1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 21:17:11.28 ID:9MTdhYurO
P「雪歩か!?どうして俺の家に?」

雪歩「えへへ、今日のご飯も頑張って作ったんです。食べて下さい」

P「お、おい雪歩・・・まさか最近いつの間にか机に置いてある料理って」

雪歩「えへへ、プロデューサーに喜んで欲しくて」

P「な、なに考えてるんだ雪歩!国民的アイドルが不法侵入なんてスキャンダルにも程があるだろ!!」

雪歩「あ、あの・・・迷惑でしたか?その・・・最近、ライブもレッスンも指導にきてくれないから・・・」

P「なあ雪歩、もう何度も言ってるだろ?俺は雪歩の担当を外れて、他の女の子をプロデュースしているんだ。もう雪歩のプロデューサーじゃないんだよ」

雪歩「聞きたくない」

P「えっ?」

雪歩「疲れてるんですよねプロデューサー、また来ます。今日はすいませんでした」

引用元: 雪歩「あ、あの!お帰りなさいプロデューサー!!」 

 

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 07 萩原雪歩
萩原雪歩(浅倉杏美)
日本コロムビア (2010-12-29)
売り上げランキング: 77,881
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 21:37:12.51 ID:9MTdhYurO
P「よし春香、最近いい感じだな」

春香「わあ本当ですかプロデューサーさん!!」
P「ああ、これなら来週のフェスもいい線いくんじゃないか!」

春香「そ、そこまで誉められると・・・えへへ」
P「ん?メールだ」

「今日はプロデューサーに言われた通りにフェスに向けてレッスンをしました」

P「雪歩か・・・そんなこと言った覚えないぞ?ってまたメールだ」

「プロデューサーが最近いい感じだって誉めてくれたから、頑張れる気がします」

P「は?」

「来週のフェス、きっと上手くいきますよね。だってプロデューサーがいい線いくって、言ってくれたから」

P「お、おい・・・ひょっとしてこれ・・・」

「どうしておどろいてるんですか?」

P「!!」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 21:46:20.47 ID:9MTdhYurO
P「よし春香、今日は頑張っていこう」

春香「はい、プロデューサーさん!」

P「雪歩は・・・居ないよな?」

春香「どうしたんですか?」

P「いや、なんでもないよ。よし、行ってこい!」



P「そんな!春香が完敗だなんて・・・一体」

雪歩「プロデューサー、私頑張りましたよ」

P「ゆ、雪歩!?」

雪歩「頑張って、春香ちゃんに勝ちました」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 21:56:52.71 ID:9MTdhYurO
雪歩「どうでしたかプロデューサー、私頑張りましたよ」

P「雪歩!!今春香は大事な時期なんだぞ!?」
雪歩「どうして怒るんですか?私・・・プロデューサーに褒めてもらえると思って・・・私」

P「いい加減にしろ雪歩!!」

雪歩「っ!!」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 21:59:44.84 ID:9MTdhYurO
P「雪歩・・・俯いて帰っていってしまった」

P「クソ、なにやってんだ俺」

P「いや、雪歩は一年前俺と一緒に頑張って強くなったんだ。きっと大丈夫」

P「今は春香を励ましてやらないと!」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 22:07:20.01 ID:9MTdhYurO
春香「えへへ、負けちゃいました」

P「春香・・・」

春香「雪歩が相手じゃ無理ですよね!だって雪歩は私なんかと違って・・・違って・・・うぅ」

P「そんなことないよ、春香だって負けてなかった」

春香「うわああん!!」

P(クソ、いつもポジティブな春香がこんなに落ち込むなんて・・・)

P(ん?メールだ)

「どうして春香ちゃんは褒めてもらえるんですか?」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 22:20:01.81 ID:9MTdhYurO
高木社長
件名:気をつけたまえよ

