1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:30:06.25 ID:jyQZl+Lno
ちひろさんが天使ではないので注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433582996

引用元: ちひろ「化け物どもめ」 

 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:31:06.17 ID:jyQZl+Lno
ちひろ「新しいエナドリはじめました」

シーン

ちひろ「新製品のエナジードリンクMAXの販売を始めましたよー」

ちひろ「……」

ちひろ「売れない」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:33:30.91 ID:jyQZl+Lno
ちひろ「シンデレラガールの周子ちゃんは、睡眠時間3時間のハードワーク」

ちひろ「他のアイドルも超過密スケジュールで、疲労困憊なはず」

ちひろ「疲れ果て、疲労回復のために、新サプリメントを買い求め」

ちひろ「手にしたギャラを使って、エナジードリンクMAXを買い漁る……」

ちひろ「ラベルには脂肪燃焼、疲労回復とサプリっぽいことを書いたのに」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:34:33.49 ID:jyQZl+Lno
ちひろ「バカ売れする予定だったのにぃぃいいいいいいいサプリメントが売れない」

ちひろ「おかしい。おかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしいおかしい」

ちひろ「見積もりが甘かった……?」

ちひろ「アイドルには、何か秘密があるのかもしれない」


ちひろはロッカーに隠れ、アイドルの観察をはじめた。

商売の基本、マーケティング。

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:35:49.65 ID:jyQZl+Lno
ガチャ

最初に事務所を訪れたのは、塩見周子。

第4回シンデレラガール総選挙1位。“シンデレラガール”トップアイドルである。


周子「やっほー」

モバP「おはよう」

周子「狐のシューコちゃん、撮影で疲れたなー。プロデューサー、アレちょうだい」

モバP「今日も?」

周子「しっかりアイドルやって、恩返しするからさーお願い」

モバP「周子は仕方ないなー」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:36:44.10 ID:jyQZl+Lno
周子「少しだけ、チョーダイ」


ずるっ ずるっ

ちゅぱ ちゅぱっ


周子「んっあああー…搾り立てのリンゴジュース。精気が沁み渡るよー」

モバP「……」

周子「ハァ……撮影の後はぁ、アアアぁあ」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:37:48.36 ID:jyQZl+Lno
周子「おいひいぃ」

周子「……ちひろさんも、モバPさんのエナジー」

ちひろ(ヒッ)

周子「ほしいぃ?」

ちひろ(もしかしてバレた?)

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:39:01.52 ID:jyQZl+Lno
モバP「ちひろさん居るの?」

周子「う~ん、あたしの気のせいみたい」

ちひろ(セーフ!セーフ!)

周子「………」

モバP「ちひろさんにバレると、大変だからな。よかった」

周子「それより、アイドルに見つかる方が大変だってば」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:41:51.17 ID:jyQZl+Lno
モバP「そうだなー、うちのアイドルなら『妖怪は退治するのでしてー』と言いかねないね……ハハハハハ」

周子「『神に逆らう愚者と化け物は、根絶根絶ゥゥウウ!エイメン』…って、言いそうやもんなー」

モバP「ハハハハ、ちがいない!」

周子「ところでさ、モバPさん」

モバP「ん?」

周子「私と契約しない?簡単な印を結ぶだけで、モバPさんは……」


ガチャッ!


凛「プロデューサー!」

モバP「おはよう」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:43:03.01 ID:jyQZl+Lno
ドアを開けたのは渋谷凛。第4回シンデレラガール総選挙において

“シンデレラガール”を返上するも、上位にランクインしており

アイドルの中のアイドルである。


モバP「そんなに慌ててどうした?まだ仕事の時間ではないよ」

凛「プロデューサーを取り込もうとする、卑しい女狐の臭いがしてさ、飛んで来た」

周子「あ?」

凛「古臭ーい神社の臭いがするから、ハッキリわかるんだよね。リフォームすれば?」

モバP「リフォームかー。実は、俺って日曜大工が苦手でさー」

凛「プロデューサーは黙ってて」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:44:57.76 ID:jyQZl+Lno
周子「よく聞こえなーい。人狼、ヴァラヴォルフの凛ちゃん」

周子「でも、怒りっぽいし、よく吠えるから負け犬が正しいかな?」

凛「は?」

周子「あたしは1位だけどさ……選挙は何位だっけ?あれ~?負け犬って言葉がピッタリ!」

凛「負け犬?」

周子「ほら、凛ちゃん、ワンワーンって吠えてごらん」

凛「はぁぁあ?」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:45:58.98 ID:jyQZl+Lno
周子「ワンワーン♪」ケラケラ

