1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 22:07:32.85 ID:CAbeT8yKo

エコ「んー?」

アズラ「…………はい?」

テイカ「あ……わたし口に出してた?」

エコ「うん、なんか言ってたね」

アズラ「何やら……とてつもなく不快なセンテンスだった気がします……」

テイカ「ご、ごめん、忘れて! 何でもないから!」

エコ「えーなんで? なんか面白そーなのに」

テイカ「べ、別に大したことじゃないってば。面白くもないし」

ハナ「ぽちっと」

『カズトって女の子に興味ないのかな』

テイカ「っ!?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1424178452

引用元: 【巡ル結魂者】テイカ「……カズトって女の子に興味ないのかな」 

 

巡ル結魂者4 (講談社ラノベ文庫)
秋田 禎信
講談社 (2014-10-31)
売り上げランキング: 210,674
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 22:08:37.37 ID:CAbeT8yKo

ハナ「もっかいぽちっと」

『カズトって女の子に興味ないのかな』

エコ「ほー」

アズラ「……」

テイカ「あ、え、う……」

ハナ「ハナちゃん特製録音再生機、どうやら快調感モリモリげだよん。特別機能もついてるけど、試してみる?」

エコ「気になるー」

ハナ「はいさぽちっとぅ」

『あぁ~んカズトってばぁん、女の子にぃ興味ないのかなぁ~ってぇ』

テイカ「何よこれ! やめてよ!」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 22:09:04.45 ID:CAbeT8yKo

テイカ「こんなもの! このっ、このっ」

エコ「まあまあ落ち着こー。こち来てすわろー」

アズラ「……」ムス

エコ「さてさてテイカ? どゆことどゆこと説明プリーズ」

テイカ「だから別に何でもないってば!」

ハナ「ぽちっ――」

テイカ「やめて! お願いだから話すから!」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 22:09:41.90 ID:CAbeT8yKo

テイカ「だからね、カズトは女の子に興味ないのかなって……そのまんまだけど」

エコ「そー思ったのどして?」

テイカ「……ここ、女子校みたいなものなのにそのことを気にする様子があんまりないし」

エコ「それでそれで?」

テイカ「超聖女メイマスモゴリアの霊魂体と一緒にいるらしいのになんか……平然としてるし」

エコ「肖像画だとかなりアブないカッコだったねー」

テイカ「……」

エコ「『わたしのラブ光線にも反応しないし』?」

テイカ「ち、ちが――」

『あぁ~んわたしの愛しいカズくんってばぁん』

テイカ「ああもううるさい! なんか恥ずかし度上がってるし!」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 22:10:22.66 ID:CAbeT8yKo

テイカ「そうよわたしはカズトが好き! なんか文句ある!?」

エコ「ないよ」

アズラ「……あります」

ハナ「どーでもいいよ」

テイカ「リアクションバラバラ過ぎない!?」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/18(水) 17:38:29.18 ID:PMr5aky9o

エコ「血管バチ切れちゃうよ深呼吸深呼吸ー」

テイカ「スー、ハ―……」

エコ「で? テイカはカズトが好きだからその反応の悪さが気になるんだ?」

テイカ「まあ、うん……」

アズラ「気にしなければいい……あいつなんか気にする価値もありません」

テイカ「ちょっとそれどういう意味!?」

アズラ「……テイカさんの好意に気づかないような大馬鹿に、価値も何もありません」

テイカ「カズトのこと悪く言わないで!」

アズラ「むぅ……」

エコ「テイカこわーい」ニャハ

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/18(水) 17:40:19.11 ID:PMr5aky9o

エコ「でも確かにカズト淡白だよね」

テイカ「でしょ!?」

エコ「うん。ホモかな」

テイカ「ほッ……!?」

アズラ「ED……」

テイカ「ええ!?」

ハナ「ハナちゃん的には電脳魔神シュリケインを崇拝するところの鋼鉄修験者だと思うけどねー。煩悩を捧げてぬめり力を得る感じの」

テイカ「ごめんそれはよくわかんない」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/18(水) 17:41:04.87 ID:PMr5aky9o

テイカ「でもやっぱりみんなも変だと思うよね!」

エコ「けったいだなとは思うよー」

アズラ「変ですけど……別にそれ以上は……」

ハナ「金になりそうもないしハナちゃん的には興味アブソリュートゼロだねえ」

テイカ「確かめたくない!?」

エコ「何を?」

テイカ「何をって、だから……その」

エコ「カズトの男性が正常に機能してるかってこと?」

テイカ「ぶっ!!」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/18(水) 17:42:00.52 ID:PMr5aky9o

テイカ「変な言い方しないでよ!」

エコ「そゆことなら確かめる方法あるよー」

テイカ「え?」

エコ「じゃさっそく行ってみよー!」ニャーン!

