1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 20:59:00.35 ID:6ugC0wcK0
腐川「エリートのDNAが入った塩だなんて白夜様から採る以外ないわ」

腐川「直接○○○○するのもいいけど…」

腐川「今回は濃厚なエキスを頂くことにするわ」

腐川「その塩で大福を作って…」

腐川「そ、そうして白夜様の成分を体の中に取り込むのよ…!」

腐川「ハアアアアァァァ孕んだらどうしましょう…!」

腐川「ア、アタシと白夜様の子供…」ジュル

腐川「こ、こうしてはいられないわ!すぐに白夜様の塩を採取しにいかないと!」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420286340

引用元: 腐川「白夜様のエリート塩大福を作るわ」 

 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 21:02:43.79 ID:6ugC0wcK0
図書館




十神「…」ペラ

腐川「…」ジー

十神「…」ペラ

腐川「…」ジー

十神「…おい」

腐川「は、はい!」ビク

十神「目障りだ」

腐川「す、すみません…」

十神「そこで何をしている」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 21:08:15.33 ID:6ugC0wcK0
腐川「え、えっと…白夜様にお願いがあるんです…」

十神「…チッ、なんだ?」

腐川「き、聞いてくださるんですか!?」

十神「いつまでも付きまとわれたら鬱陶しくてかなわんからな。聞くだけ聞いてやる」

腐川「じ、じゃあ…その…」

十神「さっさと言え。この俺の時間を取らせるな」

腐川「は、はい!び、白夜様の塩を採らせて欲しいんです!」

十神「塩だと?」

十神「なぜ俺に言う。塩など食堂に行けばいくらでもあるだろう」

腐川「た、ただの塩じゃないんです…」

十神「どういうことだ?」

腐川「び、白夜様の汗から生成した塩が欲しいんです!!!」

十神「」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 21:12:56.30 ID:6ugC0wcK0
十神「…」

腐川「あの…白夜様…?」

十神「喜べ腐川。貴様は今この俺に今までで一番不快な思いをさせたぞ」

腐川「え…」

十神「これほど人を不快にさせるなど逆に関心するなど中々できることではない」

腐川「えっと…あの、アタシは…」

十神「じゃあな、二度と俺の視界に入るなよ」パタン

腐川「」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 21:19:54.98 ID:6ugC0wcK0
不二咲「ふぅ…いいお湯だったぁ」

不二咲「サウナに入ってみたけど5分しか入ってられなかったなぁ…」

不二咲「やっぱり大和田君や石丸君はすごいや」

不二咲「明日は10分に挑戦して…ん?」



腐川「ううううぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ…」ボロボロボロ

不二咲「ふ、腐川さん!?」

腐川「ううううぅぅぅぅぅっぅっぅぅ…」ボロボロボロ

不二咲「どうしたのぉ!?どこか痛いの!?」

腐川「あぁぁあぁぁあぁぁ…あああああああああああああああああああ!」ボロボロボロ

不二咲「な、なぁにぃ?わかんないよぉ…」

腐川「び、びゃ、白夜様にぃ…」ポロポロ

不二咲「と、十神君? 十神君がどうしたの?」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 21:27:13.47 ID:6ugC0wcK0
腐川「び、白夜様にぃ…き、嫌われたのよおおおおおおおおおおお!!!」

不二咲「え…? 嫌われたって…何があったの…?」

腐川「うううううううぅぅぅぅぅぅうぅぅぅううっぅ…!」ボロボロボロ

不二咲「うぅぅ…全然わからないよぉ…」

江ノ島「私におまかせください」

不二咲「うわぁ! え、江ノ島さん!」

江ノ島「そうです。私が江ノ島です」

江ノ島「それと残念なお姉ちゃんもいます。一応」

戦刃「い、一応って…」

不二咲「戦刃さんも…」

江ノ島「それで何があったのですか?」

不二咲「あ! それがね、腐川が十神君に嫌われたとかですっごく泣いちゃってて…」

江ノ島「今更嫌われるとかいう話でもない気はしますが、理由はなんですか?」

不二咲「それが、何言ってるのかよくわからなくて…」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 21:35:53.36 ID:6ugC0wcK0
江ノ島「なるほどね… じゃあ今度はアタシが聞いてみようか…」

江ノ島「さて、腐川さん。一体何があったんだい?十神君に嫌われたっていうのはどういうこと?」

腐川「う、うううぅぅぅぅぅあああぁ…おおぉぉおぉおああああああぁ…」ポロポロ

江ノ島「うんうん、なるほどね」

不二咲「え、わかったのぉ?」

江ノ島「大体わかったよ。要するに十神君の汗から塩を採らせて貰うように本人に頼みに行ったらドン引かれたというわけだね」

腐川「え゛、え゛ぇ…」ズビー

不二咲(思った以上に酷いな…)

