1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/10(水) 22:26:16.51 ID:cAXClWXzo
 
シンジ「ねぇアスカ、これどうしよう?」
 
アスカ「この塊なに?」

シンジ「黒毛和牛のサーロイン2キロ」

アスカ「す、凄いじゃない…どこから持ってきたのよ?」

シンジ「商店街の福引きで1等当たっちゃった…」

アスカ「あんた…やるときゃやるわね」

シンジ「これどうしようか?」

アスカ「あんたバカぁ?食べるに決まってるじゃない!」

シンジ「えと、やっぱりステーキとか?」

アスカ「あったり前でしょー!サーロインと来たらステーキと相場が決まってんのよ!」

シンジ「だよなぁ…」

アスカ「ん?あんたまさか…焼けないとか言うんじゃないでしょうね?」

シンジ「うん…やったこと無いんだ…」

アスカ「かぁ~!あんたって、ホントにバカね!ステーキなんか焼くだけでしょうが!?」

シンジ「え、いやだって…ちゃんと焼くのって難しいらしいよ?」

アスカ「分かんなきゃ調べればいいでしょ!」

シンジ「う、うん…わかったよ…」
 
 


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1365600376

引用元: 【葛城家の日常】 シンジ「福引き…当たっちゃったよ…」 

 

ワンフェス2013夏 RAH 式波・アスカ・ラングレー(ジャージ版)
メディコムトイ
売り上げランキング: 232,781
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/10(水) 22:27:56.21 ID:cAXClWXzo
 
カチカチ

シンジ「え~と…ふむふむ、なるほど…」

アスカ「どうなの?」

シンジ「うん、なんとかなりそうだよ」

アスカ「じゃあ今夜はステーキパーティーね!」ウキウキ

シンジ「上手く焼けなくても怒らないでよ?」
 

 
~~~~~~~~

シンジ「じゃあ焼くけど、何グラム食べる?」

アスカ「500グラム!」

シンジ「ええ!そ、そんなに食べるの!?」

アスカ「あんたあたしをナメてんの?そんくらい普通よ、普通!」

シンジ(凄いな…さすがゲルマン民族だよ…)

シンジ「で、焼き方は?」

アスカ「レアよ!レア!レア以外考えられないわ!」


シンジ「レアが一番難しいのに…」


シンジ「えと、このくらいかな…」ズシュ…

カチャン

シンジ「おっ、惜しい…515グラムだ」

アスカ「どーでも良いからさっさと焼いてよねぇ、お腹ぺっこぺこなんだから!」

シンジ「わかったよ、いちいちうるさいなぁ~」カタン ガチン、ボッ!


シンジ「」

アスカ「」

シンジ「牛脂ひいて…」

アスカ「」イライラ

シンジ「」チリリ…

アスカ「早く焼いてよ!」

シンジ「今フライパン温めてんだよ!しっかり熱くしないとダメなんだってば!」

アスカ「あ、そう…」
 
 

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/10(水) 22:29:31.74 ID:cAXClWXzo
 
シンジ「よし、そろそろ良いかな…」ジュワァ~

アスカ「…じゅるっ」

シンジ「焼き色が付いたら裏返して…」クルッ ジュワァ~

アスカ「……」ソワソワ


シンジ「ここで一旦火から降ろして布巾に乗せる…」ジュウ~…

シンジ「」ジリジリジリ…

アスカ「」グギュルル…

シンジ「」チリチリ…

シンジ「よし、蓋して火にかけて弱火…」ボッ


シンジ「」チリチリ…

アスカ「…」グギュルルル…

シンジ「この厚さだったら、これくらいかなぁ…」チリチリ…

シンジ「ミサトさんゴメン!ここでブランデーを掛けてフランベ!」パカッ チョロッ ジュボッ!

シンジ「火を止めて焼き上がり…」
 

ホワア~ン

アスカ「う、上手く焼けてそうよ?」ジュルッ…

シンジ「ん~、切ってみないと分かんないよ」

シンジ「まぁ食べてみてよ」

アスカ「わ、わかったわ…」スチャッ
 
 

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/10(水) 22:31:33.47 ID:cAXClWXzo
 
カチャカチャ

アスカ「おおお…綺麗なピンク色になってるわ…肉汁も溢れてきたし…」

シンジ「あ、岩塩とブラックペッパーで食べて、ガリガリして」

アスカ「うん」ガリガリ

パクッ モムモム…

シンジ「どう?ちゃんと焼けてる?」



アスカ「………」ゴクン…


シンジ「アスカ?」


アスカ「………」



アスカ「うまい!!!」ダンッ!

シンジ「うわっ!」ガタン!

アスカ「ん?なにしてんのよ?」

シンジ「いきなりビックリするだろ!」

アスカ「これ上手く焼けてるわ、ネットで見ただけなのに、良くできるわね」

シンジ「いや、なんとなく…」

アスカ「…」パクッ モムモム…


アスカ「う~ま~い~~~!!」

シンジ「良かった、上手くいって…」ホッ
 

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/10(水) 22:33:12.23 ID:cAXClWXzo
 
ミサト「たっだいま~!」

シンジ「お帰りなさい、ミサトさん」

アスカ「ミサトお帰り~」

ミサト「すっごい良い匂いするんだけどぉ~」クンクン

アスカ「今夜はステーキよ!」

ミサト「マジで!?」

シンジ「福引きで1等が当たったんですよ」

ミサト「おほぉ~!でかしたわシンちゃん♪」

シンジ「食べますか?」

ミサト「もちろん!」

シンジ「何グラム焼きます?」

ミサト「500グラムお願い!」

シンジ「え?ミサトさんもですか!」

ミサト「ええ、それくらい楽勝よ~!」


シンジ(ウチの女共は肉食系だなぁ…)


シンジ「ちょっと待っててください、すぐ焼きますから」

シンジ「あ、焼き方どうします?」

ミサト「レアでシクヨロ~♪」


