーカー「やだよ」

雁屋「なんでだよ!!」

バーサーカー「恥ずかしいし」

雁屋「」

342: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 22:39:25.95 ID:EWAppDIEo
雁屋「ってかお前口悪くね?腐っても英国の騎士なんだからもっとセイバーみたいなさぁ……」

バーサーカー「あぁ…だってそりゃほとんどしてないにしても少しは狂化してるからな。その影響だろ」

雁屋「なんでもっと狂化の影響受けてねぇんだよ」

バーサーカー「話すと長くなるんだがな」

雁屋「それは短いフラグだよな」

バーサーカー「天丼はおもしろくねぇぜ?」

雁屋「今さらだろ」

343: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 22:42:41.27 ID:aCKrBmZ4o
バーサーカー「まぁその通りで短いわけだが」

雁屋「短いのかよ」

バーサーカー「お前んとこのじじいが「戦争しないんだったら狂化する意味ないじゃん。けど狂化しないとバーサーカーのアイアンデティがなくなるし…。めんどくさいけど適当に狂化しちゃるかぁ………」みたいな?」

雁屋「じじいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!」

344: ◆hLjOuel3KI 2012/01/16(月) 23:18:34.53 ID:ZrNTbVMpo
切嗣「きりっつぐぅのさぁいきんはぁ書き込むこといっぱぁい」

切嗣「今日も昨日も一昨日も、書き込んでばっかぁ」

切嗣「あぁいとぅいまてぇぇん」

アイリ「」シラー

切嗣「視線が痛い!でも感じちゃう!!」ビクンビクン

352: ◆hLjOuel3KI 2012/01/17(火) 01:06:45.18 ID:3ATN7gj7o
切嗣「………なんか僕のことがボロクソ言われてる気がするんだけど……」

アイリ「ボロクソ言われてる?こう言うこと?」

ボロクソ「?どういう事s…って違う!そういう意味じゃない!!」

アイリ「襤褸糞?」

襤褸糞「違う!!ってか襤褸ってよく変換出てきたな!」

アイリ「そんなに褒められても照れるわ」///

切嗣「僕は君を褒めてるんじゃない!現代の科学力を褒めてるんだ!!」

アイリ「照れるわ」///

切嗣「ちゃんと説明したのにどうして君が照れるのさ!?」

アイリ「なんでって、変換機能を開発したのはこのわたしだからよ」

切嗣「謝れ!文字変換機能を開発した方全員に謝れ!」

354: ◆hLjOuel3KI 2012/01/17(火) 01:10:28.95 ID:3ATN7gj7o
??k?u?n?C?e???V?????????????c?c?c?v??

?A?C???u110?v

??k?u?~???B?????????????????????????????~???v

?C?????u?L???b?L???b?L???[?v???????

??k?u?????A?z???g?n?C?e???V??????????????????????v????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

?A?C???u???A????B??????????????~?????????????????????v

??k?u?????????????v

355: ◆hLjOuel3KI 2012/01/17(火) 01:11:39.12 ID:3ATN7gj7o
切嗣「ハァハァしてたら文字化けした」

アイリ「110」

切嗣「やめて。そのネタはさっきやったじゃないか」

アイリ「文字化けしたじゃない」

切嗣「あぁ」

356: ◆hLjOuel3KI 2012/01/17(火) 01:12:54.26 ID:3ATN7gj7o
アイリ「文字化けの?の数だけ切嗣がハァハァしたってことで考えてもらっていいのよね?」

切嗣「よくないよ」

357: ◆hLjOuel3KI 2012/01/17(火) 01:19:18.34 ID:3ATN7gj7o
切嗣「しかしちょっとハァハァしただけで文字化けするとは……日本んの技術力も落ちぶれたね」ヤレヤレ

アイリ「つまりこういうことね」

切嗣「ん?」

アイリ「日本の技術力<<<変態の壁<<<切嗣」

切嗣「やめて。その書き方だったら語弊がでる」

アイリ「すでにほとんどの人がハァハァ=変態的なアレだと思ってるわよ?」

切嗣「違う!ちょっとハイテンションになりすぎて疲れてたからハァハァしてたんだ!その後にイリヤが通りかかったことになんて一切ハァハァしてなんかいない!!」

アイリ「ソーデスネ」

切嗣「………吾郎さんは止めてくれないかな?僕あれ苦手なんだよ」

アイリ「吾郎さんで果たして合ってるかは疑わしいけど吾郎さんのお父さんはなんて名前なんでしょうね」

切嗣「士郎さんじゃないかな」




アイリ「これがやりたかっただけでしょ」

切嗣「面目ない」

359: ◆hLjOuel3KI 2012/01/17(火) 08:00:44.15 ID:kM1AFDmwo
切嗣「寒い」

アイリ「そうね」

切嗣「布団から出れない」

アイリ「そうね」

切嗣「しかし布団に入っていてもまだ寒い」

アイリ「そうね」

切嗣「なら肌を重ね合わせればいいじゃない」

アイリ「別にいいわよ」

切嗣「よし、起きよう!早起きは三文の得さ!」

アイリ「ヘタレめ」

360: ◆hLjOuel3KI 2012/01/17(火) 16:47:14.48 ID:Gub9HkZfo
バーサーカー「そういえばお前って蟲入れてんの?」

雁屋「視点変更までしてなんだよ急に……」

バーサーカー「いや、戦争しないんだったら蟲入れる意味もないわけだろ。なら入ってねぇんじゃねぇかと思ってな」

雁屋「なんだ。そんなことかよ。………入ってるよ」

バーサーカー「へぇ入ってんのか。そりゃまたなんでだよ。寿命縮めるんだろ?それ」

雁屋「あぁ寿命縮まない縮まない」

バーサーカー「あ?」

雁屋「白髪になって時々蟲が暴れるけど寿命縮まない」

雁屋「It'sご都合主義!」

バーサーカー「」

361: ◆hLjOuel3KI 2012/01/17(火) 16:49:16.53 ID:AL0UR7wro
バーサーカー「な、ならなんで入れてんだよ。必要ねぇじゃねぇか」

雁屋「俺黒髪のままだったらキャラ薄くないかなって思って」

バーサーカー「」

363: ◆hLjOuel3KI 2012/01/17(火) 17:13:15.62 ID:clxm/JILo
バーサーカー「俺が喋るのも大概だがお前も相当だな」

雁屋「一緒にすんな。それで飯何食いにいくよ……ってか好きな食べ物なに?」

バーサーカー「現界してから何も食べてないのに好きなもんも糞もあるか。生前はアイルランドの料理しか食べたことがないしな」

雁屋「ふーん。ならまぁ近所のラーメン屋でいいか」

バーサーカー「言っておくが俺はこれでも円卓の騎士。味にはうるさい方なのだ。果たして俺を満足させられる料理をお前は見つけることが」

364: ◆hLjOuel3KI 2012/01/17(火) 17:14:51.04 ID:cQfAvmvio
バーサーカー「できるのかぁぁぁぁぁうめぇぇぇぇぇぇぇラーメンすげぇぇぇぇぇぇ!!」

雁屋「もう少し静かに食え。ってかたかがラーメンだぞ?」

バーサーカー「これはどこかの貴族の料理か?」

雁屋「ねぇよ」

365: ◆hLjOuel3KI 2012/01/17(火) 17:32:01.58 ID:i4wMkRMKo
雁屋「英国の飯は不味いと聞いていたがそこまでなのか」

バーサーカー「うちの伝統は【一、揚げる 二、揚げる 三、もちょっと揚げる】だからな」

雁屋「なるほど、だからあんなに暗黒物質(ダークマター)みたいになってるのか」

バーサーカー「…………………………」ラーメンウマウマ

雁屋「聞いちゃいねぇ」

367: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 00:25:20.94 ID:ryQ8/vcYo
切嗣「こぉぉぉわぁぁさぁぁえぇぇたぁぁたぁぁまぁぁしぃぃぃでぇぇほほぉぉぉええぇんっだぁぁぁぁ!!」

切嗣「さぁぁぁいごおぉぉぉのぉぉぉひぃぃぃぉぉぉふぅぅぅぅりぃぃぃぃをぉぉぉぉしょぉぉぉじょぉぉぉにぃぃぃぃぃ」

アイリ「カルマ?」

切嗣「そうだけどそうじゃない!」

アイリ「カルマの坂を略してカルマでしょ?」

切嗣「カルマって言うと大半の人がバンプの方を思い描いちゃうだろ?」

アイリ「まぁ確かにね。切嗣はポルノが好きなの?」

切嗣「もちろん」

アイリ「ここで宣言できる?」

切嗣「もちろん」

アイリ「どうぞ」

切嗣「僕はポルノがだいすきだぁぁぁ!!!」

アイリ「110」

切嗣「それはいくらなんでもあんまりだと思う」

368: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 00:28:33.49 ID:fgAlNu5Go
切嗣「水城って人のアルバムを借りてきた」

アイリ「アニキ?」

切嗣「奈々」

アイリ「あぁ、あのばばx」

切嗣「それ以上は信者に殺されるから止めとこう」

369: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 00:30:22.97 ID:fgAlNu5Go
切嗣「語尾になにかつけよう」

セイバー「また急ですね。もう慣れましたが」

アイリ「それでどうするの?「もふ」でもつければいいもふ?」

切嗣「僕のことよく叩くけど君たちも大概だよなぁ……」

370: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 00:36:11.74 ID:fgAlNu5Go
切嗣「というわけでくじびきの結果僕は語尾に「ヤンス」をつけることになったでヤンス」

セイバー「原作をどこまでバカにする気ナリかこのSSは」

アイリ「馬鹿にはしてないですの。一周廻ってリスペクトしてるくらいですのよ」

切嗣「………アイリだけそこまでキャラが変わってないような気がするでヤンス」

アイリ「気のせいですの」

セイバー「それで、語尾を変えたことによってこのSSのマンネリ化は打破できたナリですか?」

切嗣「そんなの無理に決まってるじゃないかでヤンス」

切嗣「そもそもこんなので打破できるならまずマンネリになんてなってないでヤンスよ」ハッハッハ

セイバー「」

アイリ「それじゃあこの語尾付けに意味はあったんですの?」

切嗣「強いて言うとすれば《暇だった》でヤンス!!」

セイバー「」

371: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 00:37:07.77 ID:fgAlNu5Go
切嗣「暇だね」

セイバー「暇ですね」

アイリ「暇ね」





切嗣「暇だね」

セイバー「暇ですね」

アイリ「暇ね」

372: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 00:38:07.33 ID:fgAlNu5Go
切嗣「暇だね」

セイバー「暇ですね」

アイリ「暇ね」





切嗣「暇d」

セイバー「いや、もういいです」

アイリ「いくらネタがないからってこれはただのレス稼ぎよ」

375: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 00:42:26.93 ID:fgAlNu5Go
切嗣「よくさ、自ら広告とかにラーメン屋なのにデザートが美味しい!とか。うどん屋なのにカツ丼の方が美味しい!とかって言う店あるじゃん?」

アイリ「あるわね」

切嗣「なんでそういうところは堂々と《ラーメン屋》とか《うどん屋》って名乗ることができるんだろうね。恥ずかしくないのかな」

アイリ「原作ではクールなのにSSではおちゃらけてる!とか?」

切嗣「それは違う。ってかピンポイントで僕のことdisりにきてるだろ」

アイリ「おっとやかんの火消し忘れたかもしれないから見に行こうかしら」ダッ

切嗣「急に説明口調で逃げるな」ダッ

376: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 00:46:16.22 ID:fgAlNu5Go
切嗣「パパ会をもう一回やってもいいんだけど、言峰のあんちくしょうは呼べないと思うんだ」

