1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/14(土) 04:06:58.61 ID:oWM5oiv+0
P「何がまずいんだ?」

未央「私がわがままみたいな感じになってるんだよ!

P「わがまま? ……あー、アニメの話か」

P「確かに、前の5話のみくの話もあって余計とそう見えるな」

未央「私はもっと我慢強いはずなのに……!」

P「まあ、しょうがない。それぞれアニメやssによって、多少の違いはあるものだ」

未央「でもでも、このままじゃみんなから批判きちゃうよこれ!」

未央「今でも……ほら! これ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423854418

引用元: 未央「これはまずいよ、プロデューサー……!」 

 

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/14(土) 04:08:13.41 ID:oWM5oiv+0










未央「凄い叩かれてるよ!」

P「確かに……でも半分は元々好きじゃないからどうでもゴホンゴホン」

P「うーん……今更やったものはしょうがないしなー」

P「それに、ニュージュネレーションズのリーダーをもらったりしてるし」

P「今一番目立ってるし、いいんじゃないか?」

P「来週か再来週ぐらいには救済されると思うしな」

未央「そんな……ひどい…私を見捨てるのね……オヨヨヨ……」

P「おう、わざとらしい演技ありがとう」

未央「あ、ばれちゃった?」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/14(土) 04:09:01.07 ID:oWM5oiv+0

未央「まあ私も正直いいとは思ってるんだけどさー」

未央「意外とメンタル弱いっていうのも、こういったアイドル物では鉄板だしね♪」

P「そうだな。なら、もうオッケーってことでいいか?」

未央「いーや、良くないよっ」

P「はあ……じゃあ、何がよくないんだ?」

未央「……それは、プロデューサーが一番わかってるんじゃないかな?」

P「……なんのことだ?」

未央「さっきから、ずっと右手がプルプルしてるよ」

P「……」

未央「私より、言いたいことがあるんじゃないかなー?」

P「……はぁ、全部お見通しか……」

未央「ふっふーん、この未央ちゃんに隠し事など不可能なのだー!」

P「未央には適わないな……」

未央「伊達にアイドル、やってませんから!」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/14(土) 04:09:54.90 ID:oWM5oiv+0
未央「それでそれで、何を言いたいんだい? プロデューサー君♪」

P「……言いたいことはな、山ほどあるよ」

未央「うん、じゃあそれを









P「でもな!」











P「それを言うのは間違っているっていうのは、わかってるんだ」

未央「……」




P「別に他の人がいってることは間違ってないし、ここでゲームの話を持ってくるのもお門違いだ」

P「確かにゲームでは違うんだと、いう事もできるだろう」

P「しかしアニメとはまた別物だし、さっきも言ったようにそれぞれの作品で違いがあるのはしょうがないことだ」

P「見てる人によって意見が違うのも、みんなの好きなキャラやそうでないキャラがいるのも当たり前だ」

P「結局、悪い人なんてどこにもいない」

P「とある有名な人が言ったな。正義の反対は悪ではない、また違う正義なんだと」

P「きっと、そういう事なんだと思う」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/14(土) 04:10:31.72 ID:oWM5oiv+0
未央「……大人になったね、プロデューサー」

P「まあな俺も伊達に何年もプロデューサーを続けてるわけじゃないさ」

未央「昔はあんなに過剰反応して、コメントも返してたのに」

P「そ、それは昔の話だ!」

未央「顔も真っ赤にして……面白かったなー」

P「い、いいだろ! 当時は俺も若かったんだ!」

未央「……でもね、私のためにそんなに怒ってくれるプロデューサー……好きだったよ」


P「……え?」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/14(土) 04:11:40.75 ID:oWM5oiv+0
未央「私がみんなよりデビューが遅れて悲しんでるとき、いつもそば慰めてくれた」

未央「オーディションに落ちたときて空元気な私を、すぐに気づいて励ましてくれた」

未央「ライブ失敗したとき、フォローを入れてなんともないようにしてくれた」

未央「心が折れそうなときには、いつもいつも私を支えてくれたんだ」

未央「普段平気そうな顔してるけどさ、結構私、メンタル弱いんだよ?」

未央「それこそ、今やってるアニメぐらいにはさ」

未央「プロデューサーがいなかったら、本当にアイドルをやめてたかもしれない」

P「未央……」

未央「多分、ううん、絶対にこれからもプロデューサーがいないと、きっとだめになっちゃうと思う……」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/14(土) 04:12:10.78 ID:oWM5oiv+0




未央「だからさ!」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/14(土) 04:12:51.62 ID:oWM5oiv+0















未央「ずっと傍にいてね! プロデューサー!」











12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/14(土) 04:14:28.63 ID:oWM5oiv+0
終わりです。

いろいろ見てて心がぶわーとなって衝動のまま書いたらよくわかんなくなりました。
とにかく自分はちゃんみおが好きです。
何があったって、ちゃんみおがずっとすきなんです。