テイカ「エコ!? 待ってどこに――行っちゃった。追いかけないと」

ハナ「よし改良完了! いい感じに金取れる感じになったぜよん! ぽちっとな!」

『あぁ~んカズト大好き愛してるぅ~』

テイカ「……」

ハナ「いくら払う?」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/19(木) 18:57:42.43 ID:eP/+9O91o

テイカ「装置壊してたら遅れた……! 急がないと……」

テイカ「ってカズト!?」

航斗「うう……」

エコ「すぐそこまで来てたよ」

テイカ「それはいいけど……なんでカズトを押し倒してるの?」

エコ「どしてだと思うー?」モゾモゾ

テイカ「な、何そのいやらしい感じの動き!」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/19(木) 18:58:12.72 ID:eP/+9O91o

テイカ「ちょっと、カズトの上からどいてよ!」グイ!

エコ「あうー」

テイカ「カズト、起きて! 大丈夫!?」

航斗「うぐ……」

テイカ「エコ! カズトになにしたの!」

エコ「え? 大したことしてないよ。ぐるぐるどぎゃーとめきょめきょぐしゃりのミックス怪我しないバージョン以外は」

テイカ「大事じゃない! カズト、カズト! しっかりして!」

エコ「ゴロゴロで早く良くなるよ?」

テイカ「エコは下がってて!」

エコ「はーい」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/19(木) 18:58:40.15 ID:eP/+9O91o

航斗「はっ……」

テイカ「カズト! 目が覚めた? 大丈夫? どこか痛まない?」

航斗「……」

テイカ「……カズト?」

航斗「…………怖い」

テイカ「へ?」

航斗「怖い恐ろしい恐ろしすぎる……」ガタガタガタ

テイカ「カズト? どうしたの!?」

エコ「あちゃーん」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/19(木) 18:59:09.25 ID:eP/+9O91o

テイカ「エコ、まさかこれ……!」

エコ「うん、猫の毒」

テイカ「なんでこんなこと!」

エコ「本当は発情毒入れようと思ったんだけど、手元が狂っちゃった」

テイカ「だからなんでそんなことしたのよ!」

エコ「えー、だってテイカがカズトの下半身事情が気になるっていうから」

テイカ「き、気になってない! へんなこと言わないで!」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/19(木) 18:59:37.34 ID:eP/+9O91o

エコ「とにかく猫の毒は理性を吹っ飛ばす感情毒だからね。カズトの本音がみえるかなー思ったんだけど」

テイカ「なんてことしてくれたの!」

エコ「なんてこと言うほどじゃないよー」

テイカ「言うほどでしょ!」

エコ「そかな。だってほら」

航斗「テイカ!」ガシ!

テイカ「え!?」

航斗「ごめん、なんだかすさまじく怖くて……怖くて仕方ないんだ!」

テイカ「カズト、顔、顔、近過ぎるって……っ」

航斗「頼む、助けてくれ」

テイカ「助ける?」

航斗「守って欲しいんだ……」

テイカ「!」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/19(木) 19:00:16.38 ID:eP/+9O91o

航斗「無理かな……?」

テイカ「ま、任せて! 守るの得意! 頑丈だし。ていうか今までずっと助け合ってきたじゃない!」

航斗「ありがとうテイカ……っ」

テイカ「さ、まずは立とう? とりあえず医務室に」

航斗「いやここでいい、今すぐ確かめなきゃいけないことがあるんだ」

テイカ「確かめなきゃいけないこと?」

航斗「原子の二重結合における電子雲の分極率について、この世界ではどうなってるのか教えてくれ」

テイカ「え?」

航斗「大事なことなんだ!」

テイカ「……」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/24(火) 18:12:11.48 ID:9Z3i5xz1o

教室


アズラ「で。これはどういう……?」

航斗「怖い怖い怖い……」

テイカ「もうやだ難しいのやだやだやだ……」

アズラ「水飲みに行っただけのはずのあのへんたいに一体何が……テイカさんも」

エコ「話すと長いよ」

航斗「この校舎に使われている建材……」

テイカ「ひっ……」

航斗「あと工法! それいかんでは何かの時に校舎崩壊の危険も……テイカ!」

テイカ「わたしに聞かないで! お願い!」

航斗「じゃあ、じゃあせめてこの世界の建築基準に関する法律まわりだけでも!」

テイカ「うあああああん!」

アズラ「…………」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/24(火) 18:12:39.69 ID:9Z3i5xz1o