江ノ島「うん! そういうことなら私に任せて!」キャピ

腐川「な、なんとかなるの…?」

江ノ島「もっちろん!私たちが2人を見事に仲直りさせちゃうよ!」

江ノ島「やっぱりぃ、クラスメートには仲良くして欲しいし…なにより面白そうだから!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 21:44:19.69 ID:6ugC0wcK0
腐川「し、信じていいのね?」

江ノ島「うん!私たち3人が力を合せればそのくらい楽勝だよ!」

不二咲「え、3人って僕も…?」

江ノ島「もちろんだよ!それともぉ…不二咲君は困ってる女の子を見捨てちゃうのぉ?」

不二咲「そ、そんなことないよ! 僕も協力するよ!」

江ノ島「さっすが不二咲君! カッコイイー!」

不二咲「か、かっこいい…?」

江ノ島「今の不二咲君、とっても男らしくてカッコイイよ!」

不二咲「えへへ…そうかな?」

江ノ島「じゃあ、任せたよ!」

不二咲「え? 何を?」

江ノ島「十神君の記憶を消すスイッチだよ! 明日までに作ってきてね! 不二咲君なら楽勝でしょ?」

不二咲「う、うん! 徹夜になると思うけど頑張るよ!」

江ノ島「頼りにしてるからね!」

不二咲「じゃあ、すぐに始めるね!」タタタッ


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 21:50:21.27 ID:6ugC0wcK0
戦刃「いいなぁ不二咲君… 盾子ちゃんに頼りにしてもらえて…」

江ノ島「オイ! 気持ちわりー独り言いってんじゃねえぞ!」

戦刃「わ、私はただ盾子ちゃんが大好きだから…」

江ノ島「それが気持ちわりーって言ってんだよ!」ゲシッ

戦刃「うぅ…酷い…」

江ノ島「さってと…それじゃあこっちも準備を始めるかな」

腐川「た、頼んだわよ… 白夜様に嫌われるなんて絶対に嫌なのよ…!」

江ノ島「正直今までと大差ないような気もするけど、まあやるだけやってみるよ」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 21:57:57.69 ID:6ugC0wcK0
2日後



江ノ島「おーい、腐川ちゃーん!」

腐川「え、江ノ島!」

腐川「遅いわよ! 例の件はどうなったの!?」

江ノ島「バッチリ! もう十神は塩のことは覚えてないよ!」

腐川「ほ、本当…?」

不二咲「うん、 記憶はちゃんと消したよ」

腐川「うぅぅ…あ、ありがとう…本当にありがとう…」ポロポロ

不二咲「そ、そんな気にしなくてもいいよぉ!」

腐川「ア、アタシ…他人にお礼を言ったのなんて初めてだわ…」

不二咲「それはそれで問題ある気がするけど…」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 22:03:56.97 ID:6ugC0wcK0
江ノ島「待ちなさい! 私様を忘れてもらっては困るわよ!」

腐川「べ、別に忘れてたわけじゃないわよ」

江ノ島「私様が不二咲君に命令しただけで何もしてないとでも?」

腐川「あ、あんたは何をしたのよ?」

江ノ島「私様はこれを作っていたのじゃ!」スッ

不二咲「これは…塩?」

腐川「も、もしかして…!」

江ノ島「そう! これは十神白夜のエリート塩なのよ!」

不二咲「うわぁ…」

腐川「ほ、本当にこれが白夜様の…?」

江ノ島「もちろん、正真正銘御曹司を汗から生成しているわ」

腐川「…すうううううぅぅぅっぅぅぅうぅぅぅ!!!」

不二咲「ふ、腐川さん!?」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 22:11:08.38 ID:6ugC0wcK0
腐川「こ、この芳醇な香り…間違いないわ! 正真正銘白夜様のエリート塩よ!」

不二咲「わかるんだ…」

腐川「これ…アタシにくれるの?」

江ノ島「もちろんよ。 というよりそんなもの欲しがるのはアナタくらいよ」

腐川「これで…白夜様のエリート塩大福が作れるのね…」

戦刃「でも腐川さん大福なんか作れるの?」

腐川「そ、それは…」

江ノ島「せっかくだしアタシたちが手伝うよ!」

腐川「わ、悪いわね何からなにまで…」

江ノ島「まあ、乗りかかった船だしね」

江ノ島「じゃあ、早速始めよっか」

不二咲「あ、僕はもう帰るね?」

腐川「ア、アンタも食べてっていいわよ… 恩人だし特別にね」

不二咲「ぼ、僕は遠慮しておくよ!」ブンブン

不二咲「じゃあね!」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 22:27:26.87 ID:6ugC0wcK0
戦刃「ふぅ…なんとかできたね…」

