33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 21:20:56.25 ID:3CKvNJLS0
伊織「ただいまー」ガチャ

P「あぁ伊織おかえり」

伊織「ふっふ~ん今日も私の大活躍ちゃんと見たかしら♩」

P「あぁそのことなんだがちょっと話があってな」

伊織「話?」

P「とりあえず応接室で待っててくれるか?」

伊織「何よ?まぁ別にいいけど…」テクテク

引用元: P「アイドル達を突然真っ暗な部屋の中に閉じ込めたらどうなるか」 

 

THE IDOLM@STER PLATINUM MASTER ENCORE 紅白応援V
歌:天海春香、星井美希、如月千早、高槻やよい、萩原雪歩、菊地真、双海亜美/真美、水瀬伊織、三浦あずさ、四条貴音、我那覇響、秋月律子
日本コロムビア (2017-03-29)
売り上げランキング: 240
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 20:56:12.68 ID:33LX6P6di
雪歩

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 21:27:23.74 ID:3CKvNJLS0
P(小鳥さんビデオの準備は?)チラッ

小鳥(完璧です!)グッ

P(それじゃ行きますよ3…2…1…)ガチャン!!

-------------

伊織「キャァ!?え、なによこれ!?」



伊織「て、停電かしら…?」

伊織「ま、まぁすぐにまたつくでしょ!」


--------1分後-------
伊織「…」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 21:34:46.20 ID:3CKvNJLS0
伊織「まだつかないの!?」

伊織「ねぇちょっと!?プロデューサー!?」ドンドン!!

伊織「きこえてんでしょ!?ねぇ!?」
ドンドンドン!!!





伊織「ねぇってば…」

------------
小鳥「相当答えてるみたいですね」

P「まぁ伊織は普段わがままなところがありますからね。この機会にもう少し懲らしめてやりましょう」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 21:42:55.17 ID:3CKvNJLS0
伊織「なんなの!イタズラ!?ねぇ!?」

シーン

伊織「ねぇってば!みんなそこにいるんでしょ!分かってんのよ!!」

シーン

伊織「…な、なによ!!別にこんなところ怖くとも何とも…」

ガチャガチャ!!!!伊織「!?」

ドンドンドン!!!!伊織「え、ちょっと!え!?

ドンドンドンドン!!!!伊織「ねぇっ!?プロデューサーでしょ!?そうでしょ!?!?」

ドンドンドンドンドン!!!!!伊織「もう分かったから!!もういいからやめてよ!!!」



ドンドンドンドンドンドン!!!!!!!伊織「いやぁあああああああああああああああああぁぁ…


-----------
伊織「」
P「…少しやりすぎたかな」
小鳥「おもらしとは…」

伊織編終わり

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 22:02:01.05 ID:g4HhmFwr0
P「じゃ、悪いけどこの先レッスンいっててくれ」

千早「わかりました」

P「俺も後から行くからなー!」

千早「はい、行ってきます」バタン

P「(千早は多分取り乱したりとかはしないだろうからな)」

P「(今回は特別なセットを用意させてもらうことにしよう)」


暗闇ドッキリ 千早編

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 22:07:07.63 ID:g4HhmFwr0
千早「えーと、ここでいいのかしら」

千早「こんにちわー」キョロキョロ

千早「(おかしいわね、先生はまだなのかしら)」

千早「(先に超えだししておこうかしら)」パタン

・隣の部屋

P「よし、とりあえず今のところは警戒はしてないようだな」

千早「~♪」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 22:17:23.21 ID:g4HhmFwr0
P「いっきに消すのも味がないからな」

P「よし、秘密のスイッチぽんっと」ポチ

-スタジオ-

ガタン!