アズラ「……おおむね飲み込みました」

エコ「アズラえらーい」

アズラ「原因がいけしゃあしゃあと……」

エコ「面白い感じだからおけー、オールおけー」

アズラ「……クソ猫……」

航斗「怖い……」ガタガタガタ

テイカ「ううううう……」ブルブルブル

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/24(火) 18:13:14.29 ID:9Z3i5xz1o

航斗「こんなときメイがいれば……」

テイカ「え?」

エコ「魔法使いいないの?」

航斗「さっきぶん回されたときに、リンクが途切れて」

アズラ「……なるほど、それで解毒できてないんですね……」

航斗「解毒もそうだけど、なんだかんだ頼りになるんだよあいつ……」

テイカ「頼り、に……」

エコ「でもさすがに原子の結合状態に関する知識はないと思うなー」

テイカ「負けない……」

アズラ「……はい?」

テイカ「絶対に負けない!」ガタン!

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/24(火) 18:13:41.85 ID:9Z3i5xz1o

テイカ「ちょっと行ってくるね」

エコ「どこに?」

テイカ「図書室」

アズラ「……何をしに?」

テイカ「勉強以外にすることある?」

アズラ「ないですけど……」

テイカ「勉強して頭よくなるの。えっカズトそんなことも知らないの? って連発できるようになるの」

エコ「そのセリフがすでに頭悪げだよテイカ」

アズラ「へんたいの質問責めでテイカさんの脳みそが縮んだ……」

テイカ「違う!」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/24(火) 18:14:24.98 ID:9Z3i5xz1o

テイカ「とにかく! わたしは図書室行くからね! カズトよろしく!」

航斗「あ……テイカ」

エコ「行っちゃった」

アズラ「……どうします、このへんたい」

ハナ「そーんな時は! ハナちゃんにお任せ! たっぷり試してがっぽり稼ぐよめっきり商売だよ儲かるよ!」

エコ「試すて何を?」

ハナ「そうねー、こんなのどうでしょ」ポチ!

『カズト大好き食べちゃいたい』

航斗「……!」ビク!

ハナ「カズぴょんこれいくらで買う?」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/27(金) 20:25:11.99 ID:snkyEGDdo

図書室


テイカ「とりあえず来てはみたものの」

テイカ(どこから手を付けよう……)

テイカ「『高等数学教程』? いやいや」

テイカ「『分析化学概論』『理論物理学』……うーん」

テイカ「『数学ノ基礎』」

テイカ「……。これ、かな」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/27(金) 20:25:38.72 ID:snkyEGDdo

テイカ「……」ペラ

テイカ「…………」ペラ

テイカ「………………」ペラペラペラ……パタン

テイカ「ふうっ」サラッ

テイカ「……」

テイカ「……全然わからないや」

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/27(金) 20:26:08.25 ID:snkyEGDdo

テイカ「えーどうしよ……これじゃあカズトにどう対応すればいいのか……」

「カズトさんがどうしたの?」

テイカ「なんか感情毒打たれて難しいこと訊いてくるのよ」

「それで勉強っぽい勉強的な勉強もどきをしてるわけ?」

テイカ「そうなの……って」

ユーハ「そっか、今頭よくなればカズトさんの役に立てるんだ!」

テイカ「ユーハ!」

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/27(金) 20:26:39.76 ID:snkyEGDdo

テイカ「どこから湧いてきたのよ!」

ユーハ「カズトさん情報のあるところならどこからどこにでも!」

セリ「ミズキ先生に頼まれて本の返却に来たっすよ」

テイカ「まだカズトにちょっかい出す気? いい加減わきまえなさいよ」

ユーハ「そっちこそわきまえろー! ポンコツのくせにカズトさんの保護者面して!」

テイカ「ポンコツじゃないし保護者でもない! 同じ班の仲間!」

セリ「自分はもういない奴扱いっすか……別にいいっすけど」

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/27(金) 20:27:12.87 ID:snkyEGDdo