最近、萩原君の様子が少しおかしいらしい
活動そのものは順調だが、なんだか嫌な予感がしてね
いいかい、くれぐれも選択を間違えないようにするんだよ
大切なことだからね

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 22:25:32.12 ID:9MTdhYurO
P「雪歩をどうにかしないとな・・・」

小鳥「あら、プロデューサーさん」

P「あ、音無さん」

小鳥「やっぱり音無さんなんですね・・・ぐすん。それよりも悩んでないで一緒にお食事でもどうですか?」

P「ああ・・・たまにはいいかもしれないですね」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 22:32:54.36 ID:9MTdhYurO
小鳥「すいません、長話につきあわせた上に奢ってもらっちゃって」

P「いえ、いいんですよ。元気づけてくれようとしてたの、凄く嬉しかったから」

小鳥「あはは、バレてました?」

P「なんだかすいません」

小鳥「困った時は、もっと頼ってくれていいんですよ?お姉さんは何時でもプロデューサーさんの味方です!」

P「音無さん・・・」

雪歩「何してるんですか・・・?」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 22:39:33.18 ID:9MTdhYurO
P「ゆ、雪歩!あの、これは・・・」

雪歩「何時もより帰ってくるのが遅いから、心配しちゃいました」

小鳥「あ、あの雪h」

雪歩「外食するなら言ってくれないと困っちゃいます」

P「(今の雪歩は明らかに異常だ、刺激しないようにしよう)あ、ああ。気をつけるよ」

小鳥「うぅ・・・私、蚊帳の外・・・」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 22:48:41.48 ID:9MTdhYurO
P「その、雪歩。すまんな・・・」

雪歩「いいです。今日のご飯は明日の朝食べてください」

P「いや、この間のこと」

雪歩「え?この間って・・・何のことですか?」

P「フェスのことだよ、思わずキツく言ってしまったが、あれは春香にとっては本当に大切なステージだったんだ」

雪歩「・・・・・」

P「雪歩?」

雪歩「あ、すいません。何の話でしたっけ?」

P「だ、だから」

P(まさか雪歩の中ではあの日が『無かったこと』になってるのか?)

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 22:55:59.97 ID:9MTdhYurO
高木社長
件名:大丈夫かい?

最近顔色が優れないみたいだけれど大丈夫かい?
無理をしないほうがいい
少し休んでみたらどうだい?
プロデュース中の女の子を休ませてあげることにもなるし、一石二鳥だろう

女の子たちも当然大事だが、君のことも大切な家族だと思っているからね
頑張るんだよ

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 23:02:17.30 ID:9MTdhYurO
P「社長に休暇を貰って遠くに羽根をのばしにきたぞ!」

P「社長の言うとおりだったな。誰にも気を遣わなくていいなんて久しぶりだ」

P「凄いなぁ誰も知ってる人が居ない・・・当たり前か」

春香「あ、あれ?プロデューサーさん?」

P「春香か?」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 23:07:10.02 ID:9MTdhYurO
P「じゃあ春香も旅行に?」

春香「はい、そうなんですよー」

P「凄い偶然だな」

春香「凄いこともありますね~、えへへちょっと嬉しかったかも」

P「は?」

春香「え!?あ、いや何でもないです!何でも!!そ、それよりせっかくですから一緒にどこか行きませんか?」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 23:12:24.97 ID:9MTdhYurO
春香「わあここ凄く景色がいいですね!」

P「本当だ、海が一望できるな」

春香「わあわあプロデューサーさん船ですよ船!」

P「ははは、落ちるなよ春香」

P(なんだろう、春香といると凄く満たされる気がする)

P「春香は凄いな」

春香「え?私がですか?」

P「ああ、何にもしてないのに人を幸せにしてしまうなんて、凄いことだ」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 23:19:50.21 ID:9MTdhYurO
春香「ど、どうしたんですかプロデューサーさん!?」