~~~~~~~~

ミサト「いただきま~す」カチャカチャ

パクッ モムモム…


ミサト「………」ゴクン…


シンジ「?」


ミサト「………」ジワッ…

シンジ「えっ!?」

シンジ「な、何か不味かったですか?」


ミサト「お、美味しいわ…」ボロボロ…

アスカ「な、なに泣いてんのよ?」

ミサト「だって、美味しいんだも~ん…」グスッ

ミサト「あ、シンちゃんビール…」

アスカ「美味しい物食べて泣く人、初めて見たわ…」
 
 

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/10(水) 22:34:06.77 ID:cAXClWXzo
 
~~~~~~~~

ミサト「は~、美味しいかったわ~」

アスカ「やっぱり黒毛和牛は違うわね~」

シンジ「合成肉なんて食べられなくなりそうだね」

アスカ「そうね」

ミサト「残った肉はどうするの?」

シンジ「どうします?」

ミサト「あたしが食べる」
アスカ「あたしが食べる」

ミサト「!?」キッ
アスカ「!?」キッ

シンジ「止めてよ二人とも、分けて食べればいいじゃないか」

ミサト「そ、そうね…」

アスカ「残り700グラム…」

シンジ「二人で250グラムずつ、僕は200グラムで良いですから」

アスカ「仕方ないわね…」

ミサト「それで良いわよ」

シンジ(色気より食い気かよ…)

ペンペン「クワッ!!」

シンジ「あ!ペンペン忘れてた!」

ミサト「あたしのは分けないわよ」
アスカ「あたしのは分けないわよ」

シンジ「くっ…(こいつら…)」

ペンペン「クェー!!」

シンジ「わかったよ、僕の分けるから」シクシク

ペンペン「クワックワッ♪」


シンジ「はぁ…」ジュワァ~
 

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/10(水) 22:36:55.42 ID:cAXClWXzo
 