腐川「す、すばらしい輝きよ…」

江ノ島「いや、普通の気持ち悪い大福だけど」

戦刃「腐川さん…これ食べるの…?」

腐川「当たり前じゃない…! これで白夜様を味わうことができるのよ…!」

腐川「じゃあ…食べるわよ…!」ゴクリ

江ノ島「…」

戦刃「…」

腐川「…」パクリ

腐川「はぁぁぁっぁあっぁぁぁぁぁっ!!!」ビクンビクン

腐川「白夜様のDNAが体中に染みわたるわぁ…!」

江ノ島「そうですか…」キノコ

腐川「もう一個食べるわ…」パクリ

腐川「ああああああぁっぁぁっぁぁぁぁ!!!」ビクンビクン

腐川「これは孕んだわ! 確実に孕んだわぁ!」

腐川「び、白夜様の…子供…を…」バタン

戦刃「あ、倒れた…」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 22:44:12.44 ID:6ugC0wcK0
江ノ島「興奮のあまり気絶したようですね…」

戦刃「大福一個残ってるよ?」

江ノ島「お姉ちゃん食べていいよ」

戦刃「い、いらないよ…」

江ノ島「野生動物を捌いて生で食べるお姉ちゃんに拒否されるなんて絶望的です…」

戦刃「流石にこれは食べられないよ…」

戦刃「あ、でも苗木君なら…///」

江ノ島「いや、聞いてないけど…」

朝日奈「あれ? 江ノ島ちゃんに戦刃ちゃん!」

戦刃「朝日奈さん…」

朝日奈「ちょっと! 腐川ちゃん倒れてるよ!?」

江ノ島「あ、これは気にしなくていいよ。寝てるだけだから」

朝日奈「そ、そうなの?」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 22:49:51.02 ID:6ugC0wcK0
朝日奈「ん?それなに?」

戦刃「あ、これは大福だよ」

朝日奈「へぇ、おいしそうだね」

江ノ島「…! うぷぷ、よかったら食べていいよ」

朝日奈「ホント? いいの?」

戦刃「じ、盾子ちゃん! それは…」

江ノ島「いいからいいから」

朝日奈「でも最後の1個なのに…」

江ノ島「別にいいよ。もう十分食べたから」

朝日奈「そうなの? じゃあ、貰うね!」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 22:57:42.82 ID:6ugC0wcK0
朝日奈「いただきまーす!」パク

朝日奈「うーん!おいしい! たまには和菓子もいいね!」モグモグ

戦刃「あわわ…」

江ノ島「おいしい?」

朝日奈「うん! ちょうどよく塩が利いてて…」

江ノ島「実はそれねぇ…アタシたちが作ったんだ!」

朝日奈「え、そうなの!? すごいじゃん!」

江ノ島「作ってるところを収めたDVDがあります。見ますか?」

朝日奈「見たいみたい!」

大神「む、どうかしたのか? 朝日奈よ」

朝日奈「さくらちゃん! 今ね、江ノ島ちゃんと戦刃ちゃんがお菓子を作ってるDVDを見るところなんだよ!」

大神「ほう、お主らは菓子を作るのか…」

朝日奈「さくらちゃんも一緒に見ようよ!」

大神「そうだな。正直興味はある。我も見て構わぬか?」

江ノ島「もちろん!」

江ノ島「では再生してみましょう」ピッ


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 23:04:07.04 ID:6ugC0wcK0


十神『おい戦刃! なんだこれは! 何をするつもりだ!』

戦刃『ごめんね十神君。ちょっと我慢してね』

戦刃『ほんの1時間ほどここにいてもらうだけだから…』

十神『なんだと…? サウナに1時間だと…?』

十神『ふざけるな! そんなにいたら死ぬだろう!』

戦刃『大丈夫だよ。スポーツドリンクも用意したし』

戦刃『そう言ってる間に汗が出てきた…』フキフキ

戦刃『これを…絞って容器に貯める…』ギュウ…ポタポタ

十神『まさか…腐川か!?』

戦刃『ノーコメント』




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 23:08:37.48 ID:6ugC0wcK0


戦刃『こんなものかな…』ナミナミ

十神『』グッタリ

戦刃『これを煮詰めて…』グツグツ

戦刃『エリート塩の完成…』

戦刃『うわっ…手に付いた…』

戦刃『汚いなぁ…』フキフキ



腐川『こ、この芳醇な香り…間違いないわ! 正真正銘白夜様のエリート塩よ!」』


江ノ島『じゃあ、塩大福作りまーす!』


朝日奈『いただきまーす!』パク

朝日奈『うーん!おいしい! たまには和菓子もいいね!』モグモグ


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 23:12:14.28 ID:6ugC0wcK0
江ノ島「以上です!」