P「なあ、春香」

春香「はい?」

P「俺は春香の昔からの夢を壊してしまうかもしれない」

春香「プロデューサーさん・・・」

P「前から、もしかしたらと思っていたんだ」

P「健気で前向きに頑張る姿勢にいつからか俺も元気づけられていた」

P「春香をみんなのアイドルじゃなくて、俺だけのアイドルにしたいんだ」

P「それは・・・ダメだろうか」

春香「そんなの・・・」

春香「そんなの、答えは決まってます」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 23:25:24.76 ID:9MTdhYurO
小鳥「最近春香ちゃんたち、絶好調ですね!」

高木「うむ、なんだか活気が出てきているな。休暇が良い気分転換になったようだ」

小鳥「ところで社長?プロデューサーさんの上着見ませんでした?」

高木「いや、どうかしたのかい?」

小鳥「最近プロデューサーさんの持ち物がよくなくなるそうなんです」

社長「おや物騒だねぇ」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 23:35:14.73 ID:9MTdhYurO
真「あ、雪歩!テープレコーダー?なに聞いてるの?新しい歌とか?」

雪歩「真ちゃん・・・真ちゃんも聴く?」

真「いいの?へへっやーりぃっ!」

『 雪歩 を俺だけのアイドルにしたいんだ』

ガチャン

『 雪歩 を俺だけのアイドルにしたいんだ』

ガチャン

『 雪歩 を俺だけのアイドルにしたいんだ』


真「あ、あのさ雪歩・・・これ・・・」

雪歩「プロポーズ、してくれたの」

雪歩「プロデューサーが・・・・・」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 23:41:42.00 ID:9MTdhYurO
春香「プロデューサーさん!合格ですよ合格!!」

P「ああ、本当によく頑張ったな」

春香「えへへちょっと転びそうになっちゃいましたけど」

P「春香らしくていいじゃないか」

春香「うぅ・・・少し傷つきますプロデューサーさん」

P「あはは、ごめんな」
ブーンブーン
ブーンブーン

着信百十二件
未読メール四百二十四件

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 23:48:20.75 ID:9MTdhYurO
春香「お邪魔しまーす」

P「おう」

春香「すいませんプロデューサーさん、夜分遅くに」

P「まあ終電が行っちまったなら仕方ないさ。仕事の打ち合わせということで記者も追って来なかったみたいだし」

春香「えへへ、私男の人の部屋にいるんですね。・・・それも、好きな人の」

P「春香・・・」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 23:54:45.75 ID:9MTdhYurO
春香「あれ?プロデューサーさん、窓開けてたんですか?」

P「え?いやそんなはずは・・・開い・・・てる?」

春香「ええー!!ど、泥棒が入ったかもしれないんですか!?」

P「いや・・・違うな」

春香「あれ?冷蔵庫に、お料理?」

P「いい加減、止めさせないとな・・・」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 00:05:04.07 ID:eB1mW+2uO
雪歩「あ!プロデューサー!!」

P「雪歩・・・」

雪歩「あ、あの!今日のライブどうでしたか?ちゃんとできてましたか?」

P「ああ、去年よりももっといいライブだった」

雪歩「あぁ・・・え、えへへ・・・嬉しくて、涙・・・止まらなくなっちゃいます。だって・・・凄く、久しぶりで・・・私・・・」

P「雪歩、もうやめてくれないか」

雪歩「えっ・・・?」

P「雪歩が俺を慕ってくれるのはすごく嬉しいよ。でも、もう俺は春香のプロデューサーで、春香のことが大事なんだ」

雪歩「そ、そんなの聞きたくn」

P「雪歩!どんなに逃げたって現実は変わらないんだ!!」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 00:12:15.07 ID:eB1mW+2uO
雪歩「私が!!私がプロデューサーのアイドルなんです!!」