アイリ「あなたまだ逃げてるの?」

切嗣「それもあるけどそうじゃないよ」

アイリ「それもあるのね………」

切嗣「残念ながら僕ZeroとSNしか読んだことないんだ。だからカレンってのは同人誌とか他のSSでしか知らないんだ」

切嗣「だから出てきたらキャラが崩壊すると思って心配なんだ」

アイリ「キャラ崩壊なんて今さらじゃない」

切嗣「!!」ハッ

378: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 01:00:56.56 ID:Rp/FWFPWo
切嗣「父子会議はっじめっるよー!」

イリヤ「いぇーい!」

時臣「凜、いくら同年代のお友だちがたくさんいるからといってはしゃぎすぎてはだめだよ?遠坂家たるものいついかなる時も優雅にしなくてはならない」

凜「はい!お父様!」

雁屋「桜ちゃん疲れてないかい?おやつは?おもちゃで遊ぶかい?」

桜「おじさん落ち着いて…」

言峰「ふむ。まさか私が呼ばれるとはな……なぁカレン?」

カレン「カレン キレイ キライ」

言峰「…………誰?」

カレン「ワタクシ カレン」

言峰「衛宮切嗣?これは一体どういう」

切嗣「」テヘペロ

言峰「」

379: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 01:05:17.59 ID:vXP/stOao
切嗣「ってなわけで言峰父子にはお帰り頂いたよ!」キラッ

時臣(綺礼……)

雁屋(カレンちゃんも可愛かったなぁ…)

ケイネス(私なんで呼ばれてるんだろう……)

380: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 03:41:01.71 ID:481r/grzo
切嗣(さて、急にパパさんを集結させたのはいいがここからどうするか……。うちのイリヤに他所のガキどもを近づけさせて変な病気にでも感染したらいけないしなぁ……)モンモン

時臣(凜がこのような下棧なやつらと関わっていたら悪い影響が出てしまうかもしれない。うちのかわいい凜がぐれてしまうかもしれない。もしかしたらこの集会が原因で「お父様と下着は一緒に洗いたくありません」なんて言い出すかも)ウォォォォ

雁屋(ヤバイ…。こんなところにこれ以上長居していたら僕は桜ちゃん以外の子に目移りしてしまうかもしれない!それだけはだめだ!僕は桜ちゃん一筋なんだ!!)シャキッ

ケイネス(私はもう…帰ってしまってもいいのだろうか………)



381: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 03:44:15.68 ID:481r/grzo
切嗣(しかしいくら自由度の高いSSとはいえいきなりこのパパ会を終わらせるなんて不可能…。なにか打つ手…最善の一手はないのか)

時臣(なにか…)

雁屋(この流れを変える……)

ロリコン三人衆(最高の一手がっ…………!!)



ケイネス「わ、私はそろそろ帰らせてもらうとするかな。子供もまだ授かってないことだし場違いであろう」ガタッ

382: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 03:45:12.29 ID:481r/grzo
切嗣「じゃ、じゃあ僕もそろそろ帰ろうかな」

時臣「それじゃあ私も…」

雁屋「な、なら俺も」



解散

383: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 03:47:38.84 ID:481r/grzo
アイリ「これは酷い」

切嗣「ちょっとやってみようと思った結果がこれだよ。やっぱり話の内容というか筋道みたいなのに捕らわれるとどうしても無理なんだよね」

アイリ「SSとして致命的じゃない……」

切嗣「しかし、こんなgdgdな話でも分かったことがあるよ」

アイリ「なに?」




切嗣「キャラ多いと無理」

アイリ「知ってた」

384: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 03:49:12.60 ID:481r/grzo
切嗣「寝る」

アイリ「寝かさない」

切嗣「なら今日は僕と一緒に夜の営みを」

アイリ「ヘタレオチ」

切嗣「寝る」

アイリ「図星だったの……」

385: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 03:53:13.91 ID:481r/grzo
セイバー「久しぶりの登場です!!」

セイバー「最近全然出てなかったですからね!張り切っちゃいますよ!!」

セイバー「そろそろ私は本当にレギュラーなのかという疑問にぶち当たりそうになりましたが気にしません!私はレギュラーです!」



切嗣「」zzZ

アイリ「」zzZ


セイバー「いやぁ最近は冷えますねー!私もそろそろ布団を二枚重ねになんかしちゃったりしましてね!すると今度は朝布団から出れないんですよ!ハッハッハッハッハ!」



切嗣「」zzZ

アイリ「」zzZ



セイバー「………………寝ましょう」モグリモグリ

386: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 07:59:45.36 ID:H8JSlDNjo
切嗣「気温が凄い事なってる…」ガクガク

アイリ「2℃ですって」ガクガク

セイバー「あばばばばば」ガクガク

388: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 10:36:27.28 ID:TumFMsw+o
切嗣「ジブリの至高は紅の豚」

セイバー「ないですね」

アイリ「ないわね」

切嗣「かっこいいじゃん!豚さん!顔は豚でも心はイケメンじゃん!!」

アイリ「だって……ねぇ?」

セイバー「あのお嬢様の事が好きなくせに最終的に何処の馬の骨かも分からないような女に接吻されただけで呪いが解けるなんて……ねぇ?」

アイリ「そもそもなんで豚になったかも分からないし……ねぇ?」

セイバー「豚が出歩いてても全く周りの人にビックリされないなんて……ねぇ?」

切嗣「君たち豚さんになんの恨みがあるんだよ………」

389: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 10:41:39.65 ID:mXBdfVy2o
切嗣「好きな銃はP90って答えたら「にわか乙」って返ってきたんだけどこれっておかしいよね。僕はただいろんな銃を見てきたなかで、状況を考えずにサブマシンガンを使うならP90がいいと思ってるだけなんだ。」

切嗣「それなのにただ好きってだけでにわか呼ばわりされちゃあたまったもんじゃないよ。ね?」

アイリ「男は黙ってスコーピオン」

セイバー「MP5の良さが分からないとは切嗣もまだまだですね」

切嗣「」

390: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 10:44:58.95 ID:mXBdfVy2o
切嗣「納豆好きの味覚が分からない」

セイバー「ねーばーねばねばねばねばねばねーばね」マゼマゼ

切嗣「そんなののどこが美味しいんだい…」

セイバー「ねばねば」

切嗣「見た目ゲロじゃないか」

セイバー「ふん!」ゲシッ

切嗣「痛い!」グフッ

394: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 15:37:40.81 ID:A57drOo/o
切嗣「そんなにキリッツグ蔓延してたのか。そろそろピークも過ぎ去った季節かと思ってたのに」

アイリ「新型インフルエンザ《キリッツグ》」

切嗣「絶対にかかりたくない病名だね」

アイリ「発症元がなに言ってんのよ」

切嗣「それでも僕はやってない」

397: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 16:16:18.81 ID:klJhA2qto
切嗣「アイリ……そんなの僕には選べない……!!」

アイリ「選ぶのよ切嗣…。あなたを殺すか…わたしを殺すか…。二者択一…絶対に選ばなくちゃいけないことなの…」

切嗣「それでも……!!それでも僕は…!」

アイリ「切嗣!!」

切嗣「違うところに…!そうだよ!違うところに行けばいいんだよ!アイリ!僕と一緒に逃げよう!」

アイリ「………わたしは逃げない。でも切嗣…あなたは逃げてもいいわ。私にはそれを止める権利なんてない。わたしが全ての罪を背負うからあなたはそのうちに---」

切嗣「そんなのできるわけがない!できるわけがないだろ!!」

切嗣「どうして…どうしてこんなことに……どうして……どうして……!!」







切嗣「どうして僕は財布を忘れたんだ!!」

398: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 16:22:33.98 ID:KHmun1pjo
切嗣「やっぱり逃げよう!!」

アイリ「食い逃げなんて駄目に決まってるじゃない…」

切嗣「くそ!!なんで僕は財布を家に忘れたんだ!」

アイリ「だから素直に謝ればいいじゃない…」

切嗣「ここの店のおっちゃんめっちゃ怖いんだもん!!」

アイリ「ヘタレ乙」

切嗣「うるさいうるさいうるさい!ヘタレでいいよもう!怖いもんは怖いんだもん!!」

アイリ「じゃあわたしが家に戻って財布取ってきてあげるわ」



切嗣「」



切嗣「」



切嗣「それだ!!」ビシッ

400: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 16:32:41.15 ID:KHmun1pjo
アイリ「まさかこんなことも思い付かないなんてどれだけあそこの店の店主が怖いのよ」

アイリ「ふぅ…ちょっと疲れたわね。少し公園で休憩しようかしら」

龍之介「お、そこにいるのはセイバーのマスターさん!」

アイリ「あら?そういうあなたはキャスターのマスターさん。こんなところで偶然ね」

龍之介「いや、ほんと!公園で次の芸術作品の題材探してたらこんな美女に会えるなんて!!あ、そうだ!ちょっとオレの作品の題材になってくんないかな!?」

アイリ「えぇいいわよ。絵?彫刻?それとも原作に忠実にいくのかしら?」

401: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 16:40:23.81 ID:KHmun1pjo
龍之介「原作に忠実もいいねぇ!でも今回はちょっと違うんだ!」

アイリ「それじゃあなにかしら?」

龍之介「ヌーd」メリィッ

アイリ「さて、それじゃあ家に帰りましょうかね」テクテク

403: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 17:01:59.00 ID:mDWGwqdXo
アイリ「イリヤー帰ったわよー」

イリヤ「お帰りー!ちゃんとセイバーとお留守番してたよー!」

セイバー「お帰りなさいアイリスフィール。今ちょうどイリヤスフィールと胡桃の芽探しをしていたところです。アイリスフィールも一緒にどうですか?」

アイリ「そうね、それじゃわたしも久々にやろうかしら!」ウキウキ

イリヤ「イリヤも負っけないよぉー!」スタタタタ

セイバー「私も本気出しますよ!」タッタッタ

アイリ「子供は無邪気ね」ウフフ

404: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 17:05:56.34 ID:mDWGwqdXo
~数時間後~

セイバー「ところで切嗣が遅くないですか?」モグモグ

アイリ「きっと寄り道でもしてるのよ」モグモグ





切嗣「アイリィ……。早く財布持って来てくれよぉ…」カチャカチャ

店主「ぐちぐちくっちゃべってないでさっさと食った分働け!!」

切嗣「アイリィィィィィィィィ!!!」カチャカチャ

405: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 18:18:38.21 ID:djFTQ9K/o
切嗣「デデンデンデデン」

アイリ「デッデ」

切嗣「デデンデンデデン」

アイリ「デッデ」

切嗣「チャララーンチャラッラン」

セイバー「切嗣。ご飯はまだですか?」

切嗣「台無しだよ!!」

406: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 18:25:24.70 ID:8+dBbtxwo
「鳴かぬなら 鳴くまで撃とう ほととぎす 衛宮切嗣」

「鳴かぬなら 鳴かぬでいいわ ほととぎす アイリスフィール」

「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ほととぎす セイバー」

「鳴かぬなら 泣いちゃうんだからね ほととぎす イリヤスフィール」

「ほととぎすとかどうでもいいです 舞弥」

408: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 18:31:24.46 ID:NlkALJlAo
セイバー「私だけ既存のものというのは扱いが酷すぎると思います!」

舞弥「それより私のどうでもいい発言はなんですか。もう話さない方がいいレベルじゃないですか」

切嗣「シャァァッラップ!」

切嗣「セイバーはもうだって待ってそうじゃん!」

セイバー「変更を提案します!」

切嗣「いいじゃん別にめんどくさいよー」

セイバー「変更!変更!変更!変更!」

切嗣「分かったからその某班長のような変な変更コールやめてくれ」

409: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 18:34:40.59 ID:NlkALJlAo
「鳴かぬなら 喰ってしまおう ほととぎす セイバー」


セイバー「くっ……言い返せない自分が憎い……!!」

切嗣「はっはぁ!僕に決めれないほととぎすなどないのさ!」キリッツグ

セイバー「くそぅ!!」

切嗣「はっはっは!セイバーはそこで自らの日々の食費という現実に打ちひしがれてるがいいわ!」



チョンチョン



切嗣「ん?せっかく僕が優越感に浸ってるのに誰なんだy」

舞弥「」ワタシワタシ

切嗣「」

舞弥「」

切嗣「」

舞弥「」ワクワク

切嗣「ご、ごめん」

舞弥「」

410: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 18:43:06.08 ID:NlkALJlAo
切嗣「HoIってゲームをやってみたい」