凛「その喉笛、食い千切ってあげるよ…ぐるるっ」

周子「お手もできるかなー」

モバP「ハイハイ喧嘩しない」

ガチャ

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:47:26.91 ID:jyQZl+Lno
事務所に来たのは、相場夕美。第4回シンデレラガール総選挙の4位であり

CD発売が決定している将来有望なアイドルである。

CDデビューすら、ままならないアイドルとは、天と地ほどの差が存在する。


夕美「凛ちゃん、周子ちゃん」

夕美「その辺にしておこうよ。モバPさんも困ってるよ」

モバP「オロオロ」

凛「………」

周子「………ふぅ」

夕美「ね?」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:48:58.34 ID:jyQZl+Lno
周子「お仕事行ってきまーす。またね」

凛「振り付けの確認してくる」

モバP「いってらっしゃい」

モバP「いやーハハハ、夕美のおかげで助かったよ」

夕美「喧嘩になると大変だもんね」

モバP「あの2人の喧嘩の仲裁では、エナドリを大量に消費するからね」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:50:04.27 ID:jyQZl+Lno
夕美「ところでモバPさん、血を吸わせてもらっても…いいかな?」

モバP「ああ、いいよ」

夕美「動かないで、そのまま」

夕美「少しだけ、指がチクッとするけどごめんなさい」


がりっ

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:50:55.02 ID:jyQZl+Lno
ちゅぱ

ちゅぱっ


夕美「んっあああー…おいひぃい」

モバP「噛みつくなよ?」

夕美「はぁ、レッスンの後は格別だね」

夕美「この香しく、芳醇な血の臭い……どう考えても、血液ぃぃいいい」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:52:47.56 ID:jyQZl+Lno
れろ れろ

ちゅぱ ちゅぱっ


夕美「この血を口に含んだけでぇぇぇえぇ…アドレナリンが放出されるぅぅ!!」

夕美「グレリンは減少して、レプチンがガバガバ出てくるガバガバガバ!ハッハハアアアアアア」

夕美「レプ、れぷぅうっぅぅLEPTIIIIIIIINNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNN!!!」

夕美「れ、れれれぷっぅちんんんんんんんんああああああああああああああああああああああ」

モバP「夕美、声が大きいぞ」

夕美「あ、ごめんなさい。ついつい興奮しちゃって。植物は太陽がないと生きていけないように」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:53:50.54 ID:jyQZl+Lno
夕美「Pさんは私にとっての太陽だから」

モバP「いいよ。夕美はやさしいなー」

夕美「へへっ。そうだ、モバPさんも吸血鬼にならない?私がしt」

モバP「ん?」

夕美「あー…何でもない」



モバP「夕美のやつ、突然帰っちゃったな。“葉っぱの裏に、隠れている虫が気になる”……とか呟いていたけど」

モバP「何のことだろう」

モバP「ガーニングの害虫駆除を思い出したのかなぁ」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:54:26.68 ID:jyQZl+Lno
ちひろは事務所に、自分以上の怪物が潜んでいたと感じた。


ちひろ(……)

ちひろ(バレてないはず)

ちひろ(とにかく、落ちつけ!落ちつけー素数を数えて落ちつけええええ!ちひろおおおおおお)

ちひろ(ハァハァ……1、2、3………4、5…ハァハァ)

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:55:33.42 ID:jyQZl+Lno
モバP「おや?今日は早いね、奏」

奏「こんにちは」


ドアを開けることなく、事務所内に存在した速水奏。第4回シンデレラガール総選挙の順位は46位。

どこから事務所に入ったのか、鏡か窓か、元から存在していたのか。

それとも、もっと違う何かであろうか。

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:56:30.17 ID:jyQZl+Lno
奏「突然だけどモバPさん、キスって10回、唱えてくれる?」

モバP「キスキスキスキスキスキスキスキスキスキスキスキスキスキスキスキ」

奏「私のことは?」

モバP「スキ」

奏「とうとう告白してくれたのね、ふっふ」

モバP「はっ、謀られた!」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:57:41.44 ID:jyQZl+Lno
奏「モバPさん…こっちを向いて」

モバP「ん~」


ブチッ


モバP「痛っ」


ぱくっ


モバP「もう~キスするフリして、俺の顔面を齧るのはやめろ」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 18:58:53.07 ID:jyQZl+Lno
ムニュ ムニュ ムニュ

ぬろっ ぬろ ぬろ


奏「~♪」


プチュッ!