ユーハ「今日の勝負は決まったね。頭いい方がカズトさんのお世話をする!」

テイカ「何よそれ! カズトはトアコ班で預かるって決まってるの知らないわけじゃないでしょ!」

ユーハ「それとこれとは話が別! ポンコツにはカズトさんを任せられませーん」

テイカ「だからポンコツじゃないって……!」

ユーハ「なら大丈夫でしょ?」

テイカ「え?」

ユーハ「ポンコツじゃないならわたしにも余裕で勝てるもんね?」

テイカ「そ、それは」

ユーハ「あれ? 自信ないんだ?」

テイカ「……ある! あるに決まってるでしょ! 受けて立つわよ!」

ユーハ「よし決まり! セリさん、審判お願いね!」

セリ「仕事終わったら帰りましょうよぱいせん……」

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 17:24:43.88 ID:qmJQ9/B3o

ユーハ「それでは! 第一回カズトさん争奪大会ー!」

テイカ「変な言い方しないでよ、第二回とかないんだからね」

ユーハ「そんなのずるい! 現状は公平さのかけらもないんだから毎週、いや毎日やるべきだー! 毎分でもいいー!」

テイカ「やらないって言ってるでしょ!」

セリ「ええと……初めてもいいっすか?」

ユーハ「いいよ! あんな分からず屋ほっといて始めよ!」

テイカ「ちょっと、それじゃあ勝負にならないでしょ!」

セリ(うるさい人たちだなあ……図書室なのに)

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 17:25:11.47 ID:qmJQ9/B3o

セリ「じゃあ第一問。簡単なやつからいくっすよ」

ユーハ「こーい!」

セリ「ええと、数には『実数』や『虚数』をはじめおよそ十ほどの種類がありますが、それをすべて答えなさい」

テイカ「えっ」

ユーハ「はい?」

セリ「……問題文繰り返すっすか?」

テイカ「いやえっと、聞こえてはいたけど」

ユーハ「数に……種類? 数は数じゃないの?」

セリ「いやいろいろあるんすよ。自分も知らないのあったっすけど」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 17:25:38.04 ID:qmJQ9/B3o