アイリ「やったらいいんじゃない?」

切嗣「お金がない」

アイリ「貯めたらいいんじゃない?」

切嗣「けど残念ながら無線LANが糞過ぎてオンラインできないんだな!」ドヤァ

アイリ「ドヤ顔するところじゃないでしょ」

切嗣「やりたいやりたいやりたいよぉぉぉ」

セイバー「………アイリスフィール。これはどうすれば」

アイリ「持病のようなものだからほっといていいわよ」

411: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 20:08:29.63 ID:LU7lD6O7o
切嗣「今カーニバルファンタズムを見てきた」

アイリ「どうだったの?」

切嗣「公式に勝てる気がしない」

アイリ「公式のキャラが壊れないギリギリのラインでの壊させっぷりはなかなかよ」

切嗣「※ただしギルガメッシュを除く」

アイリ「あれはもうしょうがないわよ」

412: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 20:11:14.49 ID:LU7lD6O7o
切嗣「もうなんというか凄いよね」

アイリ「お祭りだもの」

切嗣「けどこれももう終わっちゃうんだよね」

アイリ「悲しいことね」

切嗣「逆に僕は3rdシーズンまで出たのか驚きだよ」

414: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 21:14:45.66 ID:h4N4bV75o
切嗣「聖杯をドラえもんパロディでやるとか、発想の勝利だよね」

アイリ「勝利というより外伝を出すならまだしもギャグへ一直線へきたのが凄いところよね。一歩違えれば爆死してたわよ」

切嗣「ほんと、ギルガメッシュファンからクレームがこないかひやひやするよね」

切嗣「それに比べたらこのSSももっと精進していかないといけないね」

アイリ「それはない」

415: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 22:01:05.88 ID:MH2fSY7Qo
切嗣「きーりーつーぐーのー…………」

切嗣&セイバー「「人生そぉぉぉだぁぁぁん!!!」」


切嗣「って感じでやってみたいんだけど」

セイバー「それはやめておいた方がいい」

417: ◆hLjOuel3KI 2012/01/18(水) 22:44:22.79 ID:PCU4Nn9Do
切嗣「きーみーとー」

切嗣「いっしょがーいちばんー」

切嗣「好きよってもっとーぎゅぅっとね」

切嗣「君をーあたらしー場所へとー」

切嗣「ひっぱってちゃう」

切嗣「る・らんら遅れないでねー」

切嗣「うぉうぉ!うぉうぉ!うぉうぉイェイイェイ!!」

切嗣「うぉうぉ!うぉうぉ!うぉうぉイェイイェイ!!」


アイリ「………………………」

アイリ「……………」テクテクテク


切嗣「」

418: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 00:48:26.02 ID:WbeSNy/Go
切嗣「たいころアッパーのストーリーが以外と面白そうなんだけど。まさかの僕とアイリまで登場するらしいよ」

アイリ「あら、面白そうじゃない」

切嗣「これで二頭身をやめてくれたら速攻で買いに行くんだけどね…」

アイリ「二頭身可愛くていいじゃない」

切嗣「格ゲーで二頭身はどうにも好きになれないんだよね…」

アイリ「なら脳内変換しなさい」

切嗣「そんな無茶な」

419: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 00:52:00.96 ID:kL84NQY4o
切嗣「なんで小指をぶつけたらあんなに痛いんだろうね」

アイリ「指の先に神経が集中してるからよ」

切嗣「ホントに?」

アイリ「まぁ今とっさに考えただけどね」

切嗣「リアリティがありすぎるよ」

421: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 03:11:04.98 ID:Nf1Imt4Lo
切嗣「SNの映画見てきた」

アイリ「今さらにもほどがあるわよ」

切嗣「やっぱりアーチャーは完璧に僕だよねあれ」

アイリ「まぁ…そうでしょうね」

切嗣「つまり僕とアーチャーが組めば最強のパートナーになれるんじゃないかな」

アイリ「考え方も似てるし最高のパートナーなんじゃないかしら」

切嗣「召喚してみるか」

アイリ「え?」

切嗣「え?」

422: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 03:14:06.83 ID:0ghj8glJo
切嗣「だって本当に相性抜群か検証してみなきゃ」

アイリ「検証っていうより実践って気がするんだけど……それよりそんなことして大丈夫なの?」

切嗣「大丈夫大丈夫。僕を誰だと思ってるのさ。そんじょそこらの魔術師なんかとは比べ物にならないくらいの魔力を」

アイリ「キャラをこれ以上増やして大丈夫なのかってことよ」

切嗣「あらま」

アイリ「あらまじゃないわよ」

423: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 03:16:32.66 ID:0ghj8glJo
アイリ「そもそもあれってどうやって召喚したのかしらね」

切嗣「? そんなの陣描いて詠唱して」

アイリ「そうじゃなくて触媒よ触媒」

切嗣「あー……。士郎の服とかで呼べそうじゃないかな?」

アイリ「なんて低コスト高利益な召喚なの……」

424: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 03:19:16.32 ID:0ghj8glJo
切嗣「まぁ普通はうん十万とかうん百万とかして取り寄せるものだもんね。触媒って」

アイリ「それがしまむら1000円で済むなんて……英霊エミヤ…恐ろしい子!」

切嗣「倉庫からエクスカリバーの鞘持ってきた君が言うのもなんだけどね」

アイリ「なつかしいわね」




セイバー(そ、倉庫………?)

425: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 03:27:23.38 ID:DKs4xQ8to
切嗣「ランサーかっこいいよね」

セイバー「それは緑タイツの方ですか?それともあの青タイツの方ですか?」

切嗣「緑の方が顔はイケメンだけど内面で考えるなら断然青だよなぁ…」

アイリ「ふむ、切嗣は肉体的には四次ランサーの方がいいけれど、心を許すのなら五次ランサーの方がいいと。けれど四次ランサーは両刀使いよ?あぁ、けどその代わり五次ランサーの槍は一撃で対象のハートを射抜くものね。それならやっぱり五次のほうg」

切嗣「あ、あれー?僕にはアイリの発言が、一見普通に四次ランサーと五次ランサーについて話してるだけには聞こえないんだけど」

セイバー「なにを言っているんですか切嗣?普通にどちらのランサーが優れているかを話しているのでしょう?」キョトーン

切嗣「よし、セイバーは毒されない内に向こうでご飯でも食べておいてくれ」

セイバー「ご飯ー!」シュタタタ

426: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 08:02:28.21 ID:wV0cRCcmo
切嗣「ぐぅっ…!僕の封印されし右腕がぁぁぁ!!!」

アイリ「さっさと病院行ってきなさい」

切嗣「冷静すぎるだろアイリ」

アイリ「あ、もちろん脳の方よ?」

切嗣「冷静すぎるだろアイリ」

427: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 08:06:11.71 ID:wV0cRCcmo
切嗣「ぐぅっ…!僕の封印されし右腕がぁぁ!!」

セイバー「だ、大丈夫ですか切嗣!?」

切嗣「くっ…早く離れるんだ…。そうしなければ僕は君を……ぐわぁぁぁ!!!」

セイバー「くっ……我がマスターがこんなにも苦しんでおられるのだ!いっそのこと一思いににここで……!」チャキッ

切嗣「へ?いや、ちょ…待って…」

セイバー「エクス…カリバァァァァァァァ!!!」カリバァァァァ

切嗣「れ、冷静になれぇえぇぇ!!!!」チュドーン

428: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 08:10:33.39 ID:wV0cRCcmo
切嗣「この時季にまだ正月気分に浸ってる人なんているのかねぇ」

アイリ「例えばどんな人なの?」

切嗣「一日なにもせずごろごろしながらこたつでみかん食べてたり、正月特価の商品探してみちゃったりする人たちの事だよ。正月はもうとっくに終わってるんだから次は豆まきの用意でもしたらいいのにね」

アイリ「ふむ………」



アイリ「完全にあなたじゃない」

切嗣「1月いっぱいまでは正月だよね」

430: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 13:32:00.45 ID:KDO6ex9Fo
切嗣「餅はきなこが一番だよねアイリ」

アイリ「え?」

切嗣「え?」

432: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 13:36:25.95 ID:QcZNxTUMo
アイリ「え、えぇ確かにきなこは美味しいわね。わたしは一番好きよ。けど切嗣は昔醤油砂糖が一番だっていってなかった?」

切嗣「うん。言ってたよ」

アイリ「そりゃ好みは色々変わるものだけどそうやって違うものにころころ乗り換えるのはどうかと---」

切嗣「あれだよね。醤油砂糖は…こう……もう殿堂入りだよね」

アイリ「あぁ、やっぱりあなたとは分かり合えないのね」

434: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 13:41:44.65 ID:sDjubcMoo
切嗣「とりあえず異端者を吊るそう」

アイリ「バター()」

切嗣「和の餅に洋のバター。相容れぬ存在なのだよ。分かったらさぁ、醤油砂糖を食べてみなさい」

アイリ「何言ってんの。醤油砂糖なんかよりきなこをつけて食べなさい」

切嗣「今《なんか》って言ったね言っちゃったね。ちょっとキレちゃったぞ僕」

アイリ「きなこの美味しさも分からないひよっこにキレられても
…ねぇ?」

切嗣「お?」

アイリ「ん?」




イリヤ「あれなにしてるのー?」

セイバー「似た者同士の背比べです」

435: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 13:52:11.00 ID:naXfET2Ro
セイバー「ちょっと止めてくるので少しの間舞弥と遊んでてもらえますか?」

イリヤ「分かったー!」タッタッタッ



切嗣「いいかいアイリ。そもそも古来より餅には醤油。この大原則ができていたわけだ。七輪で餅を焼き、上から醤油を垂らす。この一連の動作にも気品がにじみ出ているよ」

アイリ「この御時世に七輪が一般的な家庭に普及してると思って?切嗣。今の時代餅を鍋でやわらかくして、きなこと砂糖を混ぜ合わせたものに絡ませるのが通なのよ。なんでもかんでも
「古来から~」って言って済むとは思わないことね。要は《今》。今が大事なのよ」

切嗣「はっはぁ……。やっぱり君とは相容れぬようだね」

アイリ「そのようね」

セイバー「お二人とも止めてください。娘の前でみっともない…。どちらも美味しい。それでいいじゃないですか」


切嗣「黙れ雑食」
アイリ「黙ってて雑食」

セイバー「」



セイバー「どうせ私なんてなんでも食べる雑食ですよ……。いいじゃないですかここの国の料理美味しいんですから………私の国の料理なんて………料理なんて………」ブツブツ

イリヤ「あれなにー?」

舞弥「セイバー……」

436: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 14:21:51.16 ID:+MY+h3Qjo
切嗣「最近DQNネーム、又はキラキラネームなるものが増加しているらしい」

アイリ「えぇ知ってるわ光宙でぴかちゅうって読ませるのは驚いたわ」

切嗣「そんななかでめちゃくちゃツッコミたい名前があったんだ」

アイリ「突っ込みたいとはエロエロね切嗣」

切嗣「ツッコまないぞ」

アイリ「面白ないわね。それでなんて名前だったの?」

切嗣「七音」

アイリ「…………しち…ね?」

切嗣「どれみ」

アイリ「………………」

切嗣「…………………」





切嗣「三音じゃないかっ!!」
アイリ「三音じゃないっ!!」

441: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 22:41:51.29 ID:9XQlDa58o
切嗣「ある同人誌でサーヴァントが40cm単位にまで小さくなるものがあるんだ」

