1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 22:22:18.71 ID:IGs2B9CM0
提督「響、ちょっとこの書類頼むよ」スッ

響「わかった」

提督「えーと、ここは・・・確かこうだったな」

響「」カキカキ

提督「今度は・・・これも調達しておくか」

響「」カキカキ

響「・・・・・・」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429276938

引用元: 【艦これ】 響「妄想がやめられない・・・」 

 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 22:24:53.43 ID:IGs2B9CM0
響「(私には変な癖がある)」

響「(今ここで私が、これをしたら、あれをしたら)」

響「(一体どうなるんだろう?)」

響「(そんなことばかり考えてしまう)」

響「(今もそうだ)」

響「(私は司令官の秘書艦、執務室で一緒に仕事をしている)」

響「(私も司令官も真剣に仕事をしている)」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 22:31:16.80 ID:IGs2B9CM0
響「(ただ、もし今ここで私が司令官を殴ったら)」

響「(一体どうなるんだろうか?)」

響「(司令官は怒るのだろうか? 痛がるのだろうか?)」

響「(それとも呆然とするのだろうか?)」

響「(もし他の艦娘が偶然その光景を見てしまったとき)」

響「(私は罵倒されるのだろうか?)」

響「(そして私は、一体何を感じ、何を得て)」

響「(何を失うのだろうか?)」

響「(それが悪いこと、する必要性がないとわかっていても)」

響「(どうしても妄想してしまう)」

響「(私は頭がおかしくなってしまったのだろうか・・・?)」

響「(・・・手が震えてきた)」

響「(仕事に集中しよう)」

響「(・・・・・・)」





響「気になる」

響「気になる」

響「気になる」





4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 22:33:13.14 ID:IGs2B9CM0
暁「やっぱりみんなで作ったご飯は美味しいわね!」

雷「当たり前よ! 雷がいるんだから!」

暁「それどういう意味よ! 暁が一番お姉ちゃんなんだから!」

電「はわわ!」

響「・・・・・・」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 22:36:29.97 ID:IGs2B9CM0
響「(正直、今の生活は満足している)」

響「(優しい司令官、愛する姉妹、大切な仲間達)」

響「(私は1人ではない、みんながいる)」

響「(でもやめられない)」

響「(・・・・・・)」

響「(今は暁達と一緒に食事をしている)」

響「(みんな楽しそうだ)」

響「(もちろん、私も楽しい)」

響「(幸せな食事風景だ)」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 22:40:44.86 ID:IGs2B9CM0
響「(でも、もし今ここで私が突然粗相をしたら)」

響「(みんなはどんな反応をするのだろうか?)」

響「(慌てる? 親切に掃除をしてくれる? 戸惑う?)」

響「(楽しい時間を中断されて、少し悲しい気持ちになる?)」

響「(それとも私を心配してくれる?)」

響「(私は? 私は恥ずかしがる? 濡れた衣服と下着が気になって不快になる?)」

響「(泣く? みんなに申し訳ない気持ちになる?)」

響「(どうなるんだろう?)」

響「気になる」

響「気になる」

響「気になる」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 22:44:22.87 ID:IGs2B9CM0
雷「暁、クッキーなんて作れたのね」

暁「ふふん、すごいでしょ!」

電「美味しそうなのです!」

響「・・・・・・」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 22:48:57.52 ID:IGs2B9CM0
響「(あぁ、確かに美味しそうだ)」

響「(暁はすごい、一生懸命頑張ったのだろう)」

響「(心からそう思っている、そう思って当然なのに)」

響「(なのに、私は・・・)」

響「(何故か自分の思っていることとは正反対の)」

響「(思ってもいない感情が頭に過ってしまう)」

響「(不味そうだ、失敗すれば良かったのに・・・と)」

響「(どうしてだろうか? 本当にそんなこと思っていないのに・・・)」

響「(・・・・・・)」





響「気になる」

響「気になる」

響「気になる」





10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 22:50:43.49 ID:IGs2B9CM0

『夜 第六駆逐部屋』


暁「...zzz」

雷「...zzz」

電「...zzz」

響「・・・・・・」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 22:55:23.04 ID:IGs2B9CM0
響「(夜寝る前の妄想も欠かせない)」