千早「っ!」ビク

千早「な、なに?!」クル

千早「(廊下からかしら?)」ガチャ ガチャガチャ

千早「(開かない?)」ガチャガチャ




千早「(停電?)」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 22:19:08.46 ID:g4HhmFwr0


-隣の部屋-

P[説明しよう!俺が隣の部屋でスイッチを押すことによってスタジオの鍵を全ロックしたのだ!」

-スタジオ-

千早「立て付けが悪いのかしら」ガチャガチャ

千早「(てかなんで先生もプロデューサーもこないのよ!)」

ビービビッ ビッビッ プチン

千早「ウヒャッ」ビク

千早「(て、停電?!なんでこのタイミングで…)」ガチャガチャ

-隣の部屋-

P[はは、だいぶ焦ってるなー」

P「にしてもめっちゃがちゃがちゃしよるなこの子」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 22:27:07.38 ID:g4HhmFwr0
一時間後

P「結局、うつむいたままドアの前で体育ずわりしてしまった」


-スタジオ-

千早「(なんでこんな目にあってるのかしら)」

千早「(優…)」

千早「(やだ、なんか情けなくなってきた)」

千早「ううー…ぅ」じわぁ

千早「ぷろ、でゅーさぁ・・ー」ぽろぽろ

千早「やだよぅ…」ぽろぽろ


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 22:27:24.23 ID:g4HhmFwr0
-隣の部屋-

P「ないちゃったよ」ポカーン

テレビ「うぅーー…」


P「いいな」


その後千早は無事にプロデューサーに引き取られ落ち着くまで小鳥さんとあやしてましたとさ

千早編END

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 22:58:42.45 ID:AJMcTqWr0
貴音「ただいま帰りました」

P「貴音か。おかえりー」

貴音「……? いかがなされたのですか?」

P「な、なにがだ?」

貴音「いえ……なにか、本日のあなた様はどこか……」

P「気のせいじゃないかな、うん! ちょっと応接室にいってくれ」

貴音「応接室、ですか? いったい何故」

P「ちょっと資料を探さなきゃいけないんだけどたぶん応接室にあるんだ、手伝ってほしいんだよ!」

貴音「ふむ、構いませんが」

P「ありがとう、こう……こういう資料だから。俺もすぐいくから探してみてくれ。こっちも一応確認中だ」

貴音「かしこまりました」

P「あっ、お礼にあとでラーメンおごるからな!」

貴音「すぐに見つけて参ります」キリッ

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:04:07.54 ID:AJMcTqWr0
貴音「ふむ……しかし資料を置けるようなスペースがあったでしょうか」

貴音「なにやら面妖な……」

スタスタスタ……

――――――

P「危ないところでした」

小鳥「さすがですね……でも、その分リアクションが気になります!」

P「えぇ、いったいどんな反応をしてくれるのか」

小鳥「おばけが苦手、っていってましたもんね?」

P「暗闇だけなら平気かもしれませんよ?」

小鳥「さてさて……あっ、入りましたね」

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:09:00.28 ID:AJMcTqWr0
貴音「資料が置けるとすれば本棚ですが……そのような類は見当たりませんね」

貴音「ならば……ふむ」

ガチャンッ!

貴音「何奴!?」

貴音「これは……鍵がしまっているようですね」

貴音「いったい何を考えて……」

ブツンッ

貴音「っ!?」

貴音「く、くらやみ……明かりが急に落ちるとは。 ですがこの程度の闇ならば月の出ぬ夜にも似たもの」

貴音「それに……そうです、窓の外からわずかですが明かりが」

ガラララララッ

貴音「ま、窓がっ……」

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:14:47.38 ID:AJMcTqWr0
貴音「く、くらい……お、おばけ……」

貴音「っく、おちつきなさい、四条貴音」

貴音「たとえなにも見えぬ暗闇とて、異形の者が潜んでいるわけではない」

貴音「これはきっとあの方の仕組んだ悪ふざけのようなものでしょう」

貴音「そう、息を整えてただ明かりがつくのを待てばよいのです」

貴音「詫びのらぁめんは奮発してもらわねば割に……」

ガタンッ

貴音「ひゃっ!?」

貴音「う……何者ですか。あなた様、ですか?」

ガタガタガタンッ

貴音「きゃうぅっ!?」

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:24:39.86 ID:AJMcTqWr0
貴音「な、なんですか? わ、わたくしを驚かそうというのならば……こ、この程度」