セイバー「そうなんですか」モグモグ

切嗣「けどあれって40cmだけじゃなく任意の大きさに変更できると思うんだ」

セイバー「へぇ……」モグモグ

切嗣「だからセイバーに幼女サイズまで小さくなって欲しいんだけど」

セイバー「お断りします」モグモグ

442: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 22:56:27.43 ID:CWnny1hio
彼の名前は衛宮切嗣
闇の世界に生きる正義を追い求めし者
魔術師を殺す魔術師

正義の為なら犠牲も問わず、理想を求めず、ただ自らが信じた正義を歩く殺し屋

彼を知る数少ない者はその彼の生き方を見て、聞き、そして誇張しこう呼ぶ



正義の殺し屋………スーパーキリッツグ…と(Cv.言峰綺礼)






言峰「これで良いのか衛宮切嗣」

切嗣「オッケーオッケー。ギャラはまた今度口座に振り込んでおくから」

言峰「了解した。それでは私は教会の仕事に戻るとする」テクテクテク

443: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 23:02:36.84 ID:DSJNdv3Ao
切嗣「とう!さぁアイリ!今日も仕事の依頼は来てるかな!?」

アイリ「今日は二件届いてるわね」

切嗣「ふむ。早速読んでみよう」




《【差出人:真っ赤なぁぁぁ誓いぃぃぃぃぃぃ!!!】
最近妙に桜と仲良くしてる雁屋とか言う男を殺して欲しい

【報酬:娘の写真】》

《【差出人:蟲男】
遠坂時臣とか言う男を殺して欲しい

【報酬:娘の写真】》




切嗣「こいつらは僕をいったいなんだと思ってるんだよ。金だせよ金。そしてバレバレなH.N使うんなら本名使えよ」

アイリ「一方に至っては既に父親面ね」

444: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 23:13:35.90 ID:oUlHBHEHo
切嗣「もう依頼はないのかい?」

アイリ「あぁ、そう言えばもう一枚あったわ。はいこれ」

切嗣「よしきた。なになに……」



《【差出人:最優のサーヴァント】
お腹が空きました。ご飯を買ってきてください

【報酬:あなたの娘の写真】》


切嗣「もうどこからツッコンでいいやら……。とりあえずセイバーはそこに座って簡潔に説明しろ」

セイバー「私の腹の虫を殺してくれということです」ドヤァ

アイリ「うむ。舞弥さん。セイバーさんに座布団二枚あげてあげて」

舞弥「」テクテクテクテク

切嗣「もう本当にお腹を鉛で一杯にしてやろうか……」
----------------【正義の殺し屋 スーパーキリッツグ】完-----------------------

447: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 23:53:53.52 ID:AqAxPkTfo
《キキキキリッツグのオールナイトニッポン(Cv.間桐雁屋)》

切嗣「はぁーい。と、言うわけで今日から始まりますキリッツグのオールナイトニッポン。この番組は毎週不定期で一レス渡りにお送りしていきます」

切嗣「いやー最近新しい車買ったんですけどね。それがまたかっこいいのなんのって。あまりにかっこよくて車体を舐めm…え?時間内から巻きで?とういうわけで今日のゲストはアイリスフィール・フォン・アインツベルンさんです。どうぞよろしく」

アイリ「よろしくお願いします」

アイリ「しかしこうして話すのなんていまさらすぎる気もするわね」

切嗣「そうだね。まぁ軽く自己紹介みたいな感じでもしてもらえればいいかな」

アイリ「名前はもう打つのめんどくさいからいいわね。趣味は同人誌集め・ドライブ等々いろんなことに挑戦することね」

切嗣「ん?同人s」

アイリ「好きなものはきれ×きりで嫌いなものはその逆。特技は紐使った技。基本的に好き嫌いないわ。けどその中でもやっぱりらぶらぶものは一味違ったものを味あわせてくれr」///

切嗣「アウトォォォォォォォォ!!!アウッ!アウッ!ってか恥ずかしいなら言わなくていいよそんなディープなこと!!」

アイリ「」

448: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 23:57:04.11 ID:AqAxPkTfo
バーサーカー「ラーメンうめぇ」

雁屋「お前本当にラーメン好きだな…」


ガラガラガラ


雁夜「ただいまー」

バーサーカー「!?」

雁屋「!?」

雁夜「!?」

449: ◆hLjOuel3KI 2012/01/19(木) 23:59:04.71 ID:AqAxPkTfo
雁夜「お、お前誰だ!!」

雁屋「おまえこそ誰だ!」

雁夜「俺は間桐雁夜だ!」

雁屋「俺も間桐雁屋だ!」



バーサーカー(ラーメンうめぇ)

451: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 00:05:49.41 ID:81mcKCddo
雁夜「こうなったら…おい!バーサーカー!!どっちが本物かお前が決めろ!!」

雁屋「そうだ!バーサーカー!!」


バーサーカー「じゃあなんかいつも一緒に居たし雁屋の方で」


雁夜「読み方一緒だからわかんねぇんだよ!!」

雁屋「指指せよ!!」

バーサーカー「いや、指差しても文じゃ伝わらないし、そもそもラーメン食ってたから同じ顔急に二人も出てこられてもわかんねぇし……ってかめんどくせぇよもう」

雁屋「使えねぇな!バカ!」

雁夜「お前の恥ずかしがりや設定絶対いらないだろバカ!」

雁屋「悔しかったら言い返してみろバカ!」

雁夜「悔しかったら素顔見せてみろバカ!!」



バーサーカー「」イケメソー


雁屋「」
雁夜カッコ

452: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 00:08:41.15 ID:Rw2vFIO6o
雁夜「雁夜カッコってなんだよバカ!」

雁屋「俺に言うなバカ!」

雁夜「もう恥ずかしくてやってられねぇよ!バカ!」

雁屋「全くだよバカ!」




雁夜「実は双子でした」
雁屋「実は双子でした」



バーサーカー「!?」ブフォッ ゲフッゲフッ

453: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 00:12:13.40 ID:B1jd11tPo
バーサーカー「おま…それはミステリ小説でも禁止されてる手だろうが!!」

雁夜「だって……なぁ?」

雁屋「もう仕方ないよなぁ?」

バーサーカー「仕方なくねぇよ!誤字の方が消えろよもう!」

雁夜「誤字雁夜だって生きてるんだぞ!人の命を軽々しく扱うんじゃない!!」

雁屋「雁夜…!さっきのカッコが気にならないくらい今のお前輝いてるぜ……!!」

雁屋「そんなに褒めんなよ照れるぜ」


バーサーカー「」

455: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 00:35:00.57 ID:aegwSP7no
バーサーカー「もう雁屋と雁夜が使い分けきれてねぇじゃねぇか」

雁夜「うっさい無駄イケメン」

雁屋「切嗣さんちのセイバーさんとよろしくやってろよ」


バーサーカー(なにこいつらめんどくさい)

459: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 02:14:43.62 ID:S6A88kCzo
雁夜「やっぱり桜ちゃんはお風呂に一緒に入った時に少し確認できるスタイルの良さがいいんだよね!」

雁屋「日々の生活でたまに見えるちょっとした色っぽさとあどけなさが本当にもうなんとも言えないかわいさを産み出して云々」



バーサーカー(桜ちゃん可哀想だな……いやほんと…)

460: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 02:20:08.41 ID:K0SnR5j+o
雁夜「誤字ってレベルじゃねぇぞ」

雁屋「名前すらまともに打てないのかお前は」

バーサーカー(こいつらにだけは言われたくない…)

雁屋「あ、こいつ今「めんどくせ」って顔したぜ!心で絶対そう思ってたぜ!」

雁夜「いくら狂化されてるとは言え騎士のくせになぁ?」

バーサーカー(思ってねぇよってか鎧着てるのに顔とか分かるわけないだろめんどくせ…って今思ったわ。お前ら未来予知でもできるのかよ怖いなおい)

雁夜「こいつ今俺たちが未来予知したとか思ってるぜ」

雁屋「いや、流石にそれはないだろ」

バーサーカー「人の心勝手に覗くなよ」

雁屋「思ってたのかよ」

461: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 02:30:53.47 ID:6UuM2valo
バーサーカー「おまえら見分けつかねぇからあるものを用意した」

雁夜「髪染めとかだったら蟲で攻撃するからな」

雁屋「俺たちの個性を消そうたってそうはいかねぇぜ」

バーサーカー「ちげぇよ腕章だよ腕章。これで見分けつきやすいだろ」ポイッ

雁夜「ボケろよ」

雁屋「俺たちのツッコミの用意はどうすればいいんだよ」

バーサーカー「存在がギャグのくせしてツッコミとはかたはら痛いわ」

462: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 02:34:00.24 ID:mqlQsMaUo
雁夜「…………………………(一号)」

雁屋「…………………………(二号)」

バーサーカー「存外似合ってるぞ」

雁夜「なんで一号二号表記なんだよ。名前打てよ」

バーサーカー「別にいいだろめんどくさい」

雁屋「しかもなんで俺が二号なんだよ。登場した雁屋なら俺が一番の古株だろ」


カリヤ「いや、一番の古株俺だから」

463: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 02:35:39.59 ID:514AGoZeo
バーサーカー「いや、まぁやつは出さないけどね。流石に」

雁夜「びっくりして心臓蟲に喰われかけたわ」

雁屋「びっくりして眼球から蟲が出てくるかと思ったわ」

バーサーカー「それやられたら俺がびっくりするからやめろよ」

465: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 15:53:40.83 ID:/ekHUgafo
龍之介「旦那旦那ー!」

キャスター「どうしたのですか龍之介?」

龍之介「ビックリしたことに≪ufotable cafe≫で俺の誕生日パーティが行われるんだってさ!!」

キャスター「なんと。それはおめでたいことですねぇ龍之介」

龍之介「だろ?だろ?俺って意外とみんなに愛されてるのかなー!」

キャスター「もちろんですとも。それで、龍之介はそのパーティィとやらに行くのですか?」

龍之介「……その日は……新しい芸術作品でも作ろうかな………」

キャスター「龍之介……」

466: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 15:58:22.47 ID:3iX6vgqFo
切嗣「アイリ!≪ufotabke cafe≫でアイリの誕生日を祝ってカウントダウンイベントをするらしいぞ!」

アイリ「流石に知ってるわよ。ケーキとランチョンマットを無料で配るんですってね。ufotableさんも粋な真似をしてくれるわ」

切嗣「今から行く用意しないといけないね!」

アイリ「東京限定ですけどね」

切嗣「え」

アイリ「そもそもわたしの知る限り≪ufotable cafe≫は東京と徳島の二県にしかなかったと思うんだけど」

切嗣「」

アイリ「しかも抽選よこれ」

切嗣「」

467: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 16:10:54.92 ID:2J9VE75xo
切嗣「東京はいいとして何気に徳島優遇されすぎじゃないかい?」

アイリ「結構色々とあるものね」

切嗣「しょうがないから徳島県知事をあんs」

アイリ「それ以上言ったら国家のわんちゃんに噛まれるわよ」

切嗣「チッ!」

アイリ「そもそも県知事殺ってもカフェは移転しないだろうと思うのだけど」

切嗣「そこらへんは『移転しなければ第二の被害者云々』って手紙送ればいいんだよ!」

アイリ「そんな手紙送りつけられてくるやつに殺られるとか知事どれだけ悲しい運命なのよ」

切嗣「Fateだね」

アイリ「まさかのこんなところでタイトルが出てくるとは思わなかったわ」

468: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 17:12:27.88 ID:ElVHcUsSo
時臣「肉まん下さいな」

コンビニ店員「100円になりまーす」

時臣「うむ」

コンビニ店員「あじゃじゃっしたー」

時臣「うまうま」モッキュモッキュ

時臣「む?あそこにいるフード姿は……雁夜か?」

時臣「よし、ちょっと驚かせてやるか。決して楽しそう等という俗物的な理由からではなく友人へのちょっとしたいたずら心というやつでだな………よし!」

※世間一般的それを俗物的と言います

時臣「後ろから近づいて驚かせる感じでいいか。よし、いくぞ!」


タタタタタタタタッ


時臣「とうっ!」バッ

雁夜「うわっ!」

雁屋「うわっ!」

時臣「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっふたりぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!?」