響「(もし私が明日の遠征で大活躍したら?)」

響「(轟沈の危機に陥りそうな電を間一髪で助けたとしたら?)」

響「(一体どうなるんだろう?)」

響「(電は泣いて私に感謝してくれるのだろうか?)」

響「(暁達も安心して、もっと姉妹の絆が深まるのだろうか?)」

響「(司令官は褒めてくれるのだろうか?)」

響「(私は1人、嬉しさに身を震わすのだろうか?)」

響「(楽しいな・・・楽しいな・・・)」

響「(・・・・・・)」

響「(・・・そろそろ眠気がきた)」

響「(明日の夜は、どんな妄想をしようか)」

響「(楽しみだなぁ・・・楽しみだなぁ・・・)」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 22:58:36.52 ID:IGs2B9CM0
響「・・・・・・」

暁「響? 顔色が悪いけど大丈夫?」

響「・・・・・・」

暁「どうしたの? 具合悪い?」

響「いや、大丈夫・・・」

暁「そう・・・無理はしないでよね?」

響「うん」

響「・・・・・・」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 23:02:38.03 ID:IGs2B9CM0
響「(今日は嫌な1日になってしまった)」

響「(いつもの日常だったのに、アレが来てしまった)」

響「(ときどき、突然ふと嫌なことを思い出すときがある)」

響「(それも、中々頭から離れずに、ものすごくイライラしてしまう)」

響「(心臓の辺りがグーッと締め付けられるような感じがして気分が悪い)」

響「はぁ・・・はぁ・・・!」

響「(今日は我慢しよう・・・夜になったら早く寝てしまおう)」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 23:05:26.24 ID:IGs2B9CM0

『翌日』


響「・・・・・・」

響「(やっぱりまだ気分が悪い)」

響「(いくら睡眠をとっても、楽しいことをしても)」

響「(1度こうなってしまうと中々気分は晴れない)」

響「(あと3~4日は続くだろう)」

響「・・・・・・」

響「・・・ダメだ、辛い」





響「アレを使うか・・・」





16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 23:12:21.16 ID:IGs2B9CM0
響「」ゴクゴク

響「はぁ・・・」

響「・・・・・・」





no title


no title


no title


no title


no title


no title



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 23:16:37.30 ID:IGs2B9CM0
響「(あの後、昼寝をしたらすごく気分が良くなった)」

響「(これで元通りだ)」

響「(やっぱり嫌なことを思い出すと気分が悪い)」

響「(これでしばらくは大丈夫だろう・・・)」

響「(・・・・・・)」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 23:17:27.28 ID:IGs2B9CM0
タバコ吸ってきます

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 23:26:52.27 ID:IGs2B9CM0

『洋上』


暁「喰らいなさい!」ズガァァーーン

雷「電! そっちは任せたわ!」ズガァァーーン

電「なのです!」ズガァァーーン

駆逐棲姫「イッターイ!」グス

響「・・・・・・」ズガァァーーン


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 23:30:48.50 ID:IGs2B9CM0
響「(今ここで私が死んだらどうなるんだろう?)」

響「(みんなは悲しんでくれるのだろうか?)」

響「(司令官は? 鎮守府のみんなは?)」

響「(・・・・・・)」

響「(・・・いや、考えるのは止そう)」

響「(それだと面白くない)」

響「(だって、私が好き勝手にできなくなってしまうから)」

響「(・・・?)」

響「(私は妄想を楽しんでいる・・・?)」

響「(・・・・・・)」

響「(・・・・・・・・・)」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 23:32:54.56 ID:IGs2B9CM0