雪歩「一番最初に見つけて貰って、ゆっくりでいいよって言ってくれて!」

雪歩「一緒に、トップアイドルになって!!私、やっと変われたと思ってたのに!!!」

雪歩「なんで・・・後から割り込んできた春香ちゃんの方が特別なんですか!?私の方が先なのに!!」

P「それでも俺は春香を選ぶよ」

雪歩「私が・・・私が『萩原雪歩』だから駄目なんですか?」

P「え?」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 00:15:56.89 ID:eB1mW+2uO
P「雪歩、あの後なにもいわずに行ってしまった」

P「でもこれでよかったんだよな」




春香「プロデューサーさん・・・」

P「終わったよ春香、全部終わらせてきた」

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 00:19:37.14 ID:eB1mW+2uO
P「おはようございます!」

P「さあ今日も張り切ってプロデュースしよう」

「おはようございます、プロデューサーさん」

P「おお、春・・・」

雪歩「どうしたんですか?プロデューサーさん」

P「雪・・・歩?」

雪歩「ユキホって・・・なんですか?」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 00:24:43.65 ID:eB1mW+2uO
雪歩「さあ、今日もがんばるぞー」

P「お、おい雪歩!なんでお前が!!というか春香h」

雪歩「はい!!どうしたんですかプロデューサーさん」

P「い、いやだから春香はどこに」

雪歩「ここにいますよ」

雪歩「プロデューサーさんのアイドルは・・・『天海春香』は・・・ここにいますよ」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 00:31:02.33 ID:eB1mW+2uO
高木社長
件名:急いで逃げるんだ

大変だ
詳しくは言えないが萩原君が失踪したらしい
萩原君のお父上もとても心配して組の総力を上げて探しているが見つからないらしい
嫌な予感がする
何かとても大切な選択肢を誤ってしまったような気がしているんだ

今日の営業は中止にして戻ってきてくれ
今すぐに頼むよ

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 00:37:26.17 ID:eB1mW+2uO
雪歩「プロデューサーさん、起きて下さい」

P「ん・・・?雪・・・歩?」

雪歩「プロデューサーさん大丈夫ですか?さっきからうわごとばかり・・・」

P「どこだ・・・ここ・・・?」

雪歩「今日のステージですよ、プロデューサーさん」

P「こんなコンクリートで囲まれた殺風景な部屋がステージな訳ないだろ!!」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 00:42:19.35 ID:eB1mW+2uO
雪歩「ウソじゃないですよ」

雪歩「えへへ、ここはプロデューサーさんのためのステージです」

雪歩「ずっとプロデューサーさんの為のアイドルとして、歌い続けますから」

雪歩「ずっとずっと、そばで聞いてて下さいね」

最初の曲は、first stage

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 00:50:49.51 ID:eB1mW+2uO
1週間後
雪歩「どうでしたかプロデューサー」

P「雪歩・・・もう止めよう。雪歩」

雪歩「はい、ここにいますよ。雪歩はプロデューサーの近くにいます」


1ヶ月後
P「会いたい・・・春香・・・春香・・・」

雪歩「どうしたんですか、プロデューサーさん」
P「春香・・・はるか・・・?」

雪歩「はいお水ですよプロデューサーさん。ん・・・」

P「は・・・る・・・」

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 00:54:24.44 ID:eB1mW+2uO
P「あれ・・・おれはだれをさがしてたんだっけ?」

P「はるか・・・?ゆきほ・・・?」

雪歩「どうしたんですか?」

P「なんだ・・・」

P「ふたりとも、いるじゃないか」

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:08:59.24 ID:eB1mW+2uO
雪歩「プロデューサー」

P「あー」

雪歩「私、幸せです」

P「あー」

雪歩「もうすぐ、もうすぐ私たちの赤ちゃんが産まれるんです」

P「あー」

雪歩「アイドル引退、ですね」

雪歩「だからこれが最後の曲・・・」


relations

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/20(水) 01:09:57.75 ID:eB1mW+2uO
おしまいなのー