バーサーカー(なにがしたいんだこいつは)

469: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 17:17:26.12 ID:+WJhE9Xko
時臣「うむ少々取り乱した。昔雁夜と私とよく一緒に遊んでいた雁夜の双子の弟だか兄だかどっちかの間桐雁屋がいたのか」

雁夜「長ったらしい説明口調ありがとう。ついでに言うと肉まん落ちてるぞ」

雁屋「もったいねぇ」

時臣「たかだか100円だ。問題ない」

雁夜「とかいいながらショボンってかされてもな」

雁屋「相も変わらず金大好きなんだな。娘が心配だ俺によこせ」

時臣「黙れロリコンコンビ。心配しなくとも凜はすでに金の大事さは分かっている」

バーサーカー(手遅れじゃないか……)

470: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 19:59:10.85 ID:ZTsX9tL2o
切嗣「そろそろ白饅頭が家に来る気がする」

アイリ「なら私ここに居たらダメじゃない」

切嗣「物置に隠れててくれ」


セイバー(勝手に時系列一緒にしやがった……)

471: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 20:00:29.57 ID:wPBiDpmdo
切嗣「まぁ流石にないよね」

セイバー「当たり前です」

アイリ「もーいーよー」

切嗣「よし、探すか」スタコラサッサ

セイバー「私が切嗣より始めに探しだして見せましょう」スタコラサッサ

473: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 20:04:29.16 ID:AIkgTFb4o
セイバー「むぅ…中々みつかりませんね…」

切嗣「ふっ…セイバーは甘いな」

セイバー「……聞き捨てなりませんね」

切嗣「このかくれんぼはただのかくれんぼではない!!なんでもアリのかくれんぼなのだ!!」

セイバー「………?言葉の意味が少々分からないのですが」

切嗣「アイリー!今すぐ出てきたら君が食べたがっていたお寿司を食べに行かせてあげるよー」

セイバー「!?」

474: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 20:08:47.88 ID:EEOcczvlo
切嗣「ふむ。ここらへんにアイリは居ないみたいだね。それじゃセイバー君も頑張ってくれ」ニヤリ

セイバー「」プルプルプル

切嗣「ふん」テクテクテク

セイバー「待ってください!!」

切嗣「………?」

セイバー「………………」

セイバー「寿司………」ボソリ

切嗣「……………?」

セイバー「寿司を食べに行きましょうアイリスフィール!!切嗣が奢ってくれます!!」クワッ

切嗣「!?」

475: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 20:12:11.66 ID:VwKbqrdBo
セイバー「切嗣はあなたが出てくれば奢ってくれると約束しました!!!早く出ていてくださいアイリスフィール!!」

切嗣「え、いや…セイバーまで行くとは言ってないしそもそも奢るとも言ってな」

セイバー「あなたはそれでも漢かぁ!!!」

切嗣「」

セイバー「あなたは奢ってくれると言った!私はこの耳で聞きました!さぁ早く出てきてくださいアイリスフィール!!出てこないならエクスカリバーを乱発してでも………!!!」

セイバー「引っ張り出す!!!」ゴォォォォォ

切嗣「」

477: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 20:17:07.29 ID:8W+YqHbxo
シーーーーン


セイバー「分かりました…。それがあなたの答えなのですねアイリスフィール…。それならば仕方ありません」

切嗣「え?本当にやるの?」

セイバー「エクス………」ゴォォォォォ

切嗣「ばっきゃろぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」ダッ

セイバー「カリバァァァァァァァァァ!!!」カリバァァァァァ




アイリ「あら?家の方が騒がしいわね?」

店主「次はなに握りますか?」

アイリ「あ、家が心配なのでそろそろあおいそお願いします」

店主「毎度。計2万3千円になります!」

アイリ「カードで。衛宮切嗣の口座から落としといて下さいな」

店主「ありがとうございましたぁ!!」

アイリ「いい味だったわ。また来るわね」ガラガラガラ

ガラガラガラガラ ピシャン

478: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 22:56:01.98 ID:F7t8Z6G8o
セイバー「だーるまさんが………」

切嗣「タイムうんたらこうたら!!」

セイバー「かぁぁぁいぃぃぃぃおぉぉぉぉうぅぅぅぅ」スロー

切嗣「!?」

セイバー「けぇぇぇぇっかぁぁぁぁぁいぃぃぃぃぃぃ」ズゴォォォォ

ブォォォォォォォォ

切嗣「ぐはっ」ゴロゴロゴロ ドサッ

セイバー「はい。次は切嗣の鬼です」

479: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 23:01:12.95 ID:Z0+oYMJFo
切嗣「………………」

ガサッ

切嗣「!!」パァンパァン

セイバー「残念こっちです」フフン

切嗣「くっ……!」チッ

切嗣「うおぉぉぉぉぉぉぉ!!!」パァン

セイバー「!」


カンッ カランカラン…

切嗣「セイバーみーつけた」フッ

480: ◆hLjOuel3KI 2012/01/20(金) 23:29:57.39 ID:fjA6u3nAo
セイバー「いーろーいーろー何の色!」

切嗣「蒲公英色」

セイバー「!?」

切嗣「どうしたんだいセイバー?早く探したらどうだい?」

セイバー「これ!これですよね!?蒲公英色!」

切嗣「残念セイバー。それは黄色だよ。僕が言ったのは蒲公英色さ」テクテクテク

セイバー「くっ!」ダッ

切嗣「はははは!逃げろ逃げろ!果たして君に蒲公英色が見つかるかな!?」

セイバー「くっ……ってうわぁ!」ドシャァァ

セイバー「私ともあろうものが急ぎすぎて窓から飛び出ただけで転ぶとは……」

セイバー「ん?これは……」

切嗣「はっっはっはぁぁ!そんなことで転ぶなんてセイバーもダメダメだな!はっはっは!」

セイバー「切嗣……」

切嗣「なんだい?降参か?だが認めん!はっはっは!!」

セイバー「たんぽぽを見つけました。これは正解ですよね?」

切嗣「」

セイバー「降参しますか?」

切嗣「降参です」

483: ◆hLjOuel3KI 2012/01/21(土) 01:08:05.78 ID:BueMd+edo
切嗣「リーリーリー」

セイバー「二人でけいどろは…!無理が…ありすぎ…る気が…!!」

切嗣「へいへいへい!泥棒さんとっとと逃げろよへいへいへい」

セイバー「追いかけられるだけの泥棒なんてなにをすればいいんですかぁぁぁぁぁ!!!」ダダダダダダダッ

切嗣「ふはははは!!泥棒が牢屋に入っている者を助けられるなど二次元のルパンさん限定だ!現実の泥棒は逃げるしかできないのだよ!」ダダダダダダッ

セイバー「泥棒だって…………!!」

セイバー「反抗します!!」ヒュッ

切嗣「ふっ!はっ!なにかと思えばただの投石か!そんなんじゃ闇霊警察こと、この衛宮切嗣は止められんz---」

セイバー「ふんっ!」ゴスッ

切嗣「」チーン

セイバー「石は囮……真の一撃は自らが当てるものです」

484: ◆hLjOuel3KI 2012/01/21(土) 01:15:55.42 ID:r6UCiairo
切嗣「久しぶりに僕のキャラを思い出したよ。そうだ。僕はもっとクールな喋り方をしていたんだ」

セイバー「まぁ…確かにこのSSでのあなたは少々というかかなりおかしかったですからね」

切嗣「」シランプリ

セイバー「そこまで原作に忠実にいきますか」

アイリ「毎回やることが極端ね…」

切嗣「さて、僕は少し出てくるよ…」

セイバー「どこにいくんですか?」

切嗣「」

アイリ「………どこに行くの?」

切嗣「コンビニだ。それじゃあ行ってくる」ガチャ バタン



アイリ(めんどくさいわね)
セイバー(めんどくさいですね)

485: ◆hLjOuel3KI 2012/01/21(土) 01:51:55.99 ID:UBTaGTDJo
切嗣(クール…!最高にクールだぞ今の僕!このままクールを貫きながら徐々にファンを増やしていって《殺し屋の軍勢》的な必殺技を使えるように)グヘヘヘヘヘ



雁屋「なんかあいつおかしくないか?」

雁夜「あいつは割りといつもあんな感じだろ」

486: ◆hLjOuel3KI 2012/01/21(土) 12:53:07.45 ID:fOE3dqzTo
切嗣「おはようアイリ」

アイリ「おはよう切嗣」

切嗣「眠いな」

アイリ「眠いわね」

切嗣「お腹が空いたよ」

アイリ「残念切嗣、今我が家の食料は0に近い状況よ」

切嗣「セイバーか……ちょっと注意してくる」

487: ◆hLjOuel3KI 2012/01/21(土) 17:03:40.70 ID:Q6I429t2o
切嗣「おいセイバー、最近ちょっと食べ過ぎじゃ…」

オルタ「ん?」

切嗣(はわ…はわわわわわわわわわわ)

切嗣「と、言うわけで僕はちょっと仕事があるから失礼させてもらうよ」

オルタ「ちょっと待て。そこのお前。今私に命令したか?」

切嗣「はっはっは。滅相もない!それじゃ僕は仕事に」

オルタ「いや、だからちょっと待て」

切嗣「さらば!」ダッ

オルタ「逃がすか!」ダッ

489: ◆hLjOuel3KI 2012/01/21(土) 20:45:44.01 ID:F1EsRfZuo
オルタ「待て!待たぬか!!」

切嗣「嫌だ!待ったら絶対斬られるもん!」

オルタ「斬らん!斬らんから待て!」

切嗣「ほ、ホントに?」チラッ

オルタ「当たり前だ」ギラリッ

切嗣「嘘だっ!!」ダッ

490: ◆hLjOuel3KI 2012/01/21(土) 21:15:49.34 ID:ZSb+FxQKo
切嗣「あ、あんなところにフランス高級料理が!!」

オルタ「そんなへなへなした料理に用はない!!」

切嗣「お前はフランス人に謝れ!!」

キャスター「呼びましたかな?」

切嗣「呼んでない!!」
オルタ「呼んどらんわ!!」ズバッ


キャスター「ぐふっ!」///

492: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 01:15:13.40 ID:BwieROA3o
切嗣「よ、よし!こうしよう!セイバー!打開案だ!」

オルタ「打開案?…………ふむ。まぁ、このままではきりがないな。いいだろう、その打開案とやらを言ってみろ」

切嗣「昨今のここら一帯ではコンマを使ったSSやスレが増えてきている」

オルタ「ふむ」

切嗣「ならばこの結末もコンマでつけようじゃないか!!」

オルタ「なんと」

オルタ「しかし、コンマを使うと言うことはこの下のレスのコンマでも用いるつもりか?それは相手に責任感を感じさせる可能性があるにのでは---」

切嗣「それは大丈夫!最近は自給自足が叫ばれる時代!!このレスのコンマはこのレスで決める!!」

オルタ「なんと」

切嗣「ここは公平に0~4がでたら僕が許される。5~9がでたら僕は許されない、とそういうことd---」

オルタ「なぜ公平になのだ?」

切嗣「へ?」

オルタ「私は王だぞ。貴様が9という最高数を出せるのであれば許してやらんでもないが、それ以外は駄目だ」

切嗣「え?ちょ…そんな…!」

オルタ「(切嗣の)運命のコンマ、スタートだ」

494: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 01:20:02.52 ID:jLLix1KJo
切嗣「真逆ぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!」

オルタ「ふん。運にも見放されたか…それでは執行といくか…」ヨッコラセ

切嗣「し……」

オルタ「ん?」

切嗣「死んでたまるか!!」ダッ

オルタ「くどいわ」カリバァ

切嗣「ヘヴゥンッ!!」ドサッ

495: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 01:23:39.54 ID:LvCONR8zo
アイリ「あら?鬼ごっこは終わったの?」