ウゥゥゥウゥ……

貴音「な、なななっ、面妖な!」

貴音「わ、わかっているのですよ。今ならば許してさしあげましょう! この茶番をやめて……」

ヴァァァァァィ……ヴァァァァァィ……

貴音「こ、これは録音した、音声で、声は、ちがっ……」

貴音「う、うぅっ……お、おばけなんてなーいさっ! おばけなんてうーそさ!」

貴音「ねっぼけーたひぃっ、とが……みまちがえたのさ……」

貴音「うぅ……わ、わかりました。降参いたします。ですからどうか……」

ガタガタッ! ジャジャジャッ ウゥゥゥゥ……

貴音「ひやっ、やだ! おやめください! やめてください! あなた様! あなた様!」ドンドン

貴音「わ、わたくしはもう限界です! ですから!」ドンドンドンドン

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:29:42.14 ID:AJMcTqWr0
ヒュゥー ペチン

貴音「ひゃぅっ!」

貴音「あっ……もう、限界……です……」ガクッ


―――――

P「……貴音のリアクションが面白いからいろいろやっちゃいましたけれど」

小鳥「気絶、しちゃったみたいですね」

P「どうしましょうか?」

小鳥「どうって……起きるまでプロデューサーさんが面倒みて、ラーメンおごって」

P「えぇっ!? 音無さんもすごく楽しんでましたよね!?」

小鳥「さーて私は関係ないですよー?」

P「くっ……今回の設備の半分は俺が出したんだから罪も折半でしょう」

小鳥「えぇー、それはちょっと……」

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:34:08.99 ID:AJMcTqWr0
P「……貴音、貴音」

貴音「あっ……あなた、さま……」

P「あの……すまなかったな」

貴音「わ、わたくしは……気を失っていたのですか……?」

P「本当にすまん……最初はいきなり暗闇に閉じ込めるだけの予定だったのに仕掛けフル稼働で脅かしに力をいれてた」

貴音「……なんと」

P「あまりにも貴音の脅えるリアクションが新鮮だったものだからつい、な」

貴音「つい、で済まされることではございません」

P「おっしゃる通りでございます」

貴音「まこと……恐ろしい体験でした。あのような真似はどうかもう二度と……二度と……」ガクガク

P「本当に、すまん」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/13(水) 23:37:36.66 ID:AJMcTqWr0
貴音「……では、もう二度としないという約束と」

P「あぁ、わかった」

貴音「このあとのらぁめんで、手を打ちましょう」

P「……何杯だ?」

貴音「さて、その答えは闇の中へ溶けてしまいました」

P「胃袋がブラックホールってか……わかったよ」

貴音「ふふっ……」

P「でも、貴音」

貴音「なんでしょうか?」

P「脅える貴音、本当に新鮮でかわいかったぞ」

貴音「……まったくもって、あなた様というお方は」

P「ん?」

貴音「いいえ、なにも」


おわり

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 00:06:51.80 ID:Sg2TYs5q0
亜美「ねぇ真美、実は兄ちゃんがおいし→ケーキ買ってきたんだ!一緒に食べよ♩」

真美「え、ほんと!やった~!」

P「ここじゃちょっと狭いし応接室で食べるか。二人は先に行っててくれ」

亜美「はいはーい」
真美「ケーキ♩ケーキ♩」


亜美「…」ニヤリ


----------
小鳥「次は亜美ちゃんと真美ちゃんですか」

P「いえ亜美にはバラしています」

小鳥「つまりはサクラをやってもらうと」

P「えぇ協力して真美を驚かしたいと思います」

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 00:17:30.36 ID:Sg2TYs5q0
P(3…2…1…)ガチャン!!