~~~~~~~~

シンジ「はい、今度は塩コショウとガーリックバターで味付けだよ」

シンジ「ペンペンはそのままね」

ペンペン「クェー♪」ガツガツ

アスカ「ガーリックバターの風味が食欲をそそるわね…」モムモム…

ミサト「たまんないわ~、ビールが進む♪」モムモムグビグビ


シンジ「……」チョビチョビ…




アスカ「は~、もうお腹いっぱい!」

ミサト「シンちゃんありがとね~堪能したわ~♪」ヒック


シンジ「あ、はい…どうも…」

シンジ(どんな胃袋してんだよ…2キロの肉がその日の内に無くなるなんて…)


ミサト「アスカ~お風呂先入って~」

アスカ「わかった~」




ミサト「ねぇシンちゃん…」

シンジ「なんですか?」


ミサト「あたしとHしようか?」

シンジ「ぶーーーーっ!!」

シンジ「ななな、何を言うんですか、いきなり!?///」

ミサト「あははは!冗談よ、冗~談!」バンバン

シンジ「そ、そんな冗談、よしてくださいよ…///」

ミサト「真っ赤になっちゃって~可~愛い~」ケラケラ


シンジ(くそっ…食欲が満たされたら、今度は性欲かと思ったじゃないか…///)イラッ


ミサト「あたしもお風呂入っちゃお~」

シンジ「アスカがまだ入ってますよ?」

ミサト「いいじゃん!女どうしだし~」ヌギヌギ

シンジ「ちょっ!向こうで脱いで下さいよ!!///」

ミサト「はいは~い」スタスタ


シンジ(この酔っぱらいわぁ~)



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/10(水) 22:38:19.60 ID:cAXClWXzo
 
アスカ『あっ!ミサト何入って来てんのよ!?』

ミサト『いいじゃん、たまには~』

アスカ『イヤよ!あたしは一人で入るのが好きなの!』

ミサト『いいから、いいから~あたしが洗ってあげるわ~』ダキッ  モミモミ

アスカ『ぎゃあぁぁ!おっぱい揉むなぁ!!///』

ミサト『うひょひょ~綺麗な肌ね~』

アスカ『イヤぁぁぁ~!!変なとこ触るなぁ~///』


シンジ(何やってんだよ!?何やってんだよ!?何やってんだよ!?)タラッ…

シンジ「うっ…鼻血だ…」トントン



シーン…




シンジ(き、急に静かになったぞ?)

シンジ(まさか…二人でけしからん事を…///)


ガラッ!

シンジ「うわっ!!」

アスカ「何鼻栓しながらビックリしてんのよ…//」

シンジ「ななな、何でもないよ!」

アスカ「どーでもいいけど…あれなんとかしてよ…」

シンジ「えっ?」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/10(水) 22:41:58.81 ID:cAXClWXzo
 
 
 
シンジ「あちゃ~、寝ちゃったのか…」

アスカ「ほんっと迷惑な大人ね!!」


ミサト「んがぁぁぁ… んがぁぁぁ…」

シンジ「どうしよう?このままじゃ風邪引いちゃうよ…」

アスカ「仕方ないから運びましょ…」

シンジ(ミサトさん裸じゃないですか)

アスカ「あんたは目を瞑ってなさいよ!」

シンジ「え!?」

アスカ「見るなってんの…エロシンジ」

シンジ「わ、わかったよ…(運びにくいだろ…)」


ズルズル…  ヨロッ

シンジ「あっ!」グラッ

アスカ「ちょっ!バカシンジ!」ドタッ!


アスカ「いった~い、痛いじゃないのよ!このグズシンジ!」

シンジ「しょうがないじゃないかぁ!見えなかったんだよ!」

アスカ「言い訳すんな!ってか見るな!」ハラッ…

シンジ「あ…(た、タオルが…///)」


アスカ「///」プルプル…

シンジ「」ゾクッ…


アスカ「この…///」プルプル…

アスカ「このエッチ!バカ!変態!信じらんない!」ドカァッ!!