切嗣「その名前は名が体を表しすぎてるよ…」ヨロヨロ

アイリ「そういえば今日…まぁもう昨日なんだけど。投下が少なかった気がするんだけど。なにかしてたの?」

切嗣「ダークソウル二周目」

アイリ「………なにやってるのよ…」

切嗣「四時間バルデルマラソンしてようやく二本手に入れたよ」

アイリ「不死教区のドロップ率は低いわよね」

切嗣「半ば半泣きでやってたよ」

496: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 01:31:24.69 ID:Mgjm/R36o
切嗣「サウンドボルテックスが稼働したらしいね」

アイリ「意外と難しいらしいわね。切嗣はまだやってないの?」

切嗣「うん。なにかと忙しくてね。今日辺りにラウンドワンまで出掛けるつもりだよ」

アイリ「忙しいって…今日一日ゲームしてたくせによく言うわ…」

切嗣「社会性を捧げるゲームだよねアレ」

アイリ「ただのゲーム中毒じゃない」

497: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 01:33:52.24 ID:gvHuwRgPo
切嗣「あ、このSSではゲーム名は出さない方向でやろうとしてたのになんやかんやでダークソウルって言っちゃってるじゃん僕」

アイリ「うっかり過ぎるわよ」

切嗣「消えろ過去レス」

アイリ「消えないわよ」

切嗣「ゲーム名を 出してる レスなんて なかった ▼」

アイリ「▼ とかいつの時代よ…」

498: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 01:38:30.20 ID:v+1XvXgvo
切嗣「見せる」

アイリ「魅せる」

切嗣「香る」

アイリ「馨る」

切嗣「日焼け」

アイリ「褐色」


セイバー「切嗣アウトです」

アイリ「ま、簡単だったわね」

切嗣「日本語怖い」

499: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 01:54:18.07 ID:TptSK2Huo
切嗣「しゅっ!しゅっ!」シュッシュッ




セイバー「………アイリスフィール…。あれは一体なにをしているのでしょうか…。」

アイリ「…お、男は時々無性にしゅっ!しゅっ!って言いながらシャドーをしたくなるときがあるのよ!」

セイバー「なるほど!自己鍛練ですか!ならば私もお手伝いに」

アイリ「やめたげて!お願いだから見なかったことにしてあげて!」

500: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(愛知県) 2012/01/22(日) 02:08:09.45 ID:JBl/KkPlo
シュッシュッ…うっ…ふぅ

501: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 02:16:28.75 ID:dT2jslwIo
セイバー「アイリスフィール…>>500は何をしているのでしょう」

アイリ「切嗣とは種類の違うシャドーよ」

切嗣「シュッシュ違いと言うやつだね」

セイバー「ならばお手伝いに…」

切嗣「ごめん>>500……僕は一を切り捨て……セイバーの純粋な心を救うよ……」パァン…

502: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 02:18:41.59 ID:U8Y3c2p8o
切嗣「悲しい事件だったね……」

アイリ「汚かったし事件でもなかったわよ」

セイバー「切嗣!アイリスフィール!早くご飯にしましょう!」グー

504: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 02:25:16.55 ID:9UR5XFxho
切嗣「オルタに復讐しようと思う」

アイリ「どうやって?」

切嗣「アホ毛抜く→顔面横殴り→アホ毛戻す」

アイリ「切嗣……いろんな意味で酷い作戦よ…それ」

切嗣「男女平等!!」

アイリ「暴力のことを言ってんのよ」

505: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 02:27:22.59 ID:T6UMAVIko
切嗣「………」ソーロソーロ

セイバー「ふっ!はっ!」カチャカチャ

切嗣「ここだ!」バッ

セイバー「!はっ!」シャッ

セイバー「人がゲームしているときにちょっかいかけないで下さい」

切嗣「ご、ごめんなさい」

507: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 02:59:20.82 ID:97EJxZ0uo
切嗣「…………」ソーロソーロ

セイバー「うまうま」モッキュモッキュ

切嗣「そぉい!」スポッ

セイバー「!」

切嗣「せいやぁ!」ブンッ

オルタ「………」パシッ

切嗣「………………」

オルタ「…………………」

切嗣「……………」

オルタ「…………………」

切嗣「ゆ、許してください」

オルタ「許さぬ」ニコッ

509: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 12:14:03.85 ID:H1J5CWYzo
kirittugu/正義の殺し屋
わんちゃんが強すぎてLv上げなう

white/ホムンクルス
@kirittugu 炎で焼け

harapeko/最優の騎士王
@kirittugu 焼くときには塩コショウを忘れてはいけませんよ

512: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 15:17:00.84 ID:bb1agiVwo
切嗣「わんわんお」

アイリ「わんわんお」

セイバー「にゃんにゃん」


切嗣「」

アイリ「」


切嗣(か…か……かわええええええええええええええ)
アイリ(か、かわええええええええええええええええ)

513: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 15:23:26.27 ID:Ortxb2vjo
舞弥「うまうま」モグモグ

切嗣「ん?舞弥何を食べているんだい?」

舞弥「! な、なんでもありません!ちょっと小腹が空いてたのでおにぎりを食べていただけです!」

セイバー「む。舞弥の近くから甘い臭いが」

舞弥「しません!」

セイバー「これは駅前に最近できた人気スイーツ店【ビュリュッセル】のモンブランケーキのにお---」

舞弥「違いますモンブランケーキなんてあまったらしいもの私は食べませ!というよりなんでそんなにピンポイントなんですか!」

セイバー「そりゃ人気すぎて中々店に入れないのを外で指をくわえながら---」

舞弥「なにしてるんですか!わ、私は失礼させていただきます!」タッタッタ


切嗣「隠せてると……思ってるんだろうなぁ…」

セイバー「ですねぇ……」

514: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 15:27:42.89 ID:giNFoBjCo
切嗣「スーパーキリッツグの雑学コーナー」

セイバー「急になにか始まりましたね」

切嗣「子供って字あるじゃない?」

セイバー「はい」

切嗣「あれって複数系らしいよ」

セイバー「なんと」

切嗣「なんでもあれは《子》が単数形でそこに《~ども》ってつけて複数系になるから、《子供達》って言葉は複数系に複数系を重ねてるからおかしなことになってるんだよ」

セイバー「へぇ~」

515: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 15:33:29.92 ID:/cdFHW39o
切嗣「スーパーキリッツグの雑学コーナーPart2!」

セイバー「続くんですか」

切嗣「子供って字あるでしょ?」

セイバー「また子供ですか」

切嗣「あれって《供》は《供養》とかいう言葉もあってか、縁起が悪いから使うときは《子ども》って書いた方がいいんだよ。さっきも話したけど《~ども》って言葉がついて複数系なわけだから《供》って言葉が最後につくのは色々と変なわけだ」

セイバー「へぇ~」

切嗣「ま、今では《供》ついてるのが当たり前みたいになってるから、自分が縁起が悪いなって感じたら《子ども》って使えばいいと思うけどね」

セイバー「へぇ~」

516: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 15:34:30.12 ID:j2be/yd5o
切嗣「スーパーキリッツグの雑学コーナーPart3!」

セイバー「子どもネタ以外でお願いします」

切嗣「終了!」

517: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 15:35:51.58 ID:BftXiR82o
セイバー「なんで切嗣はあんなに子どもネタばかり持っていたのでしょう」

アイリ「ロリコンだからよ。そろそろショタにも目覚めるわ」

セイバー「110」

切嗣「違うからね?110はやめてくれ」

518: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 16:51:12.25 ID:7QPyQdrmo
切嗣「いつの間にか500越えてた」

アイリ「こんなだらだらしたSSなのになんでこんなに続くのよ」

切嗣「怖い!こんなSSをここまで伸ばせる自分の才能が怖い!」

アイリ「あなた…ただ年がら年中暇なだけでしょ…」

切嗣「さぁ!まだまだ続くよ!」m9ビシッ

520: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 16:53:10.99 ID:eyyw/hhGo
切嗣「そろそろ戦争の方の下書き終わらせなきゃヤバイな」

アイリ「そういえばそんな話もあったわね。今どこまで進んだの?」

切嗣「まだ戦争始まってない」

アイリ「…………………………」

切嗣「ぶっちゃけ前に話題に出した時から一文字も進んでない!」

アイリ「」

521: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 16:55:46.16 ID:20vYQ9ZMo
切嗣「まぁこのSSが>>1000迎える頃には戦争SSも始めるつもりだよ」

アイリ「下書きは?」

切嗣「僕はね…アイリ。このSSを書いて気づいたことがあるんだ」

アイリ「なにかしら」

切嗣「行き当たりばったりでも意外となんとかなるもんさ」

アイリ(典型的駄目人間の出来上がりね)

522: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 16:57:20.31 ID:u6Wzkcr+o
切嗣「そんな僕が一つ危惧しているものがある」

アイリ「あるの?」

切嗣「あるの」

アイリ「なにかしら」

切嗣「このSSでネタを使いきるかもしれない」

アイリ「あなた馬鹿でしょ」

523: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 16:59:13.49 ID:idiXSTH8o
切嗣「馬鹿って漢字って馬と鹿を馬鹿にしている漢字だと思うんだ」

アイリ「切嗣(バカ)ねぇ…」

切嗣「なんだかよくわからないが僕の見えない文字的な所で馬鹿にされた気がする」

524: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 17:03:54.51 ID:XQJV98xxo
切嗣「ロケット団の登場シーンの台詞は中々秀逸だと思うんだ」

アイリ「どこらへんが?」

切嗣「子供達も覚えようとする上にポケモンごっこするときにロケット団の取り合いになってたりする」

アイリ「どこでそんなの見たの?」

切嗣「近所の公園」

アイリ「110」

切嗣「ちょっと病院にいこうか」

アイリ「そうね。あなたの頭を見てもらわないと」

切嗣「違う僕じゃない。君のそのすぐに僕を犯罪者にしようとする頭をだよ」

アイリ「安心して切嗣。あなたが犯罪者になるのは子ども関連だけよ」

切嗣「そうか、なら僕も安心……ってできるか!!」

アイリ「3点」

切嗣「手厳しい」

525: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 17:06:30.40 ID:ObRXtJNho
切嗣「ロケット団の話からなんで僕のツッコミスキルの採点になってるのさ」

アイリ「まぁよくある話じゃない」

切嗣「まぁよくある話だけど…」

526: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 19:18:35.98 ID:iiahi9Y7o
切嗣「アーマードコアのオンライン今日が最終日なんじゃないか!?」

アイリ「よくは覚えてないけれど多分そうだった気がするわね」

切嗣「ちょっとPS3起動してくる」ダッ

527: ◆hLjOuel3KI 2012/01/22(日) 21:34:49.14 ID:I/W1Zv0Qo
切嗣「君はもう70だろうが!」

セイバー「まだ69だ!」


アイリ「なにやってんのよ」

切嗣「ふっ。この台詞がわからないとは君もまだまだだね」フッ

セイバー「まだまだですね」フッ

アイリ「なんでだろう…無性にイラッとくるわね」

528: ◆hLjOuel3KI 2012/01/23(月) 00:09:34.77 ID:mnQagyBVo
切嗣「ゲームセンターのUFOキャッチャーって半ば詐欺だよねアレ」