-----------
真美「え、なに!?停電!?」

亜美「え、なにこれなにこれ!?」
(にっしっし作戦通りだね兄ちゃん!)

真美「あ、亜美!いる!どこにいるの!?」オロオロ

亜美「お、落ち着いて真美!亜美はここにいるよ」ギュッ!

真美「も、もう急に停電だなんてびっくりした~」ホッ

亜美「まぁそのうちつくっしょ」
(ここまでは作戦通り…)ニヤリ



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 00:23:32.04 ID:Sg2TYs5q0
--------3分後-------
真美「…」

亜美「まだつかないね~」

真美「うん…そだね…」

亜美(にっしっし相当効いてるようですな~確かここらへんで…)ドンドン!!

真美「ひぃ!?」
亜美(キタッ!)サッ

ドンドンドン!!!ガチャガチャ!!!

真美「え!?ちょに、兄ちゃん!?兄ちゃんなの!?」






真美「…ってあれ?あ、亜美は…?」

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 00:28:33.51 ID:Sg2TYs5q0
真美「あ、亜美!?どこにいんの!?」

ドンドン!!!ガチャガチャ!!!
真美「ひぃいぃ!?」

亜美(真美ってば慌てすぎでしょwwいやーしかし兄ちゃんも良い演技しますな~)

真美「こ、こわいよぉお!!亜美!兄ちゃん!!」ガクブル

亜美(さて~そろそろネタバレしましょうかね)

バンバンバン!!!
二人「!?」

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 00:39:16.90 ID:Sg2TYs5q0
バンバンバン!!!
真美「きゃぁあああああ!!なになになに!?」

亜美(ま、窓に誰か…こ、ここって二階だったよね…)

バンバンバンバン!!!キャァアアアア!!

亜美(い、いやー手が込んでるなーあはは!)ガタン!

真美「」

亜美(な、なにか落ち…た?)

真美「」ガクブルガクブル

亜美(あ、あははははこ、これって打ち合わせにはなかったよ!やるね兄ちゃん!)

ガチャガチャ!!!
バンバンバンバン!!!!
ガタガタガタッ!!!!!

バタン!

真美「きゃぁあああああああああ!!!」
亜美「うわぁあああああああああ!!!」


P「はっはっはードッキリ大成功!!」

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 00:50:18.20 ID:Sg2TYs5q0
真美「…へ?ド、ドッキリ…?」ビクビク

P「驚いたかー真美」ニヤニヤ

小鳥「全部プロデューサーさんの仕業よ♩」

亜美「実は亜美も仕掛け人でしたー!」

真美「ふ、ふへぇ~…」


亜美「にしても兄ちゃん!名演技だったね♩」
P「まあな」

亜美「特に窓ガラスに誰か立たせたりだとか部屋の物を落としたりだとか最高だったよ!」

P「…へ?」

亜美「あれには危うく亜美もビビりそうになったよ~」

P「なんの話だ?俺はドアをガチャガチャとしかやってないぞ?」

亜美「…え?」

亜美「ま、またまた~他の仕掛け人とか…」

P「仕掛け人は俺らだけだが…」
亜美「」

その後一人で眠る事ができなかった亜美さんでしたとさ 終わり

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 01:02:57.64 ID:wk3vMY9wi
高木「おはよう君たち!」

P「おはようございます社長」
小鳥「おはようございます!」

高木「ふむ、今日は君たちしか居ないのかね。アイドル達がいないと、いい意味で嬉しいのだがその反面寂しくもあるな。」

P「そうですね~。あいつら居るだけで遊園地みたいに賑やかになりますし。」

高木「はっはっは、そうだな。それでは私も仕事をこなすとしよう。」

P「……行きましたね小鳥さん。」
小鳥「ですね…覚悟はいいんですかプロデューサーさん…?」

P「えぇ……。では予定通りに。」


高木「ほう…また黒井の仕業だなぁ…。あいつも懲りないやつだ…。」
ガチャン!

