1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 00:28:43.93 ID:LQMQa9VO0
P「あー……」ガガゴガギ

ちひろ「ちょっ、何の音ですか」

P「軽いストレッチです。もう全身バッキバキなんですよ」

ちひろ「肉体から出る音じゃないでしょ……」

P「酸素カプセル置きません? なんかアレ凄いんでしょ?」

ちひろ「そんなフワッとした理由で設置してたまるもんですか。エステルームあるでしょ」

P「あれって俺使えるんですか?」

ちひろ「うーん……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422458923

引用元: モバP「休憩室に行こう」 

 

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 01 Star!!【初回限定盤CD+Blu-ray】
CINDERELLA PROJECT
日本コロムビア (2015-02-18)
売り上げランキング: 14
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 00:32:50.49 ID:LQMQa9VO0
P「とにかく、もうドリンクじゃ誤魔化しきかないほど身体が追い詰められてるんですって」

ちひろ「でもなあ……」

P「ウォーターベッドっていくらくらいしますかね」

ちひろ「うーん……」ムムム

ちひろ「……分かりました」

P「おっ、何です?」

ちひろ「似たようなものに心当たりがあるので、それを設置してみましょう」

P「おおー」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 01:10:28.51 ID:LQMQa9VO0
数日後


P「ちひろさんが言ってたのはこの部屋か」

P「『ヒーリングルーム』、ねえ」

P「しかし、あのちひろさんだからなあ……。ちゃんとした設備なんて置くわけないと思うが……」


ガチャリ


P「お邪魔しまーす……」ソロー・・・

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 01:14:19.16 ID:LQMQa9VO0
藍子「あれ、Pさん?」

ゆかり「あら」

肇「何か御用ですか?」


P「……へ?」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 01:19:35.40 ID:LQMQa9VO0
P「なんでお前らがここに?」

藍子「さあ……?」

ゆかり「正直私達もよく分かっていなくて……」

肇「ちひろさんが『とにかくここにいてね』と」

P「……どういうことだ?」

ゆかり「説明もなくこの部屋に連れてこられたので……」

藍子「うーん……とりあえずお茶にします?」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 01:22:44.17 ID:LQMQa9VO0
ゆかり「いいですね。ちひろさんも自由にしていていいと仰っていましたし」

肇「なら丁度、試作の湯呑みがあるのですが……」

藍子「あ、緑茶もいいですね!」


ユルフワ・・・


P「……まあ、いいか」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 01:26:14.19 ID:LQMQa9VO0
――――――


P「あれ、もうこんな時間か」

藍子「お仕事ですか?」

P「いや、今日はそれなりに時間を空けてはいたんだが……。うーむ……」

P「お前らも今日はオフだよな?」

ゆかり「はい。特に予定は入っていませんでしたが」

肇「おかげさまで、充実した休日になりました」

P「そうか。そりゃよかった」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 01:29:38.90 ID:LQMQa9VO0
P「じゃあ、俺も今日の分の仕事片付けにいくよ。またな」

藍子「はい、頑張ってくださいね」

肇「この湯呑み、よかったらどうぞ」

P「おう。ありがと」

ゆかり「それではまた」

P「おーう」


ガチャリ


P「…………ん?」


P「肩こりがなくなってるな……」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 01:33:33.73 ID:LQMQa9VO0
また別の日


瑞樹「っはぁー……」

P「ため息はあまりよくないですよ」

瑞樹「いいじゃない裏側でくらい……。アイドルミズキにだってオフはあるのよ……」

P「またえらく疲れてますね」

瑞樹「やっぱり無理しちゃダメね。時間には勝てないわ……」

P「ふーん……」

P「なら、オススメしたいものがあるんですが」

瑞樹「……はい?」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 01:41:07.57 ID:LQMQa9VO0
――――――――


瑞樹「ヒーリングルーム、ねえ……。こんな部屋があるなんて知らなかったわ」

瑞樹「あのPくんが良いっていうならよっぽどね!」

瑞樹「さて、どんな凄いものがあるのかしら~♪」ルンルン


ガチャ


肇「あれ、瑞樹さん?」

雪乃「まあ、ようこそいらっしゃいました」

夕美「遊びに来てくれたんですかっ?」


瑞樹「え……?」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 01:46:43.66 ID:LQMQa9VO0

――――――


早苗「瑞樹ちゃん、今日やけにイキイキしてるわね」

瑞樹「あらそう? 若い娘の力をたっぷりもらったからかしら~♪」ルンルン

瑞樹「ほら見てこのツヤ! ホントに凄いのよ!」

早苗「……って、え? うわ! 小皺とか全部無くなってる!!」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 01:47:31.81 ID:LQMQa9VO0
瑞樹「元から無かったですぅーっ」

早苗「いや冗談抜きに! 何なのこれ……」

瑞樹「うふ、知りたい? 知りたい~?」

早苗「……腹立ったけど、これは本気で気になるわね……」

瑞樹「実はね……」


ゴニョゴニョ・・・

エ、ウソ!ナニソレ!?


――――――――

――――

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 01:51:13.40 ID:LQMQa9VO0
ちひろ「っはぁー! 疲れた!!」

P「お疲れ様です」

ちひろ「Pさんまったく疲れてませんね。……まさかサボってんじゃあ?」

P「適度な休憩と、例の部屋のおかげですよ」

ちひろ「はあ、またその話ですか……。最近噂をよく聞きますよ」

P「あの部屋凄いですよ。酸素カプセルなんかよりずっといいんじゃないかな」

ちひろ「正直ふざけて作ったんですけどね……」

P「休憩したいなら実際に行ってみたらどうです? 疲れなんて全部すっ飛びますよ」

ちひろ「はあ……」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 01:58:02.69 ID:LQMQa9VO0

『ヒーリングルーム』


ちひろ「そうは言ってもねえ……」

ちひろ「お邪魔しまーす……」


ガチャ


肇「あら」

夕美「わあ! ちひろさん?」

響子「いらっしゃいませ! ちょうどお料理が出来たんですよ♪」

ちひろ「ちょっとお世話になりにね」

肇「私も久しぶりのオフだったので来ちゃったんです。この部屋落ち着きますよね」

響子「今日はお菓子作りに挑戦してみました。マドレーヌですよ!」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/29(木) 01:59:41.76 ID:LQMQa9VO0

4時間後


P「あ、ちひろさん。どうでした?」

ちひろ「…………」

P「ちひろさん?」






ちひろ「藤原肇、相葉夕美、五十嵐響子のCDを企画しようと思います」

P「ちひろさん!?」