アイリ「そういう遊びでしょうが」

切嗣「だってあれ、【これを落としたら商品交換】ってやつの中に鉄仕込んでたよ?」

アイリ「なんで分かるのよ」

切嗣「隙間からチラッとこんにちわしてた」

アイリ「」

529: ◆hLjOuel3KI 2012/01/23(月) 00:11:32.41 ID:6MlECbBDo
アイリ「切嗣《こんにちわ》ってなによ」

切嗣「純粋に間違えたぜ!」キラッ

切嗣「正しくは《こんにちは》なんだぞ!ここ!テストに出るから覚えておくように!」

アイリ「はーい」
セイバー「はーい」

530: ◆hLjOuel3KI 2012/01/23(月) 00:58:59.08 ID:1rXJUBpOo
切嗣「切嗣の!オールナイト日本!!」

切嗣「というわけでね。今日はセイバーさんにお越しいただいてますどうぞよろしく」

セイバー「よろしくおねがいします」

切嗣「それじゃあまぁ自己紹介をちゃちゃっとやっちゃって下さい」

セイバー「はい。私の名前はセイバー。周りからはまぁ最優のサーヴァントと呼ばれてます。好きなものは美味しいもの。嫌いなものはきりつ…ファーストフードの類いです」

切嗣「おいちょっと」

セイバー「最近は征服王に薦められて軍事戦略ゲームとやらをやってみましたが…駄目ですね。指導者に威厳がなさすぎて兵が言うことをききません」

切嗣「それは君の作戦が「先陣を大将に走らせて兵は後から着いてこい」なんて無理難題をふっかけるから」

セイバー「大将が先陣をきらなくてどうするのですか!」

切嗣「君の場合は大将が先陣をきってるんじゃなくて大将が単独突撃してるだけだよ」

セイバー「軟弱な大将が悪いですね」

切嗣「また来週!」

531: ◆hLjOuel3KI 2012/01/23(月) 08:10:41.21 ID:vxKNXMSwo
切嗣「そういえばあの騙し合いのゲームがまた映画するらしいね」

アイリ「そうみたいね」

セイバー「その映画とやらは面白いのですか?」

切嗣「うん。ドラマで終わらせず映画に最終回を持って来る搾取法を使ってきはしたけど、それなりにいい終わり方だと思ってるよ」

セイバー「なら次の映画も楽しみですね」

切嗣「……………………………」フルフル

アイリ「…………………」フルフル

セイバー「な、なぜそこまでテンションが…」

切嗣「直ちゃんが出てこないライアーゲームはライアーゲームじゃないんだよっ…!」

アイリ「秋山の浮気野郎め!!」

セイバー「なにがあなたたちをそこまで駆り立てるのですか……」

532: ◆hLjOuel3KI 2012/01/23(月) 08:12:43.12 ID:I+MUmO7co
切嗣「ボトルシップえお造る人って凄くないかい?あれってピンセットで一つずつ組み上げていってるんだろ?」

セイバー「キャスターのマスターが造れたはずですよ」

切嗣「なんと」

534: ◆hLjOuel3KI 2012/01/23(月) 16:52:45.47 ID:tbcBiT9Po
切嗣「なんで彼はそんなもん造れるのさ」

セイバー「なんでも暇だったのでやってみたら造れたらしいです」

アイリ「というよりあの子は自分の興味のある芸術に関しては凄いわよ?彫刻とか絵だって描けるらしいし」

切嗣「それに無邪気イケメンキャラ…………あれ?何気にスペック高くない?」

535: ◆hLjOuel3KI 2012/01/23(月) 17:08:15.61 ID:cwPGZWbNo
切嗣「それじゃあ彼はさぞかしモテるんだろうね」

アイリ「いいえ、彼女は一人もつくったことないそうよ」

切嗣「そりゃまた最近の若い子に珍しい。芸術センスがあってイケメンで母性本能をくすぐる性格。持てない要素の方が見つけるのが難しいよ」

アイリ「それは本人に聞きなさいよ。まぁ芸術家は凡人とは相容れないって言うしそこらへんが原因じゃないかしら?」

切嗣「よし、セイバー!キャスターのマスターを呼んできてくれ!」

セイバー「お断りします!」

切嗣「令呪をもって」

セイバー「使わないで下さい!もったいない!!分かりましたよ!行ってきます!」ダッ

536: ◆hLjOuel3KI 2012/01/23(月) 17:18:20.42 ID:QnLatv0qo
セイバー「キャスターのマスター!出てきてください!」

キャスター「おぉ!その声はジャンヌ!!まさか貴女の方から会いに来ていただけるなど!!ジル感激!!」

セイバー「貴方には用はありません。今すぐ貴女のマスターを呼んできてください」

キャスター「残念!龍之介は今作品の製作なうです!」

セイバー「なうって……貴方の顔でそれを言われたらイラッとくるものがありますね」

キャスター「多分もうすぐ終わると思いますのでそれまでチェスでもどうですか?」

セイバー「ふむ。まぁ急ぐほどの用事でもないですし……いいでしょう!勝負です!」

キャスター「ジャンヌにぃぃぃぃ!!ジャンヌにお相手をして頂けるなど!!ジル感激でございますぅぅぅぅ!!」ボロボロ

セイバー「選択肢間違えたか」

537: ◆hLjOuel3KI 2012/01/23(月) 18:04:08.36 ID:PwDJ9hfXo
セイバー「ほ、ほほぅ……な、中々やるじゃないですか…」

キャスター「はっはっは。ジャンヌこそ手を抜かずに全力で掛かってきてください」

セイバー「そ、そうですね!ここいらでそろそろ本気でも出しますかね!手を抜くのは相手にとっても失礼ですからね!ははは!」

538: ◆hLjOuel3KI 2012/01/23(月) 18:10:17.89 ID:OKqJS3lso
セイバー「…………………」

キャスター「おっと、ナイトいただきます」

セイバー「…………」

キャスター「どうしたんですかジャンヌ?」

セイバー「あ…あ……」

キャスター「?」

セイバー「あ、あぁあんな所に可愛い少年がぁぁ!!(棒」ビシッ

キャスター「なんと!?」

セイバー「おっと流石地震大国日本!!急に地震が!!」ゴンッ

地面<ドドドドドド

チェス盤<ガッシャーン

セイバー「お、おっとこれじゃあ続きは無理そうですね!仕方ありません!チェスはここで終了に」

キャスター「安心してくださいジャンヌ!私ジルめは駒の配置をすべて覚えております!!さぁ!続きをやりましょう!」

セイバー「」

541: ◆hLjOuel3KI 2012/01/23(月) 19:00:48.07 ID:Fg/yUZgIo
セイバー「切嗣市ね」

キャスター「女使った罠とか卑怯ですよ」

龍之介「全然芸術的じゃないよね」

キャスター「終わったのですか龍之介」

龍之介「お陰さまで良作ができたよ」

セイバー「ならちょっと来てもらいましょうか」

542: ◆hLjOuel3KI 2012/01/23(月) 19:11:56.69 ID:WpAC1lTko
切嗣「ちょっと出掛けてくる」

アイリ「どこに行くの?もうセイバーは帰ってくるわよ?」

切嗣「ケイネスを抱いてくる」キリッツグ

切嗣「………………」テクテクテク

アイリ「」

アイリ「」ハッ

アイリ「い、いや!見たいけど行かせないわよ!これは健全なSSなんだからね!!」アセアセ

切嗣「ただのハグでなんでそんなに取り乱してるんだアイリ……」

543: ◆hLjOuel3KI 2012/01/23(月) 21:52:02.04 ID:XIkhlOmto
セイバー「連れてきました」

龍之介「すっげー!俺城とか初めて入ったぜ!!マジででっけぇーんだな!!」キラキラ

切嗣「ようやく来たかキャスターのマスター」

龍之介「お?そう言うあんたは確かセイバーのマスターさんだっけ?それとそっちはこの前公園であった綺麗なお姉さん!」

アイリ「久しぶりね」

切嗣「君たち初対面じゃなかったのか…。まぁ僕の事は気軽に正義の味方って呼んでくれてかまわな」

龍之介「あぁ、原作で俺を殺した人か」

切嗣「」

龍之介「脳天一撃だったね」

切嗣「」

544: ◆hLjOuel3KI 2012/01/23(月) 21:53:23.55 ID:eDY8zbIGo
龍之介「あぁ!そんなに固くならないでよ!全然恨んでないし!あれは違う世界線の俺だからいいんだよ」ヘヘッ

アイリ「あなたより心が広いいい子ね」

切嗣「」

546: ◆hLjOuel3KI 2012/01/23(月) 22:06:34.08 ID:dXy4tCdpo
龍之介「そういえば俺なんで呼ばれたの?」

切嗣「」

アイリ「…いつまでもフリーズしてないでさっさと進めちゃいなさいよ」ボソリ

切嗣「はっ!あ、あぁ。今日呼んだのは他でもない。【君はイケメンで性格も母性本能くすぐるお姉さん系に受け入れられそうな感じなのになぜ彼女がいたことがないのか】これについてだ」

龍之介「へっへ。そんなに褒められたら流石の俺でも照れちゃうからやめてくれよ」///

アイリ「なにこの子超可愛い」

切嗣「妻が落ちた」

セイバー「恐るべしキャスターのマスター」

547: ◆hLjOuel3KI 2012/01/23(月) 23:11:33.49 ID:Q08puEcGo
龍之介「んで?俺に彼女ができない理由だっけ?はははっ!デリカシーの欠片もないおじさんだね」

切嗣「まだ29だったはずだ!……多分!」

アイリ「年齢くらい覚えてなさいよ…」

龍之介「まぁ俺に彼女ができない理由は大きく分けて三つかな?」

切嗣「ふむふむ」

548: ◆hLjOuel3KI 2012/01/23(月) 23:15:11.62 ID:ShIHI9Z7o
龍之介「一番ソフトなやつから行くと、まず俺の性格に着いてこられない人かな?実際俺不衛生極まりない生活送ってるからね」ハハハ

切嗣「それでも母性本能全開な人だっていただろ?」

龍之介「あぁ…いたいた。そこでステップ2!旦那がいる」

切嗣「決定的じゃないか……」

龍之介「親戚ってことで誤魔化してるけどね」ハハハ

549: ◆hLjOuel3KI 2012/01/23(月) 23:21:13.11 ID:OX0uGI5wo
龍之介「そして最後にステップ3!」

切嗣「ギョロ目の親戚がいるより衝撃的なステップ3ってなにがあるんだよ…」

アイリ「アレじゃない?芸術作品関係とか。作り手にとってはとっても重要なことだろうし」ボソボソ

切嗣「あぁ、まぁありそうだね。キャスターとめちゃくちゃ語り合ってる姿とか見たらひくだろうしね」ボソボソ

龍之介「なに小声でこそこそ話してんのさー。ステップ3言うよ?」

切嗣「よしこーい(棒」

アイリ「ばっちこーい(棒」

龍之介「ステップ3!俺は前科持ち!」

切嗣「え?」

アイリ「え?」

龍之介「ん?」

550: ◆hLjOuel3KI 2012/01/24(火) 01:43:01.74 ID:z4+eAOPQo
切嗣「きゅ、急に話がヘヴィーすぎて着いていけない衛宮切嗣29歳」

アイリ「ま、万引き!」

龍之介「残念!殺人でした!」

切嗣「」

アイリ「」

551: ◆hLjOuel3KI 2012/01/24(火) 01:45:38.81 ID:uim6qcDBo
切嗣「いや、まぁ原作でもそういうキャラだし合ってるっちゃ合ってるんだけどさ」

龍之介「詳しく言うと実の姉ちゃんをサクッと……ね?」

アイリ「oh…」

切嗣「なんでそこだけ原作に忠実なんだよ…」

龍之介「殺し屋に言われても全く説得力ないよね」

552: ◆hLjOuel3KI 2012/01/24(火) 01:50:20.96 ID:pqtpPXKIo
切嗣「さて、とりあえず雨竜君には飴ちゃんをあげてお帰りいただいたわけだが」

アイリ「正直この話いるの?」

切嗣「次の…次のSSでの布石にしようとして失敗したいい例だよね」

切嗣「まぁここからちょこちょこキャスター組は出てくるし不幸なあの子も出すつもりだしね。設定をしっかりさせておこうと思ったんだ」

アイリ「あの子ってあの不幸な」

切嗣「おっと!それ以上はネタバレになるからダメだぜ!」

アイリ「あらそうだったわね。これはもう少し先で…ね」

切嗣「ふふふふ」

アイリ「ふふふふふ」


セイバー(ご飯でも食べよう)テクテク

553: ◆hLjOuel3KI 2012/01/24(火) 01:51:25.55 ID:oWVCluPYo
切嗣「というわけでジャンヌ・ダルクをいつか召喚するよ」