高木「! …て、停電かね…。おーい音無君~、懐中電灯はあるかね?」スタスタ
ガチャガチャ

高木「ど、ドアが空かない!?おーい音無君!プロデューサー君!…留守にしてしまったのだろうか…これはまずいことになった…。」

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 01:21:28.03 ID:wk3vMY9wi
高木「停電の影響で鍵がかかってしまったのか…?しかし困った。こんな暗い中では何もできないし、電話も使えないだろう。おとなしく誰かが帰るのを待つとするか…。」
カッチコッチ……

高木「……。暗いなか時計の音だけが響くというのも不気味だねェ…。しかし自分の声が反響するのも不思議な感じで…いやはやどうしたものか……。」
ドンッ!

高木「!? な、なんだね……?だ、誰か帰ってきたのか?おーい、ちょっと誰か社長室へ来てくれないか~?」シーン

高木「…ふむぅ…。気のせいか。しかしようやく目が慣れてきたようだ。これで少しは安心…。」
ドンドンッ!!

高木「ビクゥッ!一体なんだというのだね…。年寄りを驚かすなんて趣味が悪いぞ諸君…。いるんだろう、そこに?」シーン

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 01:32:08.61 ID:wk3vMY9wi
高木「さすがに不安になってきたな…。一体どうしたというのだ…。いやそれよりもなんとかする方法を考えなければ。」
 
高木「停電ということであればしばらくすれば復旧するだろう。それとアイドル達や彼らが帰ってくるのを待つのは同じくらいと見ていい。」
 
高木「…となると、通信手段がとれればいいのだが…。それも同じことか。明かりがあればなんとかなるのだがねぇ…。」
 
高木「…待てよ。なぜ私は明かりが必要なんだ?断じてこの暗がりが怖いわけではない。そうだ、単にここに閉じ込められた状態では仕事等ができないわけで…。」
ガッシャーン!!
 
高木「うわぁお!……。今度は一体全体なんだというのかね…。こんなことをするのはまさか…黒井?お前がそこにいるのか?」
 
高木「貴様も趣味の悪いやつだな…。こんな監禁まがいのことをして私がいつまでも黙っていると思ってるのか?」
 
高木「ふむ…。あくまでもシラを切るつもりか。それならばさっさとここを脱出し、話をつけてやろうではないか。」

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 01:41:21.43 ID:wk3vMY9wi
高木「黒井の仕業と分かったらなんだか自然と体が軽くなった気がするな。…っとこれは小鳥君の予備電話ではないか!」
 
高木「事務員の携帯を無断使用とは公になってはまずいことだが…背に腹は代えられぬ。これで小鳥君につなげば…!」
 
高木「…………。出ない……か。」
 
高木「ふむ…。いったいどうすればいいのか……。……ん?携帯から何やら音が…。」
 
携帯「……zz………zz…z…」
 
高木「ノイズ…か?しかし勝手に電源が入っている…?」
 
 

 
携帯「…………いやあああああああああああああああ!」

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 01:47:49.00 ID:wk3vMY9wi

高木「はぁ、はぁ……黒井のやつが…ここまで執拗だったとは…。」
ガタガタガタッ
 
高木「うわっ…こ、こんどはなんだね…」ブルブル
 
高木「窓…?しかしシャッターは閉められているが……。」
 
 

窓の外「……にゃー……」
 
高木「いやあああああああ……あ?ね、猫だと…まさかそんな…私としたことが。…落ち着くんだ高木…。」
ピタッ…ピタッ…
 
高木「…………。一体なん…だ…ね……」
カタトントン…
 
高木「誰…………?」
 
???「」
 
高木「」
 
高木「」バタッ
―――
――

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 02:00:28.01 ID:wk3vMY9wi
小鳥「やりすぎちゃいましたかね?」