モバP「他の人に、同じことするなよ?エナドリの過剰摂取とプロデュース業による過労の果てに」

奏「ごくり」

モバP「自己治癒能力を身につけた俺だから、眼球ぐらい食べても良いけどさ」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 19:00:13.97 ID:jyQZl+Lno
奏「また生えるものね。ふふっ……はぁぁぁー…素敵」

モバP「まぁ、ちひろさんのエナドリのお陰かな?」

奏「生き物は環境に適応する…生命の神秘よね」

モバP「そうだなー。あ、口から血が漏れてるぞ」

奏「あら、ごめんなさい」

モバP「前から思っていたのだけど、眼球って美味しい?」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 19:01:10.44 ID:jyQZl+Lno
奏「モバPさんの眼球が一番、美味しいかな。プチトマトみたいね」

モバP「事務所のアイドルから摂るなよ?」

奏「はぁい♪」

ちひろ(周子ちゃん、凛ちゃん、夕美ちゃん以外にも怪物がいましたか)

ちひろ(奏ちゃん……そして、プロデューサーさん)


事務所に潜む化け物は2人……いや、もっといた。

『まだ化け物が居るのではないか?』と考えたちひろは、考えることをやめた。

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 19:02:15.79 ID:jyQZl+Lno
――――翌日

まゆ「凛ちゃんって良い声ですよねぇ」

モバP「そうだなー歌も素晴らしいな」

まゆ「さっき、廊下で声を聞かせてもらったんですよ」

モバP「へぇー廊下で歌声を披露するなんて、珍しい」

まゆ「それはそれは、良い声で鳴きましたよ」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 19:05:15.66 ID:jyQZl+Lno
モバP「まゆ……まさか」

まゆ「ちょっとしか聴けませんでしたけど」


ガチャ


凛「うがあ゙あ゙あ゙あ゙!!!…やってくれたね、まゆ」

まゆ「大袈裟ですねぇ。ランカスター大聖堂の十字架を熔かして、作った包丁で突いただけですよぉ」

凛「良い根性してるね。背後から刺すなんてさ」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 19:06:16.26 ID:jyQZl+Lno
まゆ「凛ちゃんも回し蹴りで、まゆの肋骨をへし折ったじゃないですか」

モバP「お前らーハシャギすぎだぞ」

まゆ「ちひろさんのエナジードリンクMAXがなければ重症でしたよ?」


ガチャ

ずるっ… ずるっ…


奏「ざぁ……ぁぁ…ぐまぁ……」

モバP「おや?」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 19:07:44.44 ID:jyQZl+Lno
ずるっ… ずりゅ…


奏「まぁゆゆ゙ゆ゙ゆ゙ゆ゙」

モバP「おやまぁ、これは……」

まゆ「あら、もう回復したんですかぁ?首を切り落としたのに残念ですねぇ」

まゆ「エナジードリンクMAXの大量摂取でエナジーを飽和させて」

モバP「リッチマーン」

凛「お金持ちだね」

まゆ「ゴリ押しの勝負をしたのに、無駄遣いになってしまいましたねぇ」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 19:09:01.40 ID:jyQZl+Lno
モバP「こっちにおいで奏。顔と背中の包丁を抜いてあげるよ」

奏「お゙…願ガいずっるわ゙ぁあァァあ」


ずぼっ


モバP「よいしょ」

奏「ふぅ…やっと喋られるわ」


ずぼっ じゅっぽ ズボッ じゅっぽ

ずぼっ ずぼっ ズボッ ずぼっ


モバP「滅多刺しだね。刃物が9本も刺さっていた」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 19:10:56.81 ID:jyQZl+Lno
奏「ありがとう、モバPさん」

まゆ「御先祖様がマタギ(ハンター)だったので、血が騒いでしまいました(はぁと」

モバP「そっかー仕方ないな。宮城出身だから、まゆのハンターの血が騒いで喧嘩っ早いのはわかるけど……」

奏(マタギって宮城に居たかしら)

凛(嘘っぱちだね)

モバP「ほどほどにな。同じ事務所のアイドルなんだから、仲良くしよう」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 19:14:03.89 ID:jyQZl+Lno
まゆ(ライバルを減らし損ねました。命拾いしましたね)ニヤァ

凛(今度は、首の骨を折る)ギリッ

奏(処女なら塩漬け…それともステーキがベストかしら)ギロッ


まゆ「はぁい♪反省しました」

凛「あ?」

奏「絶対、反省していないわね……」

まゆ「そんな~反省してますよ?」

凛「まゆが引退したら、腸をぶちまけて捨て犬の餌にするよ」

奏「串刺しにして晒してあげる」

モバP「お前ら、本音が漏れているぞ!あと、凛と奏はチームワークいいね」

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 19:15:12.08 ID:jyQZl+Lno
ちひろ「……」

ちひろ「事務所が化け物だらけで退職したいけど」

ちひろ「特定のアイドル達に、エナジードリンクMAXがバカ売れしてるから」

ちひろ「まぁ、いいか」

おわり


次回 クラリス「フリークスどもめ」