テイカ「……」

ユーハ「うーん……」


 ~十分経過~


テイカ「……」

ユーハ「ぐぬぬぬ……」


 ~一時間経過~


テイカ「zzz...」

ユーハ「ぐおおお……」

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 17:26:05.89 ID:qmJQ9/B3o

 二時間後


セリ「ええと……ヒント出しましょうか?」

テイカ「あ……え。なんの話だっけ」ムニャ

ユーハ「……」グッタリ

セリ「……もういっすね。自分はぱいせん連れて帰るっす」

テイカ「あ、そう」

セリ「ぱいせーん、しっかりしてください。できれば自分の足で立ってほしいっすよ」

ユーハ「ふへへ……頭で8が躍ってるぅー。横になればむげんだーい……」

セリ「だから立ってくださいってば……」

テイカ「……」

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 17:32:13.87 ID:gtM1OvRio

テイカ「……なんかやたらと時間を浪費した気がする」

テイカ「さて勉強続けないと」

テイカ「えと、時間かければ……なんとかなるはず。多分……」

「何やってんのあんた」

テイカ「え?」

キクル「他の奴らはどうしたの」

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 17:32:44.82 ID:gtM1OvRio

テイカ「キクル。どうしてここに?」

キクル「ユーハたち来なかった?」

テイカ「いたけど戻ってったわよ」

キクル「なんだ、入れ違ったか。じゃあね」

テイカ「あ……ちょっと待って」

キクル「ん?」

テイカ「キクルって勉強できる人?」

キクル「はあ?」

テイカ「実は――」

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 17:33:15.78 ID:gtM1OvRio

キクル「あのバカが難しいこと訊いてくるからそれに答えられるようにしたい、ねえ……」

テイカ「深刻なのよ」

キクル「アホくさ」

テイカ「深刻だって言ってるでしょ」

キクル「深刻じゃないからアホくさい言ってるの」

テイカ「どういうことよ!」

キクル「アホの二人目か。あんたホントに付け焼刃の知識であいつの役に立てると思ってるの?」

テイカ「え」

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 17:33:43.16 ID:gtM1OvRio

キクル「あいつにも言ったけどね、力比べで上回ろうとするなんて馬鹿のすることだよ。もっと勝つことを考えな」

テイカ「力比べじゃないわよ。それに勝つって何?」

キクル「そこらへんは自分で考えてよ面倒くさい。じゃね」

テイカ「……なんなのよ、もう」

52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 18:38:21.91 ID:gtM1OvRio

夕方


テイカ「ええと、ここがこうで……」

「テイカ! テイカはいるか!」

テイカ「……先生?」

トアコ「馬鹿者が、なぜこんなところにいる」

テイカ「え、いや勉強しようと思って」

トアコ「勉強? 訳の分からないことを言うな」

テイカ「いやわけ分からなくはないと思いますけど」

トアコ「何のための勉強だ。カズトのためか? ならばやはり意味不明だ」

テイカ「……」ムッ

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 18:38:58.16 ID:gtM1OvRio

テイカ「先生まで馬鹿にするんですか?」

トアコ「馬鹿に? 何を言っている。意味不明だから意味不明と言っているだけだ」

テイカ「それこそ意味不明ですよ先生こそ何言ってるんですか!」

トアコ「埒が明かないな。うざい。だがとにかく来い」

テイカ「……?」

54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 18:39:24.76 ID:gtM1OvRio

教室


航斗「zzz...」

テイカ「カズト?」

アズラ「眠らせました……眼光で」

ハナ「すっげ怖がってたけどね、ハナちゃんの発明品にかかれば一発よん。なんたって付加価値がすごいし。価値がべたごての山盛り盛りだし」

エコ「ぽちっと」

『カズト。好き』

テイカ「!?」

55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 18:39:51.90 ID:gtM1OvRio

テイカ「な、なにこれ……」

ハナ「ハナちゃん特製録音再生機ハイエンドモデル。最終的にはシンプルがオトコゴコロをつくと結論したっつーわけよん」

エコ「わたしは一つ前のが良かったけどー」

アズラ「あれは……卑猥……」

テイカ「ひ、人の声で遊ばないでよっ!」

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 18:40:19.15 ID:gtM1OvRio

トアコ「話は聞いた。エコのミスでカズトが恐慌状態に陥ったそうだな」

テイカ「はあ」

トアコ「分からん。猫の毒は血液と反応するからしてそこを削げば解決したろうに」

テイカ「生身の人間にそれはつらいです……」

トアコ「首以外ならそれなりに平気だ」

テイカ「先生だけですって」

57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 18:40:46.55 ID:gtM1OvRio

トアコ「まあいい。とにかくテイカ、カズトを部屋まで送れ」

テイカ「え、先生は?」

トアコ「仕事だ」

テイカ「残業ですか」

トアコ「やっても意味ない癖に量だけは毎日増加する」

テイカ「……そですか」

アズラ「わたしも一緒に」

エコ「わたしたちは帰るよアズラ」

アズラ「でも」

エコ「いいからいいから」

58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 18:41:18.98 ID:gtM1OvRio

テイカ「……エコ」

エコ「んー?」

テイカ「毒を間違えたのって、わざと?」

エコ「……んー」

テイカ「……」

エコ「どでしょ?」ニャハ

テイカ「……ありがとね」

59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 18:41:47.07 ID:gtM1OvRio




テイカ「カズトって結構重いなー」

テイカ「ふう」

テイカ「……」

テイカ「……ごめんねカズト。わたしちょっと勘違いしてた」

テイカ「カズトはたくさんわたしのこと助けてくれたのに、それなのにわたし、不安になってたみたい」

テイカ「カズトは女の子に興味なさそうだから、わたしのことも好きじゃないんじゃないかなって」

60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 18:42:14.31 ID:gtM1OvRio

テイカ「ふふ。わたしにも感情毒が入っちゃってたのかな」

テイカ「ちょっと怖かった」

テイカ「……」

テイカ「でもそんなの関係ないよね。カズトはわたしを助けてくれた。わたしもカズトを助けたい」

テイカ「だから助けるよ。わたしのやり方で。今度はしっかり考える」

テイカ「……みんなも手伝ってくれるしね」

テイカ「……寝顔、かわい」

61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 18:42:45.63 ID:gtM1OvRio

メイ(しょうねーん)

航斗(……)

メイ(少年てば。起きてるんでしょ少年)

航斗(……なんだようるさいな)

メイ(えーうるさいってどゆことよ。おねーさんは適切なアドバイスをたたっこみに来ただけだってのに)

航斗(アドバイスね)

メイ(女の子にあれだけ言わせといて返答なしってあねいさんはどうかと思うよ。ホモ疑惑の上塗りよー)

航斗(それは嫌だけど……でもそれでも答えるわけにはいかないだろ)

メイ(でもねー)

航斗(怖いんだよ。いつか別れるんだ。別れたくないのに。そんなのはひどすぎるだろ。感情毒が残ってるのかな)

メイ(……あんたも大変ね)

航斗(せめて後悔はしたくないって……そう思うよ)

62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 18:43:20.23 ID:gtM1OvRio

テイカ「月がきれいだね、カズト」

63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/03(火) 18:44:17.61 ID:gtM1OvRio
改善点がモリモリなのでまた何個か書かせてくださいおわり