朝日奈「」

大神「」

戦刃「…」

大神「……あ、朝日奈よ…」

朝日奈「」バタリ

大神「朝日奈ああああああああああああああああ!!!!!」

大神「ぬううううううううううううううっ! なんということだ!!!」

戦刃「大神さん!すぐに保健室に運ばないと!」

大神「う、うむ。そうだな」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 23:20:32.18 ID:6ugC0wcK0
大神「という訳なのだ…」

舞園「そ、そんな…酷い…」

霧切「十神君のせいね…」

セレス「というより江ノ島さんと戦刃さんのせいではありませんか?」

大神「おのれ十神…許せん…」

セレス「いえ…ですから…」

朝日奈「さ、さくら…ちゃん…」ハァハァ

大神「あ、朝日奈!」

舞園「朝日奈さん!大丈夫ですか!?」

朝日奈「十神も…腐川ちゃんも…悪くないよ…」ハァハァ

朝日奈「腐川ちゃんは十神のことが好きで…あんなことをしただけだもん…仕方…ないよ…」ハァハァ

セレス「あの…そういう問題ではなく…」

舞園「わ、わかりましたから!もう喋らないでください!」

大神「朝日奈、プロテインだ。これを飲めば元気になるはず」

朝日奈「う、うん…」ゴクゴク


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 23:27:57.58 ID:6ugC0wcK0
霧切「どう?」

朝日奈「うっ…」

大神「だ、駄目だ…プロテインでも…」

セレス「逆にどうにかなると思っていたのですか?」

舞園「セ、セレスさん! なんてこと言うんですか!」

セレス「ハ、ハァ?」

舞園「大神さんに謝ってください!」

セレス「何故ですか?」

霧切「舞園さん、落ち着いて。そんなことをしても朝日奈さんの具合はよくならないわ」

舞園「で、でも…」

大神「良いのだ、舞園。我なら平気だ」

セレス「わ、私が悪いのですか…?」

大神「セレスも気にするな。我が失敗したのは事実だ」

セレス「は、はぁ…」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 23:35:24.13 ID:6ugC0wcK0
大神「ぬぅぅ…しかしどうすればいいのだ… プロテインでも駄目となるともう方法は…」

セレス「いくらなんでも他にもあると思いますが…」

狛枝「お困りみたいだね」

舞園「え…?」

霧切「あなたは…!」

舞園「霧切さん、知ってるんですか?」

霧切「狛枝凪斗…77期生の“超高校級の幸運”にして人類史上最大の希望厨よ」

狛枝「“超高校級の探偵”さんに知って貰えてるなんて光栄だなぁ!」

大神「それで、そのお主が何のようだ?」

狛枝「ちょっと大変なことになってるみたいだったからさ…僕も何か力になれないかと思ってきてみたんだ」

狛枝「僕みたいなゴミクズにできることなんて、ヒントを出すくらいだけどね」

大神「ヒントだと!?」

霧切「あなたはどうすれば朝日奈さんが回復するか知ってるのね?」

舞園「そうなんですか!? 教えてください!」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 23:42:10.33 ID:6ugC0wcK0
狛枝「今朝日奈さんの体は十神君のエキスという絶望に犯されている」

狛枝「あ、絶望っていうのは朝日奈さんにとっての話だよ? 希望の象徴のエキスなんて僕だったら喜んで頂くからね!」

セレス「気持ち悪いですわ」

霧切「…続けて頂戴」

狛枝「つまりね…その絶望を打ち砕くにはそれと対をなす希望の力で絶望を相殺する必要があるんだ」

大神「何なのだ? その希望とは」

狛枝「僕に教えられるのはここまでだよ。でも大丈夫、君たちならきっと正解を導き出せるはずだ」

狛枝「希望は絶望なんかに負けないんだからね」

狛枝「じゃ、あとは頑張ってね」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 23:46:52.41 ID:6ugC0wcK0
セレス「行ってしまいましたわね」