シンジ「ぐはっ!!」

シンジ(何回聞いたか分からないよ、そのセリフ…)バタッ…



シンジ(もうイヤだ…)ジワッ…




終わり

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/12(金) 02:29:22.02 ID:b7Ct3XHDO
【葛城家の日常その弍】アスカ「なにこの気持ち悪い物体…?」


シンジ「え?アスカ知らないの?」

アスカ「見たことないわ、こんなイボイボした物…」

シンジ「これはゴーヤだよ」

アスカ「なにゴーヤって?」

シンジ「苦瓜だよ、美味しいんだ」

アスカ「えっ!?食べれんのこれ?」

シンジ「うん、ゴーヤチャンプルーが有名だよ」

アスカ「へぇ~」

シンジ「ビタミンCが豊富で、美容と健康に良いんだよ」

アスカ「び、美容?」

アスカ「ちょっと興味出てきたわ…」

シンジ「今夜食べようよ」

アスカ「うん」
 
 

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/12(金) 02:31:44.78 ID:b7Ct3XHDO
 
ミサト「た~っだいま~」

シンジ「お帰りなさい」

アスカ「お帰りー」


ミサト「ん?それゴーヤ?」

シンジ「そうですよ」

ミサト「へぇ~珍しいわね、あたし食べないわよ」

シンジ「えっ?嫌いなんですか?」

ミサト「だって苦いじゃない」

アスカ「美容に良いんだってー」

ミサト「び、美容…」


ミサト「た、食べるわ…」


シンジ「じゃあ準備しますから、先にお風呂入っちゃってください」

アスカ「あたしはもう入ったから(またあんな目に遭うのは真っ平よ…)」

ミサト「わかったわ」
 

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/12(金) 02:40:16.65 ID:b7Ct3XHDO
 
シンジ「まず縦に半分に切って、中の種を取り除く…」ストン   ザリッザリッ…

シンジ「適当な厚さにスライス…」トントントン

シンジ「塩を振って軽く混ぜて置く…」

シンジ「豆腐を縦に半分、横に8等分…」ストストスト…

シンジ「ザルに入れて水を切って置く…」ザザッ

シンジ「最初から硬めの豆腐を買っておくと捗るよ」

アスカ「ふむふむ…」

シンジ「卵を割って溶いておくよ、たっぷりと5個くらい」

アスカ「味付けしないの?」

シンジ「最後で良いんだ」

シンジ「鍋にお湯を沸かして置こう」ガチン ボッ!