P「…まあどう考えてもそうですよね…。」

小鳥「プロデューサーさんが疲れてる社長を元気づけるためにドッキリしよう!って言い出したんですよ!」

P「確かに俺が先に言いましたけど、こんな心臓に悪いドッキリを考えたのは音無さんの方じゃないですか!」

小鳥「むむむ…。まあ言い争っていても仕方ありません…。どうしましょうか社長。」

P「とりあえず起きたら事情を説明しましょうか。」

小鳥「でも……社長のリアクションって意外と…。」

P「そうですね……。」

P・小鳥「かわいい……。」

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 02:04:45.18 ID:wk3vMY9wi
高木「……ううん…ここは一体…。」
 
小鳥「あ、おはようございます、社長!」
 
P「おはようございます……えーっとその…すみませんでした!」ドゲザ
 
高木「?? ど、どういうことだね?」
 
―――
高木「なるほど…そういうことだったのか。すっかり取り乱してしまった…。」
 
P「本当に申し訳ないです。ここまでやるつもりではなかったのですが…」チラッ
 
小鳥「え、えぇ!わ、私ですか!?そ、そりゃまあ企画の内容を考えたのは私ですけど…。すみませんでした!」
 
高木「はっはっは!気にすることはないさ。ともあれ私のためにやってくれたことだ、まあ多少は驚いたが…全然問題ないぞ!」

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 02:09:41.69 ID:wk3vMY9wi
P「そ、そうですか…。それならよかったです。それじゃあ自分営業行ってきますね。」
 
小鳥「はい。あ、私もちょっと資料を私に行かなければ。失礼しますね社長。」
 
高木「お、おう…行ってらっしゃい…。…………。」シーン
 
高木「ま、待ってくれ!!」
 
小鳥・P「?」
 
高木「そ、その……そ、そうだ!私も行こう!」
 
P「い、いえ…それはさすがに悪いですよ。では。」
 
小鳥「そうですよ。すぐ戻ってきますので。」
 
高木「そ、そうか……。い、いやしかしちょっと…頼む!」
 
P「ど、どうしたんですか社長…」
 
高木「た、頼むよ……」ウルウル
 
P・小鳥「!(キュン!)」

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 02:15:56.18 ID:wk3vMY9wi
P「そ、それなら仕方ないです、社長一緒にお願いします!」
 
小鳥「あ、いや、それより私の方に来てくださいよ社長!」
 
高木「ど、どっちでもいいのだが…。あ、それよりだね。あの人影みたいなのはどっちだったのか気になったのだが。」
 
P「人影?」
 
小鳥「あぁ。終盤の人影ですね。あれってプロデューサーさんの仕掛け人だったんじゃないですか?」
 
P「え?俺知らないけど…終盤は罪悪感で正直あんまり見てないし…俺手伝ったのドアの鍵閉めるのと電話くらいですよ?」
 
小鳥「え…そ、それじゃああの人影って…」
 
高木「も、もうやめてえええええええええ!」
 
 
 
???「やつの弱点を探るべく社長室に忍び込んだはいいものの、出る機会を逃してしまった。」
 
???「まさかあれほど怖がりだったとは…。最後肩を叩いただけで気絶してしまうとは…。」
 
???「しかし高木…。これほどに・・・・可愛いとは思わなかったぞ…///」

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 02:53:28.76 ID:N06dKsav0
雪歩で。

雪歩「♪ふふ~ん、ふんふん~プロデューサー、お茶ですぅ」コトッ

P「おお、雪歩か。ありがとう ズズッ・・・ あ、ちょっと応接室で
 ミーティングやるから先に行っててくれないか?」

雪歩「はい。あの、私のどかわいちゃったので、お茶を急須といっしょに
 持って行ってもいいですか?」

P「ああ、構わないよ。雪歩の入れてくれるお茶は美味しいからな」

雪歩「はいですぅ」

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 02:56:06.82 ID:N06dKsav0
P「雪歩、もう応接室に入ったな・・・」