霧切「希望…何のことかしら?」

大神「プロテインでは駄目なのか…」

霧切「それだけでは足りないみたいね」

霧切「もう一つ…何かが…」

舞園「わかりました!」

大神「何!?」

霧切「わかったの? 希望が何なのか」

舞園「はい! 私エスパーですから!」

舞園「狛枝さんの“相殺”という言葉で閃きました」

舞園「十神君の塩を相殺するもの…それは…」

舞園「美少女のエリート塩です!」

大神「なんだと!?」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/03(土) 23:55:44.94 ID:6ugC0wcK0
舞園「悪いエリート塩を打ち消すには良いエリート塩しかありません!」

霧切「それが…美少女のエリート塩というわけね」

セレス「舞園さん、あなたは頭がおかしくなってしまったのですか?」カッ

霧切「いえ、多分それよ」

セレス「は?」

霧切「舞園さんの推理は間違いないわ」

セレス「あなたまで何を言ってるのですか?」

霧切「早速実行に移しましょう。美少女のエリート塩をプロテインに入れて飲めば治るはずよ」

霧切「まずはサウナに行き、そこで出た汗を採取し煮詰めて塩にする…」

舞園「幸いここには美少女が4人もいますからすぐにできるはずです!」

セレス「4人…? まさかとは思いますが、私も入っているではないでしょうね?」

舞園「もちろん入ってます!」

セレス「付き合いきれませんわ。何がエリート塩ですか馬鹿馬鹿しい」

大神「頼む… 朝日奈を助けるためなのだ」

セレス「お断りします。そんなことをしても意味はありませんわ」



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 00:04:51.05 ID:qs4jpI1+0
セレス「そもそも何故朝日奈さんはあんなにも具合が悪くなっているのですか?」

セレス「十神君の塩が口に入っただけでしょう。確かに不快なことに違いはありませんが少し大袈裟ではありませんか?」

舞園「セレスさん!山田君と桑田君と葉隠君のエリート塩のブレンドが口に入っても同じことが言えますか!?」

セレス「そ、それは…」

霧切「もういいかしら?とにかく時間がないわ。行きましょう」

セレス「ですから行きません」

舞園「セレスさん!いい加減にしてください!我が儘ばっかり言って!」ガシッ

セレス「な、何をするんですの!?」

舞園「抱えたままサウナまで連れて行きます!」グイッ

大神「ほう、人ひとりを軽々と持ち上げるとは…」

舞園「私、こう見えて筋肉あるんです!」

セレス「ちょ、待ってください!私、サウナで汗を絞って汗を生成するだなんて下品な真似したくありませんわ!」

舞園「さあ、行きますよ!」

セレス「離せえぇぇぇぇ!!!ビチグソがあああああぁっぁっぁぁぁぁぁ!!!!!!!」ジタバタ

舞園「キャアッ!ちょっとセレスさん!暴れないでください!」

セレス「そもそもこんなのおかしいだろうがアアァァァッ!!!!!」

霧切「何がおかしいのかしら?」

セレス「何もかも全部だよおおおぉぉぉぉッ!!!!!」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 00:08:43.24 ID:qs4jpI1+0
霧切「そんなんじゃわからないわ。もっと論理的に話してくれるかしら?」キリッ

セレス「その顔止めろおおおぉぉぉぉッ!!!!ムカつくんだよおおぉぉッ!!!!!」

霧切「まったく… 拉致があかないわ。無理やりにでも連れて行きましょう」

大神「うむ、我も手伝おう」

セレス「あああああああああああああああああ!!!!!」









33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 00:17:04.30 ID:qs4jpI1+0
舞園「それでセレスさんったらお風呂でも暴れて大変だったんですよ」

舞園「まあ、却って汗が出たのでよかったですけど」

苗木「それで結局朝日奈さんは元気になったの…?」

舞園「はい!エリート塩入りプロテインを飲んだらすっかり元気になりました!」

苗木「そっか、よかったぁ…」

舞園「今は大神さんとトレーニングに行ってますよ」

苗木「あはは…ホントに元気だね…」

苗木(でも朝日奈さんがちょっとうらやましいなぁ…)

苗木(舞園さんのエリート塩を飲めるなんて…)

苗木(僕も一度くらい飲んでみたいけど…まあ、そんなことはありえないよね)

舞園「あるかもしれませんよ?」

苗木「え!?…あ、あの…もしかして声…出てた…?」

舞園「いいえ、出てませんでしたよ」

苗木「じゃ、じゃあどうして…」

舞園「私、エスパーですから!」ニコッ







終里