『食堂』


暁「響がボルシチ作ってくれるって!」

雷「楽しみね!」

電「なのです!」





響「」トントン





26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 23:35:33.23 ID:IGs2B9CM0
響「」トントン

響「」トントン

響「っ!」カラン

響「・・・・・・」





ポタ     ポタ・・・・・・





響「指を切ってしまった」

響「・・・・・・」

響「・・・・・・・・・」





響「血・・・」





27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 23:37:22.06 ID:IGs2B9CM0
響「(私達艦娘には、人間と同じ血が流れている)」

響「(私にも、暁達にも・・・)」

響「(傷をつければ、血が流れてくる)」

響「(・・・・・・)」

響「(・・・・・・・・・)」





響「(・・・そうだ)」





28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 23:41:20.19 ID:IGs2B9CM0
響「」チラ





暁「」グゥ~

雷「ちょっと! 大人のレディーがはしたないわよ!」

暁「仕方がないでしょ! ちゃんと胃腸が機能している証拠よ!///」

電「ふふ」クス





響「・・・・・・」

包丁『』

響「・・・・・・」

響「(今私は、包丁を持っている)」

響「(非常に切れ味の良い包丁だ)」

響「(今)」

響「(ここで)」

響「(みんなを殺したら)」





響「(どうなるんだろう?)」





29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 23:46:04.13 ID:IGs2B9CM0
響「(みんなは痛がるのかな?)」

響「(必死に命乞いをするのかな? 困惑するのかな?)」

響「(やめてぇ! と、叫ぶのかな?)」

響「(騒ぎを聞いて駆け付けた司令官や鎮守府のみんなは)」

響「(私を必死に止めるのかな?)」

響「(私はずっと気になっていた正体を掴むことができて、喜ぶのかな?)」

響「(それとも悲しむのかな? 興奮する? とてつもない喪失感と罪悪感を得る?)」

響「(どうなるのかな? どうなるのかな?)」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 23:48:30.50 ID:IGs2B9CM0
響「(て、手が震えてきた・・・!)」ガタガタ

響「(い、いつも私を気にかけてくれた暁)」

響「(しっかり者の雷)」

響「(優しい電)」

響「(みんな、わ、私の大事な姉妹)」

響「(愛している)」

響「(でも気になる)」

響「(き、気になって仕方がない・・・!)」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 23:53:25.27 ID:IGs2B9CM0
響「はぁ・・・! はぁ・・・!」ドクンドクン





暁『痛い! 痛いぃぃぃぃっ!!』ポロポロ





響「はぁ・・・はぁ・・・!」ドクンドクン





雷『やめてぇぇぇぇっ!! いやぁぁぁぁぁっ!!』ポロポロ





響「ハァ! ハァ!」ドクン!  ドクン!





電『』ドクドク





響「 は ぁ ・ ・ ・ ! !  は ぁ ・ ・ ・ ! ! 」バクバクバクバクバクバク















暁「響?」





響「!?」ハッ





32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 23:54:44.08 ID:IGs2B9CM0
暁「大丈夫? すごい顔していたけど・・・」

響「だ、大丈夫だよ」

暁「そう? それなら良いんだけど」

響「・・・・・・」

響「ふぅ・・・」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/17(金) 23:58:23.97 ID:IGs2B9CM0
響「(こんな妄想をしていても)」

響「(結局は理性が働いて、私は実際に行動に移すことができない)」

響「(いや、これで良いんだ)」

響「(これで・・・)」

響「(早くボルシチを作ってしまおう)」

響「(みんなの喜ぶ顔が見たい)」

響「(・・・・・・)」

響「(・・・・・・・・・)」

響「(・・・でも)」

響「(やっぱり気になってしまう)」

響「(どうなるんだろう?)」

響「(どうなるんだろう?)」





響「( ど う な る ん だ ろ う ? )」





終わり