雪歩「ふふっ、お茶おいしいですぅ・・・」

P「それじゃやるぞ」

ブレーカOFF フッ・・・

雪歩「??あれ、真っ暗になっちゃいました。どうしちゃんたんでしょう??」

P「うーん、やっぱり雪歩は暗いところは平気なのか?」

雪歩「暗くて静かで、とっても落ち着きます。お茶美味しいですぅ・・・」

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 02:59:40.40 ID:N06dKsav0
P「さて、ここで秘密兵器だ。これは・・・」

小鳥「い゛っ・・大丈夫ですかプロデューサーさん??
 真っ暗な所に雪歩ちゃん閉じ込めておいてこれは・・・」

P「俺も雪歩ならこれくらい大丈夫だと思っていたんです。
 これからが本番ですよ!!・・・昨日から準備しておいたコレで」

P「ポチっとな」
ラジカセの再生ボタンをon

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 03:01:40.90 ID:N06dKsav0
・・・ワン・・・

雪歩「ひっ!! 今の鳴き声は・・・」ビク・・・

・・・

雪歩「今のは、気のせいですよね」・・・

・・・ワンワン・・・

雪歩「ひぃぃぃっ!! え、えっともしかして・・・
 四本足で、毛が生えて・・・」

P「お、効いてきてる」

小鳥「うーん・・・雪歩ちゃんは犬が怖いのは私も知っていますけど
 真っ暗な中で犬の鳴き声を聞かせたら・・・」ドキドキ

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 03:05:01.97 ID:N06dKsav0
ワンワンワン!!

雪歩「・・・!! そして吠える動物といったら・・・・・・」

ワンワンワン!!
ウ゛ッゥゥゥ!! ワンワン!!

雪歩「い・・・犬ですぅぅぅぅッ!! キャァァァッ!!!!」

P「おおっ!すごい怯えっぷりだw」

小鳥「・・・うぅ・・・早めにやめてあげませんか?? プロデューサーさん??
 暗いところに閉じ込めて怖がらせちゃったりしたら・・・」

158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 03:09:07.42 ID:N06dKsav0
ワンワンワン!!
ワン ワン!!ワン!!

雪歩「いやぁぁぁぁぁっ!! 犬がいっぱいー!!
 来ないでくださいーーーー」ブンブン

P「雪歩のやつ、湯のみと急須を振り回してる」

雪歩「ひぃぃぃっ」ブン!

ひゅーん

小鳥「雪歩ちゃん、湯呑みを投げちゃい

ガチャーン!!

P「のわっ!!」

ジャバッ!!

ラジカセ「ワンワン、ワ・・・

P「あ~あ、雪歩の投げた湯呑みでラジカセが・・・」

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 03:13:27.83 ID:N06dKsav0
P「仕方ない、電気点けてタネ明かしだ」

ブレーカON パッ・・・

雪歩「やぁぁぁぁん!! 助けてくださいプロデューサーー!!
 ・・・あれ、電気が点きました」

P「雪歩、大丈夫か?? 実はな」

雪歩「プロデューサー!! よかった! 助けに来てくれたんですね??」

P「う~ん、雪歩すまない、コレ、ドッキリだったんだ」

雪歩「さ・・・さっきのいn、じゃなかったワンちゃんの声もですか??」

P「そうなんだ。すまん雪歩」

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/14(木) 03:17:29.12 ID:N06dKsav0
雪歩「えーっ! プロデューサー・・・もぅ・・・ひどいぃ」

P「このラジカセでな。壊れちゃったけど・・・」

雪歩「あ、そうなんですか・・・って私のお気に入りの湯呑みが!! 割れてる!!
 ・・・うぅぅっ、ひっく、ひっく・・・」

P (うぅぅ閉じ込めたよりもこっちのほうの罪悪感が)

雪歩「プロデューサー・・・ひどいですよぅ・・・ぐずっぐずっ・・・」

P「本当にゴメン雪歩、今度のオフの日に新しい湯呑み、
 いっしょに探して行ってやるからな?? それで許してくれ。」

雪歩「ぐずっぐず・・・はい、ぜったいですよプロデューサー・・・ひっく」

おわり