シンジ「お湯が沸いたら、ゴーヤを茹でるよ、苦味が軽減されるから」

シンジ「栄養は多少抜けるけど、気にしないでね」

アスカ「ふ~ん」

シンジ「茹で過ぎると柔らかくなりすぎるから、ちょっと固いかなって所が目安だよ」

シンジ「茹で終わったらザルにあけとく…」ザ~

シンジ「スパムミートが有れば良いんだけど、今日は魚肉ハンバーグをスライスして使うよ、安いしね」


シンジ「よし、下準備はOK!調理に入るよ!」


シンジ「使いやすいから、中華鍋を使うよ」カチャン

シンジ「油を入れて…煙が出るまで熱くするよ」ボォ~

シンジ「熱くなったら豆腐を入れよう」ジュワ~

シンジ「僕はあまり崩さないのが好みだから、丁寧に焼き色を付けるよ」ジュワッ

アスカ「すでに美味しそうなんだけど…」グギュルル…

シンジ「焼き色が付いたら、魚肉ハンバーグとゴーヤを入れる…」ジュワワ~

シンジ「火が通ったら、塩胡椒と旨味調味料で味付け」パッ パッ

シンジ「次に卵を入れて、ざっくりと絡めていく…」カシャーン カンカン

シンジ「具材に纏わせるようにね、あまりポロポロな炒り卵状態は好きじゃないんだ」

シンジ「半熟くらいで止めて置けば、余熱で丁度良くなるよ」

シンジ「最後に鍋肌から醤油をちょろっと回し入れる…」チョロッ ジュワ~

シンジ「こうすると、香ばしくなって美味しいんだ」ジュワッ カンカン

アスカ「お、美味しそう…」ジュルッ

シンジ「お皿に移して鰹節をハラハラと…」ハラハラ…

アスカ「おお~…鰹節が踊ってるわ…」

ミサト「ふ~、さっぱりした~」

シンジ「あ、ミサトさん、丁度今出来上がったところです」

ミサト「あら、美味しそうな匂いじゃない」

シンジ「絶対ビールに合いますよ」ニコッ
 

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/12(金) 11:32:12.32 ID:b7Ct3XHDO
 
ミサト「さ、いただきましょ!」ギシッ

アスカ「あんたその格好で食卓につかないでよ、部屋着くらい着てきてよね~」

ミサト「え~暑いんだもん、とりあえずビールよ!」

イタダキマース!

ミサト「ん~…ゴーヤか~」オソルオソル…

シンジ「豆腐と卵も一緒に口に入れたら、あまり苦く無いですよ」

ミサト「そ、そう…」パクッ…  モグモグ…

アスカ「あたしも食べよ…」パクッ モグモグ…


ミサト「」モグモグ…
アスカ「」モグモグ…


ミサト「食べれる…むしろ美味しいじゃない」グビグビ

ミサト「ビールにもぴったりだわ♪」

アスカ「へ~、そんなに苦味も気になんないわね」

シンジ「でしょ?」ニコニコ

シンジ「常食すると風邪も引きにくいんだってさ」

アスカ「そうなんだ、ゴーヤって凄いのね」モグモグ


ミサト「ん、ちょっとトイレ…」ガタ

ハラッ… ボヨン!