セイバー「さっきの引っ張りはなんだったんですか!!」

554: ◆hLjOuel3KI 2012/01/24(火) 01:53:06.20 ID:UgW7rgqio
セイバー「あれ?それじゃあキャスターのあの誤解も?」

切嗣「解けるだろうね」

セイバー「っしゃぁ!」ガッツ

555: ◆hLjOuel3KI 2012/01/24(火) 01:57:23.77 ID:h+9oglito
切嗣「ストライドのCM怖すぎだろ」

アイリ「あれトラウマものよね」

切嗣「なんで猿の目が動くんだよ」

556: ◆hLjOuel3KI 2012/01/24(火) 02:00:17.36 ID:vPERu+Rto
ウェイバー「僕たちの出番があまりにも少なすぎないか…」

ライダー「そう言ってものぅ…。特にわしらがやることなどないと思うのだが」

ウェイバー「いや、それ以前にだ!お前に問題があると僕は聞いてるぞ!」

ライダー「なんだそれは?」

ウェイバー「しゃべり方がめんどくさい」

ライダー「」

557: ◆hLjOuel3KI 2012/01/24(火) 02:49:49.49 ID:MDYWGZFao
切嗣「しっあわっせはーあーるいーてこーないー」

切嗣「ならば!引き寄せろっ……!手繰り寄せろっ……!!幸せってのは…そうやって手に入れてこその幸せだろうがっ……!」

セイバー「ア、アニキ……!!」ガシッ

切嗣「………!!」ガシッ

アイリ「どうするーアーイーフールー」



切嗣「」チラッ
セイバー「」チラッ
アイリ「」チラッ



舞弥(ツッコまない……ツッコまないぞ…)

558: ◆hLjOuel3KI 2012/01/24(火) 02:51:37.17 ID:Fw57y9vto
舞弥「」モグモグモグモグ

舞弥「」モグモグ

舞弥「…………………」

舞弥「…………………」フゥ





舞弥(セイバーも……あちら側へ行ってしまいましたか…)




舞弥「…………………………」

舞弥「」モグモグモグモグ

559: ◆hLjOuel3KI 2012/01/24(火) 08:06:10.77 ID:JVsw4uEFo
切嗣「さむいねー」

アイリ「さむいわねー」

セイバー「さむいですね」


切嗣「………セイバー。みかんがきれたからとってきてくれないか?」

セイバー「自分で行ってください。少しは自分でやるということをしなければ駄目人間になりますよ」

切嗣「もう駄目人間でいいからみかんをとってきてくれないか」

セイバー「くっ………」ゴソゴソ



セイバー「うぅ…寒い寒い」モゾモゾ

切嗣「ご苦労様」モグモグ

セイバー「次は自らが取りに行ってください」

切嗣「あー…うん。分かった分かった」ムキムキ モグモグ



切嗣「暇だね」

アイリ「暇ね」

セイバー「暇ですね」

560: ◆hLjOuel3KI 2012/01/24(火) 16:43:51.76 ID:TZ0pOfuPo
切嗣「パン屋さんのパンを掴むアレほど子ども心をくすぐるけど滅多に使うタイミングがない物も珍しいよね」

アイリ「そうね。パンもある程度はコンビニやスーパーに売ってるものね」

切嗣「子どもの頃は使おうとしたら師匠によく止められてたっけな」

アイリ「子どもが扱うとパンを落とすかもしれないものね」

切嗣「いや、店を出る前に食べちゃうから」

アイリ「」

切嗣「食えるときに食える分だけ食っておけがモットーだったからね」

561: ◆hLjOuel3KI 2012/01/24(火) 18:44:34.50 ID:olJTdCDRo
切嗣「そういえば彼…雨竜君は原作では工作は苦手らしいね」

アイリ「予想外すぎるわよ。ずっとなにか作るのが得意な子だと思っていたのに」

切嗣「人は見かけによらないねぇ」

アイリ「見かけ……というより精神的な意味で合わないわねぇ」

562: ◆hLjOuel3KI 2012/01/24(火) 18:48:58.38 ID:CDdPmtuko
切嗣「ジャンヌ召喚するかな」

アイリ「軽いわね」

切嗣「出したいなとは思ってたんだけど詳しい性格を知らないから出すのが怖かったんだ」

アイリ「それはまた……なんで召喚しようと思い至ったのよ」

切嗣「いや、詳しく知らないならやりたい放題できるなって」

アイリ「とりあえずwikiは見てきてちょうだいね」

563: ◆hLjOuel3KI 2012/01/24(火) 18:51:13.45 ID:x/M+7xOYo
切嗣「まぁ、しかしジャンヌは監督役だからね。僕が召喚したらいけない気がしてきた」

アイリ「じゃあどうするのよ」

切嗣「まぁ多分なんやかんやで勝手に召喚されるんじゃないかな」

アイリ「そんなことあるわけないじゃな---」


ジャンヌ「現界しました」


切嗣「」ドヤァ

アイリ「」

564: ◆hLjOuel3KI 2012/01/24(火) 19:00:49.48 ID:TBvmoG7Ao
セイバー「なんの騒ぎですか。うるさくておとなしくご飯も食べれないじゃないですか」モグモグ

ジャンヌ「こんにちは。セイバーさんですね。私の名前はジャンヌ・ダルク。今回のSSでは出番はほとんどありませんが後々登場させていただきます」

切嗣「登場早々メタいこと言ってくれるな。セイバーも困惑するだろう」

アイリ「それ以前にフランスの英雄とブリテンの英雄が仲良くできるのかしr」


セイバー「お、おぉ……!!貴女がジャンヌですか!!やっと!ようやく私はあのストーカーから解放されるのですね!」

ジャンヌ「は?ストー…なんですか?確かに私はジャンヌですがそれとなんの関係が---」

セイバー「そんなことはいいのです!さぁちょっとついて来てもらいましょうか。部下の不始末は上司が拭う!行きますよ!」

ジャンヌ「え?ちょ…待っ…!腕を!腕を引っ張らないでください!」



切嗣「………仲良くできそうだね」

アイリ「……そうみたいね」

568: ◆hLjOuel3KI 2012/01/25(水) 07:49:28.00 ID:enDz7O/wo
《昨夜未明、冬木大橋下の川ではしゃぐ女性(16)が事情聴取のため冬木警察署まで連行されました

彼女は「私はストーカーから解放されたのです。少しばかりテンションがあがってしまいました」と言っておりますが、警察がストーカーの所を聞こうとすると曖昧に言葉を濁したと言われています
脅迫されてる可能性も見て現在操作が進められています

さて、次のニュースです。冬木動物園に新しいライオンの赤ちゃんが---》



切嗣「」ダラダラダラ

アイリ「そ、そういえばセイバーの帰りが遅いわね」ダラダラダラ

切嗣「せ、セイバーったらジャンヌと仲良くなりすぎて遊んでるなー。はははは」

570: ◆hLjOuel3KI 2012/01/25(水) 17:29:51.91 ID:ZO/q/z72o
切嗣「スーパー切嗣の~お悩み相談室!!」


切嗣「というわけで今日も始まりました《スーパー切嗣お悩み相談室》えぇ、長いことでもう今年で13年目に突入したこのコーナー。今回もゲストをお呼びしての放送とさせていただきます」

切嗣「さぁさっそく登場していただきましょう。今回のゲストは匿名希望のWさんです。どうぞよろしくお願いします」

w「よろしく」

切嗣「それで、今日はどんな相談なんですか?」

w「召喚してからうちのサーヴァントが全く言うこと聞かないんだ!バカにしやがって!!」

切嗣「なるほど。簡潔で分かりやすい説明ありがとうございました」

w「どうすればいいのかな…」

切嗣「なにも主従関係だけがマスターとサーヴァントのあり方じゃないんですよ。時には貶し合い、時には励まし合い、そんな苦楽を共にするのがマスターとサーヴァントというものだと思いますね」

w「あんた………そう、そうだよな。何も言うこと聞かせるのだけが正しいとは限らないんだy」

切嗣「まぁ僕はセイバーが反論してきたらいっつも令呪使っちゃいそうになるけどね」

w「説得力ねぇっ!!」

切嗣「というわけでゲストは匿名希望のウェイバーさんでした!また来週!」

ウェイバー「そして希望すら聞き入れてくれない!」

572: ◆hLjOuel3KI 2012/01/25(水) 17:37:51.84 ID:s/YroYQUo
切嗣「段々と僕の名前がキリッツグで固定されてきてる感じがする」

アイリ「覚えやすくていいんじゃない?」

切嗣「これは一応効果音なんだよ!」キリッツグ

アイリ「そんな設定もあったわねぇ」シミジミ

切嗣「設定とか言わないで」

574: ◆hLjOuel3KI 2012/01/25(水) 17:56:29.59 ID:lVwk1niHo
-----------数時間前-------------

セイバー「ここです!さぁ早く入ってやつの誤解を解いてきてください!」

ジャンヌ「誤解って……そもそも誰がいるんですかこんな下水道の中に……」

セイバー「いいですからさぁ行きますよ!」タッタッタ

ジャンヌ(もう帰りたい)

575: ◆hLjOuel3KI 2012/01/25(水) 18:05:07.01 ID:o8w+xo3ao
セイバー「キャスター!キャスター!」

キャスター「おぉ!ジャンヌ!またもや会いに来てくれるなどこのジルめぇえぇぇぇぇぇぇ!!!?ジャンヌがふた!二人!げふんごふん!!」

セイバー「今日は誤解を解きに来た!!」

キャスター「ご、誤解とはいったい…それよりなぜジャンヌが二人……」

セイバー「だから私はジャンヌではなくこちらの方こそが貴方の言う真のジャンヌ・ダルクであると」

キャスター「! そうですかそういうことですね!!」

セイバー「おぉ!やっと気づいてもらえましたか!!」

キャスター「神はジャンヌの美しさ気高さに敬服したのですね!!だからこそ二人にして今以上にその美しさに見とれていようと!そういうことなのですね!!」

セイバー「ちっがぁぁぁぁう!!」


ジャンヌ(話についていけない)

576: ◆hLjOuel3KI 2012/01/25(水) 18:26:12.66 ID:1/gBeleVo
---------一時間後-----------

セイバー「と、言うわけで彼女こそが真のジャンヌであり、私はブリテンのアーサー・ペンドラゴンなのです」

キャスター「そうでしたか…いやはや失礼しました」

ジャンヌ「話は終わりましたか…?」

キャスター「ジャ…ジャンヌ……」

ジャンヌ「はい?」

キャスター「ジャンヌ……ジャンヌ……」



キャスター「ジャンヌ!ジャンヌ!ジャンヌ!ジャンヌぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!! あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!ジャンヌジャンヌジャンヌぅううぁわぁああああ!!! あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いですねぇ…くんくん 間違えました!モフモフしたい!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!! 軍を率いる時のジャンヌかわいかったですよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!! Apocryphaも決定されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ! ぐあああああああああああ!!!Apocrypha製作凍結なんて現実じゃない!!!!あ…設定絵もApocryphaもよく考えたら… ジ ャ ン ヌ は 死 ん で い る ?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!! この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?現実のジャンヌが私を見てる? 現実のルイズちゃんが僕を見てるぞ!ジャンヌが私を見てるぞ!現界したジャンヌが私を見てるぞ!! ルーラーなジャンヌ私に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんですねぇっ! いやっほぉおおおおおおお!!!私にはジャンヌがいる!!やったよカトリーヌ!!ひとりでできるもん!!! あ、ジャンヌぅぅううううううううううううううううう!!いやぁあああああああああああああああ!!!! あっあんああっああんあジャン様ぁあ!!セ、セイバー!!龍之介ぇぇえ!!!フランシスぅぅうう!! ううっうぅうう!!私の想いよジャンヌへ届け!!ウィーン包囲突破中のジャンヌへ届け!」




セイバー「」

ジャンヌ「」