シンジ「ぶーーーーっ!!///」

アスカ「バカミサト!見えてるわよ!!」

ミサト「あら、しっつれ~い♪」グイッ


シンジ(アラサーは恥じらいが無いのかよ!!//)



~~~~食後~~~~

アスカ「さて、寝るまでまだ時間あるわね…」

アスカ「バカシンジ!ゲームするわよ!」

シンジ「ん?いいよ」

アスカ「あら?素直じゃん、いつもは渋るクセに」

シンジ「ストⅡやろうよ」

アスカ「ほっほ~、良い度胸してんじゃない、フルボッコにしてやるわ!」


シンジ「」ニヤッ…

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/12(金) 15:38:22.67 ID:b7Ct3XHDO
 
シンジ「♪~」カチャカチャ

アスカ「あんたなにやってんのよ?」

シンジ「ふっふっふ…対アスカ用に調達した秘密兵器だよ」

アスカ「スティックコントローラーじゃん」

シンジ「これさえ有れば昇竜拳が自由自在に出せる!パッドだと上手く出せなかったけど」

シンジ「これなら起き上がり昇竜拳も楽勝だよ!」

アスカ「あんたそんな物であたしに勝てると思ってんの?」

シンジ「ふっふっふ…コンボも練習して出せるようになったからね…」

シンジ「一発入ったらピヨりから死亡まで一気だよ!」

アスカ「ふっ…まあいいわ、かかって来なさいよ」  
 

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/12(金) 15:39:50.56 ID:b7Ct3XHDO
 
round1  ファイッ!

アスカ「ふ~ん、ケンねぇ…ちょろいわ」

シンジ「そっちこそガイルかよ、ギタギタにしてやるよ」


ハドウケン!ハドウケン!
ソニッブー ソニッブー

シンジ「しゃがんで待ってたって、僕は倒せないよ!」ピョーン

アスカ「今だ!サマーソルトキーック!」

ドカッ! ボテッ

シンジ「くっ!」

アスカ「ほらほら、行くわよ!」ピョーン

シンジ「!!」カシャッ

バキィ! ボテッ

アスカ「なっ!?起き昇?」

シンジ「氏ね!アスカ!」ピョーン

シンジ「めくり大キックしゃがみアッパー大昇竜!!」

ドカッ!バキィ!ショウリュウケン!バシッバシッ!

アスカ「ぎゃあああ!!昇竜が2発当たった!ピヨってるぅ!!」カチャカチャカチャカチャ

シンジ「遅い!!」ピョーン

ドカッ!バキィ!ショウリュウケン!

oh…oh…oh…  

you Win!


アスカ「」ワナワナ…

シンジ「か、勝った…初めてアスカから一本取った…」
 
 

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/12(金) 15:44:23.80 ID:b7Ct3XHDO
 
round2  ファイッ!

アスカ「このぉ~!!負けてらんないのよ!あんたなんかにぃ~!!」ピョーン

シンジ「迂闊な!!」カシャッ

ショウリュウケン! バキィ! ボテッ

アスカ「ちぃっ!!」

シンジ「そこっ!!」ピョーン

シンジ「めくり大キック小足払い×2大アッパー大昇竜!!」カシャッバチバチカシャッバチィバチィ!

アスカ「な、なによそれぇ!!あああピヨり!!」カチャカチャカチャカチャ

シンジ「もらったぁ!!!」

ドカッ!バキィ!ハドウケン!

シンジ「しまった!間違って波動拳出しちゃった」

アスカ「うわっHPが1ドット!?」

シンジ「トドメだよ!」ピョーン

アスカ「こっちくんなぁ!」


シンジ「小パンチ」ピシッ

oh…oh…oh…

you Win!
 
 
アスカ「……」
 
 
 

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/12(金) 15:45:51.73 ID:b7Ct3XHDO
 
アスカ「ま、負けた…このあたしが…バカシンジに…しかも最後、屈辱過ぎる…」ワナワナ…

シンジ「勝った!勝った!修行の甲斐があった!」ガッツ!


アスカ「くっ…悔しいぃぃぃ~!!」ドカッ!

シンジ「あっ!何すんだよ!!」

シンジ「中の人への物理攻撃は反則だろぉ!」

アスカ「うっさい!うっさい!あんたなんかこうしてくれるわ!だいたい何で今さらストⅡダッシュturboなのよ!!」ドカッ!ドカッ!

シンジ「ひ、ひどいよアスカぁ!!自分でturboが最高って言ってたじゃないかぁ!!」


ガラッ

ミサト「あぁん…もう、うるさいわねぇ…」ヨロッ

ミサト「あたし明日早いんだから静かにしてよねぇ…」

アスカ「だってバカシンジが、バカシンジのクセにあたしに勝つからぁ!!」

シンジ「良いじゃないかぁ!!アスカいつも勝ってるだろ!!たまに僕が勝って何が悪いのさ!!」

アスカ「バカシンジのクセに生意気なのよ!!あたしに勝つな!!」

シンジ「で、出たな…理不尽女王!!アスカはいっつもそうだ!!」


ミサト「あんたたち…」ピクピク…

シンジ「はっ…」ゾクッ
アスカ「はっ…」ゾクッ

ミサト「いい加減にしなさああああい!!」スパーン!スパーン!

シンジ「いてっ!」

アスカ「いった~い…」

ミサト「さっさと寝ろっ!!」ビシッ!


シンジ「は~い…」
アスカ「は~い…」

スタスタ

アスカ「クラエ…」ゲシッ
シンジ「ナニスンダヨ…」ゲシッ
アスカ「アンタ、ジョシニケリクレルナンテサイテーヨ…」ゲシッ
シンジ「アスカガワルインダロ…」ゲシッ


ミサト「こらあああああ!!!」カッ

シンジ「ひぃ!ごめんなさーい!」ガラッ ピシャ
アスカ「ひぃ!ごめんなさーい!」ガラッ ピシャ


ミサト「ったくもぉ…」ボリボリ




葛城家は今日も平和であった。


終わり


次回 【葛城家の日常その参】シンジ「」ガアー ガアー